人気ブログランキング | 話題のタグを見る

旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はハイウェイスターとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

CS神戸オフ

CS神戸オフ_a0064474_09561666.jpg カワサキの単車の中でもマイナーでレアな単車のカジュアルスポーツの集まりを定期的に行っています。
コロナ禍で、開催を延期していた神戸でのオフを晴天の中、無事に開催する事が出来ました。
昼のオフ開催で、自分は当初フェリーで当日の朝に出て神戸入りするつもりでいましたが、色々と所用も入ってしまいます。
朝6時出航のフェリーは見送って、淡路島経由で走って行く事にします。
CS神戸オフ_a0064474_09525977.jpg CSを走らせ鳴門まで下道を走って、鳴門北から淡路島南まで大鳴門橋を渡りました。
CSはETCを装備していないので、一般ゲートから入って高速走行しますが、この小さな250シングルは高速走行も小気味良くこなします。
暫しの高速走行を楽しんで、一般道へ降ります。
そこからは淡路島の景色を楽しみながら走ります。
高速の無い時代は学生時代は良く走った淡路島の道は色々と刷新されて、一時間も掛からず北端の淡路入口まで行きました。
途中、淡路大観音の下で記念撮影しましたが、崩落している箇所も見られます。
そろそろ解体されるとの事も聞いていますが、淡路の景色の1ページでした。CS神戸オフ_a0064474_09531966.jpg 淡路入口から明石大橋を渡って、垂水で降りてカワサキワールドへと向かいます。
CS乗り村の村長と大ちゃんが待っていました。
大ちゃんはホンダXE75でお目見えです。
三人で久々の再会を楽しんでいると、りゅうじさんがヤマハTDR250でやって来ました。
CSもレアですが、CS乗りの持つ単車達もレアなのが多いですね。
四人でカワサキワールドへと向かい、オフの始まりです。
CS神戸オフ_a0064474_09543049.jpg 以前入ったワールドの中とはレイアウトも変わり、新しく?発売されたばかりのメグロK3を中心に往年の目黒スタミナK2や250ジュニアも並べられて当時を感じさせる大きな看板も掲げられています。
伝統ト信頼ノというキャッチコピーは現代の川重車にも通じます。
カジュアルスポーツは単気筒ですが、その単気筒250車の歴史は目黒ジュニア250シリーズが発祥です。
CS神戸オフ_a0064474_09541068.jpg いつも見入ってしまうKR500です。
このマシンは川重のファクトリーGP500マシンです。
巨大なアルミタンクや金色のサイレンサー、タンク下はモノコックフレームと独特のオーラが出ています。
今回はその心臓部のスクエァ4エンヂンが傍らに鎮座していました。
コークバリントンの写真も有りましたが、何度見ても飽きない形と雰囲気を出しています。
CS神戸オフ_a0064474_09534788.jpg このカットモデルエンヂンはH2のエンヂンです。
スーパーチャーヂャーの位置や構造が良く見えます。
こんなモンスターな心臓を持つ単車がワールドの駐輪場にCSと同じく並んでいましたね。
H2もスタイルは独自の物で、現代の川重車の究極型なんでしょう。
Z1エンヂンのカットモデルも有りましたが、物凄くシンプルに感じてしまうのは時代の流れなんでしょうね。
CS神戸オフ_a0064474_09555601.jpg 0系新幹線の先頭の向こうに見えるのはミュールバギーです。
以前見たミュールよりも大きくワイドな感じでした。
こちらも単気筒エンヂン搭載でCVTトランスミッションの駆動系だそうです。
ちなみに履いていたタイヤはDURO製のオフタイヤでした。
現在、EVミュールも開発されているようです。
 ワールドを堪能して、ワールドの休憩所で冷たい飲み物を頂きながら談笑します。
10月に入っても30℃という気温で暑いんですが、CS乗りトークも負けずに熱かったですね。
ワールドを出て、駐輪場で記念撮影をしました。
世界の中で二台と並んで見る事は無いCSだと思います。笑
そんなレアなCSは一生に一度見るかどうかの代物なんでしょうが、乗り手の熱い思いがCS乗りが全国からやって来て楽しむ時間が生まれる源なんでしょう。
楽しい時間も解散となり、向かうべき方向に向かって走り出しました。
垂水までは大ちゃんのXE75と同道しましたが、元気に走るミニトレ-ルでした。
整備と維持はなかなか大変なようですが、元気に走る姿は素晴らしいですね。
垂水から高速に乗り、明石大橋をまた走りましたが、この橋も川重の賜物であります。
世界一を目指して創り上げる心意気は単車達も同じ魂が籠っている気がしました。
淡路島に降りて、下道をまたひた走ってCSの走行距離が240キロをトリップで示していたので給油してやります。
タンクの中には7リットルのガソリンが入りました。
リッター34キロと良い燃費でした。
淡路島南から鳴門大橋に乗って夜の橋の景色を楽しみます。
四国に戻って鳴門北で降り、また下道を駆けて帰宅。
とても充実したのと、チープに道中を楽しめたオフでしたね。
オフ会に集まった皆さん、どうもお疲れ様でした。
また元気に人車共々に御会い致しましょう166.png125.png168.png




by kawasakiw2ss | 2021-10-10 11:11 | CS-250 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://kawasakiw2.exblog.jp/tb/241234103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maou29_v94 at 2021-10-10 11:39
CSのオフ会なんだか楽しそうですね。
自分はカブでのオフ会は何回か出た事があるので同じ単車を乗っている者同士話は弾みますよね。それと各々が弄っているとこを見るのもまた楽しいですよね^^
淡路島は1度も訪れた事が無いので機会が有れば行ってみたい場所の1つでもありますw
後半に続くのでしょうかね^^
Commented by KAZ at 2021-10-10 12:38 x
 とっても楽しく過ごしました。
そして走りも楽しみましたよー。
CSのオフ会はカブのようなメジャーなものて無く超マイナーな単車と乗り手のオフなので未知な世界だと思います。笑
淡路島とっても良いですよー。
Commented by セフロ at 2021-10-10 16:27 x
良いなぁ~オイラも一度は訪れてみたい場所です。更に、大鳴門橋とか異次元な感じです。ユックリと瀬戸内や四国を走りたいです!
Commented by KAZ at 2021-10-10 16:28 x
 是非一度どうぞー。
案内させて頂きますよ。
神戸も暑かったけど楽しい時間でした。
Commented by 大ちゃん at 2021-10-11 21:48 x
XE75を載せたアトレー7は0行きも帰りも高速を使わず、下道上等で名古屋ー神戸間往復525kmをこなして、先ほど帰宅しました。。。!!
神戸ミーティング、お疲れさまでした。。。!!
仲間に会えるのは、楽しいものですね
初めて乗った淡路島ジェノバラインは、とても快適な船で、原付125cc、8台くらいと輸送手段としては少ないですが、なかなか優れものでしたよ。。。!!
XE75で淡路島を走りましたが、気持ち良すぎて全然前に進まないツーリングでした。。。(笑)!!
Commented by KAZ at 2021-10-11 22:13 x
御疲れ様でした。
XE75調子良さそうでしたね。
少し一緒に走りましたね。
ジェノバラインは昔のたこフェリーですね。
いつか乗りたいものです。
Commented by 大ちゃん at 2021-10-12 01:15 x
カブで四国から淡路島に入ろうとすると。。。

一旦、高松から神戸へジャンボフェリーで渡って、そこから明石まで走って、明石ジェノバラインか。。。
なかなか面倒だな。。。
Commented by KAZ at 2021-10-12 05:47 x
 原付が四国から淡路島まで行くのにフェリーが欲しいところです。
自転車は予約すると運んでくれるサービスが有るので、バージョンアップして欲しいですね。