人気ブログランキング |

旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2019年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 a0064474_21371006.jpg 梅雨に入って、なかなか思うように単車に乗れない時って有りますね。
自分はそんな時はメンテナンスをして楽しむようにしています。
それはチェーンの掃除や張り調整、各部の注油やワイヤー作動の調整、プラグやポイントの確認とかですね。
そして大事なエンヂンオイルの交換は楽しんでやる整備の一つです。
さて、シグナスSVのオイル交換時期がきました。
シグナスには親切にも点検窓が有るので確認がし易いです。
量の方は減っていないようですが、黒く汚れてはいましたね。
a0064474_21372514.jpg
暖気して、ドレンボルトから古いオイルを抜いてやりました。
このシグナスSVは下駄代わりのチョイ乗りが多いので、オイルが汚れ易く早めの交換が必要です。
前のオイル交換の時は、オイルパンのストレーナも外して清掃もしましたが、今回は車体左のドレンから抜くのみです。
ある程度オイルが抜けたら、サイドスタンドで車体を立ててやると、またまた古いオイルが出て来ます。
暫く放置して、新しいオイルを注入します。
a0064474_21371709.jpg
オイル注入口はシリンダーヘッドの上部にフィラーキャップが有る珍しいタイプです。
バルブを駆動させるロッカーアームが見えます。
このロッカーアームのガタがアイドリング時や吹け上がり時のメカノイズに成ります。
指でロッカーアームを左右に動かしてみますが、目立ったガタは無く、しっかりしていました。
新しいオイルを此処から注入して、ロッカーアーム君にはオイル浴して頂きながら、また元気に動いて頂きます。
作業が完了して、楽しみのエンヂン始動です。
キック一発で始動したエンヂンは7万キロ近くも走っているとは思えない程に静かだと感じます。
高価なオイルを入れている訳では無いですが、オイル交換時期は早めにしていて正解ですね。
梅雨が明けるまでに、色々と整備してあげたい単車達が居ます。
手間も掛かりますが、楽しんで付き合えば良い調子を維持してくれます。
そんな単車達に乗って楽しむのが好きです。
父親の形見のシグナスSVを大事にして行こうと思います110.png


by kawasakiw2ss | 2019-06-29 22:20 | 単車 | Trackback | Comments(2)
a0064474_20504207.jpg
 久々に四輪の話題です。
某所にマツダ コスモスポーツを展示しているとの事で見に行きました。
このコスモスポーツ、自分が子供の頃にウルトラマンのウルトラ警備隊のマットカーとして採用されたのが懐かしいものです。
当時のスポーツカーはジャガーEタイプやフェアレディZとかの長く伸びたノーズに凹んだヘッドライトのスタイルが印象的ですね。
実車を見るとコンパクトで、低い車体に砲弾型ミラー、メッキのブーメラン型バンパー、ボディサイドのプレスラインと特徴的です。
この車体は実動するようで、一度エンヂン音を聴いてみたいものですね。
轟くロータリーサウンドはさぞ魅力的だと思います。
この流麗なスタイルに革新的なロータリーエンヂンを搭載したマツダの技術と意気込みを感じました。
現代はこういった個性的な四輪は無い気がします。
またいつか、現代の技術で魅力的な四輪が生まれ出る事を心待ちにしたいものです。
美しいコスモスポーツ、永遠にその魅惑の姿を多くの人達に見せ付けて欲しいものですね162.png

 

by kawasakiw2ss | 2019-06-28 21:20 | その他 | Trackback | Comments(2)
a0064474_20161122.jpg
 半日のオフを得ました。
友人のロックスターと一緒にランチツーする事にします。
がしかし、友人がカフェツーにして欲しいとの要望です。
お腹の調子が悪いとの事でしたが、丁度行きたいカフェが有ったので予定は変更です。
さて相棒はW2SSです。
どちらも独自の鼓動を奏でながら走る単車です。
自分はどちらかと云うと鼓動を感じる単車が好きです。
発動機の存在を感じながら走るのが心地良いからだと思います。
a0064474_20160124.jpg
さて、二台は徳島へ向かって走り出しました。
向かうは道の駅、藍ランドうだつです。
此処は古い木造民家が多く残る町並みで、卯建の街並みと呼ばれています。
二台は道中をドコドコ楽しみながら、良いペースで道の駅に到着。
駐車場に単車を停めて、目当ての森邸オフィスカフェに行きました。
此処は明治5年の建物で築150年もの歴史です。
かつては造り酒屋でもあったようで、独特の味わいの有るカフェです。
a0064474_20152344.jpg
中は古い商家の佇まいが強く残っていて、板の間に近代的な大テーブルや土間を利用した小テーブル席やら様々なスペースが設けられています。
中は扇風機が一台有るのみですが、冷んやりとした空気が漂っていて、心地良いです。
自分達はかつて番頭さんが座っていたと思われる席の手前で、徳島産の酢橘サワーを頂きました。
酸味が強く、お口の中も気分もサッパリしました。
実は此のカフェは二度目の訪問です。
以前は出来たばかりだったと思いますが、奥のお洒落なカウンター席に座りました。
a0064474_20154869.jpg
カウンター席の場所は天井がとても高く、天窓が見える空間です。
近代的と古典的が同時に存在した魅力的なスペースです。
以前来たのは一年前だったと思いますが、カウンター席でラムネを飲んだ記憶が有ります。
スタッフのお姉さんが色々と説明をして下さり、楽しい時間を過ごさせて頂きました。
また来たくなるカフェですね。
こんなカフェはいつまでも存在して欲しいと思います。
以前来たのはカフェOZのお姉さんとでしたが、カフェOZも今月末で閉店です。
また美味しい珈琲を楽しみに行きたいと思いながら、卯建の街並みをあとにW2SSとロックスターは岐路に向かいました。
H君また楽しくツーしたいねー169.png


by kawasakiw2ss | 2019-06-22 21:35 | W2SS | Trackback | Comments(0)
a0064474_11354069.jpg
 単車は雨に降られると大変ですね。
今月のラビット茶話会でしたが、雨に降られた一日と成ってしまいました。
自分はサンバーで行きましたが、もとさんは元気に301で登場。
やまちゃんはコペンで来ていました。
雨での茶話会ですが、トークは盛り上がります。
しかしながら茶話会の会場として親しんでいたカフェOZが今月末で閉店されるようです。
とっても寂しいですが、OZのお姉さんも苦渋の選択だったようですね。
さてOZ閉店の次は茶話会開催場所の再選択をしないといけません。
来月からはまた違うカフェでの開催を考えています。
讃岐ラビット 茶話会を今後ともどうぞ宜しく御願いします181.png

by kawasakiw2ss | 2019-06-21 16:53 | ラビットS-211 | Trackback | Comments(0)
a0064474_11370226.jpg
 梅雨入り宣言が未だ成されていないままです。
讃岐は昔から水不足の悩みが絶えません。
雨量が少ないのも原因ですが、主要な河川の長さが短く、取水に不利な環境です。
数多くの溜池で農業用水は賄っている歴史が有ります。
 以前から何度も訪れている、御殿水道資料館が公開されています。
Z1-Rと友人のBMWロックスターで見学に行きました。
お色直しの施された資料館の色合いは白と水色で爽やかなコントラストです。
a0064474_11365035.jpg

自分は古い木造建築が大好きなので、中に入っての天井構造に見入ってしまいました。
外側の色合いとは裏腹に木目の見える材で組まれた美しさは見事なものです。
友人Hも天井の構造に感心していましたが、中の冷んやりとした空気が心地よいようです。
資料館の内外では写生を楽しんでいる人達や、中では写真を撮って楽しむカップルも居ました。
さて資料館の展示物というか設置されている地下へと階段を下りて行きます。
a0064474_11362389.jpg

とても古いポンプが居並んで鎮座しています。
メカニカルな味わいと同時に、蒸気機関車が並んでいるような雰囲気さえ醸し出しています。
この地下スペースはまた冷んやりしていて、設置されいてるベンチで、古いポンプ達を眺めながら心地良い空気感を味わう事が出来ます。
此の地下室もフロアが張替えられて良い雰囲気にリニューアルされていました。
古い煉瓦とポンプとのコントラストは見応えが有ります。
a0064474_11363718.jpg
 お隣の建物も御色直しされて見事な色合いと姿を見せていました。
此処ではコンサートも行われているそうで、機会有れば行ってみたいと思いました。
 令和に元号が改元されて、大正時代の建築物が元気に残っているというのはとっても素晴らしい事だと思います。
そして、この資料館をリニューアルして公開展示してくれた事に感謝したいと思います。
 また訪れてみたい場所の一つですが、今度は季節と単車も乗り換えて行きたいと思います164.png


by kawasakiw2ss | 2019-06-19 17:34 | Z1-R | Trackback | Comments(2)

50.000キロでオイル交換

a0064474_16354224.jpg 行灯カブの走行距離が50.000キロに到達しました。
行灯カブC70の初期型は1969年製です。
2019年の今年で50歳という事に成ります。
このメーターの積算計が本当なら10年づつで1万㌔走っていた計算に成ります。
とても遅々たる歩みのようですが、70ccの排気量や使われ方を考えると少し納得する面も有ります。
さて5万キロを少しオーバーしてしまいましたが、オイル交換してあげたいと思います。
a0064474_16355248.jpg
古いオイルは真っ黒けです。
量的に減っている感じは無かったので、シリンダー内にオイルが入り込んで燃えてはいないようですね。
空キックを数度してやってオイルを搾り出します。
ドレンを〆て、新しいオイルを規定量入れて作業完了です。
キックでエンヂンを始動させてやると、メカノイズが軽減されて安定したスロー音を奏でてくれます。
この50年も前のスーパーカブがいつまで元気に走るのか楽しみです。
このオイル交換で今年の暑い夏も乗り切ってくれる事でしょう119.png






by kawasakiw2ss | 2019-06-17 17:02 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(2)

Tシャツのプレゼント

a0064474_11351713.jpg もうそろそろ夏に入りますね。
まだ梅雨入り宣言を聞いていないんですが、このまま暑い日々に突入するような気がします。
Tシャツを三枚プレゼントして頂きました。
ユニクロ製のコラボTシャツですが、なかなかデザインが楽しいです。
右は古いヴェスパのシルエットで、背中にも大きなロゴマークがあしらわれています。
真ん中と左はスターウォーズの登場キャラクターですが、此方も色やデザイン的に楽しい物です。
自分は衣服を好んで求めない人ですが、新しいシャツが増えると嬉しいですね。
この三枚も暑い夏のウェアとして活躍して貰いたいと思います。
真夏の日差しは少し苦手な方ですが、楽しい絵柄のTシャツに負けないよう夏を楽しみたいと思います166.png

by kawasakiw2ss | 2019-06-16 11:50 | その他 | Trackback | Comments(0)

BSA C15シートをリペア

a0064474_11404552.jpg 久々のシートリペアの依頼が有りました。
英国BSA C15のシートです。
預かったシートはオーナーさんがベースの錆取りとウレタンの加工を施しておりました。
リペアに持ち込んで、職人さんと打ち合わせします。
イメージ写真も送ってくれていたので職人さんの説明もスムースです。
シートが仕上がったようなので、引き取りに行きます。
とても綺麗な仕上がりでありました。
乗り手を支えるシートも古くなるとリフレッシュが必要です。
このBSAが巷を元気に走ってくれる事でしょう。
オーナーさん、大事にしてあげて下さいませ102.png165.png

by kawasakiw2ss | 2019-06-14 11:54 | 単車 | Trackback | Comments(2)

チープで楽しいラーツー

a0064474_16161866.jpg 単車でのツーリングの楽しみって何でしょう。
多人数でのマスツー、そしてソロツー。
美味しい物を食べに行くグルメツー、良い景色や建物等を鑑賞するツー、ワィンディングロードを駆け抜ける峠ツー、温泉を楽しむツー、野外でのキャンプツー等々と色々な楽しみ方が有りますね。
自分も色々なツーを楽しんできました。
ラーツーという言葉がいつから出来たのか知らないですが、野外でインスタントラーメン食べたり、野立て珈琲を飲んだりするツーは大学時代から良くやってましたね。
a0064474_16151734.jpg
今回はラーメンを野外で食べるラーツーをまた楽しみました。
場所は前回と同じく門入の郷で、偶然にもメンバーも同じ放浪の旅人、友人H、KAZの三人です。
近くのスーパーで待ち合わせて買い出し、門入の郷ダム公園に向かいます。
キャンプしている人達でテントがずらりと並んでいますが、此方は小さな机とキャンプ用のイスだけなのでこじんまりしています。
お湯を沸かしている間に、先ずは乾杯して喉を潤します。
三人で単車トークを楽しみながら、持って来たラーメンを取り出します。
a0064474_16152767.jpg
色々と個性的なカップ麺が出揃います。
野外だとノンアルコール麦酒でも美味しく感じますね。
そして出来上がったカップ麺も、家庭で食べるよりも味わいと楽しさは倍増しています。
そして一人よりも数人で食べるのがまた美味しいんですよね。
ラーツーはとってもチープなディキャンプの要素が入っています。
キャンプ道具を持っていない人や長距離を走って行く時間やガソリン代を気にしないで楽しめます。
カップ麺と飲み物代合わせて500円以内の費用ですね。
今回のラーツーも天気に恵まれて、美味しく楽しく出来ました。
チープに楽しめるラーツー、是非やってみては如何でしょうー129.png125.png124.png



by kawasakiw2ss | 2019-06-09 16:45 | Z1-R | Trackback | Comments(2)
a0064474_07162398.jpg 先日フロントタイヤを交換したばかりな友人のBMWロックスターです。
今度はリヤタイヤの磨耗が気に成ってきました。
弱っていたバッテリーも友人が何とかセルフ交換出来たようです。
しかしリヤタイヤ交換と成ると、また面倒臭いマフラーの脱着作業をこなさないといけません。
友人と苦労して取り付けた純正マフラーを先ずは取り外します。
マフラーは前の作業の経験を活かして、マフラーは分割せずにアッシー状態で取り外します。
重くずっしりとしたマフラーが外れてリヤタイヤを外します。
a0064474_07153720.jpg
BMWはシャフトドライブなのでリヤタイヤはチェーンやアクスルシャフト等が無いので簡単にホイールが外れます。
リヤタイヤはショップで入れて貰い、車体に組見上げました。
そして、重たいマフラーの取り付けです。
コツを得ていたので、短時間で取り付けが完了。
と思いきや、触媒のセンサーを付け忘れてしまい、また外して取り付けやり直しと成りました。
がしかし、もう友人も自分も同じ作業を繰り返しているので、すんなり組み上がってくれます。
このロックスターは今月が車検です。
これで車検に必要な大まかな整備は出来ました。
明日はこのロックスターとプチツーに出掛けます。
さて自分はどの相棒で行きますかねー159.png165.png

by kawasakiw2ss | 2019-06-08 07:51 | 単車 | Trackback | Comments(0)