人気ブログランキング |

旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

2009年 12月 28日 ( 1 )

a0064474_1326498.jpg これまでシート張替えのお手伝いを数多く手掛けて参りました。
ブログで紹介していないのも有るのですが、旧車、現行車、ポンコツを含めて様々なものが有ります。
良くそんな価格で出来るって本当ですか?とかマージンは取っていないんですか?とかKAZさんが内張り屋さんですか?とか色々な質問をされます。
がしかしどれも当てはまらず、自分は好意の意味で張替えのお手伝いをしているだけです。
もっと高級な素材で違う物が出来る張替え業者も有るでしょうが、安価で納期が早く尚且つクオリティも良いという意味でブログにも紹介しています。

さて今回はotafuku1100さんのW1SAのシートです。
これは少し以前にリペアをしたものですが、W1シートに対する問い合わせが幾つかメールで来たので紹介しておきます。
上の写真はシートの裏面ですが、シートスプリングとスポンヂの間のシートが破けて劣化したスポンヂが出てしまっています。
Wのシートは目黒時代からのスプリングシートをW1SAまで使っていました。
乗り手が座る場所はこのように年限と共に圧力と劣化で痛んでしまう場合が多いです。
今回はシート表皮とこの内部も改良してシートを生まれ変わらせてやります。
いつものように山下内張り屋さんに持ち込み、シートの具合と仕上げの注文をお願いしました。

a0064474_13544313.jpg十日程経ってシートが出来上がったので取りに行きます。
シートの表皮は金モールで巻かれて、タックロールも施されました。
表皮も柔らかく床に置いて座ってみましたが、なかなか良い感じです。
いつもながらの仕事をされていると感じ入りますね。




a0064474_1445860.jpg裏面もその中身も改良されていないとこの座り心地は生まれて来ないでしようね。
シート裏の処理もしっかりと施されていました。
前にも書きましたがシートは乗り手が一番面積的にもウェイト的にも大事な部分です。
ここが痛んでいると乗るのにストレスが生じる場合が有ります。
これでotafuku1100さんも快適にW1SAに乗れるでしょう。
楽しく末永く乗り続けてあげて下さい063.gif
by kawasakiw2ss | 2009-12-28 14:05 | W2SS | Trackback | Comments(9)