旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2018年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

a0064474_14331952.jpg 従兄弟の形見であるCSを大事に乗っています。
CSは1985年に発売されてから33年という年数を迎えています。
CSのシートは二分割構造で、リヤシートは後ろの端っこが破れてリペアして綺麗でしたが、フロントもサイドの部分に亀裂が出て来ました。
このメインシートは従兄弟の座っていた部分なので、使えなくならないうちに予備のシートを張り替えてやろうと思いました。
予備のシートは昨年ぽっぽハトさんから頂いた部品取り車のシートを取り外してリペアします。
a0064474_14333251.jpg
予備シートは相当痛んでいましたが、表皮をディンプルレザー仕様にして見た目とシートの安定性を高めてやる事にします。
シートをリペアに持ち込んで、職人さんと相談をします。
シートベルトの固定部分が腐食していてベルトの装着は難しいかもでしたが、無事にシート表皮もベルトもディンプルレザーで新調してくれました。
早速車体に装着して座ってみましたが、セパハンで些か前傾姿勢のCSのポジションにディンプルシートは滑らなくて良い相性です。
メインシートの後部部分は乗り手の腰が当たる箇所ですが、純正は表皮とウレタンの間に大きな空間が斜めに有ったのが、ウレタンの曲線にピッタリとシルエットが合って具合が良いです。
タンデム部分も面積は小さいですが、シートバッグを載せて走る事場合にバッグが前後に滑り難く成ったと思います。
来月の17日には岡山でCSのミーティングが有るので、シートを披露するのが楽しみの一つになりましたね。
ディンプルシートレザー、御奨めの素材です162.png
 
[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-08-31 15:42 | CS-250 | Trackback | Comments(7)

秋よ来い、早く来い

a0064474_20265417.jpg
 まだまだとっても暑い日が続きますね。
所用にミントで出掛けてました。
ギヤオイルを交換したミントは静かにスムースに加速し走ってくれるように成りました。
走っていると、田んぼに案山子さんが乱立しています。
案山子の数は多く、どれも工事用のヘルメットに長袖のシャツという服装の簡単な物です。
稲穂はたわわに実って頭を垂れていました。
田んぼに立つ案山子さんの姿を見るのは楽しいですね。
これもミントで走っていたからこそ、立ち止まって案山子を見れたんだと思います。
この田んぼは、もう直ぐ稲刈りのようです。
稲刈りの時には案山子さんも立ち去ってしまう事でしょう。
早く秋が来ないかと待ち遠しい事ですね153.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-08-30 20:41 | 単車 | Trackback | Comments(2)

カフェツーとプチメンテ

 a0064474_21150667.jpg 愛用しているPCの調子が悪くなりました。
悪くなるのが三日間の出張の出発前だったので、記事の投稿もコメントも出来ず終いでありましたが、何とかPCも復活しています。

 25日の朝にW乗りのごとちゃんとOZで待ち合わせて、カフェツーする約束をしていました。
今回の相棒はCSとします。
Z1-Rで行くか迷いましたが、空冷四気筒は炎天下では厳しいのでCSとします。
小気味良く走るCSも調子は上々、OZ到着すると新調されたエストレヤのシートが装着されてました。
OZのお姉さんも乗り心地の変化に驚いていたようです。
ツートーンシートはお洒落ですね。
a0064474_21145485.jpg
 さて、ごとちゃんがなかなか現れません。
時間遅れてWサウンドが聴こえて、やって来ましたが、単車の調子が悪いようです。
珈琲を頂きながら、OZのお姉さんと三人で暫く単車談議。
ごとちゃんにWの症状を聞きながら、色々と原因を想像していました。
そして、実際に単車を診てみると、右側のキャヴのトップリングが斜めに成っているのを発見。
恐らく此処が原因だと、真っ直ぐにリングを入れ直したら、調子は戻ったようで、ごとちゃんは嬉しそうに御礼を言っていました。
無事に解決した後は、ごとちゃん希望のこだわり麺やでカレ玉うどんを食べてました。
自分は釜玉でしたねー笑
ごとちゃん、また元気に走りましょうー165.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-08-29 21:48 | CS-250 | Trackback | Comments(4)
a0064474_17425434.jpg 昨日の台風が去って物凄い暑さが戻って来ました。
朝早くから草むしりをしていましたが、風が生温く蒸し暑いです。
しかし雨上がりで、草は抜き易く効率は上がりました。
 さて、以前にライディングシューズの記事をブログに書きました。
色々なシューズを履いて来ましたが、一番長い付き合いのシューズが有ります。
もう35年もの付き合いになるでしようか。
大学時代にクシタニのライディングブーツを愛用していましたが、もっと気軽に履けて且つ堅牢なシューズは無いものかと思案していた時に、巡り会ったのがこのセダークレスト製のワークブーツです。
ライディング用では無いので、爪先のシフトガードやプロテクタは有りませんが、かなり丈夫で長年愛用して来ました。
このブーツで色々な所へツーリングにも行き、普段使いにも履いて来た相棒です。
がしかし、長年の使用でソールは磨り減り、シフトの部分の縫い目は切れて裂けてしまいました。
この35年もの相棒をどうするべきか悩みましたが、思い切ってリペアをして頂いて現役に復帰して頂く事に決めます。
今回御願いしたのは、レザーシューズ修理の専門店スフィアーズゲートさんでリペアして頂きました。
革靴修理の腕は相当な技術のようで、本人も旧トライアンフが愛車の単車乗りです。
リペア内容はシフト部分の破れ修理、内張りの修理、踵部分の修理です。
修理の完了した知らせを頂いて、ハイスーパーに乗って取りに行きました。
とっても丁寧に修理して頂き、また単車に乗る時に活躍してくれるでしょう。
しかし35年間もの間、良く使えたものです。
本革製のシューズは丈夫で長持ち、そして修理してまた使えるのが魅力です。
リペア代金は8千円程掛かりましたが、使って来た年数を考えたら安いものです。
さて、これからオイルを塗って綺麗に仕上げてあげたいと思います159.png165.png



[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-08-24 18:46 | 単車 | Trackback | Comments(2)
a0064474_21262840.jpg カフェOZのお姉さんの乗っているエストレヤのシートが痛んでいるので、良ければリペア出来ますよと声掛けし、早速依頼を受けました。
エストレヤのシートは発売当時の鞍型シートと小振りなタンデムシートの独立タイプが印象深いですが、これはWシートで現代的なタイプです。
ツートンの色合いで、なかなかお洒落ですね。
しかし繋ぎ目の破れや表皮の硬化でシートは痛んでいました。
お盆前に預かったシートは日数は少々掛かりましたが、綺麗に仕上がっています。
仕上がったシートをOZに持ち込みました。
シートの仕上がりと乗り心地の変化に満足されているようです。
OZで美味しい珈琲を頂きながら、楽しくトークを楽しんだ後はハイスーパーで暑い西陽に向かって帰りました。
エストレヤの乗り心地の変化を楽しんで下さいませー125.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-08-22 21:50 | 単車 | Trackback | Comments(4)
a0064474_17040081.jpg お盆を過ぎて幾分涼しく過ごし易く成ったと思えば、また暑さが少し戻ったようです。
昼からオフの日なので、一番の発熱単車のZ1-Rを敢えて選んで走る事にしました。
Z1-Rの最初の始動はキックと決めています。
二度のキックで1.015cc空冷エンヂンは目覚めました。
軽く暖気してやり、スローの安定する1.000回転をタコメーターの針が止まるのを確認して、41年選手の重量級鉄馬がゆっくり走り出します。
西に向かって走って、お気に入りのカフェでブレイクするとしました。
このカフェのマスターも単車乗りで、旧車でのレースやサイドカーそしてカワサキWを愛する偉大な人でした。
他界されてからもマスターの面影がカフェの中に遺っています。
マスターの奥さんと珈琲を頂きながら会話を楽しみました。
カフェからの帰りは別のルートを韋駄天走りで楽しみます。
暑いんですが、Z1-Rを走らせて風を切る感覚が心地良いです。
信号待ちで、股下からのエンヂンの熱は相当なものですが、走り出したら熱も吹き飛ぶ走りで熱気を逃がしてくれます。
 実現しないような事や、先々の事を先読みするのを鬼が笑うと云いますが、暑くても楽しんで単車には乗ってやりたいですね。
写真は桃太郎が鬼退治をして、その鬼のお墓として建てた鬼塚です。
鬼に笑われないように、此処で記念撮影しておきました。
 そろそろZ1-Rも75.000マイルという走行距離を迎えます。
R2もそうだったですが、エンヂンオイルとエレメントを交換してやってリフレッシュしてやろうと思います167.png



[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-08-21 17:49 | Z1-R | Trackback | Comments(4)
a0064474_17085620.jpg 愛車のスバルR2の走行距離が14万キロを迎えました。
先日は少しばかりのトラブルが有りましたが、それからは元気に調子良く走ってくれています。
エアコンの効き具合も良く冷えてくれて、炎天下の中でも乗り手を守ってくれています。
四輪は何より好きな音楽を聴きながら走れるし、二輪に乗せられない荷物や人の数を載せる事が出来るのが魅力ですね。
さて、オイル交換ですが、14万ジャストで交換したかったんですが、数百キロ過ぎてしまいました。
自分は2.500キロ毎にオイル交換して、5千キロジャストと1万キロジャストでフィルターも交換するようにしています。
勢い良く出て来た古いオイルは真っ黒です。
エレメントもカップレンチで回して緩めて新品と交換します。
ドレンボルトを〆て、新しいエンヂンオイルを2.6リットル入れてやり、キャップを〆て作業完了です。
所要時間は15分程でしょうかね。
エンヂン始動してやると富士重工製四気筒ツインカムエンヂンはとっても静かにアイドリングしてくれました。
エンヂンルームを見ていると、クーラントのリザーブ量が少し減っていたので、補充してやります。
このR2は今年の十二月が車検です。
そろそろタイヤを四輪共に交換してやろうと思っています。
どんなタイヤにするか、楽しみに色々と考えています。
国産か舶来か楽しく迷っています125.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-08-20 17:25 | スバルR2 | Trackback | Comments(0)
a0064474_22070494.jpg 8月19日はバイクの日という事ですね。
お盆を過ぎて幾分暑さも凌ぎ易く成り、しかも日曜日という事で沢山の単車が元気に走る日でありましょう。
先日のラビット茶話会に来て下さった、ごとちゃんW1Sです。
是から暫くの間、讃岐での出張生活をされるようです。
単車らしいW同士でのランデブーツーリングを楽しみました。
日曜とは云え、自分は昼過ぎまではオフでは無いので、レッドバロンで待ち合わせをします。
所用を済ませて、ハイスーパーからW2SSに乗り換えてレッドバロンへと向かいました。
ごとちゃんは既に待っていてくれて、Wを二台並べて色々と語り合います。
自分のWは1968年式、ごとちゃんのは1969年という事でしたが、同じように見えても色々な箇所が異なっています。
レッドバロンの店員さんもWを見に来て、色々質問も受けました。
そしてWランデブーツーのスタートです。
先ず向かうのは善通寺の駐屯地です。
讃岐路を二台のWは路面を叩き付けるサウンドを放ちながら走ります。
自分のWをごとちゃんは信号待ちで繁々と見ていました。
自分もごとちゃんの走りを先導しつつ、バックミラー越しに見てました。
善通寺駐屯地に到着、此処にはもう何度も来ています。
ごとちゃんは戦車や装甲車や軍用ヘリにまたまた興味深々でしたね。
乃木館にも見学して、記念撮影も果たします。
a0064474_22071886.jpg
 駐屯地を後にして、二台のWはまた走り出します。
善通寺から南下して向かうは満濃池です。
田舎道を走ってショートカットしながら、満濃池へと向かいます。
W二台で走る排気音のビートは物凄く心地良いですね。
単車嫌いの人には五月蝿い雑音かもですが。笑
満濃池に到着して、メインスイッチを切ると、池の向こうからロックバンドのライヴ音が響いて来ます。
毎年まんのう公園で行われるモンスターズバッシュの轟音でした。
此方もバンドサウンドが嫌いな人には大きな雑音だろうと思います。
ごとちゃんは音楽好きのようで、ビートルズやベンチャーズの話で盛り上がります。
モンスターズバッシュのライヴ音が良いBGMでしたね。
ごとちゃんとは短い時間でしたが、色々と語り合えました。
また是非一緒に走りたいですね。
その日を楽しみに、帰路で別れて両手を振らせて頂きました。
またの機会を楽しみにしています165.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-08-19 22:44 | W2SS | Trackback | Comments(4)
a0064474_15303003.jpg 昨日より幾分涼しく成って来た感を感じています。単車に乗るのに晴天は良いですが、炎天下はとっても厳しいものがありますね。
 今日は讃岐ラビット茶話会の開催日です。
ギヤオイルを交換した301に乗って茶話会会場のカフェOZに向かいます。
なかなかハンドシフトのフィーリングが良く、スパッと軽くシフト出来ます。
OZに近い所でW1Sに乗ったごとちゃんが見えました。
ごとちゃんは先日讃岐へ転勤された方で、同じW乗りのKHさんからの紹介の方です。
ラビットと一緒にOZに到着、挨拶の後に店内に入って談笑しました。
OZのお姉さんが店内と特徴的なグッズを紹介してくれます。
そうしているとファットボーイで岡山の黄色兎さんが徳島のキャンプ帰りに登場。
茶話会のメンバーが揃いました。
ラビット談議、Wの話、キャンプの話と色々な話題で盛り上がります。
そしてOZに展示している錆グッズに御二人は興味津々です。
OZのお姉さんが丁寧に説明してくれました。
ごとちゃんはWにぞっこんのようで、これから一緒に走る機会が増える事と思います。
異種混合の茶話会も昼を過ぎて、自分は所用の為、先にOZを出ました。
301の排気音はお二人の単車達とは違い可愛いサウンドでしたが、シフトも気持ち良く楽しく走れました。
さて来月も茶話会は開催予定です。
またの参加を御待ち申し上げます162.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-08-18 17:13 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(8)
a0064474_11040696.jpg 今年もお盆休みも土日も無く動いています。
少し喉枯れてしまい、声が出難くなりましたが、扇風機のタイマーを掛け忘れてしまった為です。
さて、ストレス解消にスクーターの整備をして楽しみます。
先ずはラビットハイスーパーです。
前回にに引き続き、ギヤオイルの交換をしてやりました。
301程年数は経っていないものの、暫くギヤオイルは交換していません。
ドレンから出てきたオイルは真っ黒で量も少な目な感じがしました。
車体をドレンの方向に傾けてオイルを排出させて、ドレンを〆て新しいオイルを入れました。
今回は前回のエンヂンオイルではなくホンダのトランスミッションオイルを使用しました。
ゲージで適量を確認して、試乗してみましたが、ハンドチェンヂのタッチは軽く成り、1速から2速へとチェンヂするのが以前より軽く3速まで飛んで行ってしまいそうに成ります。
またこれで楽しく乗る事が出来るでしよう。
a0064474_11041592.jpg

さて、お次はヤマハミントもギヤオイル交換してやりましょう。
ミントは最近のベルト駆動ではなくラビットと同じくチェーン駆動です。
チェーンケースには700mlと容量の表示が有ります。
ラビットに比べると排気量の割に多いオイル量ですね。
ドレンから同じように古いオイルを抜きますが、写真の通り白濁というか灰色なオイルが出て来ました。
量は減っていませんが凄い色で驚きました。
もしかしたら1986年当時からのギヤオイルかも知れません。
このミントにもホンダのミッションオイルを規定量入れます。
試運転すると加速した時のギューンという音が消えてシューンという音に変わりました。
交換した成果が出ると嬉しいですね。
ハイスーパーは51年選手、ミントも32年選手です。
現代のスクーターのようには走りませんが、整備を施して長く元気に乗り続けたいと思います125.png165.png



[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-08-16 11:45 | ラビットS-211 | Trackback | Comments(4)