旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

カテゴリ:行灯カブC-70( 89 )

a0064474_16174106.jpg
 今年もGWにカブ乗り達を主体にキャンプを開催しました。
今回のキャンプは地元のカブ乗り半漁人さんが段取りして下さり、キャンプ場とはまた違った雰囲気の場所です。
予め下見をしていたのと、いつものキャンプ道具の用意も慣れたもので、コンパクトに行灯カブに積載して準備完了。
集合場所は宿営地近くの郵便局です。
調子良く行灯カブを走らせて向かいます。
もう既に岡山からかずのりさんトレーラーカブ親子、ラビットで岡さん、愛媛からまさごろうさん、地元の小野ハンター君が待っています。
a0064474_16165067.jpg

其処へ放浪の旅人さんNC700がやって来ます。
愛媛から親子3人で参加のなべさん一向は少し遅れて到着です。
半漁人さんがニコニコと出迎えてくれてくれました。
讃岐カブオーナーズのHさん御家族一行は既にBBQをされています。
漢前さん、じろろ夫妻、ロン壇ちさん、シライシンさん、つぅさんと友人その他讃岐カブオーナーズの方々が続々とやって来ます。
半漁人さん秘蔵のハンターカブも見せて頂いて、一行は早速テント設営です。
しかし横風が強くテントが吹き飛びそうです。
しかも路面が意外に堅く、自分の安物テントのペグは思うように入ってくれません。
ロールマットも吹き飛ばされて、うろうろ探索する羽目になってしまいます。
しかし何とか無事に設営も出来て、自分と小野ハンター、なべ親子さんは近くの春日温泉へ温泉を楽しみに走ります。
軽いワインディングを駆け抜けて、道中も楽しく走りました。
a0064474_16171072.jpg
 スッキリして帰って、麦酒で乾杯します。
この時間が一番ですねー。
それからは呑んで食べて語っての楽しい夜の宴です。
H原さん宅は美味しいお肉を焼いてくれるは半漁人さんはおでんを作ってくれるは、放浪の旅人さんの炒め物、日本酒に焼酎そして燻製ジャーキー何でも御座れの宴会です。
紗蓮親子もやって来て楽しく語り合いました。
皆で持ち寄りの飲み物と食材でとっても味わい深く楽しみました。
a0064474_16172888.jpg
もう食べ切れない程の食べ物の山でしたね。
しかし野外で食べる料理の味わいは格別です。
カブの話、単車の話、キャンプの話、人生の話と話題も尽きません。
日帰りの人も含めて、総勢30名近くの人々で賑わいました。
もう酔っ払ってしまって、前後不覚の人も居ましたが、其処は無礼講でしょう。
次の朝には良く覚えていない人も居ましたがねー笑
最後はファイヤーと花火をしてキャンプナイトは〆括られました。
a0064474_16215320.jpg

 明けて次の朝は良い天気で迎えました。
少し頭が痛い人も居たり、寒さや、初めてのキャンプで寝れなかった人も居たようですね。
撤収に入っているとハンターでT2君がやって来ます。
じろろ君もカモメカブに乗り換えてやって来ました。
撤収、記念撮影の後、朝饂飩へと走り、つぅ君のこがね製麺へと走ります。
自分は釜玉にしましたが、とっても美味しいです。
やっぱり讃岐饂飩は良いですねー。
そしてキャンプ明けの朝に良く合います。
朝饂飩の後に今年のGWキャンプツーも一旦解散と成りました。
此処からは自由行動とし、自分は昼前からは所用で御座いました。
参加して下さった皆さん、どうも有難う御座います。
9月末にも半漁人さんの御好意でキャンプをさせて頂きたいと計画しています。
また是非楽しく集いましょうー167.png166.png167.png165.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-05-07 17:16 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(13)
 
a0064474_21452992.jpg カブ仲間のHさんからBBQするので来ませんかーと御誘いを受けました。
GWとはいえ休みではないのですが、午後から夕方まではオフの時間だったので、その間だけ参加してきました。
勿論行灯カブで向かいます。
Hさんのお宅は初めて行ったんですが、少し迷いながらも紗蓮カブが停まっているのを発見し、無事に合流出来ました。
紗蓮君が買い出しに出てくれて、3人で乾杯の後、カブ主BBQスタートです。
その後に壇さん、漢前さん、つぅ君と友人が加わりBBQもトークも熱く盛り上がります。
カブ乗りは単車乗りの中でも自由だと意見が出ていましたが、確かにそうだと思います。
ノーマルカブ、カスタムカブ、ヴィンテージカブ、トレーラーカブ、おっさんカブ等々と様々なカブが存在しています。
そして乗り手の年齢や性別も縛りが無く色々な人が集まって楽しくやっています。
 さて来月四日、五日はそんなカブ仲間とキャンプを楽しみます。
どんなキャンプに成るのか、今からとっても楽しみです162.png



[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-04-29 22:04 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(0)

珍しい単車 メガリ250r

a0064474_14415488.jpg
 自分は18歳から単車の免許を取って単車を乗り始めました。
1983年の事ですね。
もう35年も単車に乗り続けている事に成ります。
大学に入って初めての中型車がカワサキZ250FS後期型を手に入れました。
4サイクル単気筒車で、走る楽しみと単車の発動機の持つ鼓動の味を知った単車でありました。
現在もFSの後継機種であるカジュアルスポーツ250を乗っています。
 知り合いの単車乗りの方にメガリというメーカーの単車を乗っていると聞いたのが昨年の話でありました。
英国設計の4サイクル250単気筒車でフルカウルの最新鋭なスタイルという事は聞いていましたが、実物は見る事が無いままでありました。
その知り合いのメガリバイクが故障してしまい、困っているという事を聞いたので、あつぞ~さんのやっているショップに問い合わせて不具合を見て頂く事と成ります。
苦心して何とかメガリバイクは復活したようで、元気な姿を拝見させて頂きます。
行灯カブでトコトコと行きました。
メガリは電装系のトラブルだったようですが、元気な排気音を奏でてスポーツバイクを感じるサウンドです。
エンヂンはイタリア製、チタンマフラーは日本製、設計は英国、組み立ては中国という異国の技術の結晶のような単車です。
実際に耐久レースで参戦完走もしたそうですね。
250シングルは乗り易く経済的で単車に乗って操る面白さを教えてくれます。
これからも長く乗り続けて欲しいと思います。
店主のあつぞ~君どうも有難う御座いました。
頼りになりますー166.png165.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-04-16 15:29 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(4)
a0064474_12100120.jpg
 行灯カブのフラッシャーが点滅しなくなりました。
ホーンも音が寂しく成ってしまっています。
バッテリーが弱っているようなので、パルス充電器で復活させようとしました。
このオリエンタルバッテリーは2015年に1.050円で買ったものです。
液面も減っていて、補充液で満たしてやりパルス充電しますが、復活は成らず終いです。
とっても安価なバッテリーだったので、二年使えたのは立派なものでしょう。
さて新しくスーパーチープツールズバッテリーにて代替バッテリーを求めました。
1.590円という価格です。
しかし少しばかり問題発生。
ヒューズ付きのハーネスが無いのと端子が両端共にメス形状です。
ヒューズのハーネスは古いバッテリーから移植するとして、両端子共に手を入れてやる必要がありました。
a0064474_12101768.jpg
小細工も出来て、希硫酸を入れて暫く放置。
その後は予備充電させます。
パルス充電器の充電完了ランプが点灯しました。
行灯カブの車体に取り付けて、先ずはホーンボタンを押します。
右フラッシャーとキーライトが明るく点灯してくれます。
メインスイッチを捻るとグリーンのニュートラルランプも明るく点灯、数度のキックで始動しました。
アイドリングでのウィンカーも元気良く点滅し、ホーンの音も大きく鳴っています。
さて前回よりも540円高いバッテリーがどんな維持性能を見せてくれるのか、楽しみです165.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2018-01-17 12:29 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(2)

スプリングシート再生

 a0064474_16373591.jpg W系のスプリングシートのリペアをさせて頂き、結構な数を数えています。
このスプリングシートは年数も経っている上、構造が現代のシートとは違いリペアも難しいようです。
今回はW1SAシートです。
シートはフレームをリフレッシュしてくれていました。
シート屋さんに持ち込んで、修理の相談をしておきます。
仕上がったシートは見違える美しさです。
サイドのステンレスモールは欠品していますが、モール無しもソリッドな感じで悪く無いです。
乗り心地も格段に良くなったと思います。
師走で寒くなりましたが、Wサウンドを奏でながら走るW1SAがまた一台増えました164.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-12-06 17:00 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(2)

タイカブシートのリペア

a0064474_15405449.jpg
 神戸のがんたさんから、タイカブシートのリペアを依頼されました。
シート表皮にはタックロールを入れて、座面も少し高くして欲しいそうです。
シートが送られて来て、修理に持ち込み職人さんと相談します。
シートは出来上がり、仕上がりも良いものと成りました。
さてこのシートは普通通り宅配便で送るのではなく、手渡しと成りました。
出張帰りに神戸の港で待ち合わせて渡す約束です。
やがて、がんたさんは新しく手に入れた黄色いクロスカブでやって来ました。
リペアしたシートの仕上がりを見て満足そうです。
フェリーが出航するまでの時間、色々と語りました。
単車仲間と会う時間って楽しいです。
出張の疲れが何処かへ行ってしまいます。
そんな縁を大事にしたいですね174.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-11-01 15:53 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(4)

平日プチカフェカブ

a0064474_17142609.jpg
 平日オフの一日です。
台風も去って、少し肌寒い秋の日と成りました。
今朝は自分のブログの読者のまるがりさんと御会いする約束をしました。
先日の讃岐カブ主オーナーズミーティングにも参加されていたそうなんですが、お顔を合わせられず残念に思っていました。
まるがりさんと御馴染みのカフェサンタローサでお茶する事に成ります。
行灯カブを出動させて、サンタローサへと向かいます。
少し肌寒いので皮ジャンを着込んで行きましたが、正解でありました。
サンタローサに到着、その後まるがりさんがリトルカブで到着。
プチカフェカブのスタートです。
a0064474_17195599.jpg
まるがりさんもブラウンのシングルライダースの皮ジャンを着込んで来られていました。
自分はMA-1タイプのブラックレザーです。
皮ジャンの話もカブの話、単車遍歴の話と話題は尽きません。
キャンプの話題も出て、いつか一緒にキャンプもしたいと思いました。
まるがりさんはとっても気さくで話題の引き出しの多い方でした。
茶話会の後はランチもサンタローサで頂きます。
ブログの話題にも盛り上がりましたが、ブログの読者さんと直接会えるのは、とっても嬉しいですね。
まるがりさん楽しい時間をどうも有難う御座いました。
今度は一緒にプチツーもしたいですね165.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-10-31 17:39 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(4)
a0064474_15391510.jpg 秋もだんだんと深まりつつあります。
単車で走るのにはとっても良い季節であります。
今年も峰山公園キャンプ場でのカブキャンプを楽しみました。
カブコミュニティでのイベントですが、ラビット仲間も参加したいと申し出て来ます。
気に成るのは天気予報ですが、晴れマークがキャンプに味方してくれました。
行灯カブにテントやシュラフのキャンプ用品を積載してやります。
R2乗りのH君も参加してくれ、テントを貸してあげました。
行灯カブとR2とで峰山公園キャンプ場へと向かいます。
先導する行灯カブの調子も上々です。
なべさんとNOBUさんがキャンプ場入り口で待っていました。
a0064474_15385358.jpg

キャンプ場周りには家族連れや子供達が遊んでいて、とっても賑やかです。
管理人さんから許可証を頂いて、キャンプ場内に単車で入って行きます。
早速テントの設営をします。
自分のテントはピンク色のドームテントで、もう20年近く使用しています。
4千円程の安物でしたが、コンパクトで造りもしっかりしてて、まだまだ使えます。
そうこうしているとシロクマさんが登場、ラビット601でOさんが次々と登場してきます。
各々のテント設営も出来て、先ずは昭和レトロ銭湯のゑびす湯へと向かい一旦下山しました。
a0064474_15375415.jpg

 下山途中にハンター小野君と遭遇、合流して銭湯へ向かいます。
昨年も入ったゑびす湯ですが、初めて入る人も居て、その昭和ないでたちに目を奪われます。
番台のおばちゃんに400円を支払い、皆で楽しく語り合いながら銭湯を楽しみます。
奥には石鹸風呂とでも云うんでしょうか、真っ白いお湯の風呂が有りました。
良い香りと肌にすべすべとした感触が心地良いです。
a0064474_15384295.jpg

 さてスッキリとして峰山キャンプ場へと帰りました。
銭湯への帰りに買出しもして、冷えた麦酒で乾杯です。
様々なレシピとお酒とで熱いトークで盛り上がります。
途中カワサキKLX125とこちゃんがやって来ました。
カブトーク、ラビットトーク、単車トーク、ツーリング話、カスタム話と話題は満載です。
キャンプツーの醍醐味はこの夜トークですね。
皆とっても元気で、お酒も食べ物もガンガン無くなって行きます。
楽しい夜を過ごす事が出来ました。
a0064474_15382183.jpg

 酔い潰れないうちに満天の夜景を楽しもうと展望台へと行きました。
とても綺麗な夜景で、カップルも居ました。
自分のデヂカメは綺麗な夜景を捕え切れず仕舞いでしたが、御勘弁下さい。
峰山の夜も更けてきました。
そろそろテントの中へ入って休もうと思います。
テントの中でシュラフに包まって休みます。
使っているシュラフは父親の遺品で、40年以上前の物です。
そんなシュラフで寝れるのも幸せですね。
夜は暴走族の爆音が山上まで響いていました。
a0064474_19292121.jpg

ぐっすり休んで、清々しい朝を迎えます。
二日酔いの人も居ましたが、何とか回復して、モーニング珈琲を頂きました。
キャンプの朝も語り合いは続きます。
その後テント設営を撤収、記念撮影をして、キャンプ場を後にします。
大荷物を載せて下山。
朝食は新しく出来たこだわり麺や郷東店で頂きました。
毎度の釜玉饂飩です。
皆で美味しく食べながら、また語りました。
食べ終えて、キャンプツーは終了です。
皆其々の方向へと単車を走らせました。
キャンプは楽しいの一言です。
これからも楽しく企画して行きます。
参加の皆さんどうも有難う御座いました162.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-10-01 16:09 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(9)
a0064474_11433521.jpg 先日行われた讃岐カブ主ミーティングの打ち上げをするとの事で案内を頂いたので行って来ました。
以前も居酒屋での呑み会は有りましたが、今回の店は鉄板居酒屋えんという御店でした。
少し遅れて入店しますが、既にもうメンバーは集まって盛り上がっています。
景気良くメガビールジョッキで乾杯。
美味しいレシピも次々と出て来ます。
そしてカブ談議もハイテンションで盛り上がります。
お馴染みの人から、初めて話する人と様々でしたが、カブに対する思いはとっても強いですね。
岐阜からのメンバーの方にペナント旗を頂きました。
なかなかお洒落ですね。


当日の動画も完成していて、楽しく拝見させて頂いています。
走行動画の中で黄色リトルでカメラに向かって万歳しているのがKAZです。
讃岐カブ主ミーティングはこれからも参加して楽しみたいと思っています。
さて今日からカブでキャンプです。
ミーティングはリトルカブ50で行きましたが、今日の相棒は行灯カブC70です。
楽しんで行ってきますー167.png167.png
[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-09-30 12:06 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(4)
a0064474_15093527.jpg 讃岐カブミーティングなるものが開催されるそうです。
カブ90乗りのじろろ君が主催されているそうで、第三回目になるそうです。
前回の二回目には丁度岡山でラビットのミーティングと岡山旧車会が有って、帰りのフェリーを降りて少しだけ参加させて頂いてました。
今回は朝からカブで参加させて頂きます。
行灯カブ出撃と行きたいところですが、また黄色リトルが嫁がず有るので、50ccのリトルカブを発進させます。
待ち合わせ場所のサンポートに向かいリトルカブは快調に走って行きます。
サンボートにはもう沢山のカブが遠近を問わず集まっています。
色々な人から工夫を凝らしたデザインの楽しいステッカーを頂きました。
そして瀬戸大橋公園に向けてカブ軍団スタートです。
a0064474_15101974.jpg
五色台の大崎の鼻を経由して会場に向かいます。
自分の黄色リトルは50ccながらも結構走ってくれますが、きつい登り坂に差し掛かるとパワー不足で失速気味に成ります。
ギヤを一速落として頑張りますが、なかなか厳しいです。
がしかし平地での走りはなかなかのもんだと思います。
瀬戸大橋記念公園に到着、約40台ものカブが集まりました。
コテコテのカスタムからノーマルのビジネス仕様、ハンターカブ、行灯カブ、旧カブと様々です。
ゴルディさん、やまちゃん、ハンター小野君、なべさん夫妻、まさごろうさん、とこちゃん、ゆっきさん、紗蓮と御馴染みの顔触れも揃いました。
a0064474_15102886.jpg
今月末の峰山キャンプにも何人か参加してくれるようです。
その後、走行動画撮影、場所を瀬戸大橋の見えるステージ前での集合写真と進んで行きます。
しかしながらカブ乗りも熱いですね。
自分は行灯カブを頂いてからの縁でカブに乗るように成りましたが、皆さん様々な切っ掛けで株主に成ったんでしょうね。
お昼ごはんは自由時間という事で、こだわり麺や宇多津店に数人の方々を案内させて頂きました。
美味しい釜玉饂飩を食べました。
その後カフェで寛ごうという事になり、通りすがりのカフェへと適当に入りました。
シェモーリーというカフェで初めて入る店です。
皆でお茶していると、突然この間の平日の讃岐を楽しむツーで初めてお会いした、ぼんぼんさんが入って来るではありませんか。
ぼんぼんさんも驚いていましたが、こっちも吃驚仰天です。
単車が繋ぐ不思議な縁でしようか、驚きの再会とサプライズでありました。
自由時間も終わろうとする頃、自分は所用も有ったので別れてリトルカブ帰宅です。
小さなリトルカブは元気に走ってくれました。
讃岐カブミーティング、とっても盛況で楽しい一日でありました174.png



[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-09-10 16:44 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(23)