人気ブログランキング | 話題のタグを見る

旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はハイウェイスターとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

旧い川重旗艦同士で走る

旧い川重旗艦同士で走る_a0064474_19533543.jpg どんな時代にも旗艦と言われるモデルが存在します。
川重の単車もフラッグシップモデルは憧れの単車であり、手に入れるのも、乗りこなすのにも相当のエネルギーと覚悟とが必要だと云われてきました。
 そんな川重の旗艦同士で走る機会を得ました。
自分のW2SSとsatoさんのZG1300です。
どちらも当時のフラッグシップモデルです。
Wは1966年に登場した時に川重最大排気量でした。
Z1300も同じく当時の最大排気量車ですね。
旧い川重旗艦同士で走る_a0064474_19523499.jpg 1300㏄の並列四気筒エンヂンは凄い横幅です。
水冷なのでフィンも無く無機質な迫力の質感です。
車体も無骨な雰囲気で、いかにも川重製という感じがします。
各部の雰囲気も質実剛健な感じですね。
乾燥重量は300キロ程も有るようで、超ど級の単車である事は間違いないです。
旧い川重旗艦同士で走る_a0064474_19530997.jpgそのいでたちに対して排気音はとてもジェントルでシルキーです。
六気筒ですが、水冷という事やロングストロークのエンヂンという事でメカノイズも少なく四輪のエンヂンフィールと似ている感じです。
さて、二台は独自の排気音を奏でながら走り出しました。
六気筒のサウンドは厚みが有り、対するWの排気音は重低音のビートです。
音楽で譬えるなら、オルガンの和音に包まれるバスドラムのアタック音という雰囲気です。
旧い川重旗艦同士で走る_a0064474_19521674.jpg 田舎道のワィンディングを二台は駆け抜けて行きます。
どちらも個性の塊のような単車です。
乗り味もフィーリングも乗り手に単車が訴えて来る感じですね。
どっちの単車も時代こそ違えど、エンヂンの持つ個性が単車の核と成っています。
もうこんな個性を持つ単車は生まれて来ないでしょうね。
往時の技術者達が一生懸命に最高の物を作った熱意や情熱を個性の中に感じながら走らせるのは楽しいものです。
しかしながら、その個性を受け入れる心と技量も無いと、その個性に負けてしまいます。
二台はお互いの個性を感じ合い、楽しみ合う走りでした。
satoさん、どうも有難う御座いました。
また是非走りましょうー158.png114.png168.png


by kawasakiw2ss | 2021-09-06 16:31 | W2SS | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://kawasakiw2.exblog.jp/tb/241187840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by セフロ at 2021-09-06 22:49 x
あら、あら、随分、世代都政格の違う出走ったモノですね!確かに、旗艦ですけど、この辺の10年は別世界ですもんね!この6発は乗って見たいとは思ったですが、現物見た時「デカすぎ」と感じましたっけ!!!
Commented by KAZ at 2021-09-07 00:51 x
 世代は違えど旗艦の走りはどちらも堂々としています。
Z1300は大きく貫禄が有ります。
乗りこなすには確かに覚悟が要りますね。
Wの右チェンヂも初めて乗るには同じくですよね。笑
Commented by maou29_v94 at 2021-09-07 19:58
並列の6気筒なんて今後出て来ないでしょうねきっとエンジンの幅を見てもそう思います実際見た時は^^;
感想重量で300キロなんてこれまた凄いw
乗りこなす事は、仰る通り覚悟と勇気が必要ですよね。所有感も半端ないと思いますね^^
Commented by アンクルエディー at 2021-09-07 20:04 x
ホンダのCBXの6気筒に対抗したんでしょうねぇ、カワサキのフラッグシップは水冷6気筒・・・(^へ^)
WがKAWASAKIの旗艦だったころから、一気に世界進出をしていく国産バイクメーカー、CB750からZ900スパーフォー(Z1)、どちらも雲の上のバイクでしたがね(^^;

そして今なお人気なWとZ1300・・・さすがにZ1300は乗る機会がありませんが、古い友人が海外から持ちこんだZ1300+ターボを我が家で2年ほど預かったことがありました。
仕事で海外から日本に帰国した時までですがね・・・

カスタム好きな私ですが、やっぱりノーマルで乗るのが一番でしょうね。(^ー^)
Commented by KAZ at 2021-09-07 20:15 x
魔王さん
独自のオーラの出てる単車でした。
無機的な機械単車という感じです。
若い時にしか乗れないですよー笑

エディーさん
CBX1000の場合はシリンダーをもう二個足したような造りですが、このZ1300は独自の設計です。
超ド級な単車ですが、排気音はシルキーでジェントルです。
しかしターボ付きとは凄いです。
ノーマルでも直線の速さは凄いですよー。
Commented by michiru at 2021-09-09 15:07 x
このバイクの横にセローを並べて置いたら、セローが”カトンボ”みたいに見えちゃいそう(笑)
Commented by KAZ at 2021-09-09 15:28 x
いつか並べてみたいですねー笑
スリムな単車は軽快で乗り易くて良いです。