旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

平日の讃岐を楽しむツー

a0064474_20245887.jpg お盆も終わって、近所の学生達が早い新学期で登校している姿を見掛けます。
自分も往時の今頃は宿題に大わらわしていたのが懐かしいです。
mixiのコミュで平日の香川をゆったり走りましょうという題目でツーを計画してくれたので、参加してきました。
相棒はZ1-Rとしました。
天気は上々、がしかし待ち合わせの善通寺に向かっているとポツポツと小雨が...
路面も濡れていて、西の方はどうやら降っていたようですね。
第一集合場所で、CB400SFのぼんぼんさんと合流。
他のメンバーは第二合流場所に行くとの事で、ぼんぼんさんと二台で善通寺の駐屯地へ少し遠回りしながら到着。
水曜は閉門しているとの事で期待していなかったのが、幸いに開門していました。
ぼんぼんさんと興味深く戦車や装甲車達を楽しく観覧。
その後、第二集合場所の道の駅滝宮に向かいます。
道の駅でA・なおさん、カトラスさん、由紀さん、えーちゃんさん、ユウナさんが待っていました。
GLゴールドウィング、ハーレー、忍者900、CB400SFが2台です。
初めてお会いする人ばかりですが、皆楽しそうな人ばかりです。
此処から本格的にツー開始です。
向かうは道の駅牟礼ですが、Z1-Rが先導して皆をエスコートします。
途中、燃料がリザーブに成ってしまい、先行して頂きますが、ワープ走りで直ぐに追い付きます。
a0064474_20490315.jpg
道の駅源平の里牟礼に到着。
此処でお昼御飯とします。
この道の駅では海鮮食堂が有名だそうです。
自分は初めてだったんですが、はまちのづけ丼とサーモンサラダを頼みました。
お味はとっても新鮮で美味しいです。
はまちの身も分厚く大きくボリュームが有ります。
由紀さんがお頭の空揚げをお裾分けしてくれますが、これもカリカリで味わい深く頂きました。
美味しい食事と楽しいトークで一気に盛り上がります。
a0064474_21004875.jpg
腹拵えも終わって、道の駅を出発します。
向かうは世界の中心で愛をさけぶのロケ地へと一向は向かいました。
牟礼からはとっても近いです。
途中Z1-Rはタンクがリザーブなので給油します。
セカチューと云えば、この突堤ですよね。
映画を観た人も知らない人も居たので、少し説明しておきました。
突堤の向こうまで歩いて行って、叫んでいる人も居ましたよ。笑
しかしあの映画を此処で撮ったというのも凄い事で、香川の大いなる見所だと思います。
此処でがんさんがトランザルプで合流、雨平写真館カフェへと向かいます。
交流館内に映画で使ったスクーターを展示しています。
色々と皆で語り合いながら、雨平写真館カフェへと入りました。
涼しいカフェ内で、また楽しく談笑します。
此処であつぞ~さんが合流。
a0064474_21220082.jpg
ライムグリーンのZ750GPでした。
今回は川重車とホンダ車だけのツーでしたね。
庵治からは西日を浴びながらも満濃池へと向かいます。
途中えーちゃんさんが離脱、ユウナさんが給油しますが、息子さんがバテ気味です。
途中のコンビニでクールダウンして、何とか満濃池に到着。
涼しい風に吹かれながら、雄大な満濃池を眺めます。
息子さんも復活したようで、楽しく遊んでいました。
市街地の焼けたような熱気から、涼しく心地良い風に酔いしれます。
弘法大師の偉業と満濃池堤防の由来を少し説明させて頂きました。
香川ゆったりツーリングも、そろそろピリオドと成りそうです。
豊稔池ダムへも行きたかったですが、それはまたの機会ですね。
参加の皆は其々、帰路へと向かいます。
自分は途中で外させて頂きました。
40年選手のZ1-Rはしっかりとエスコート役をこなしてくれました。
帰りにヤンキーVIPセダンに煽られましたが、元気にブッチギリます。笑
参加の皆さん、とっても楽しいトークと走りを有難う御座いました。
また是非走りましょう。
その日を楽しみにしています175.png165.png




[PR]
# by kawasakiw2ss | 2017-08-30 21:37 | Z1-R | Trackback | Comments(12)

カブタイヤもう二丁交換

a0064474_21374848.jpg 行灯カブのタイヤ交換も無事に行えました。
作業の後は手を洗って冷たい麦茶を頂きながら作業の余韻に浸っていました。
そこへ友人がカブ50に乗ってやって来ます。
2日間ラルゴを貸す約束をしていたんですよね。
そして彼のカブのフロントタイヤも交換してあげる約束も交わしていました。
タイヤも注文、入手済みでありました。
ラルゴを見送って、彼のカブのタイヤを見ると凄い状態です。
さっきの行灯カブのタイヤよりもまだ酷い有様でした。
工具もそのままにしていたので、タイヤ交換二回戦目突入です。
a0064474_21380342.jpg
タイヤをレバーで外して、新しいタイヤとチューブを入れていきます。
入れるタイヤはDURO HF301Eというタイヤです。
1495円というリーズナブルなタイヤであります。
新品チューブもDUROで580円でありました。
ミシュランタイヤに比べて、柔らかく入れ易かったですね。
というか作業に慣れていたせいかも知れません。
無事に作業も終了し、工具も片付けて撤収しようと思ったその時に、そう云えばリトルカブのタイヤも注文していたので、ついでに交換しとくかーっていう事で第三回戦目突入です。
a0064474_21382083.jpg
先ずは炎天下での作業が続いているので、麦茶で水分補給。
リトルカブを出して来て、小さな14インチホイールを外します。
17インチホイールに比べると、可愛いホイールです。
このフロントタイヤもヒビ割れが酷くて磨り減っています。
同じくレバーでタイヤを外して行きますが、14インチのIRCタイヤはタイトながらもすんなり外れます。
チューブはタフアップチューブが入っていましたが、一度修理していたのと口金の根元も錆びていたので交換する事にします。
新しいタイヤは同じくDUROでHF315モデルです。
チューブ付きで2250円でした。
a0064474_21384025.jpg
外れたホイールはリムに錆が目立つので、磨いて錆落しします。
幾分綺麗に成ったところで、新しいタイヤを入れて行きますが、これがなかなかに手強かったですね。
小径ホイールでビートがしっかりしたタイヤの組み合わせです。
しかしもう三本目です。
手が少し疲れてはいましたが、上手くレバー二本を駆使して無事に作業完了です。
エアを張って、二台共に試運転しましたが、フロントタイヤが新しいと物凄く乗り易いです。
リトルカブは小径ホイールと低重心で街中での走りはとっても快適でしようね。

しかし朝のうちにカブ三本のフロントタイヤを交換作業したのは初めてです。
我乍ら良い仕事に充実感をひしひしと感じてしまいました164.png107.png165.png

[PR]
# by kawasakiw2ss | 2017-08-29 22:28 | 単車 | Trackback | Comments(3)

行灯カブのタイヤ交換

a0064474_12334997.jpg
 ずーっと前から気に成っていた、行灯カブのフロントタイヤです。
手に入れた時から履いているダンロップタイヤはもうスリップサインが出てヒビ割れも出ています。
走行中パンクしてもおかしくないタイヤなので、そろそろ交換としました。
先ずはフロンホイールを外します。
カブはスタンドの位置が良く、フロントホイールを外すとフロントが浮いてくれます。
がしかしグラグラするのでパンタグラフジャッキを入れて車体を固定します。
エアを抜いて、使い古したダンロップタイヤをレバーで外して行きます。
炎天下での作業ですが、タイヤが温かく柔らかいのかすんなり外れてくれました。
a0064474_12340705.jpg
さて古いタイヤから、ミシュランM45タイヤを履かせていきます。
このタイヤ、もう長くストックとして持っていたものです。
少し硬く成っているかもですが、炎天下で温めてから作業開始です。
ダンロップタイヤに比べてミシュランタイヤはビートが硬いですね。
がしかし、作業はすんなり進んで交換は終了。
これで行灯カブのタイヤは前後ミシュランと成りました。
しかし、このM45のパターンは良いですね。
試走してみましたが、フロントの安定感が全然違います。
これで暫くは安心して走れそうですね。
しかし良い汗がかけました。
自分でするタイヤ交換も楽しいものです。
嫁ぐ予定のリトルカブのもやってやろうと思います166.png105.png

[PR]
# by kawasakiw2ss | 2017-08-29 13:30 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(6)

水温計でも判る真夏走り

a0064474_21265764.jpg
 昼過ぎからオフに成ったので、CS250を駆ってバイクカフェへと走りました。
ぎゃらくた果津古ですが、行く道中CSの水温計の針は真ん中よりも右に振れています。
気温は37度に達しているようですが、水温計の針でもそれが窺えます。
市街地での信号待ちでは真夏の気温と路面の照り返し、オフィス街と排気ガスとが生む熱気に参ってしまいそうです。
向かうは、ぎゃらくた果津古が有る西植田町ですが、そっち方面に向かうにつれ、幾分涼しく感じて来ます。
果津古に到着、CSは途中珍しい250刀とバトルをしつつ走りました。
珈琲を呑みながら、果津古ママと楽しく語り合い、その後マスターも帰って来ました。
三人で語ってると外の暑さや様々なストレスは一気に忘れさせてくれます。
バイクカフェの存在意義は此処にも有ると思います。
様々な話題で楽しみましたが、そろそろ帰宅とします。
帰りは黒い250忍者とバトルしました。
まだまだCSは元気に走ってくれたと思います。
小気味良いシングルビートは真夏の暑さを厭わず走ってくれました。
暑くても単車で走るのは、やっぱり楽しいですね174.png



[PR]
# by kawasakiw2ss | 2017-08-24 22:13 | CS-250 | Trackback | Comments(6)

リトルカブ復活

 a0064474_15194890.jpg うちにやって来たリトルカブですが、合間を見つけて整備を施していました。
先ずは長年交換されていなかったエンヂンオイルを交換してやります。
キックでエンヂン始動、暖気の後にドレンから出て来たオイルは錆びた水のような色をしていました。
新しいオイルを入れてやると、エンヂンの音も静かになり、とってもジェントルで鼓動感も出ています。
バッテリーもスーパーチープに注文し、新品に交換してやりました。
セルでの始動も可能と成り、電装品も安定してくれました。
a0064474_15532694.jpg
シートも破れていたので、リペアを施してやります。
元からツートンシートではありましたが、純正のツートンは暗いトーンなので、明るいブラウンとアイボリーの組み合わせで仕上げて頂きました。
パイピングもブラウンで入れて貰って、3千円という価格です。
乗り心地も大変良くなって、見た目もリトルカブの黄色い車体とマッチしていると思います。
ホンダの原付シートは破れたまま乗ってる車両が多いですね。
シートの縫い目や接着部分が破れているのが目に付くような気がします。
a0064474_16020753.jpg
 さて、此処でリトルカブを試乗してみました。
出足はそこそこですが、四速とハイスロットル気味のアクセルとの組み合わせで、加速も上々。
行灯カブにも四速有るといいなーって思いました。
行灯カブの荒々しいエンヂンフィールとは違ってジェントルなフィールですね。
四速に入ったら真ん中の④ランプが青く光ります。
リヤショックもKONI製の恩恵かしっかりしていて、腰砕けの感も無くコーナーでもしっかりしています。
行灯カブからはかなり進化している感を受けました。
このリトルカブが嫁ぐまで、暫くは楽しんで乗ってやろうと思います。
フロントタイヤがひび割れて減ってもいるので、交換してやりたいですね。
リトルカブとっても魅力的です165.png




[PR]
# by kawasakiw2ss | 2017-08-21 16:26 | 単車 | Trackback | Comments(4)
a0064474_14361342.jpg

 今月もラビットの茶話会を平日ながら行いました。八月なので夏休みにしてもいいのかなーとも思いましたが、ハンター小野君がオフという事で、茶話会挙行です。
御馴染みのサンタローサへと301を走らせます。
301はフロントタイヤをミシュランに交換して、初めての走りでしたが、なかなか良い走りをしてくれます。
溝は幾分減ったタイヤですが、硬化していないので路面の状況を緩和しているようです。
サンタローサは小高い場所に在りますが、その坂を登る途中フロントタイヤに違和感を感じました。
どうやらパンクしたようです。
ハンター小野君は既に来店していましたが、珈琲を頼んで二人茶話会を楽しみながらパンクの件を談じ合います。
ハンターを貸して頂いて、自分だけ一旦帰宅する事に決まりました。
初めてハンターカブに乗りましたが、なかなか軽快で良く走ります。
ハンターのリヤボックスに工具とスペアホイールを仕込んで、サンタローサへと帰艦しました。
a0064474_14584122.jpg
炎天下の下、路上整備の開始です。
二人でテキパキとホイールを交換してやります。
外したホイールをまたハンターのボックスに載せて、うちに帰ってパンクの原因検証へと走りました。
ミシュランタイヤの入ったホイールを割って、チューブを取り出します。
チューブに穴は見当たりません。
どうやらバルブが緩んでいただけのようでした。
ミシュランタイヤには新品チューブを入れて組んだんですが、タイ製のチューブはバルブがきちんと捻じ込まれていなかったようです。
自分の初歩的なミスに笑ってしまいました。
がしかし、原因はとっても軽いもので拍子抜けしてしまった感じです。
しかし良い汗がかけたのかも知れません。
昨日の車検が一発合格だっただけに、今回のパンク騒動は如何なもんなんでしょうね。
来月もラビットの茶話会は16日と予定しています。
今度はノントラブルで行きたいものです148.png



[PR]
# by kawasakiw2ss | 2017-08-18 15:09 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(5)
a0064474_11441987.jpg
 二年に一度の車検年がやって来ました。
Z1-RとW2SSがその対象なんですが、どちらもユーザー車検しています。
数日前から軽く整備と掃除を施して、いざ車検場へと走ります。
Z1-Rの調子も上々で、何か一発合格するような気分です。
朝の検査予約をしていたので、自賠責継続加入、検査料、重量税を支払いして、検査レーンへと入りました。
各部の確認を検査官が行いますが、チェーンアジャスターの緩みを指摘されてしまいます。
がしかし、車載工具で対処して前後ブレーキ、毎度鬼門のヘッドライト検査へと続きますが、どちらもすんなり合格。
検査官に合格印を頂いて再び陸運局のカウンターに書類を提出しました。
a0064474_12190762.jpg
冷房の効いた涼しい中で、テレビに映る高校野球を見ていると新しい車検証が発行されます。
陸運局での滞在時間は30分程度です。
そして今回の車検費用は総額18.230円でありました。
二年前の車検よりも、自賠責が下がっていたので2.140円安く出来ましたね。
Z1-Rはもう40年選手なので新しい車両ならもう600円重量税が安いですね。
しかしユーザー車検は簡単で安くとっても御奨めです。
他にもユーザー車検を受ける単車は来ていました。
慣れない人も居て、カウンター越しに色々と説明も受けていましたが、簡単で安い車検に喜び感じて帰る事でしょう。
年末はW2SSも車検です。
勿論ユーザー車検しますが、Z1-Rよりももう10年古いので色々と気は使います。
がしかし、一発合格を目指して整備と機関の状態を走らせながら維持したいと思っています。
ユーザー車検に是非どうぞー162.png



[PR]
# by kawasakiw2ss | 2017-08-17 12:32 | Z1-R | Trackback | Comments(10)

半日オフを楽しむ

a0064474_15180470.jpg
 お盆休みが終わって、休みの間は家族旅行やツーリングそしてお盆らしい帰省、お墓参り、親戚廻り何かをされた人も多かったかと思います。
自分は毎年の事ながら、お盆休みは無く過ごしています。
うちの墓所は歩いて行ける場所なので、お盆に限らず参拝は散歩がてら励行しています。
お酒を呑む事を教えてくれた祖父、単車の魅力を教えてくれた父と敬愛する先祖には足を運びたいものです。

水曜休みのユウナさんがmixiのコミュでプチツーを計画したので、W2SSを駆って参加しました。
先ずは瀬戸大橋記念公園に集合という事で向かいます。
公園に着きますが、駐車場が数箇所有ってグルグル廻ります。
ユウナさんのCBを見付けて、初めて会うむにむに卿さんと挨拶を交わしました。
今回はこの三人での走りに成りました。
写真を見ても解りますが、自分の単車が一番古いです。
がしかし二台に負けじと頑張って付いて行って、カフェスピリットへと向かいました。
a0064474_15355911.jpg
前を走る二台は水冷の四気筒です。
自分は空冷のOHVバーチカルツインなので、異質の排気音でありました。
全く違う排気音響くのがまた楽しいんですよね。
スピリットでは、楽しい単車トークと珈琲を楽しみました。
やっぱり単車は走ってこそ楽しいですよね。
むにむに卿さんはトークのテンポも速くアンテナが色々な方向に向いてる人でした。
また一緒に走る事も有るでしょう。
昼からの仕事に向けて、三台は解散しましたが、楽しい珈琲ブレイクが出来たと思います。
また走りましょうー174.png





[PR]
# by kawasakiw2ss | 2017-08-16 15:43 | W2SS | Trackback | Comments(5)

山の日に真夏の涼み走り

a0064474_23044119.jpg 毎日とっても暑いですね。
仕事三昧な毎日ですが、時間が許せば単車に乗るのを楽しむようにしています。
BMWロックスターを買った友人が、一緒に走りたいと云って来ました。
半日のみオフだったので、涼み走りをしましょうと云う事で約束します。
フラットツインサウンドを奏でて、ロックスターがやって来ました。
チタンマフラーに換装されて元気の良い排気音です。
御相手はZ1-Rとしましたが、どっちも大排気量な重量車です。
走るのは走りますが、信号待ちや低速での走りは熱さとの戦いです。
此処は田舎に向けて涼み走りをする事にしました。
Z1-Rが先導してロックスターを従えて走ります。
ミラーに写るロックスターは異型ライトと左右に突き出たシリンダーヘッドで独特の形相です。
a0064474_23360371.jpg
田舎道のワインディングを走りますが、ロックスターは軽快に曲がって行きます。
流石に良く走りますねー。
そうこうしているうちに、涼みの定番の風穴に到着。
友人は初めて来たそうで、とっても驚いていました。
中は10℃程の涼しい空間でありました。
山の日に相応しく、後から山ガールな女の二人がやって来て、風穴の涼しさを味わっていました。
しかしこの風穴は不思議空間ですね。
風穴をあとに、二台の重量車は下山して、喫茶スピリットへ向かいますが、生憎の閉店日。
仕方なく近くのマクドナルドで珈琲を呑みました。
クーラーの中も涼しいですが、風穴の涼しさには叶わないですね。
お互いの単車の話をしつつ、盛り上がっていると偶然にもユウナさんと店内で会いました。
そうこうしているうちに昼近くなり、涼みツーは御開きです。
二台はハイスピードで帰路につきました。
Z1-Rは今月車検です。
ユーザー車検しますが、楽しんで乗って触ってやりたいと思います174.png

[PR]
# by kawasakiw2ss | 2017-08-12 00:05 | Z1-R | Trackback | Comments(9)
a0064474_19163851.jpg 毎日暑い日が続きますね。幾分涼しく成った夕方にラビット301のフロントタイヤの組み付け作業をしました。
というのも現在履いている、メッツェラーブロックCタイヤのヒビ割れ劣化が進んで、走行に心許無いからです。
コーナーは勿論、真っ直ぐ走るのも路面のストレスが強く乗り手に感じられます。
タイヤが新しいとしなやかで気持ち良い走りが出来ますね。
本当は前後共に新しいタイヤを奢りたいところですが、以前ogaさんから頂いたミシュランS83タイヤが有ったので、それを組み付ける事にしました。ホイールは乗っている301に最初から付いているホイールです。a0064474_20282756.jpg

 テキパキと作業をこなして、ホイールにミシュランタイヤを組み入れました。
パターンは減っていますが、減って使えなく成ったら、また考えますね。
301の車体には戻せなかったんですが、楽しく作業できました。
また試運転するのが楽しみです165.png165.png
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2017-08-05 20:32 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(0)