旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

カテゴリ:単車( 173 )

a0064474_11413845.jpg
 うちは何故か色々な古い物が舞い込んで来たりします。
知り合いがスーパーカブを貰ってくれないかと連絡が入ります。
どうやら高齢のお母さんが乗っていたようで、免許証を返納されたようです。
知り合いの方には以前同じくスーパーカブ90を紹介してあげた事が有って、そのお礼も兼ねて貰って欲しいという事です。
そして出来れば使って欲しいとの事でした。
前の持ち主の方はもう80歳を越えていて、意思を尊重してあげたいと思いました。
このカブはセル付きの90で、コントローラーが外れてますが、グリップヒータも付いていました。
走行距離は45.000㌔を越えていますが、始動性も良くバッテリーも生きていました。
センタースタンドの足掛けが折れていたり、リヤタイヤがツルツルとか整備してやるべき箇所は有ります。
2002年頃のモデルだと思いますが、整備はしてあげて可愛がってあげたいと思います164.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-07-14 12:00 | 単車 | Trackback | Comments(2)
a0064474_16355049.jpg
 とっても暑いですね。
先月末に東京に出張していましたが、関東は梅雨明けと現地でニュースを聞きました。
讃岐はゲリラ豪雨が威勢良く、まだまだ梅雨明けには遠いようです。
さて、以前に登場したZ250FTです。
その進捗状況を見に行きました。
キャヴの中身は酷い状態で、内部の清掃と部品の交換を施して無事にエンヂンは復活したようです。
しかし始動性やスローの安定には、かなりの苦労が有ったようですね。
あつぞ~君とっても御苦労様です。
さて次は足回りの整備に入るようで、ブレーキキャリパーの分解、前後タイヤの交換、各部の調整と作業は山積みです。
純正部品の欠品も数多く、悩みながらの作業のようですが、確実にZ250FTは復活に近付いていました。
michang君も現車を見に来たそうです。
無事に完成して、元気なFTサウンドを奏でて走るのを楽しみにしています125.png



[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-07-02 17:01 | 単車 | Trackback | Comments(2)
a0064474_22470367.jpg 先日ビッグカフェツーに出掛けた時に、michang君がセカンドバイクが欲しいので探しているとの話題を持ち掛けて来ました。
どんな車種が欲しいのか聞いてみると、カワサキZ250FTだそうです。
Z250FTと云えば、ずっと以前に自分も一時期乗っていました。
そのFTは先日のビッグバイクカフェツーに行った、BMWロックスター乗りのH君から譲って貰った物でした。
気に入って乗っていましたが、親戚の女の子が譲って欲しいとせがまれて、一時譲ります。
その後またうちにFTは帰って来て、またとある人が欲しいと云われてまた譲ります。
今回michang君がFT欲しいとの話で、自分の乗っていたFTの存在を確かめると、未だ存在していて長く放置されているとの事でした。
a0064474_22471583.jpg
譲っても良いとの事で、michang君と一緒にサンバーで引き取りに行きました。
そのFTは埃まみれで、草臥れてはいるものの、自分が取ったナンバープレートそのままで鎮座していました。
様々な予備パーツが揃えられて、欠品は無いようです。
軽トラに載せるべく移動させますが、タイヤの空気は減って、ブレーキも引き摺っています。
3人掛かりで軽トラに載せて、BIKE BASEあつぞーショップに入庫しました。
さてこのFTが無事に公道復帰出来るのか、少し心配ですが、期待せずには居れません。
想い出深いZ250FTが元気に走ってくれるのが楽しみです。
あつぞー君、どうぞ宜しく御願いします。
michang君、FTが復活したら川重クオーターツーリングしたいね164.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-06-21 23:11 | 単車 | Trackback | Comments(3)

アッと云う間に五年

a0064474_11512890.jpg ラビットハイスーパー、行灯カブ70、そしてカジュアルスポーツ250の自賠責保険の更新がやって来ました。
五年前に自賠責を60ヵ月更新したのが、早くも更新時期です。
250cc以下の単車はコンビニの端末で簡単に更新出来ます。
五年前より250ccは5550円安く、原付二種は340円づつ安く自賠責が設定されていました。
三台の合計金額は高いですが、五年前より全部で6230円安いのはお徳感が有ります。
これで平成35年まで継続出来ました。
しかし元号は来年五月に新しく成ります。
この平成35年を示すステッカーは幻の数字となりますね。
次の五年後にはCSは38年選手、行灯カブは53年選手、ハイスーパーは56年選手と成ります。
ゴールド免許じゃないけど、元気に更新してやれるよう走らせてやりたいと思います156.png125.png111.png



[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-06-19 12:10 | 単車 | Trackback | Comments(3)
a0064474_16273744.jpg BMWロックスターに乗る友人がオイル交換をして欲しいとやって来ました。
フラットツインの心地良い排気音は独特です。
早速ドレンボルトを緩めて古いオイルを排出させてやります。
ドレンボルトはヘキサゴンレンチで回す独特の設計です。
先端はマグネットが付いていて鉄粉を集めるようになっています。
かなりの量のオイルが勢い良く出て来ます。
オイル容量は3.5ℓとの事ですが、クランクケース左に確認窓が有るので、ドレンを〆てマグネシウム合金製左シリンダーヘッド上のフィラーキャップを外して新しいオイルを注ぎました。
うちのシグナスSVもそうですが、シリンダーヘッドからオイルを入れる単車は珍しいです。
オイル交換も完了して、フラットツイン始動。
滑らかに回る鼓動は心地良いですね。
またこのロックスターと走るのが楽しみです。
外車の整備もなかなか独特で楽しい時間でありました105.png



[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-05-22 16:45 | 単車 | Trackback | Comments(4)
 a0064474_17035243.jpg スクーターシートのリペアを依頼されました。
現代のスクーターシートはとっても大きいですね。
メットインスペースの蓋の要素も兼ねているので、開口部は大きく、そして乗り手を支える面も大きく取っているんでしょう。
今回のシートは座面をディンプル表皮にし、サイドの部分をレッドにして欲しいとの依頼です。
預かったシート自体は痛んでいないようでしたが、スクーターのシートは乗り込んでいくと表皮のシボが無くなりツルツルの表面に成ります。
そうなるとニーグリップ出来ないのと相まってお尻が滑ってしまったりします。
シート座面の角度がきついと、また滑り易くなります。
今回の張替えで、その心配は無くなったと思いますね。
そして赤いサイドは良いアクセントです。
さて依頼主から、どんな声が返って来るのか楽しみですー126.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-05-15 17:14 | 単車 | Trackback | Comments(2)
a0064474_08434900.jpg

 シグナスSVのセルモーターの回りが悪くなって来ました。
姉のところからやって来たシグナスも二年が経とうとしています。
バッテリーの交換を姉に聞いてみると、もう忘れる位前の事だったようで覚えてないそうです。
外したバッテリーは台湾ユアサ製でした。
パルス充電器で復活を試みましたが、一時的には復活してくれますが長くは続かないようです。
もう65.600㌔程走っていてる車両なので新しいバッテリーを投入してリフレッシュさせてやりたいと思います。
今回もスーパーチープツールズのバッテリーをチョイス。
TX7A-BSという型番で3280円でした。
先ずは電解液を注入して暫く放置します。
a0064474_08435724.jpg
その後電解液のボトルを外して、バッテリーにキャップを被せます。
そして車体に取り付けて、予備充電してやります。
夜に所用で出るので、それまで充電してやろうと思います。
充電が完了して元気にセルスタートしてくれるのが楽しみです。
前後タイヤとフロントブレーキパッドも新しくしているので、また元気に走ってくれると思います。
消耗部品もチープに長く使いたいですね。
街中でもめっきり見掛けなくなったシグナスSVです。
父親の形見としても大事に乗り続けたいと思っています125.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-05-10 09:07 | 単車 | Trackback | Comments(2)
 a0064474_10352419.jpg
 屋島工房から新作のグローブが二作出たとの知らせを頂きました。
尾原さんの製作するグローブは独自性と使い手の気持ちを考えられた素晴らしいグローブばかりです。
県外の友人から、どんなグローブなのか見て来て欲しいと所望され、自分も興味深々なので行ってきました。
先ずはGLONY mesaというグローブです。
GLONYとは旅と手袋の意味の言葉を繋げたものでmesaは台形の意味で屋島を手袋の各所にあしらっています。
ハンドペイントの波模様は瀬戸内海の波を表しているそうで、グリーンの迷彩は島の緑、ブラックは月夜の海のコンセプトのようです。
実際に履かせて頂くと、素晴らしいフィット感と柔軟性を感じます。
スマホの画面にも対応した、導電性のある皮素材を親指と人差し指部分に装備しているとの事でグローブを外す事無くスマホが操作出来るそうです。
高価ではありますが、実際に見て履いてみると納得の品質です。
a0064474_10473365.jpg

二作目は北海道産の鹿革を使用したエゾ鹿屋島です。
こちらはシンプルでブラウン一色のみの潔いグローブです。
こちらはベルト部分に屋島の文字と鹿の角の刻印が押されていました。
履いてみると厚みを感じるもののふんわりと手が守られた感じがします。
握った感触もしなやかです。
人差し指と中指の甲側には柔らかい裏皮が貼り付けてあり、ゴーグルや雨天時のシールドワイパーとして使えるように成っています。
エゾ鹿屋島グローブは屋島工房の代表的グローブのエルクと同じく、シンプルで素材の素晴らしさを感じる逸品だと感じました。
こちらも幾分高価ですが、使うと納得するグローブだと思います。
しかし尾原さんの独創的なアイディアとそれを製品化する技術には感心させられます。
尾原手袋屋島工房から生まれ出すグローブ達が多くの単車乗りに愛用されて欲しいと強く思いました165.png165.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-04-03 11:06 | 単車 | Trackback | Comments(5)
a0064474_21253692.jpg
 三日間の出張に出ていました。
ブログ記事も書き掛けて途中で放置してしまっています。
漸くブログ記事を書く時間が出来たので、最後まで書き上げましょう。

後輩がリード100を修理して欲しいと依頼が入ります。
前後タイヤはツルツル、ブレーキも利きが悪く状態は良くないと聞きます。
うちで預かる事に成り、預かって乗って帰る事に成りました。
乗ってみると確かに酷い乗り味です。
帰宅して色々とチェックをして部品を注文。
前後タイヤ、バルブ、フロントブレーキパッドを購入しました。
先ずはフロントタイヤを交換です。
もう溝が殆ど無くなってしまっているタイヤは硬化していて、外すのはなかなかに手強いです。
何とか外してバルブ交換、新しいタイヤは気持ち良く入ってくれました。
a0064474_21242306.jpg
 次はフロントブレーキパッド交換ですが、古いパッドはベースまで削れていて、酷い状態です。
2ポッドキャリパーですが、ピストンは2つ共に酷く片方は固着してしまい、動こうとしてくれません。
厚みの有る新品パッドは磨り減ったディスクローターでも引き摺ってしまいます。
キャリパーはショップの御世話にならないとどうしようもない感じですね。
ディスクローターも使用限度を過ぎてしまっているので、此処は出費がかさみそうです。
さて次はリヤタイヤです。
a0064474_21451167.jpg
マフラーを外して、リヤホイールを外して、古いタイヤとバルブを外していきます。
タイヤレバーでの作業は手馴れたものですが、やはり硬化したタイヤは手強いです。
何とか外して、新しいバルブ&タイヤを入れてやり、コンプレッサーでビードをバンバンと上げてやります。
足回りの部品が新しく成って、リフレッシュされました。
試運転しても良い感じですが、やはりフロントブレーキキャリパーはOHが必要のようでショップに預ける事にしました。
a0064474_21540979.jpg
 修理が上がりブレーキの引き摺りも解消され、新品のディスクローターが奢られました。
引き摺った状態のハンドリングは正直良くなかったのが、新品タイヤと相まって気持ち良くコーナーを曲がれます。
スタートダッシュも2サイクルエンヂンの心臓なので鋭い出足です。
まだまだ手を入れたい箇所も有りますが、一応メンテナンスは終了としました。
2サイクル100ccスクーターはもうかなり少数派ですが、大事に乗って欲しいと思います。
距離は5万数千キロ走っている車両ですが、まだまだ走れそうです。
元気を取り戻したリード100を返すのが楽しみです102.png



[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-03-27 22:05 | 単車 | Trackback | Comments(4)
 a0064474_16185689.jpg 三寒四温という言葉が相応しく、暖かく春を思わせる陽気の日も有れば、反対に木枯らしが吹いて寒い日も有ります。
暖かい日は単車に乗るのも快適で楽しいですが、寒く冷たい風が吹くとなかなか大変ですね。
自分は寒い日には皮ジャンとオーバーパンツを着用して寒さを凌いでいます。

先日ハンター小野君と呑み会をしました。
その時にハンターカブのシートが破れているので修理を御願いしたいと依頼されます。
預かったシートは表皮が剥がれて破れ鉄板製のベースも少し痛んでいました。
持ち帰って、早速修理に持ち込みました。
a0064474_16281318.jpg

一週間後、出来上がったシートを見ると素晴らしい出来栄えです。
希望通りにタックロールも施されていました。
ハンターカブのシートに相応しく男らしいシートの出来上がりです。
座り心地も改善されている事でしょうね。
この新しく生まれ変わったシートを取り付けたハンターカブを見るのが楽しみです。
いつもながら職人さんの技術の確かさには感心させられます。
単車乗りを支えるシートにはカッコ良くどんな状況の中でも元気でいて欲しいですね165.png



[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-03-09 16:39 | 単車 | Trackback | Comments(4)