旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

カテゴリ:CS-250( 112 )

a0064474_13543869.jpg
 四月に成りました。
絶好の単車日和の日曜ですが、現実は厳しいです。
ロックスターに乗る友人が、一緒に走らないかと誘われます。
自分は休みでは無いので、朝の早いうちに走る事にしました。
自分の相棒はCS250をチョイス。
向かうは五色台スカイラインです。
山間の農免道をクネクネ走り、五色台スカイラインへと向かいます。
CSは軽量スリムでヒラヒラとコーナーを駆け抜けて行きますが、ロックスターもテレレバーサスペンションの恩恵かタイトなコーナーでも大きな車体を感じさせない旋回性を見せています。
BMWならではの凄い技術だと思いますね。
スカイラインに入り、ワィンディングでのペースは一段と上がります。
二台とも別々の鼓動を奏でながら、桜の咲き満ちる五色台スカイラインを走り抜けました。
早朝なので、走っている車や単車はまばらです。
お昼になると混雑するのかも知れませんね。
展望所に着いて、一服しました。
そろそろ単車も増えて来て賑わいを見せ始める兆候のようです。
時間も無いので下山して、近くのカフェモーニングを楽しみました。
タイトな時間の中で楽しく走り、帰宅して行灯カブに乗り換えて所用に向かいました。
本音は一日使ってゆっくりと単車を走らせたいですが、それは機会を得られる時のお楽しみですね165.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-04-01 14:18 | CS-250 | Trackback | Comments(4)

BikeBase開店

 a0064474_10481822.jpg 友人がバイクショップを開店したそうです。
名前はBikeBaseというネームです。
先日W2SSで一度お邪魔しましたが、今回は店主のあつぞ~君と共通の友人とショップで待ち合わせです。
自分はCSを相棒に選びます。
このCSにはパルス充電器のカップラーを繋いであります。
その御蔭で寒い朝も無難に始動可能です。
CSはシングルシリンダーで圧縮が高くキックペダルが付いていないので、バッテリーが弱いとセルモーターが元気に回ってくれません。
仮に始動出来てもバッテリーが弱いとスローが安定せず、アクセルから手が離せなくなります。
 CSは元気に始動、シングルパルスを放ちながらウォームアップさせました。
スローが安定して、新しいショップへと走ります。
調子は上々、BikeBaseに到着。
あつぞ~さんに挨拶すると友人はバッテリートラブルで出れなく成ったようです。
冬場のバッテリートラブルは結構多いですね。
店内には珍しいGPZ750忍者が整備を待っていました。
あつぞ~さんと単車整備の話、川重車の話と盛り上がりました。
昼からは仕事なので、またCSを機嫌良く始動させて帰りました。
これから楽しいお客さんや魅力的な単車が来ると良いですね。
またお邪魔したいと思います165.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-02-15 11:28 | CS-250 | Trackback | Comments(4)

人車共に風邪気味

a0064474_16263029.jpg
 年末からの多忙生活が祟ってしまい、流石の自分も風邪を引いてしまいました。
まーこれも仕方ないです。
機械も同じくですが、生身の身体を酷使するとそうなりますよね。
頓服薬を処方して頂き、何とか持ち堪えつつ復活してきました。
BMWロックスターに乗る友人も風邪の病み上がりから脱して、一っ走りしないかと誘いを受けました。
未だ大きい単車を新年から走らせてないので、走りたい気分は山々です。
ロックスターの友人と走る事にしました。
相棒はCS250をチョイス、ロックスターと近くのワィンディングを楽しむ事にしました。
CSは暫く乗っていなかったにも拘らず、始動は良く二台はスタートしました。
がしかしワィンディングでの不安定さが目立ってきました。
ブレーキング時もバンク中も何か変です。
峠を登ったところで友人と車体をチェック。
どうやら前後共にタイヤのエアが減っているようです。
下山してからリザーブで走っていた燃料も満タンにしてやりました。
燃費はとっても良くリッター30キロ走っていました。
空気圧が適性圧ならもっと走ってくれるでしよう。
スタンドでフロントのみ空気圧を入れました。
リヤはドラムパネルが邪魔に成るので入れられないんですよね。
スタンドから自宅に帰る道中、車体の安定感が変わったのを感じます。
帰宅してリヤの空気圧を計ると物凄く減っています。
自転車用のポンプで加圧してやって、Uターンしてみると全然違いました。
自分の風邪も収束していますが、単車も整備は勿論ですが実際に走ってやらないと状態は解りませんね。
さて他の単車達もしっかり乗って具合を確かめてやりたいと思います162.png





[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-01-21 17:40 | CS-250 | Trackback | Comments(2)

伝統を継承する単気筒車

a0064474_22014747.jpg 午前中カブ乗りのT2君が饂飩食べるという知らせを頂いたので同席させて頂こうとCSを走らせました。
同じくカブ乗りのつぅ君が居る饂飩屋さんです。
とっても寒い日ですが、ジーンズに皮ジャンを羽織って走ります。
饂飩屋さんまでCSはドコドコと鼓動を奏でて楽しく走れました。
初めて入った店内につぅ君が居ます。
T2君も既に饂飩を食べています。
一緒に饂飩食べながら語り合っていると、同じくカブ乗りのSEALさんがやって来ます。
三人でカブの話題で盛り上がります。
主にハンターカブの話で盛り上がりました。
モーニング饂飩と単車談議を楽しみ三人は散会しました。
そのままCSをお馴染ぎゃらくた果津古へと向かいました。
今年は香川旧車会ミーティングに参加出来なかったので、顔出ししておきたかったんですよね。
今年は記念品として、メグロ製作所のアポロキャップが用意されていたそうで購入させて頂きました。
暖かい薪ストーブの前でホット珈琲を頂きながら、今年のミーティングの様子を聞かせて頂きます。
マスターとも色々話して、年末の挨拶終了。
CSを帰路へと走らせますが、単気筒らしいビートを楽しませてくれます。
メグロ製作所からの伝統の単気筒車テイストは伝承されていると感じています。
父親が乗っていたメグロSG250そして大学時代に乗った初めての中型車Z250FSとこのCS250と縁有って乗って来ましたが、自分にはこの250単気筒は相性が良いようです。
川重250単気筒も現在は進化して新しい機種が出ていますが、従兄弟の形見であるCS250を元気に走らせたいと思っています。
来年でこのCSも34年を迎えます。
他の単車達よりも幾分若いですが、レア度は負けていません。
伝統の単気筒車を長く楽しんでやりたいと思います165.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-12-29 22:35 | CS-250 | Trackback | Comments(5)

饂飩ツーにドコトコ走る

a0064474_19590749.jpg

 今月はとても多忙な月でありました。しかし移動の足には小排気量の単車は乗ってました。
月末に成って漸く落ち着き、天気も良いので、CSを相棒に饂飩ツーする事にします。
良いタイミングでSEALさんが一緒に走りましょうとの誘いが有ったので待ち合わせました。
SEALさんは限定解除して、VTR1000での出動です。
初期型のキャヴ車だそうですが、程度も良くモリワキのチタンサイレンサーを始め、様々な部品がアップグレードされています。
CSとVTR1000は其々のビートで走り出しました。
VTRはリッターツインらしい排気音を奏でて走っています。
満濃池で一旦休憩し記念撮影。
a0064474_20274451.jpg

暫し談笑して、久々のやまうち饂飩店へと到着しました。
もう5.6年振りでしょうか。
久し振りのやまうちの味は、なかなかに美味しかったです。
平日にも拘らず、県内外からのお客も来店していました。
グッチやカスタムハーレーの二台も来てましたね。
CSは古くて小さいながらも良く走ってくれました。
帰路はワインディングを楽しみながら、田舎道をドコトコダカタカ楽しんで走りました。
SEALさん楽しい時間を有難う御座いました。
また是非走りましょうー159.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-11-28 20:41 | CS-250 | Trackback | Comments(4)
a0064474_21174503.jpg 半日の休みを得ました。
午前中のみの時間であります。
がしかし降水確率も少し気になり、微妙な感じです。
しかしながら走って楽しみたいので、CSを相棒に走り出す事に決めました。
BMWロックスターの友人もやって来ます。
目指すは山本町のカフェメグロです。
空は曇天ですが、二台は関係無く鼓動と讃岐路を楽しみつつ走ります。
道中はワインディング有り、アップダウン有り、ハイスピードエリア有りのルートです。
二台の鼓動は様々な織り合いを奏でながら、走って行きます。
メグロに到着。
a0064474_21384721.jpg
革ジャンを着込んで行きましたが、下は半袖のTシャツ一枚では寒かったです。
ホット珈琲を注文、温かい味わい深い珈琲の味がカフェツーの魅力の一つでもあります。
CS250もロックスターも希少車というかメーカーの異端児です。
そんな魅力を語り合いながらカフェを楽しみました。
さて時間もリミットと成り、復路を楽しみながら走りました。
CSは小さいですが、立派にロックスターを先導出来ました。
単車で行くツーリングをまた楽しもうと思います。
今度はどの単車を相棒にしようかなー124.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-10-14 21:50 | CS-250 | Trackback | Comments(2)

雨が降る前に一っ走り

a0064474_16513141.jpg 久し振りに一日オフを得ました。
昼からは雨模様との予報です。
朝のうちに少し走って楽しもうと思い、CSを相棒にして飛び出しました。
250ccのシングルはセルで目覚めて、トントントンと鼓動を奏でます。
スローも安定し水温も上がったところで出発。
国道は通勤ラッシュですが、CSの機動性でスイスイと走って行きます。
CSのポジションはセパハンと幾分後退したステップ位置ですが、自分は手がかなり長いのでセパハン車でも苦に成らないです。
単車仲間と待ち合わせて珈琲ブレイク。
楽しく珈琲ミーティングが出来ました。
色々な話題で語り合いますが、単車仲間って良いですよねー。
30日には峰山でキャンプするので宣伝しておきました。
珈琲ブレイクの後はソロ走りです。
がしかし雨がポロポロ降って来たので、やむ無く少し遠回りして帰る事にしました。
このCSもそろそろオイル交換の時期がやって来ています。
従兄弟のところから縁有ってやって来た川重の異端児ですが、楽しい単車です。
もう現存数は少ないですが、大事に愛でながら乗って走ってやりたいと思っています。
少し濡れてしまったけどCS君、これからも宜しくです165.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-09-27 17:28 | CS-250 | Trackback | Comments(2)

水温計でも判る真夏走り

a0064474_21265764.jpg
 昼過ぎからオフに成ったので、CS250を駆ってバイクカフェへと走りました。
ぎゃらくた果津古ですが、行く道中CSの水温計の針は真ん中よりも右に振れています。
気温は37度に達しているようですが、水温計の針でもそれが窺えます。
市街地での信号待ちでは真夏の気温と路面の照り返し、オフィス街と排気ガスとが生む熱気に参ってしまいそうです。
向かうは、ぎゃらくた果津古が有る西植田町ですが、そっち方面に向かうにつれ、幾分涼しく感じて来ます。
果津古に到着、CSは途中珍しい250刀とバトルをしつつ走りました。
珈琲を呑みながら、果津古ママと楽しく語り合い、その後マスターも帰って来ました。
三人で語ってると外の暑さや様々なストレスは一気に忘れさせてくれます。
バイクカフェの存在意義は此処にも有ると思います。
様々な話題で楽しみましたが、そろそろ帰宅とします。
帰りは黒い250忍者とバトルしました。
まだまだCSは元気に走ってくれたと思います。
小気味良いシングルビートは真夏の暑さを厭わず走ってくれました。
暑くても単車で走るのは、やっぱり楽しいですね174.png



[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-08-24 22:13 | CS-250 | Trackback | Comments(6)

向日葵の里まんのう

a0064474_15190627.jpg 毎日30℃を越える暑さですね。
もうすぐ讃岐も梅雨明けに成ると予想していますが、どんなもんでしょう。
半日のオフを得たので、CSを相棒にまんのう町へと向日葵を見に行って来ました。
CSは水冷エンヂンなので、物凄く熱い状況に成るとラヂエーターのファンが回ります。
猛暑を予報してくれる訳なんですが、道中の信号待ちでファンは回る事は無かったです。
どうやらまだまだ暑い夏は序盤な感じでしょうか。
まんのう町の向日葵の里に到着します。
平日てはありますが、大勢の方々がカメラや携帯を手にシャッターを切っていました。
単車で来てる人は自分だけのようです。
a0064474_15304480.jpg
昨年も此処へは来ましたが、向日葵畑の位置が変わっています。
街道沿いの畑が一面黄色い向日葵の顔で埋め尽くされていて、見事です。
CSの左ミラーにも向日葵が写っているのが解るでしようか。
見に来ている人達はカメラと扇子を持って涼みながら向日葵畑の中を散策していましたね。
夏を感じさせる植物の向日葵ですが、このまんのう町では100万本を植えているそうですね。
ゆっくりと見て回りたかったですが、半日のオフは許してくれません。
CSを走らせて来たルートを快走しました。
またの機会を楽しみにしておきたいと思います174.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-07-14 15:48 | CS-250 | Trackback | Comments(7)
a0064474_20211823.jpg

 久しく投稿が滞っていました。出張やら仕事で多忙でありました。久々の日曜休みを得て、CS250を相棒に走りに出ました。最近はカフェを楽しむツーに凝っています。友愛さんがVOXYで子供連れでやって来ます。CSは快調そのもので、田舎のワインディングロードをスイスイと走ります。目指すはまんのう町のカフェ野良里です。友愛さん親子と単車トークと田舎カフェでのランチを楽しませて頂き、その後満濃池の堰堤を見学して楽しみました。多くの単車がツーリングしていましたね。何かハーレーが多い気がしました。a0064474_20310215.jpg
 友愛さんと別れて、satoガレーヂに遊びに行きます。
satoガレーヂは沢山の単車達が居並んでいます。
レストア完成のKR250初期型が目を引きます。
CS250も同じくですが、自分が大学時代に発売された川重製250です。
タンデムツインという独創的なエンヂンレイアウトは二軸のクランク構成です。
川重車が集まるイベントや旧車イベントでも見る事の少ない単車です。
いつまでも輝く存在の単車であって欲しいと思いますね。
でも走るとライムグリーンのカラーリングや独特の排気音で相当目立つ事でしょう。
a0064474_20530942.jpg
 次はイタリアンのビモータです。
しかもこれは非常にレアなマントラです。
独創的なデザインとカラーリングは一度見ると忘れられないスタイルです。
ドゥカティ製Lツインエンヂンが搭載され、独特のフレーム形状です。
このマントラは初めて拝見しました。
satoガレーヂは宝物の山ばかりですね。
satoさんまた時間見付けて、一緒に走りましょう。
しかし楽しい一日でありました。
カフェも単車も大満足です。
次の休みはどんな楽しみが待っているのかなー129.png
 
[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-05-29 21:00 | CS-250 | Trackback | Comments(8)