旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

カテゴリ:CS-250( 127 )

a0064474_11540583.jpg 自分の乗っている単車の中で一番最新鋭なのがCS250です。
水冷4バルブのハイメカツインカムは以前乗っていたZ250FSからすると大きく進化を遂げています。
そのハイメカなエンヂンだけにオイルの管理は大事です。
走行距離も42.000キロを越えたのでオイルを交換してリフレッシュしてやります。
ドレンから排出された熱いオイルは真っ黒です。
良く仕事をしてくれた証でしょうかね。
フィラーキャップの裏やオイルレベルの窓にスラッヂは見当たりません。
ドレンボルトの先端にもゴミは体積していないようです。
オイルを最後まで出し切ってドレンを〆てやりました。
フィラーキャップを開けるとクラッチが良く見えます。
此処は以前乗っていたZ250FSと酷似していますね。
新しいオイルを注いでオイル交換作業は終了です。
幾分静かに成った川重製ハイメカツイカムシングルは鋭い吹け上がりを排気音とタコメーターが表してくれます。
来月は奈良でこのCS乗りが集まるミーティングが開催されます。
今からとっても楽しみにしています162.png



by kawasakiw2ss | 2019-02-14 12:24 | CS-250 | Trackback | Comments(0)

川重250二台でカフェ

a0064474_21273619.jpg
 久々にmichang君と新たな彼の愛車のZ250FTと走る事にしました。
彼のFTは更なる進化を遂げていました。
集合管にJBパワーのCRキャヴ、Wディスク、ヨシムラカヤバのリヤショックと凄い内容です。
そしてエンヂンやフォークはバフ掛けしてありました。
対するCS250はシートがディンプルに成ったのみでノーマル然としています。
二台でカフェで珈琲を楽しみましょうという事で、毎度お馴染みのカフェOZへ走ります。
michang君FTは集合管の図太い排気音で、元気に走り出します。
CS先導で市街地をスイスイと駆け抜けて、OZに到着。
美味しい珈琲を味わいながら、OZのお姉さんを交えて単車や音楽の話に盛り上がりました。
常連のお客さんも交えて楽しい時間を過ごします。
OZのお姉さんもエストレヤ乗りなので川重250乗り同志で楽しく語り合いました。
楽しく過ごして、二台はカフェを後に渋滞の始まった市街地をまたスイスイと走りました。
元気に走るFTの姿は生き生きとしていました。
michang君また走ろうねー169.png


by kawasakiw2ss | 2019-01-24 22:09 | CS-250 | Trackback | Comments(2)

カフェツーと神社参詣

a0064474_20402139.jpg 新年を迎えて半月が経ちました。
スクーターやカブは乗っているものの、大きな単車にはなかなか乗る時間と機会が得られないです。
今日は昼から半日オフだったので、CSを相棒に一っ走りする事にしました。
天気は少し微妙ですが、躊躇すると走れないで後悔するので天を信じて走り出します。
そして単車乗りの信念を貫いてワークリーフ製の皮ジャンを着込んで参ります。
天気は晴れ間が出て来て、単車乗りの信念が天に叶いました。
年末に愚図ったCSですが、セルフメンテの賜物か絶好調で走ってくれます。
34年も前の単車ですが、痛快な走りを楽しませてくれました。
お目当てのカフェ スピリットに到着、新年の挨拶を交わして熱い珈琲とトークを楽しみました。
そろそろ帰り仕度をしてスピリットを後にします。
帰り道に、来月の二日に行うツーリングに立ち寄る神社に参詣しました。
熊野権現桃太郎神社です。
初詣は済ませていますが、此の神社にも本年の無事と安全を祈願しておきました。
拝殿の袖には桃太郎に成れる手描きの絵板が鎮座しています。
来月のツーにはこの絵板で楽しもうと思います。
桃太郎のように瀬戸内の海と讃岐の地を元気に駆ける単車乗りと成りたいものですね。
明日は一日オフなので、WかZでまた走りたいと思っています166.png165.png



by kawasakiw2ss | 2019-01-15 21:40 | CS-250 | Trackback | Comments(1)

愚図ったCSをメンテ

a0064474_09382912.jpg 先日、乗って行こうと思って始動させたら愚図ってしまったCSです。
始動の具合も怪しいし、スローも不安定です。
以前キャブのアイシングで困った事が有りましたが、今回はそうでは無いようです。
先ずはプラグの状態を点検する事にします。
プラグキャップを外そうとしたら、少し緩みを感じます。
もしかして此処が原因と思い、キャップを奥まで押し込んでグリグリ回します。
どうやら原因は此処に有ったようで、始動もスムースでスローも安定しています。
マイナートラブルで良かったです。
そろそろCSはオイル交換時期を迎えています。
うちの単車達の中では水冷4バルブのハイメカツインカムなので、しっかり愛でてあげたいと思います。
寒くても乗り続けますよー128.png

by kawasakiw2ss | 2018-12-17 09:59 | CS-250 | Trackback | Comments(2)

半日オフツー

a0064474_14563779.jpg 十一月も半ばを過ぎました。
まだまだ単車で走るには丁度良い天気の加減であります。
先日の茶話会でZUM君と半日オフなので一緒に走りませんかと約束をしていました。
実はこの11月の第三日曜日は香川旧車クラブミーティングの開催日なのですが、今年は開催しないようです。
とっても残念ですが、来年を期待したいと思います。
さてロックスターの友人Hも誘って三台での半日プチツーを楽しみます。
相棒はCS250です。
待ち合わせ場所にZUM君が既に来ていました。
友人Hを紹介して三台は独自の鼓動を奏でながら西に向かって走り出します。
向かうは自分の好きな場所である豊稔池ダムです。
友人HもZUM君共に行った事の無い場所です。
空いている国道と県道のワインディングを駆け抜けてダムに到着。
二人はとっても感動している様子でありました。
ダム周辺は紅葉が始まっており、なかなかの景観です。
堰堤の上にも上がって暫く談笑します。
a0064474_14564481.jpg
その後これまた御馴染の喫茶メグロに向かいました。
CSの先導で走りますが、調子も上々で他にもツーリングらしき単車を沢山見掛けました。
程なくメグロに到着。
メグロのお姉さんが迎えてくれます。
以前はセロー225を乗っていたのでZUM君と話も合いましたねー。
暖かい珈琲を頂きながら、またまた単車談議を楽しみました。
昨日のOZでもそうですが、単車乗りにはカフェがとっても似合うと思います。
そして単車乗りの集まるカフェにまた単車乗りが集まって雰囲気を作り上げていくように思います。
その後ZUM君の気に成っている饂飩屋に向かいましたが、残念ながら廃業していました。
此処でZUM君は豊稔池ダムのダムカードを求めるとの事で分かれて走り出します。
帰りは別の県道ワィンディングを走りましたが、ロックスターの走りはなかなかのもんです。
大柄ながらも旋回性は高く、スイスイと走って来ました。
しかし晴天の単車日和というか、羽織った皮ジャンは大学時代からのシングルライダースで皮革がゴツイ代物です。
太陽の日に当たって皮革が柔らかく成り、その温かみが身体に感じるのが解ります。
乗り手と古い川重単車そして皮ジャンまでもが晴天の下で楽しんでいるのを感じましたね。
ZUM君、四国の道と景色を楽しんで下さい。
自分も友人Hも一緒に楽しみ走りますよ164.png




by kawasakiw2ss | 2018-11-18 15:29 | CS-250 | Trackback | Comments(2)

遅れ馳せながら御墓参り

a0064474_21071423.jpg
 昼からの予定がキャンセルに成りました。
カブでのキャンプツーの後でテントを干してから、祖父と祖母の御墓参りに行けて無いのが気がかりだったので、CSを相棒に走ります。
行灯カブから乗り換えるとCSの鼓動とパワーは凄い物に感じます。
同じ4サイクル単気筒ですが、排気量が70から250と大きく成ると全然違います。
暖かい日差しを受けて、田舎道をドコドコと走ります。
信号の無い田舎道にシングルビートは似合いますね。
街中から田舎に入ると空気や匂いが変化して行きます。
無事に墓地に到着。
祖父と祖母に御礼を申し上げて、同じルートをCSで走りました。
田舎から離れるにつれて四輪の数は増えていきます。
その中をCSは颯爽と駆けてくれました。
このCSも従兄弟の形見です。
色々な人々の御蔭で自分の存在が有ります。
他界はしていても自分との縁は変わりません。
そんな縁を是から先も大切にしたいと思います121.png


by kawasakiw2ss | 2018-11-11 21:06 | CS-250 | Trackback | Comments(0)
a0064474_11340445.jpg パソコンの立ち上げ画面に見た事の無い画面が出るようになりました。
このPCは貰い物で2009年製です。
もう年が明けると10年選手に成るので、そろそろハードディスクの不具合や故障が出ても仕方ないところです。
PCに詳しい人に聞くと、そろそろHDのクラッシュ対策をした方が良いと云われます。
PCに詳しい後輩に一度診て貰う事にしました。
自分はPCに詳しく無いので、彼のやってる事が良く解りませんでしたが、どうやらHDは使用時間も少なく破損している箇所も無く良い状態のようです。
安堵の胸を撫で下ろして、プチカフェツーに出掛けました。
向かうはカフェしるくです。
アンティークな昭和雑貨の居並ぶお洒落なカフェです。
CB乗りのカオリさんも誘ったので、楽しいトークとカフェを楽しむ事が出来ました。
先日のクシタニの珈琲ブレイクミーティングもそうですが、単車にはカフェや珈琲が似合います。
ちょっとした時間を見付けて、好きなカフェでのブレイクタイムを楽しむのもチープに単車との付き合い方、楽しみ方の一つですね。
またカフェツーを楽しみに走りたいと思います169.png



by kawasakiw2ss | 2018-10-17 11:51 | CS-250 | Trackback | Comments(2)
a0064474_13143134.jpg 先日のCS岡山オフで愛知の極さんからシートの張替えを依頼されました。
極さんは現在、CSの整備中との事で最新型のZ900RSで来られていました。
その極さんがCSのシートを愛知から持参して来ます。
自分のディンプル仕様のシートを見て、同じようにして欲しいとの事です。
シートの仕上がりに、とても満足しているようでした。
シートを預かってオフ会を後にしました。
後日シートのリペアを持ち込みました。
 そして仕上がったシートは見事に仕上がっていました。
最近このディンプルシートを気に入っています。
乗り手やリヤに載せた荷物が滑り難いのと、見た目も引き締まって見えます。
ニーグリップの出来ないスクーターやカブのシートにも相性良いと思いますね。
極さん、元気なCSを是非復活させて下さいませ166.png



by kawasakiw2ss | 2018-09-27 13:58 | CS-250 | Trackback | Comments(4)

やっと献血出来ました。

a0064474_14405979.jpg 毎月の献血を心掛けています。
世の為、人の為に励行していますが、献血すると十数項目の血液検査結果が送られて来て、自分の健康チェックに役立てています。
 しかしながら、自分は貧血気味で、献血出来ず終いの時が最近続いてました。
医療機関で検査もしますが、特に問題になるような箇所も疾患も無いようで、食生活や充分な睡眠で改善して下さいとの事です。
増血を心掛けて、臨んだ献血は見事に叶い、327回目をカウントしました。
今回はスタンプカードも20ポイントと成ったので、讃岐米とレトルトカレーのセットを頂きました。
頂いたお米とカレーの箱は張り替えたばかりのCSの小さなディンプル皮のタンデムシートに括り付けて帰ります。
血液検査の結果が来るのが楽しみです。
また来月も献血したいので、健康維持に努めたいと思います162.png

by kawasakiw2ss | 2018-09-20 14:57 | CS-250 | Trackback | Comments(2)
 a0064474_22521199.jpg 川重車は国内メーカーの中でも独特の造りとコンセプトを持つのが特徴だと感じています。
その川重車の中に異端児とも云える単車が様々に存在します。
カジュアルスポーツ250もその中の一台で、1985年製で生産台数も販売台数も極端に少ない希少車です。
川重乗りやメーカーイベントのKCBMでも認識されないという数奇な単車であります。
そんな単車を愛し止まないCS乗りが不定期に集まってオフミーティングをしています。
今回の開催は岡山で、道の駅みやま公園に午前10時集合との告知です。
自分とW1Sごとちゃんが朝のフェリーで行く予定としてましたが、ごとちゃんは体調不良で欠席。
自分だけでフェリーに乗り込みますが、中には先日のカブミーで会ったレヤン&ぱんだひめさんが奇しくも乗ってました。
船内で談笑し、下船して別れて岡北MDカブが待っていてくれたので合流。
道の駅みやま公園に向かいます。
到着して二人で単車トークでブレイクしていると、ひよこまめ村長CSがやって来ます。
少し前にエンヂンOHして好調のようです。
それからりゅうじCSが事故の痕も物ともせずに登場。
大ちゃんCSはお初でしたが、モトコで製作したトップケースステーが光ってます。
カムかじり虫CSも仕事で多忙ながらも参加です。
そして此方もお初の極さんは最新型のZ900RSで登場と今回のメンバーが出揃います。
CS乗りは岡山は勿論中部地方も居なく遠方ばかりからの集合と成りました。
a0064474_22523491.jpg
 さて異端車御一行は鷲羽山へと向かい走りました。
途中通行止めが有り、迂回しますが、皆元気に走ります。
鷲羽山に向かうワィンディングもコーナーを楽しみつつシングルビートを奏でて駆け抜けて行きました。
頂上展望所に到着、話す話題は山々ですがCSを愛でて維持して走らせて楽しむ話に話題は尽きません。
希少車だけに部品の調達、維持の苦労と楽しみは話題の共通で工夫とヒントが今後のCSとの付き合い方の重要なヒントに成ります。
展望レストランで会食をし、記念撮影の後、熱い異端児乗り達は散会して、心地良いミーティングの思い出を胸に帰路へと走りました。
参加の皆さん、遠路御疲れ様でありました。
また是非CS乗りで集まりましょう162.png

by kawasakiw2ss | 2018-09-17 23:50 | CS-250 | Trackback | Comments(5)