旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

気ままにプチツー

a0064474_17045153.jpg 天気の良い日曜に半日オフを得ました。
こんな日は迷わず単車で走る事にしています。
知り合いの所へ届け物も有ったので、その延長線でプチツーを楽しむ事にしました。
相棒はW2SSです。
持参する荷物の袋をモッズパーカーの中に忍ばせて、キック三発で古典的な直立二気筒エンヂンは独特のOHVサウンドを奏でながら目覚めます。
暖気をしてスローを安定させてやります。
エンヂンが温まって右チェンヂペダルを踏み込みスタートです。
乾いた排気音を楽しみながら、届け物を届けに走ります。
パーカーの中身が無くなり、身軽に成ったところでプチツーを楽しみます。
田舎道やワインディング、国道と様々なシチュエーションの中、Wを走らせました。
どんな道にもWは似合うと思います。
こんな素晴らしい単車を作った人達に敬意を表したいものです。
50年以上も経った単車ですが、性能も然り、乗り手に味わいを感じさせてくれます。
何事も許してくれれば、何時までも走りたくなる単車って他に有るんでしょうかね。
そんな事を思いながら帰宅して、メインスイッチを切ってやり、メグロ譲りの発動機は停止しました。
半日のプチツーをWは楽しませてくれました。
走りを楽しませてくれた単車は、時間と機会を見付けてメンテナンスしてやろうと思います。
さて今度はいつ走れるかなー166.png166.png









# by kawasakiw2ss | 2019-02-17 17:47 | W2SS | Trackback | Comments(2)

出張ヘルプに走る

a0064474_08555206.jpg 知人の乗るスクーターが調子悪いので見て欲しいと依頼が有りました。
始動性が悪いのとオイルも交換したいとの事です。
バッテリーも古いようで、交換が必要です。
車種はヤマハアクシストリートです。
先ずはバッテリーを購入して、予備充電します。
今回はACデルコ製を求めました。
チャーヂ完了して、バッテリーをラビットに積んで修理に向かいます。
先ずはバッテリー交換、古いバッテリーは台湾ユアサ製でした。
トリートはインジェクション車なのでバッテリーが弱くなると始動に問題が出るようですね。
凄く寒い朝でしたが、バッテリーを交換したら始動も良好です。
そのまま暖気してオイルも交換して、リフレッシュしてやりました。
このトリートはうちのシグナスSVと色々な構造が似ていますね。
オイルを入れる口はSVと違いエンヂン右側にフィラーキャップが有ります。
SVはシリンダーヘッドから注ぐタイプですが、如何なんでしょうね。
しかし気持ち良く問題も解決して気分もリフレッシュ出来ました125.png165.png

# by kawasakiw2ss | 2019-02-16 09:12 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(4)
a0064474_10521972.jpg フォルクスワーゲンビートルが好きです。
うちの姉が乗っていた影響も有るんでしょうが、愛らしいスタイルと鼓動感の有る排気音はとっても魅力的です。
いつかは乗りたい車の一つですが、空冷のビートルは既に生産中止に成って久しいです。
そんなビートルの小物を幾つか持っていますが、先日ビートル型のチョコレートを頂きました。
持っているビートルの小物と並べると形が色々と違ってて楽しいです。
チョコレートのビートルは板チョコの上に乗っています。
下のチョコとは一体型で、ずっしり感が有ります。
食べるには勿体無いビートルチョコですが、暫くは見て楽しみたいと思います。
巷を元気に走るビートルを見たくなりました124.png

# by kawasakiw2ss | 2019-02-15 11:55 | その他 | Trackback | Comments(2)
a0064474_11540583.jpg 自分の乗っている単車の中で一番最新鋭なのがCS250です。
水冷4バルブのハイメカツインカムは以前乗っていたZ250FSからすると大きく進化を遂げています。
そのハイメカなエンヂンだけにオイルの管理は大事です。
走行距離も42.000キロを越えたのでオイルを交換してリフレッシュしてやります。
ドレンから排出された熱いオイルは真っ黒です。
良く仕事をしてくれた証でしょうかね。
フィラーキャップの裏やオイルレベルの窓にスラッヂは見当たりません。
ドレンボルトの先端にもゴミは体積していないようです。
オイルを最後まで出し切ってドレンを〆てやりました。
フィラーキャップを開けるとクラッチが良く見えます。
此処は以前乗っていたZ250FSと酷似していますね。
新しいオイルを注いでオイル交換作業は終了です。
幾分静かに成った川重製ハイメカツイカムシングルは鋭い吹け上がりを排気音とタコメーターが表してくれます。
来月は奈良でこのCS乗りが集まるミーティングが開催されます。
今からとっても楽しみにしています162.png



# by kawasakiw2ss | 2019-02-14 12:24 | CS-250 | Trackback | Comments(0)
a0064474_19585432.jpg 世間では三連休という事で休みをを楽しんだ人も多かった事でしょう。
自分は休みは無く会議やら何やらで忙殺されていました。
昨日だけ昼過ぎからオフの時間を得たので、Z1-Rを駆ってカフェツーを楽しみました。
久々のZ1-Rは重たくてタイヤの空気が減っているのかと錯覚する程です。
走り込むと重い車体に乗り手が慣れてきます。
向かうは丸亀のカフェPALです。
向かう道中ビッグカフェレーサーの動力性能を楽しみつつPALに到着。
開店しているか心配でしたが、多くのお客さんで店内は賑わっています。
珈琲を頼んで、店の人と話しているうちに常連さんとも打ち解けてしまい、単車談議で楽しませて頂きました。
やっぱり単車乗りは単車の話が一番ですね。
PALは毎週水曜日と14日以外は基本的に営業しているそうです。
また機会見てカフェとトークを楽しみたいと思います126.png


# by kawasakiw2ss | 2019-02-11 20:25 | Z1-R | Trackback | Comments(6)
a0064474_17474502.jpg

 今月もラビット仲間の茶話会を開催させて頂きました。
ラビットの茶話会と云っても括りは緩いので、色々な単車で来る人や、四輪で参加の方も居られます。
要は楽しく珈琲を呑みながら、単車談議が出来れば良いんです。
さて今月の相棒はハイスーパーです。
久し振りの登場ですが、数度のキックで発動機が目覚めます。
ハイスーパーのキックは前に踏み込むタイプで少し変わってますね。
軽く暖気して、カフェOZへと向かいます。
div>調子良く茶話会会場に到着。
a0064474_17475318.jpg

既に徳島のやまちゃんと友人御二人が四輪で来ていました。その後301Aでもとさん、ワゴンRでSEALさんと次々に来られます。
好きな珈琲の銘柄をOZのお姉さんに頼み、温かく頂きながら茶話会開始です。
徳島組の人はラビットに興味津々という感じで、外で写真撮ったり繁々と眺めています。
ラビットの沿革と構造をKAZ&もとさんで色々と語って説明させて頂きました。
徳島組は岡山へとカキオコを食べに行くそうで、珈琲と紅茶を頂いてから出発されました。
香川組はOZのお姉さんも交えて楽しく茶話会を続けて、お昼頃解散と成りました。
いつもながら楽しい会話で盛り上がる茶話会です。
来月の茶話会は平日開催で、三月二十七日の水曜日にカフェOZにて開催させて頂きます125.png

# by kawasakiw2ss | 2019-02-10 17:29 | ラビットS-211 | Trackback | Comments(4)

アリー/スター誕生

a0064474_08350563.jpg 久し振りに音楽の話ですね。
というよりも映画を観てきました。
年末にボヘミアンラプソディーを観て以来です。
クィーンは中学時代から姉の影響で聴いていました。
初めて聴いたのがシアーハートアタックで、乗っけからの遊園地みたいな音とフレディマーキュリーのフアルセットボーカルとブライアンメイの津軽三味線のようなギターソロに圧倒されたアルバムでした。
映画はクイーンの歴史とフレディの生き様を描いた良い映画だったと思います。
 さてアリー/スター誕生です。
主演はレディーガガという事ですが、レディーガガの名前の由来はクィーンのレディオガガの曲名からというのは有名な話です。
この映画、はっきり云って凄く良い内容です。
自分は学生時代バンド活動していましたが、バンドや音楽という枠を越えて男女の恋愛のあり方を魅力的に描いていると思いました。
そしてレディーガガの素っぴんなフェイスがアリー役として好感を持てました。
レディーガガという人はド派手メイクとド派手衣装というイメーヂでしたが今回のアリーは魅力的でしたね。
古いロック好きな自分には楽曲の内容も良いものばかりでしたね。
そして映画は映画館に足を運んで大きなスクリーンで、他の観客と観ると感動が大きいです。
レンタルDVDも良いですが、映画への集中度と画面の小ささ、音響もこじんまりしていて映画館には到底敵わないですね。
アリー/スター誕生はリメイク作品という事ですが、前の作品がどんなのか興味有るところです。
是非観てみて欲しい映画です114.png


# by kawasakiw2ss | 2019-02-07 09:17 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

鬼は外、福は内ツー開催

a0064474_17402910.jpg 節分の旬を迎えました。
子供の頃は大豆の豆を撒いて鬼を祓うっていう行事をやっいました。
大人に成ると、そういう行事はしなくなり恵方巻きの丸かぶりという行事が加わり、スーパーにも沢山売っています。
現代の世の中に鬼が出て来る訳でも無いんですが、縁起を担いで単車乗りとしての一年が良い年に成るよう、鬼は外、福は内ツーを企画しました。
この企画mixiのコミュでの企画です。
がしかし反応が薄く、仲の良い他のメンバーばかりが集まりました。
VTR1000のSEALさん、セロー250のZUM君、スポーツスター1200のFさん、そしてKAZはW2SSです。
 先ずは腹拵えとして、いただきさんの海鮮食堂に集まって海の幸のランチを頂きました。
a0064474_17404210.jpg
此処の食材はとっても新鮮で美味し
く、リーズナブルです。
漁師丼や牡蠣フライ定食を食べながら、単車談議に早くも盛り上がります。
腹拵えが出来たら、異種4台は個性的なビートを奏でながら、桃太郎神社へと向かいます。
桃太郎神社に到着、皆んな参拝するのは初めてのようでした。
此処で、少しばかり桃太郎伝説を話させて頂きました。
神社に参詣して、桃太郎パワーを頂きつつFさんは桃太郎に扮する事の出来る画板から顔を出して楽しんでいます。
皆、この桃太郎神社の雰囲気が気に入ったようでした。
a0064474_17405316.jpg
さて、山間のワィンディングを駆け抜けて、次の目的地の根来寺へと向かいます。
W2SSが先導して田舎のワィンディングをスイスイとコーナーを楽しみながら走ります。
根来寺に到着。
ZUM君は御遍路参り三度したとの事でしたが、牛鬼の像の存在は知らなかったようです。
牛鬼は人間を食べる妖怪との説明書きが有りましたが、一説には牛鬼は人間だったと聞きます。
桃太郎の鬼も悪い海賊だったようですが、悪い人間の心が鬼の姿に化身したんだと拝察します。
根来寺本堂も有り難く参詣させて頂きました。
a0064474_17410105.jpg
 さてツーのラストはカフェでまったりと茶話会という事で、ラフ&タフコーヒースタンドへと向かいましたが、生憎の臨時閉店です。
毎度御馴染みのカフェOZへと場所を変えて向かいましたが、駐車場は満タンで店内も満員御礼の様子です。
Fさんが御奨めの古遊樂カフェへと誘ってくれました。
此処は讃岐の郷屋敷の傍らに有ります。
古の御屋敷の一角にそのカフェは有りました。
趣の有る古屋敷の造りは良い雰囲気でありました。
美味しい珈琲を頂きながら、様々な話題でツーの締め括りをさせて頂きました。
Fさん、SEALさん、ZUM君、ツーに参加どうも有難う御座いました。
九日にはOZでラビットの茶話会を開催します。
来月24日には牡蠣小屋ツーも予定しているので、是非御参加下さいませ166.png111.png165.png


# by kawasakiw2ss | 2019-02-02 18:42 | W2SS | Trackback | Comments(8)

リトルカブで散歩

a0064474_15281713.jpg 二日間出張していました。
とっても寒い土日でしたね。
寒さには強い方ですが、雪が降ると気分的に寒さも厳しい感じを受けますね。
出張中にオフの時間を得たので、うちから嫁いだリトルカブを拝借してプチツーします。
ラビット仲間や御世話に成った事の有るバイクショップに行きました。
行く先々で、自分の乗って行ったリトルカブに驚かれます。
自分の普段乗っている単車とかけ離れている感じなんでしょうか。
しかしこのリトルカブ、とっても調子良く走ってくれます。
セル付きで四速ギヤは便利でトコトコ良く走ります。
モアイ像の有る広場で珈琲タイムをしました。
持参した屋島工房のエルクウィンターが寒さから両手を守ってくれますが、半キャップのヘルメットでは顔が冷たいです。
暖かい珈琲缶を頬に当てながら暖を取って、プチツーは終了です。
黄色いリトルカブ君、元気に走ってくれてどうも有難うです154.png



# by kawasakiw2ss | 2019-01-28 15:49 | 単車 | Trackback | Comments(1)

BIKE BASEで単車トーク

a0064474_20050981.jpg 明日から二日間出張です。
かなり冷え込むようですが、頑張ってこなしてきます。
今日は行灯カブ70であつぞー君のショップBIKE BASEにお邪魔しました。
行灯カブは70ccという事もありますが、乗り手を急かさない良さが有ります。
エンヂンのフィーリングが穏やかで、ブレーキの利きも同じく唐突じゃない性格です。
万人に愛されるスーパーカブの魅力はこんなとこにも有ると思います。
市街地を駆け抜けてショップに到着、あつぞー君がカフェオレを入れてくれました。
先日のZ250FTも此のショップ甦ってメンテを続けています。
旧車もメンテしてくれるショップは強い味方ですね。
そして気さくに立ち寄れて、好きな単車談議で時間を過ごせるのは良いですよね。
お客さんが来て、行灯カブを見ていました。
行灯カブの特徴的なキーランプや行灯ポジションランプを披露してあげました。
夕刻になり、BIKE BASEを後にして行灯ランプを灯して走ります。
行灯カブのその昭和な灯火をどれだけの人が見ているのか解らないですが、最中マフラーからの温かい排気音と共に平成最後の年を昭和テイストなこのカブを元気にこれからも走らせたいと思っています。
あつぞー君どうも有難う御座います164.png



# by kawasakiw2ss | 2019-01-25 20:41 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(1)