人気ブログランキング |

旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

2007年 12月 09日 ( 1 )

a0064474_18393454.jpg ネット不通や多忙のために書きかけで途中になっていたツーレポを書き上げときます。

りゅうじさんとういんずマスターさんはうちで泊まって待望の小豆島ツーリングの朝を迎えます。
がしかしそこに待っていたのは憎たらしい雨でありました。
斧ZZR君も合流すると聞いていたので、小豆島へ行くフェリーの時間を決めてメールします。
がしかし彼は風邪をこじらせてしまって今回は不参加だとメールが帰って来ます。
何か不穏なムードではありますが、フェリーの時間までうちで父親も交えて単車談義と天気の予想で語り合います。
10時40分の土庄行きのフェリーに決めていたので、10時出発と決めていますが雨が止みそうに無いです。
雨男は誰だろーなーって色々語りつつ荷物の積み込みとレインスーツの用意をします。
10時5分前にもう一度外を見ると見事に雨が上がっていました(=^・^=)
これならもしかするとレインスーツを着ないで行けそうです。
3台はフェリー乗り場まで駆けつけます。
秘密の割引券を使って安く小豆島へ渡ります。笑

a0064474_2018360.jpg 船の中では島内のルートを3人で話し合います。
草壁まで走って山の紅葉を見ながら走るルートを考えていましたが、りゅうじさん一行は2時半に大部港から出るフェリーに乗るのを決めていたのでショートコースに変更します。
島に到着してからすぐに近くの食堂で小豆島名産である素麺を頂きます。
暖かくてとっても美味しい素麺でありました。
小豆島でもお店で素麺はお土産品で売っててもなかなか素麺を食べさせてくれるお店は少ないようです。a0064474_20334522.jpg
美味しくて食べる前の写真をみんな撮るのを忘れる程のお味で満足です。笑
なかなかコシが有って出汁の味も饂飩出汁に近い感じでした。
小豆島の素麺も讃岐饂飩に負けず劣らずいい感じだとあらためて思いました。
ここでみんなお土産も買ってましたねー。

a0064474_20393157.jpg外には観光用のボンネットバスが停まっていたので、CS&SGと記念撮影。
一度このバスにも乗ってみたいものです。笑
ボンネット越しに見る景色はどんなもんなんでしょうね。
クーラーが有るのかどうか知らないですが、真夏でも窓全開で走ったら気持ち良さそうですね(^_^)v
ちなみに三菱FUSO製でありました。

a0064474_20503789.jpg 少し走って世界一狭い海峡としてギネスブックにも認定されている土渕海峡へ行きました。
一番狭いところで9.93メートルという海峡で川の河口と見紛う程です。笑
その橋の上に単車を並べて海峡見学とします。
海峡壁にはしっかりと藤壺や貝がくっ付いていて海水である事が解ります。
海峡の側道を走って昔ながらの街並みの細道に入り込み暫し風情を楽しみました。
こんな場所にはシングルエンジンの単車って似合いますね。

a0064474_2110454.jpg 次に目指したのは小豆島大観音です。
ここはみんなあまり知られていないというか淡路島にも大きな観音像が有って結構知られていますが、この大観音はそれよりも背の高さは低いようですが綺麗なお顔とスタイルです(#^.^#)
この観音像にはお釈迦様の遺歯をスリランカから奉戴して祭祀しているそうであります。
しかし聳え立つ大観音は迫力もんです。
中身はどうなってるのか知らないですが、外側だけでも観て拝む価値有りですね>^_^<
 
そこから3台は海岸線のワインディングをいいペースで走ります。
小豆島はワインディングの宝庫とも云える程道が曲がりくねっています。
前に車が居なければとっても楽しく走れてしまいますね。

a0064474_21343675.jpg最後は道の駅大阪城残石公園に行きました。
ここには大阪城を築城した時に運んだ大きな石を展示しています。
道の駅の横はその時の港になっていて傍らにはいくつもの大きな石が並べられています。
これが当時大阪に行く予定で運ばれなかった所謂残念石という事でありました。
筏で運んでいた様子を再現していましたが、昔の人の労力って凄いですね。
今はフェリーや重機も有りますが、当時の人は知恵と大勢の人足であの大阪ジヨウを築いたんでしょうね。
りゆうじさんもういんずマスターさんもかなり感心していました。
勿論自分もですよー笑

a0064474_21521145.jpg 本洲組の二人は大部港からのフェリーで日生に渡って佐用でホルモン焼きうどんを食べる予定です。
自分も行きたかったですが、夕方に所用が入っていたので見送りだけさせて頂きました。
待っている間に観光で来ておられたおじさんがメグロSGを繁々と眺めておられました。
昔は単車を乗られていたようでメグロが懐かしいとの事でありました。

CSで走る小豆島はとても楽しかったです。
出来うるなら山間の紅葉を楽しみたかったですが、満足でした。
CS繋がりで来られた皆さん、とっても楽しかったです。
また四国に遊びに来て下さいねー(^^♪
by kawasakiw2ss | 2007-12-09 18:39 | CS-250 | Trackback | Comments(8)