旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

カテゴリ:ラビットS-301( 146 )

出張ヘルプに走る

a0064474_08555206.jpg 知人の乗るスクーターが調子悪いので見て欲しいと依頼が有りました。
始動性が悪いのとオイルも交換したいとの事です。
バッテリーも古いようで、交換が必要です。
車種はヤマハアクシストリートです。
先ずはバッテリーを購入して、予備充電します。
今回はACデルコ製を求めました。
チャーヂ完了して、バッテリーをラビットに積んで修理に向かいます。
先ずはバッテリー交換、古いバッテリーは台湾ユアサ製でした。
トリートはインジェクション車なのでバッテリーが弱くなると始動に問題が出るようですね。
凄く寒い朝でしたが、バッテリーを交換したら始動も良好です。
そのまま暖気してオイルも交換して、リフレッシュしてやりました。
このトリートはうちのシグナスSVと色々な構造が似ていますね。
オイルを入れる口はSVと違いエンヂン右側にフィラーキャップが有ります。
SVはシリンダーヘッドから注ぐタイプですが、如何なんでしょうね。
しかし気持ち良く問題も解決して気分もリフレッシュ出来ました125.png165.png

by kawasakiw2ss | 2019-02-16 09:12 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(4)
a0064474_16335751.jpg 新年最初のラビット茶話会を開催しました。
もう七十回を超えて開催している茶話会ですが、良く続いているものだと思います。
さて今年の第一回目は平日開催という事で設定させて頂きました。
相棒はラビット301です。
SEALさんがヤマハメイトの初期型で参加してくれるとの事で、待ち合わせて一緒にランデブーします。
向かうは毎度のカフェOZです。
二台は市街地を軽快に紫煙を吐きながら駆け抜けて行きます。
茶話会会場のOZに到着、既にカブ乗りのFさんが四輪で来ていました。
其処へMOTOさんが301で登場。
そしてOZのお姉さんがエストレヤでやって来ました。
a0064474_16340517.jpg
このメンツで茶話会開始です。
OZの美味しい珈琲とモーニングを頼む人も居ました。
話題はラビット、キャンプ、カブ、バイクグッズ、北海道ツーと豊富です。
Fさんはラビットがえらく気に入ったようでしたね。
FさんはハーレーやBMWも乗っているので、また大きな単車でも一緒に走りたいと思います。
MOTOさんは最近手に入れたC-105の整備を楽しんでいるようでした。
茶話会はお昼まで楽しんで、カブ乗りのつぅ君がやっている饂飩屋へ移動してお昼の饂飩を食べて楽しんでの解散と成りました。
来月の茶話会は二月九日の土曜日十時にカフェOZを予定しています。
是非御参加下さいませ156.png

by kawasakiw2ss | 2019-01-10 17:34 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(4)
a0064474_14370969.jpg 今年最後の讃岐ラビット茶話会はジャスト70回で締め括りました。
朝からハイスーパーを整備しいて、211で参加と目論んでいましたが、どうやら時間的に少し足りなく301で走り出します。
軽く暖気して、カフェOZへとラビットは向かいます。
天気も良くワークリーフ皮ジャンにジーンズ、JRPウィンターグローブという装備です。
今日は自分の誕生日という事で、朝から気分も上々です。
OZに到着する寸前にFTR223なべさんと合流、モトさん301、ZUM君セロー250と茶話会の面子が揃いました。
OZのお姉さんも混じって楽しい茶話会が始まります。
今回の話題はキャンプツーの話がメインと成りました。
モトさんもカブC105を手に入れたようで、レストアの写真を見せてくれます。
旧車を再生する楽しみや走らせる楽しみも語り合いました。
楽しい時間は早く過ぎて、皆でOZの前で記念撮影して散会しました。
来年の茶話会は平日開催を考えています。
来年もどうぞ気軽に御参加下さいませ159.png


by kawasakiw2ss | 2018-12-01 14:56 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(8)
a0064474_19520385.jpg 2サイクル車の宿命としてチャンバーマフラーの詰まりが有ります。
先日のハイスーパーもそうですが、301も詰り気味でありました。
時々、針金を差し込んでグリグリと詰まりを取っていましたが、マフラーの構造上詰まりを完全に解消するには至りません。
一度外して状態がどんなものか確かめてみる事にしました。
チャンバーはステップ後方の下に位置しています。
テキパキと外して状態を見ましたが、相当に痛んでいるようです。
穴も数箇所空いているのとチャンバー自体が弱っている感じなので、今回はストックのチャンバーに交換する事にしました。
a0064474_20044998.jpg
ストックのチャンバーは一度切開してリペアした跡がありました。
さてこのチャンバーが使えるのかどうか疑わしいところも有りましたが、一度取り付けて走らせてみる事にします。
サクッと取り付けて、エンヂンを掛けてみます。
前のチャンバーよりも幾分静かな印象です。
走らせてみるとフィーリングは悪く無いようです。
がしかし大量の紫煙が立ち込めて信号待ちも煙幕状態です。
これは走らせているうちに解消すると思いますが、暫くは煙幕状態を我慢です。
さてハイスーパーのチャンバーも詰まってしまっているので、これも外して状態を確認して対策を考えたいと思います。
2サイクル車は走って楽しいけど年数経つと面倒臭いですね129.png

by kawasakiw2ss | 2018-11-23 20:15 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(2)
a0064474_17222263.jpg

 今月も晴天に恵まれて讃岐ラビット茶話会を開催させて頂きました。
週間天気では怪しい空模様でしたが、とっても良い天気です。
ラビット301を相棒に80年代風のシングルライダース皮ジャンを着込んで茶話会会場の御馴染みカフェOZへと向かいます。
今回はいつものメンバーに加えてセロー250乗りのZUMさんを御誘いさせて頂きました。
OZに向かう道中、ZUMさんと偶然に会い一緒にOZに到着。
W400でやまちゃんは既に到着していました。
ZUMさんとは初めて御会いしましたが、気さくな好青年です。
メインの単車はヤマハV-MAXだそうで実家に鎮座させているようです。
そうこうしているとCD-250でモトさんが到着。
OZのお姉さんも交えて茶話会が盛り上がります。
a0064474_17221388.jpg
乗っている単車は様々ですが、語る話は様々な話題で楽しいものです。
ラビットは自分一台だけですが、皆ラビットに興味津々です。
普段見掛けないラビットを知って貰うのも茶話会の趣旨だと思っています。
カフェOZはバイカーズカフェ化していましたが、OZのお姉さんも色々な単車が来て見るのが楽しみのようです。
茶話会は10時から始まって昼が過ぎ13時を過ぎても続きましたが、自分は昼から所用が有るので先に失礼しました。
本当はお昼に讃岐饂飩を食べに走る予定だったんですがね。
来月の茶話会はジャスト七十回を迎えます。
十二月一日の土曜日、朝十時にカフェOZで開催したいと思います。
実はこの日はKAZの誕生日なんですよー笑
どうぞ宜しく御願いします125.png



by kawasakiw2ss | 2018-11-17 17:43 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(3)
a0064474_19191196.jpg 三連休は仕事三昧でした。
連休明けの平日にラビットの茶話会を計画していましたが、生憎の雨模様です。
今月は土日祝日がほぼ仕事で埋まってしまっています。
雨が止むのを祈って、茶話会開始時間ギリギリまで粘りましたが、どうやら雨は止まないようです。
仕方なくサンバーで出動。
このサンバーも純富士重工製です。
茶話会にサンバーというか四輪で向かうのは初めてです。
四気筒リヤエンヂンのフィーリングを楽しみながら、カフェOZへと向かいます。
たまにはFM聴きながら、四輪で向かうのも悪く無いですね。
a0064474_19192426.jpg
予定時間を少し過ぎて、OZに到着。
OZは女の人のお客さんで溢れていて、自分だけが男で少し気後れしてしまいます。笑
其処へ雨の中、もとさんが301で登場。
そして遅れてやまちゃんがコペンで登場です。
茶話会メンバーが揃い、珈琲を頂きながら熱い談話が繰り広げられます。
もとさんがラビット301BH用のキースターの燃調キットを持参して見せてくれました。
そのキットを見せてくれるまで、ラビット301の3速車とトルコン車でキャブレターが違うという事を知りませんでした。
もとさんとやまちゃんの熱いトークを聴きながら、自分も熱く語っていましたね。
雨も上がって、そろそろ解散の時間です。
御二人共に茶話会参加どうも有難う御座いました。
来月の茶話会は17日の土曜日午前中を予定しておきます174.png

by kawasakiw2ss | 2018-10-10 21:18 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(2)
a0064474_07455146.jpg
 2004年から愛車として乗っているラビット301です。
もう16年も乗っている事になります。
乗り始めて直ぐにシートは張り替えていました。
がしかし右サイド部分にヒビ割れが出て来てしまい、そろそろ張替えをしたいと思っていました。
同じく張替えしたリヤシートはまだまだ綺麗なので、フロントシートのみ張り替える事にします。
シートの表皮ですが、最近良く使うディンプル表皮にしました。
スクーターはニーグリップ出来ないので、シートと乗り手の密着は大事になります。
このディンプルシートは乗り手の滑り止めに効果絶大ですね。
乗り心地も良くなり、10日に行われる茶話会が楽しみです181.png



by kawasakiw2ss | 2018-10-07 08:44 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(1)
a0064474_13480069.jpg ラビット301のフロントタイヤに履かせていた中古のミシュランS83のスリップサインが出てしまい、乗り味も悪いので交換する事にします。
履かせるタイヤはユナリのホワイトリボンタイヤで以前リヤには既に履かせています。
先ずはホワイトリボン部分に塗られた青い皮膜を洗って取り去ってやります。
石鹸を束子に付けて擦ると、簡単に取れていきました。
最後に水で流してタオルで拭き上げて準備完了です。
このタイヤのパターンは小さなブロックが組み合わさったオンとオフの中間のパターンをしています。
次にホイールを外して、ブレーキパネルを取り出します。
a0064474_13480981.jpg
ブレーキもレバーの引きしろが少なく成っていたので、交換かと思っていました。
右のスペアのブレーキパネルと見比べると、シューの厚みは今迄付いていた方が有るようです。
がしかしブレーキドラムに入れてみると、右のスペアの方がレバーの動作が少なく良い感じです。
これはシューのベースの大きさが微妙に違うようですね。
見比べるとベースの厚みはスペアの方が大きいので、今回はこのパネルを使う事にしました。
そしてホイールを分割して古いタイヤを外していきます。
新しいタイヤとチューブそしてホイールを丁寧に組み上げます。
a0064474_13481587.jpg
組み上げたらエアを張って交換作業は完了です。
次に車体に組み付けていきます。
白いホワイトリボン部分を汚さないように気をつけて作業しました。
作業が全て完了して全体を見ると、前後でホワイトリボンの色合いが異なっています。
どうやらリヤはこの夏の日差しで日焼けしているようです。
フロントは純白ですが、そのうち日焼けしてリヤと同じように成るんでしょう。
しかしながら、ラビットにホワイトリボンタイヤは似合います。
このユナリタイヤは一本2745円でチューブ付きというリーズナブルなタイヤです。
新しいタイヤの感触を楽しみたいと思います。
そして次はフロントシートのリペアを考えたいと思っています。
楽しいタイヤ交換作業でした166.png



by kawasakiw2ss | 2018-09-25 14:30 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(0)
a0064474_15303003.jpg 昨日より幾分涼しく成って来た感を感じています。単車に乗るのに晴天は良いですが、炎天下はとっても厳しいものがありますね。
 今日は讃岐ラビット茶話会の開催日です。
ギヤオイルを交換した301に乗って茶話会会場のカフェOZに向かいます。
なかなかハンドシフトのフィーリングが良く、スパッと軽くシフト出来ます。
OZに近い所でW1Sに乗ったごとちゃんが見えました。
ごとちゃんは先日讃岐へ転勤された方で、同じW乗りのKHさんからの紹介の方です。
ラビットと一緒にOZに到着、挨拶の後に店内に入って談笑しました。
OZのお姉さんが店内と特徴的なグッズを紹介してくれます。
そうしているとファットボーイで岡山の黄色兎さんが徳島のキャンプ帰りに登場。
茶話会のメンバーが揃いました。
ラビット談議、Wの話、キャンプの話と色々な話題で盛り上がります。
そしてOZに展示している錆グッズに御二人は興味津々です。
OZのお姉さんが丁寧に説明してくれました。
ごとちゃんはWにぞっこんのようで、これから一緒に走る機会が増える事と思います。
異種混合の茶話会も昼を過ぎて、自分は所用の為、先にOZを出ました。
301の排気音はお二人の単車達とは違い可愛いサウンドでしたが、シフトも気持ち良く楽しく走れました。
さて来月も茶話会は開催予定です。
またの参加を御待ち申し上げます162.png


by kawasakiw2ss | 2018-08-18 17:13 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(8)
a0064474_16214209.jpg ラビットスクーターは今時のスクーターには無いハンドチェンヂです。
このハンドチェンヂがまた乗って操作するのが楽しいんですよね。
クラッチレバーを握ってグリップを手前と向こうに回してギヤチェンヂをします。
3速チェンヂですが、適切なギヤに入っての加速は気持ち良いものです。
最近チェンヂの心地が今イチな感じがするので、ギヤオイルを交換してやる事にしました。
ラビットのギヤオイルは500ccで、自分は普通のエンヂンオイルを使用しています。
ブログの記録では2006年から交換していないようで、12年間もの間同じオイルだったようですね。
ドレンから出たオイルは真っ黒い墨汁のような色のオイルが出て来ます。
新しいオイルを注いでミッションをリフレッシュです。
交換も終わって、肝心のミッションタッチはスコンスコンと軽くギヤチェンヂが行えます。
左手に伝わる感触は全く変わりました。
もっと早くに交換すべきだったようですね。
ラビットはスーパーフローモデルではトルコンを採用しています。
トルコンモデルはギヤオイルでは無くトルコンオイルと成ります。
このトルコンオイルにも皆こだわりが有るようですが、3速モデルもギヤオイルは定期的に交換してミッションタッチの変化を楽しむのも3速モデルの楽しみの一つのようですね。
さて今度は、どの単車のオイル交換をして楽しもうかなー159.png

by kawasakiw2ss | 2018-08-02 16:36 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(0)