人気ブログランキング |

旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

カテゴリ:行灯カブC-70( 101 )

行灯カブウィンカー三様

a0064474_16262596.jpg 前々回のラビット茶話会で、モトさんから行灯カブ用のウィンカーを頂きました。
真ん中の砲弾型のタイプです。
しかも新品を四個セットです。
カワサキWシリーズやラビット301でも年代によってのウィンカー形状の変化は有って、拘る人は大いに拘る場所です。
自分の行灯カブは手に入れた時から前後で違うタイプのウィンカーレンズが付いていました。
右の砲弾型の先っぽが平らなタイプが前方に左のUFO型というか盃のようなタイプが後方に着いていました。
どっちのウィンカーも行灯カブ用の物のようですが、色々有るものですね。
モトさんに頂いたウィンカーを簡単に合わせてみましたが、ウィンカーボディにピッタリ合いました。
よーし、四個全てをモトさんから頂いた砲弾型ウィンカーに交換しようとしますが、ウィンカーの取りつけボルトの長さが右のタイプだけ長く余ってしまうので取りつけは後日ボルトをゲットしてからです。
ささやかな衣替えをする行灯カブが、どんな顔と後姿を見せてくれるのかが楽しみです127.png



by kawasakiw2ss | 2019-07-20 17:20 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(2)

50.000キロでオイル交換

a0064474_16354224.jpg 行灯カブの走行距離が50.000キロに到達しました。
行灯カブC70の初期型は1969年製です。
2019年の今年で50歳という事に成ります。
このメーターの積算計が本当なら10年づつで1万㌔走っていた計算に成ります。
とても遅々たる歩みのようですが、70ccの排気量や使われ方を考えると少し納得する面も有ります。
さて5万キロを少しオーバーしてしまいましたが、オイル交換してあげたいと思います。
a0064474_16355248.jpg
古いオイルは真っ黒けです。
量的に減っている感じは無かったので、シリンダー内にオイルが入り込んで燃えてはいないようですね。
空キックを数度してやってオイルを搾り出します。
ドレンを〆て、新しいオイルを規定量入れて作業完了です。
キックでエンヂンを始動させてやると、メカノイズが軽減されて安定したスロー音を奏でてくれます。
この50年も前のスーパーカブがいつまで元気に走るのか楽しみです。
このオイル交換で今年の暑い夏も乗り切ってくれる事でしょう119.png






by kawasakiw2ss | 2019-06-17 17:02 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(2)

献血330回達成

a0064474_19181823.jpg
 月に一度の献血日を自分で設けています。
献血は人の為にも成るし、自分の健康チェックにも成ります。
しかしながら、自分は昨年秋頃から貧血気味で献血出来ずにいました。
恐らく睡眠不足と食生活が原因だと思いますが、先月から改善されたのか、血液の比重も良く成っています。
さて、今月も献血を予約して行灯カブで献血ルームに行きました。
事前の検査で比重は充分。
目出度く330回目の献血が出来ました。
献血している間は、ベッドの前の専用テレビを見たり、少し眠ったり、サービスのドリンクを飲んだりと充実しています。
献血ルームのナースさんも色々話し掛けてくれるので、退屈しません。
血小板成分献血を無事に終えて、アイスクリームを食べて帰りました。
今回で330回だったので、333回のゾロ目を楽しみに献血を励行したいと思います162.png

by kawasakiw2ss | 2019-06-06 20:19 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(0)
a0064474_19191237.jpg
 五月も半ばを過ぎて、日中の気温が30度を超える日が出て来ました。
来月に成ると単車乗りにとって憂鬱な梅雨がやって来ます。
単車に乗って丁度良く心地良い時期も短いですね。
 今月も讃岐ラビット茶話会でラビット仲間と集って楽しむ日であります。
しかし、今日は気分転換で行灯カブで行く事にしました。
さて、茶話会に集まったメンツの単車はカブばかりです。笑
モトさんもC105、Mさんはドリーム50、Aさんはクロスカブ50です。
a0064474_19192271.jpg
それにOZのお姉さんも加わって茶話会開始と成りました。
今日はOZのお姉さんの誕生日という事で、Mさんがケーキを持って来られました。
OZの珈琲と一緒に美味しく頂きます。
集まったのはカブばかりですが、しっかりと茶話会の中身はラビット談議でしたねー。
たまにはこんな茶話会も良いのかも知れないですね。
もうラビットの茶話会も75回を数える回数なので、変わった趣向の日も有っても悪く無いですよね。
さて、来月も15日に茶話会はカフェOZにて開催する予定です181.png




by kawasakiw2ss | 2019-05-24 20:35 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(4)
a0064474_17115016.jpg
 毎年GWにはキャンプを開催しています。
今年は10連休の人も居るようですね。
自分は求めるべくも無いですが、今年もカブ仲間でのキャンプを開催する事が出来ました。
キャンプに気に成るお天気もバッチリのようで、行灯カブに物品を積んで、いざキャンプ場所の門入ダム公園へと向かいます。
行灯カブは調子も良く、待ち合わせ場所のスーパーには既にオカカブさんと備州兎さんがカブ90カスタムとラビット301Bで待っていました。
三人で談笑してると、なべさん夫妻がカブ90と黄色いリトルでやって来ます。
キャンプ場には既に設営を済ませた紗蓮家族が待っているので、一行はダム公園へと向かいます。
a0064474_17121289.jpg
到着すると凄い数のキャンパーが大きなテントを設営してました。
単車でのキャンパーは自分達のみのようでしたが、其々手際良く設営していきます。
そうこうしているとハンター小野君がやって来て、二手に分かれてカメリア温泉へと入浴。
カメリア温泉は泉質か良く、肌がすべすべに成りますね。
冷えた麦酒も買出しして、全員で乾杯。
楽しいキャンプの夜の始まりです。
昼間はとっても暑かって、風呂上りも身体が温まっていましたが、段々に冷え込んで来て脱いでいた皮ジャンをまた着込みます。
a0064474_17122210.jpg
皆各々がコンロで様々な食材を簡単に調理して、食べて呑んで語ってと凄く楽しい時間です。
トークの内容は様々ですが、単車乗りばかりです、キャンプツーの魅力や単車談議、キャンプ道具の薀蓄と様々です。
自分は大学時代からキャンプツーを楽しみ始めて長いですが、道具や用品は安物や家庭に有るありきたりの物ばかりです。
キャンプはチープに楽しくが好きですね。
しかしながら最新の便利なツールやグッズを見るのは楽しいもんです。
a0064474_08100542.jpg

そしてこの門入の郷はキャンプ場では無いんですが、トイレも綺麗で水場も確保されていてカメリア温泉も直ぐ近くに有ります。そして許可無く無料で使用出来るのにも関わらず、良く整備されている場所です。a0064474_17123646.jpg
始めて此処でキャンプしましたが、良い場所だと思いました。
さて、宴もたけなわでは有りましたが、他のキャンパーさん達も静かに就寝に入っていっているので此方もマナー良く就寝とします。
 明けてキャンプ翌朝も良い天気に恵まれて爽やかです。
紗蓮奥さんが湯を沸かしてくれて、熱い珈琲を頂いて目を覚ませます。
次々と起床するメンバー達がキャンプの撤収作業に入って行き、キャンプ場を後にして、朝饂飩を食べにこがね製麺所に向かいます。
a0064474_17173815.jpg
此処は御馴染み、つぅ君のお店です。
彼の白いカブ110が停まっていました。
自分は釜玉を注文、とっても美味しい味わいで、麺もシッカリしています。
なべさん夫妻も絶賛していました。
さて、キャンプツーも此処で解散とします。
店の前で記念撮影して、流れ解散としました。
大勢の参加で賑わい、今年も楽しく過ごせました。
また秋にもカブキャンプを開催したいと思っています。
さて今度は何処のキャンプ場へ行こうかなー174.png




by kawasakiw2ss | 2019-05-04 19:11 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(11)
a0064474_15342128.jpg 桜の花盛りも過ぎて、葉桜と様変わりしてしまいました。
少し前より気温が上がってるとはいえ、まだ寒いような気がします。
本格的な春の訪れはもう直ぐのようですね。
 前に紹介した大正建築の水道資料館です。
もうそろそろ一般公開されているのかと思い、立ち寄ってみました。
お色直しの色も鮮やかに栄え渡っています。
時代は令和と成る御時世に大正時代の建築物は貴重なものですね。
門前では公開日の看板が掲げられていました。
a0064474_15343032.jpg
一般公開は来月27日からのようです。
暫く建物や周辺の情景を眺めていましたが、色鮮やかな大正建築とバックの緑の山々が良いコントラストで綺麗です。
お色直しの建物ですが、中の展示や様々な物も変わっているものと思われます。
中には古いポンプ室や貴重な資料も有ったのが、どんな風に成って刷新されているのかも楽しみですね。
大正時代の建築物に昭和の行灯カブは良い構図の気がしました。
良い物はいつまでも遺して伝えて行きたいものです。
そろそろ行灯カブもオイル交換の時期です。
令和に変わる前に平成最後のオイル交換をしてやりたいと思います166.png

by kawasakiw2ss | 2019-04-15 17:31 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(3)

BIKE BASEで単車トーク

a0064474_20050981.jpg 明日から二日間出張です。
かなり冷え込むようですが、頑張ってこなしてきます。
今日は行灯カブ70であつぞー君のショップBIKE BASEにお邪魔しました。
行灯カブは70ccという事もありますが、乗り手を急かさない良さが有ります。
エンヂンのフィーリングが穏やかで、ブレーキの利きも同じく唐突じゃない性格です。
万人に愛されるスーパーカブの魅力はこんなとこにも有ると思います。
市街地を駆け抜けてショップに到着、あつぞー君がカフェオレを入れてくれました。
先日のZ250FTも此のショップ甦ってメンテを続けています。
旧車もメンテしてくれるショップは強い味方ですね。
そして気さくに立ち寄れて、好きな単車談議で時間を過ごせるのは良いですよね。
お客さんが来て、行灯カブを見ていました。
行灯カブの特徴的なキーランプや行灯ポジションランプを披露してあげました。
夕刻になり、BIKE BASEを後にして行灯ランプを灯して走ります。
行灯カブのその昭和な灯火をどれだけの人が見ているのか解らないですが、最中マフラーからの温かい排気音と共に平成最後の年を昭和テイストなこのカブを元気にこれからも走らせたいと思っています。
あつぞー君どうも有難う御座います164.png



by kawasakiw2ss | 2019-01-25 20:41 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(1)
a0064474_14552797.jpg 忘年会シーズンですね。
讃岐カブオーナーズの恒例忘年会に参加しました。
カブ乗りばかりの忘年会ですが、乗っているカブも年代も色々です。
そんなバラエティーな感じがまた良いんでしょうね。
忘年会の会場は成田家という焼き鳥居酒屋で、SEALさんと一緒に行きました。
もう居酒屋の前に待っている人、先に座敷に入ってる人と後から来る人と大勢の人が集まりました。
自分は誕生月だったという事でT2君がLEDのコンパクトなランタンをプレゼントしてくれました。
自分がキャンプでランタンを持ち合わせて居ないのを見兼ねていたようです。
忘年会のメンバーは初めて会う方やOZのお姉さん、ロン壇ちさん、つぅ君や東原夫婦と御馴染の顔も揃い、呑んで食べて語っての楽しい夜と成りました。
お酒も食べ物もトークも味わい深く、大いに盛り上がります。
あっという間に御開きの時間と成り、帰りは電車で帰宅しました。
誕生日プレゼントのミニランタンは次のキャンプで活躍しそうです。
楽しい忘年会をどうも有難う御座いました162.png

by kawasakiw2ss | 2018-12-16 15:20 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(4)
a0064474_11113849.jpg 久々の行灯カブの登場です。
毎年九月の末頃に行っていたカブ仲間のキャンプでしたが、色々と所用も重なって延期していました。
紅葉も深まりつつある11月に開催をしようと計画します。
キャンプ地は橘の丘総合運動公園キャンプ場としました。
毎度お馴染みのキャンプ場で設備も整った無料キャンプ場です。
事前に予約をして、参加者を募ると16名もの方々がキャンプに参加してくれるようです。
行灯カブにキャンプ道具を積み込んで、準備は完了。
15時集合という事で少し早めにキャンプ場へと向かいます。
キャンプ場入り口で岡さんカブ90カスタムと合流、キャンプ場にはH原さんと2555さんと友人さんのカブ90カスタム二台が設営を済ませていました。
a0064474_11115271.jpg
コージさんエイブ100、ロン壇ちさんハンターカブ、放浪の旅人さん、斧ハンター、NOBUハンターカブ、なべ親子3人がカブ三台でユウナ親子が次々とキャンプ場入りします。
設営の後、買出しに向かい、飲み物や食材も買い揃えて、明るいうちに皆で乾杯してキャンプナイトのスタートです。
皆が持ち寄った食材を調理して、次々に頂きますが、あまりにも食べ物が多すぎて少しギブアップ状態。
はくちょう温泉には、なべ親子さん達が入っていましたが、他の皆は既に呑んで食べて語ってのモードに入ってしまっていました。
スーパーカブの話は勿論ですが、他の人のカブを囲んで色々な部品や工夫部分を呑みながら、ライトを照らして語り合う場面が多かったようです。
そうしているうちにT2君がカブラで登場。
a0064474_11120400.jpg
メンバーが増えて益々トークはパワーアップして行きます。
キャンプの夜の語り合いは楽しいの一言です。
単車談議そしてキャンプ談議、ウェアやキャンプ道具の話、ツーリング話と話題は様々ですが、なかなかに深く語り合った夜でありました。
日帰りの人達も数名居ましたが、テントは13張りで宿営です。
このキャンプ場の隣は介護施設も併設しているので、宴もたけなわでありましたが、そろそろ御開きとします。
自分は歯磨きして、カンガルー革の皮ジャンのまま入って寝ました。
カンガルーポケットの中に包まれていた御蔭か、寒さもそれ程感じず熟睡、そして爽やかな朝を迎えました。
朝も冷え込んでいましたが、ワークマンイージス愛用の方も数人居て夜も朝も快適だったようです。
朝の味噌汁やモーニング珈琲を頂いて、設営撤収をしカブに荷物を積載して行きます。
皆のカブ達を並べて、記念撮影しました。
何故かキャンプ開けのカブ達は、前の日のキャンプ前と違って見えます。
a0064474_11121299.jpg
さて、朝はモーニング饂飩を食べに走ります。
キャンプ場でまったり残る人も居たので、KAZ、ロン壇チサン、岡さん、なべ親子の6台で走り出します。
向かうは、こだわり麺屋国分寺店です。
この店も毎度御馴染みですね。
自分は釜玉饂飩にしました。
朝饂飩を食べながら、キャンプの余韻を楽しみました。
この朝饂飩がまた美味しいんですよねー。
此処の店は朝限定で無料で珈琲を好きなだけ飲めます。
珈琲を頂いた後は、いよいよキャンプツーの解散です。
なべ親子と岡さんは愛媛へと走りました。
岡さんはしまなみ経由で岡山へと帰るそうです。
ロン壇ちさんを見送って、自分も帰路へと向かいました。
帰宅して、早速テントやシュラフを陰干ししてやります。
行灯カブも48年選手です。
また合間でメンテナンスしてやろうと思います。
キャンプツーに参加の皆さん、どうも楽しい時間を有難う御座いました。
また御会い致しましょうー165.png

by kawasakiw2ss | 2018-11-11 12:15 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(7)
a0064474_14494209.jpg 世間では三連休ですねー。
GWも同じくですが、欲しい休みはなかなか出来ないものです。
その限られた中で楽しんで単車に乗っています。
 讃岐カブオーナーズが第四回のミーティングを開催するとの事で案内を頂きました。
フェリー乗り場に集合との事で、行灯カブを相棒に向かいます。
フェリー乗り場に着いて、辺りを見渡すとサンポート側の突堤にいつもの如く集合しているカブ軍団の姿が見えました。
自分の行灯カブがラストだったようで一番端っこです。
ごとちゃんW1Sもやって来ていました。
此処で中学時代の同級生HK君と久し振りに再会します。
彼とは一度ラビット茶話会の後のツーで行った神社で御会いして以来で、彼もカブ乗りに変身していました。
まるがりさん、やまちゃんやじろろ君、シライシン君と御馴染みの顔が見えます。
記念撮影の後にミーティング会場の竜王山公園へと向かいます。
自分は昼から仕事なので、途中離脱&ショートカットして先に会場へ向かいました。
a0064474_14495191.jpg
途中、明石のレヤンさんらしきハンターカブを追い抜きましたが、会場で
とっても久し振りにレヤンさん&ぱんだひめさんと御会いしました。
小野ハンター君、なべさん夫妻やら様々な顔ぶれが集まっていましたね。
山上ではシライシンさんから是非という事で購入した讃岐カブTシャツを頂きます。
会場では楽しいカブ乗りさん達とお喋り出来ました。
しかし大勢の参加者でした。
恐らくながら、自分の行灯カブが一番古いカブだったように思います。
またまた記念撮影の後、自分はリミットが近付いたので、先に失礼して行灯カブを走らせ下山します。
行灯カブを走らせる道中、様々な単車が沢山走っていました。
自分の行灯カブもそろそろ50年選手です。
このカブがもう50年も経つカブだと気付く人は少ないかもですが、乗って走らせてやるだけで楽しいものです。
自分の単車達はそんな老兵ばかりですが、いつまでも元気に乗り続けたいと思いました。
さて、明日はCSのミーティングが岡山で開催されます。
上手く休みが取れたので楽しみの時間を満喫したいと思います169.png




by kawasakiw2ss | 2018-09-16 15:45 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(8)