旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

カテゴリ:CS-250( 121 )

a0064474_11340445.jpg パソコンの立ち上げ画面に見た事の無い画面が出るようになりました。
このPCは貰い物で2009年製です。
もう年が明けると10年選手に成るので、そろそろハードディスクの不具合や故障が出ても仕方ないところです。
PCに詳しい人に聞くと、そろそろHDのクラッシュ対策をした方が良いと云われます。
PCに詳しい後輩に一度診て貰う事にしました。
自分はPCに詳しく無いので、彼のやってる事が良く解りませんでしたが、どうやらHDは使用時間も少なく破損している箇所も無く良い状態のようです。
安堵の胸を撫で下ろして、プチカフェツーに出掛けました。
向かうはカフェしるくです。
アンティークな昭和雑貨の居並ぶお洒落なカフェです。
CB乗りのカオリさんも誘ったので、楽しいトークとカフェを楽しむ事が出来ました。
先日のクシタニの珈琲ブレイクミーティングもそうですが、単車にはカフェや珈琲が似合います。
ちょっとした時間を見付けて、好きなカフェでのブレイクタイムを楽しむのもチープに単車との付き合い方、楽しみ方の一つですね。
またカフェツーを楽しみに走りたいと思います169.png



[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-10-17 11:51 | CS-250 | Trackback | Comments(2)
a0064474_13143134.jpg 先日のCS岡山オフで愛知の極さんからシートの張替えを依頼されました。
極さんは現在、CSの整備中との事で最新型のZ900RSで来られていました。
その極さんがCSのシートを愛知から持参して来ます。
自分のディンプル仕様のシートを見て、同じようにして欲しいとの事です。
シートの仕上がりに、とても満足しているようでした。
シートを預かってオフ会を後にしました。
後日シートのリペアを持ち込みました。
 そして仕上がったシートは見事に仕上がっていました。
最近このディンプルシートを気に入っています。
乗り手やリヤに載せた荷物が滑り難いのと、見た目も引き締まって見えます。
ニーグリップの出来ないスクーターやカブのシートにも相性良いと思いますね。
極さん、元気なCSを是非復活させて下さいませ166.png



[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-09-27 13:58 | CS-250 | Trackback | Comments(4)

やっと献血出来ました。

a0064474_14405979.jpg 毎月の献血を心掛けています。
世の為、人の為に励行していますが、献血すると十数項目の血液検査結果が送られて来て、自分の健康チェックに役立てています。
 しかしながら、自分は貧血気味で、献血出来ず終いの時が最近続いてました。
医療機関で検査もしますが、特に問題になるような箇所も疾患も無いようで、食生活や充分な睡眠で改善して下さいとの事です。
増血を心掛けて、臨んだ献血は見事に叶い、327回目をカウントしました。
今回はスタンプカードも20ポイントと成ったので、讃岐米とレトルトカレーのセットを頂きました。
頂いたお米とカレーの箱は張り替えたばかりのCSの小さなディンプル皮のタンデムシートに括り付けて帰ります。
血液検査の結果が来るのが楽しみです。
また来月も献血したいので、健康維持に努めたいと思います162.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-09-20 14:57 | CS-250 | Trackback | Comments(2)
 a0064474_22521199.jpg 川重車は国内メーカーの中でも独特の造りとコンセプトを持つのが特徴だと感じています。
その川重車の中に異端児とも云える単車が様々に存在します。
カジュアルスポーツ250もその中の一台で、1985年製で生産台数も販売台数も極端に少ない希少車です。
川重乗りやメーカーイベントのKCBMでも認識されないという数奇な単車であります。
そんな単車を愛し止まないCS乗りが不定期に集まってオフミーティングをしています。
今回の開催は岡山で、道の駅みやま公園に午前10時集合との告知です。
自分とW1Sごとちゃんが朝のフェリーで行く予定としてましたが、ごとちゃんは体調不良で欠席。
自分だけでフェリーに乗り込みますが、中には先日のカブミーで会ったレヤン&ぱんだひめさんが奇しくも乗ってました。
船内で談笑し、下船して別れて岡北MDカブが待っていてくれたので合流。
道の駅みやま公園に向かいます。
到着して二人で単車トークでブレイクしていると、ひよこまめ村長CSがやって来ます。
少し前にエンヂンOHして好調のようです。
それからりゅうじCSが事故の痕も物ともせずに登場。
大ちゃんCSはお初でしたが、モトコで製作したトップケースステーが光ってます。
カムかじり虫CSも仕事で多忙ながらも参加です。
そして此方もお初の極さんは最新型のZ900RSで登場と今回のメンバーが出揃います。
CS乗りは岡山は勿論中部地方も居なく遠方ばかりからの集合と成りました。
a0064474_22523491.jpg
 さて異端車御一行は鷲羽山へと向かい走りました。
途中通行止めが有り、迂回しますが、皆元気に走ります。
鷲羽山に向かうワィンディングもコーナーを楽しみつつシングルビートを奏でて駆け抜けて行きました。
頂上展望所に到着、話す話題は山々ですがCSを愛でて維持して走らせて楽しむ話に話題は尽きません。
希少車だけに部品の調達、維持の苦労と楽しみは話題の共通で工夫とヒントが今後のCSとの付き合い方の重要なヒントに成ります。
展望レストランで会食をし、記念撮影の後、熱い異端児乗り達は散会して、心地良いミーティングの思い出を胸に帰路へと走りました。
参加の皆さん、遠路御疲れ様でありました。
また是非CS乗りで集まりましょう162.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-09-17 23:50 | CS-250 | Trackback | Comments(5)
a0064474_14331952.jpg 従兄弟の形見であるCSを大事に乗っています。
CSは1985年に発売されてから33年という年数を迎えています。
CSのシートは二分割構造で、リヤシートは後ろの端っこが破れてリペアして綺麗でしたが、フロントもサイドの部分に亀裂が出て来ました。
このメインシートは従兄弟の座っていた部分なので、使えなくならないうちに予備のシートを張り替えてやろうと思いました。
予備のシートは昨年ぽっぽハトさんから頂いた部品取り車のシートを取り外してリペアします。
a0064474_14333251.jpg
予備シートは相当痛んでいましたが、表皮をディンプルレザー仕様にして見た目とシートの安定性を高めてやる事にします。
シートをリペアに持ち込んで、職人さんと相談をします。
シートベルトの固定部分が腐食していてベルトの装着は難しいかもでしたが、無事にシート表皮もベルトもディンプルレザーで新調してくれました。
早速車体に装着して座ってみましたが、セパハンで些か前傾姿勢のCSのポジションにディンプルシートは滑らなくて良い相性です。
メインシートの後部部分は乗り手の腰が当たる箇所ですが、純正は表皮とウレタンの間に大きな空間が斜めに有ったのが、ウレタンの曲線にピッタリとシルエットが合って具合が良いです。
タンデム部分も面積は小さいですが、シートバッグを載せて走る事場合にバッグが前後に滑り難く成ったと思います。
来月の17日には岡山でCSのミーティングが有るので、シートを披露するのが楽しみの一つになりましたね。
ディンプルシートレザー、御奨めの素材です162.png
 
[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-08-31 15:42 | CS-250 | Trackback | Comments(7)

カフェツーとプチメンテ

 a0064474_21150667.jpg 愛用しているPCの調子が悪くなりました。
悪くなるのが三日間の出張の出発前だったので、記事の投稿もコメントも出来ず終いでありましたが、何とかPCも復活しています。

 25日の朝にW乗りのごとちゃんとOZで待ち合わせて、カフェツーする約束をしていました。
今回の相棒はCSとします。
Z1-Rで行くか迷いましたが、空冷四気筒は炎天下では厳しいのでCSとします。
小気味良く走るCSも調子は上々、OZ到着すると新調されたエストレヤのシートが装着されてました。
OZのお姉さんも乗り心地の変化に驚いていたようです。
ツートーンシートはお洒落ですね。
a0064474_21145485.jpg
 さて、ごとちゃんがなかなか現れません。
時間遅れてWサウンドが聴こえて、やって来ましたが、単車の調子が悪いようです。
珈琲を頂きながら、OZのお姉さんと三人で暫く単車談議。
ごとちゃんにWの症状を聞きながら、色々と原因を想像していました。
そして、実際に単車を診てみると、右側のキャヴのトップリングが斜めに成っているのを発見。
恐らく此処が原因だと、真っ直ぐにリングを入れ直したら、調子は戻ったようで、ごとちゃんは嬉しそうに御礼を言っていました。
無事に解決した後は、ごとちゃん希望のこだわり麺やでカレ玉うどんを食べてました。
自分は釜玉でしたねー笑
ごとちゃん、また元気に走りましょうー165.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-08-29 21:48 | CS-250 | Trackback | Comments(4)

祝完成Z250FTとプチツー

a0064474_17225814.jpg
 今日も凄い暑さであります。
michang君のカワサキZ250FTが完成したとの知らせが入りました。
BIKEBASEの店長あつぞ~君が丁寧且つ苦心して仕上げてくれた単車です。
少し前に試乗させて頂いた時よりも、また調子は良く成っているそうです。
michang君とタンデムしてショップに向かいます。
赤いFTは当時のまんまのいでたちで鎮座しています。
まだスローの安定性に難が有りますが、乗って走れば気持ち良く吹け上がるエンヂンフィールに驚きます。
スローの安定度は乗り込むうちに解消されるもののようです。
a0064474_17231140.jpg
その後、CS250と川重250車二台で走りました。
どちらの単車も現代の巷では見掛けない単車達です。
プチツーしながら、二台の軽いビートを交差させて楽しみました。
その後、御馴染みのカフェサンタローサで冷えた珈琲を頂いて、単車談議と昔の音楽話で盛り上がりました。
FTとCSとを並べて見ると、スタイルに大きな進化が有る様に見えます。
70年代の形と80年代の形は大いに進化を感じますね。
しかしどちらも古い単車達です。
部品の心配や突然のトラブルも有るかも知れませんが、暑くても元気に走らせてやりたいと思います。
michang君、またツーを楽しみましょう。
そしてFTを大事に長く乗り続けて下さいませ174.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-07-22 17:44 | CS-250 | Trackback | Comments(4)

CSの水温計がヒート?

 a0064474_15165437.jpg
 毎日暑いですねー。
35℃を超える気温に汗だくに成ってしまいます。
単車で走る時も、長袖のジャケットやシーンズ、レザーグローブにヘルメットと装備は夏仕様の物も有りますが、やはり体感的にはとっても暑いです。
自分の乗る単車の中で唯一水冷車のCSですが、速度計と回転計の間に水温計が有ります。
この水温計が徐々に右に振れ出して、水温の上昇を知らせてくれます。
写真の水温計はもう、ヒートを示すHゾーンに入ろうとしていますが、実際はそんなにヒートしていません。
このCSは1985年製で33年選手です。
いつかのブログにも書きましたが、このメーターの赤い針が折れてしまい、メーター修理をした事が有ります。
修理から返って来たメーターの水温計は以前よりもヒート気味に針が振れるように成りました。
この水温計の状態が長く続いても、ラヂエーターのファンは回りません。
そして、アクセルを吹かして冷却水の潤滑を促すと途端に水温計の針は真ん中辺りまで落ちて行きます。
どうやら経年劣化でメーターのダンパーや表示が甘く成っているものと思います。
 今朝もプチツーしましたが、ヒートを示す水温計の針をアクセル操作で真ん中辺りに戻しつつ走りを楽しみました。
9月には岡山でこのCS乗りのミーティングに参加の予定です。
川重車の異端児のCSでは在りますが、個性的なCS乗り達と水温計の話題で楽しもうと今から思っています119.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-07-18 15:43 | CS-250 | Trackback | Comments(5)

川重旧珍車を拝見

a0064474_10312175.jpg
 単車仲間のsatoさんから面白い単車入ったから見に来て下さいと電話が入りました。
雨も降っていないので、CSでトコトコと出掛けて行きます。
satoガレーヂに鎮座していたのは、懐かしいカワサキKM90でした。
ブルーのタンクが綺麗です。
1977年頃の年式でしょうか、未だロゴが大文字でKHタンクとパターンが似ています。
タンク下には車体に不釣合いな程大きなリフレクターが取り付けられています。
レストアされた車両のようで、各部品は新品に近い綺麗さでした。
エンヂンも元気に始動して、懐かしい排気音が聴けました。
このKM90より少し新しい年式のモデルはずっと以前、知り合いのおじさんが乗っていたので想い出深いです。
sato邸には新車のZ125proも増車していて、とっても充実したガレーヂライフでした。
新旧共々に楽しく走らせてやって欲しいです165.png



[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-06-14 11:40 | CS-250 | Trackback | Comments(4)
a0064474_13543869.jpg
 四月に成りました。
絶好の単車日和の日曜ですが、現実は厳しいです。
ロックスターに乗る友人が、一緒に走らないかと誘われます。
自分は休みでは無いので、朝の早いうちに走る事にしました。
自分の相棒はCS250をチョイス。
向かうは五色台スカイラインです。
山間の農免道をクネクネ走り、五色台スカイラインへと向かいます。
CSは軽量スリムでヒラヒラとコーナーを駆け抜けて行きますが、ロックスターもテレレバーサスペンションの恩恵かタイトなコーナーでも大きな車体を感じさせない旋回性を見せています。
BMWならではの凄い技術だと思いますね。
スカイラインに入り、ワィンディングでのペースは一段と上がります。
二台とも別々の鼓動を奏でながら、桜の咲き満ちる五色台スカイラインを走り抜けました。
早朝なので、走っている車や単車はまばらです。
お昼になると混雑するのかも知れませんね。
展望所に着いて、一服しました。
そろそろ単車も増えて来て賑わいを見せ始める兆候のようです。
時間も無いので下山して、近くのカフェモーニングを楽しみました。
タイトな時間の中で楽しく走り、帰宅して行灯カブに乗り換えて所用に向かいました。
本音は一日使ってゆっくりと単車を走らせたいですが、それは機会を得られる時のお楽しみですね165.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-04-01 14:18 | CS-250 | Trackback | Comments(4)