人気ブログランキング |

旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

父親から学んだ事

a0064474_12524934.jpg 先日の事でありましたが、友人宅に売りに出した三菱軽トラの納税証明書を持って次の乗り手である友人宅に行く為Z1-Rを走らせました。

いつも一発目の始動にはキックスターターと決めています。
キック2発でズボボーと川重製大排気量発動機始動です。
しかしスローがもう一つ安定していません。
プラグが汚れてるのかなーと思い暖気も少しめにして走り出します。

走り出すと少しパワー感が少ないなと感じますが、概ね調子も良くなり待ち合わせの喫茶スピリットに到着します。
元の軽トラの持ち主Dさんと今は亡きマスターの息子さんと珈琲を頂きながら楽しく話します。
その後友人宅へとまたZ1-Rを走らせますが今度はさっきより何となく調子が悪いです。

友人宅に着くとお客さんを交えて野外で焼肉をしていました。
お客さんとあい交わって焼肉を頂く事になり直ぐにワイワイと雰囲気が盛り上がりました。
残念ながらお酒は呑めないんですが、焼肉は延々夜の11時近くまで語りと笑いの中続いてしまいました。
みんなで軽く片付けして解散です。

お客さんを見送り、自分もZ1-Rで帰ろうとするととてもガソリン臭いです。
どうもキャヴからガスがオーバーフローしているようです。
整備したいところですが、辺りはもう真っ暗なのでそのままエンジン始動して帰ります。
ここでタンクのコックがオンになったまま駐車していた事に気付きます。

帰りのZ1-Rの調子は本来の調子を崩してしまって吹け上がりも悪く、信号待ちではカブってしまい全く別の単車になってしまってました。
唯でさえハンドリングに癖の有る単車なのでコーナーでの吹けが悪いと最悪の乗り味になってしまいます(+_+)

帰ってからタンクの中身を携帯のストロボで照らしてみると、満タンに近かったガソリンがもう半分以上無くなってしまっています。
友人宅のオーバーフローでかなり地面に垂れ流してしまい価格も高騰しているガソリンがとても勿体無く思ってしまいました。
コックさえオフにしていればこうはならなかったのは後の後悔であります。

次の日Z1-Rのエンジンを始動させるとキャヴのドレンホースから大量のガソリンが流れ出します。
慌ててコックを閉じました。

こんな時に父親はドライバーの柄でコンコンとキャヴのフロート室を叩いていたのを思い出します。
貫通ドライバーでコンコン叩くと呆気無くスローも安定しオーバーフローも止まります(^_^)v
今回が初めてでは無いですが、父親から学んだトラブルシュートが役立つと改めて父親を尊敬してしまいますね。

単車は古くなると色々なトラブルが出て来ます。
それを直して調子が戻ると楽しいものです。
ショップに任せるのもいいですが、父親という大きな存在が居たからこそ解決出来たっていうのは単車の整備以外にも有るように思いますね。
by kawasakiw2ss | 2007-06-15 13:49 | Z1-R | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://kawasakiw2.exblog.jp/tb/5739266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アンクルエディー at 2007-06-15 23:08 x
KAZさん、Z1-Rは久しぶりの出動でしたか?フロートの固着のようでしたね、父親のメンテが役に立つ・・・いかにもKAZさんらしいです。
以前幼馴染みの親友からSOS、ゼファー750がオーバーフローして止まらん、30kmも走らんうちに予備タン状態、プラグは真っ黒、我家で修理?・・・フロートではなくゴミが原因のようでした。コックを閉めてフロート室の燃料を排出、一緒にゴミも出たようで直りましたがイリジウムプラグは再利用できませんでした。
出先にしろ、自宅にしろ、単車のトラブルを自分で直せると嬉しいものです、先輩達の知恵や経験がメンテの肥やしになりまする!(笑)
Commented by KAZ at 2007-06-16 05:38 x
 暫く乗って無かった訳では無く、自分の愛情不足だと思ってます。笑
この症状はごくたまに出たりするのであららーって感じでした。
しかし地面に流してしまったガソリンが勿体無く思います。
コックの閉め忘れでかなりロスしてしまうという初歩的なミスなので反省しきりです(+_+)
しかし父親には感謝ですねー。
Commented by ヒロ at 2007-06-16 10:14 x
小さい、ころの理想の父親像は家電製品でもバイクでもちゃちゃっと直せる、本棚でも家具でも自作できるような父親が理想でした。残念ながら私の父親はそういうことは一切できませんでしたが:^^そういうことができる父親はいいもんです。自分が父親になってからはラビット601をしょっちゅう直してますが、子供曰く、またバイクかよ~みたいな感じでゲームばっかりで興味もまったくないようですね:^^現代は家電も車も使い捨ての消耗品ですから、直すということもできなくなり、父親らしいところを見せる機会は昔にくらべ減ってるのでしょうね
Commented by KAZ at 2007-06-17 00:47 x
 うちの父親は何でも上手く修理する人でしたね。
自分が小さい頃から自動車から単車、そして電気製品まで色々と修理したいたように思います。
父親の作業をじっと見ながら大きくなった気がします。
単車の整備の後エンジンを掛けて満足そうな父親の表情は子供ながらに感じていましたね。笑
ヒロさんちの子供さんもいつかそんな父親の思いが解る日が必ず来ますよ。
Commented by K-G3 at 2007-06-17 09:11 x
一言ではないですね。今までオフにすることは、長時間忘れることはなかっいたのですが、帰宅する(当日走行終了時)ときは、何キロか前にオフにする癖をつけています。だいたいの感ですが、到着時に空になるようにしています。バイク屋の社長に言われたことです。おかげで、オバーフローは入手以来、一度もないです。コンコン叩くは覚えておきます。
Commented by KAZ at 2007-06-17 09:18 x
 自分も行きつけの店の親父に止まる少し前からコックオフを言われたのを思い出しました。
しかし愛情が薄くなると単車は正直ですねー笑
ハイスーパーがこれに加わるとなるともう大変です(~_~;)
Commented by ういんずマスター at 2007-06-17 11:00 x
 自分も家に着く少し前にコックを閉めるのですが、何度か辿り着くかなり前にガス欠してしまいました。
帰宅時に丁度エンストなんてのは自分はまだまだですね。
Commented by KAZ at 2007-06-17 15:50 x
 ういんずマスターさんちもうちと同じく坂を上がって行くのでガスを消費するのかもですね。笑
最近のマイブームはWを惰性で走らせ乍キック始動する事です。笑
冷間時は停めたままですよー>^_^<