旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2017年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

讃岐株主総会夜会

a0064474_19242250.jpg
 讃岐株主の呑み会に誘われて行って来ました。
薄利多賣半兵ヱという居酒屋が会場です。
呑み会の面子は知り合いの方が殆どですが、初めて会う人も居るようです。
久々に繁華街へと足を運びました。
街の様子は久しく行かないと変わっています。
目当てのお店を見付けられなくて、一本違う通りをウロウロしてしまいます。
着物の女の人やら、如何にも水商売っていう人が沢山歩いています。
一本手前の通りを戻ると、今回の居酒屋を見付けて入りました。
レトロ居酒屋という感じで、昔の映画のポスターやホーロー看板が飾ってありました。
a0064474_19243501.jpg
店内に株主メンバーは大体揃っていました。
呑み放題メニューという事でビールやジュースで乾杯。
そして誰が頼んだのか、食用ガエルの焼いたのやイナゴやらのゲテモノ喰いで盛り上がります。
株主総会の品は微塵も無く、小獣どもの夜と化していました。
自分は行灯カブ乗りですが、どうやら皆にはラビットのイメーヂが強いようです。
行灯カブもキャンプやらイベントではしっかり乗ってると思いますがねー笑
しかしながら、皆さん濃いメンバーとトークでありました。
そしてアルコールのボルテージもうなぎ上りです。
あっと云う間に宴会は終了。
久々に電車に乗って帰りました。
カブ乗りの集まりも良いですねー。
また楽しんで行灯カブを愛でてやりたいと思います167.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-06-26 20:09 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(4)

Z1-R-Ⅱ&ゴリラシート

 a0064474_17123061.jpg 古い単車のシートは個性的で、そのシート単体でも機種が解る程の存在感が有りました。
現代の単車でも個性的なシートの物は有るのかも知れないですが、ズッシリと重い昔のシートを見たり触ったりすると余計それを感じます。
今回はotafuku1100さんからZ1-R-Ⅱとゴリラのシートのリペアを依頼されました。
どちらも古い物で鉄ベースのしっかりした物です。
大きさも色も違いますが、どちらもタックロールシートです。
Z1-R-Ⅱシートの方はジェルを仕込んでいたようですが、どうやら乗り心地は悪かったようです。
職人さんも言っていましたが、ジェルは破れたり染み出したりすると、元から有るスポンヂを溶かして劣化させてしまいます。
職人さんの経験からはシートはノーマルで使い、表皮が破れたら早めに張替えをしてやるのが得策のようです。
表皮の材質と張る強さも乗り心地に関係するようなので、シートの世界も奥が深いですね。
単車のデザイン面にも、乗り手を支える面積の大きな部分がシートです。
乗る単車は古くてもシートは元気な状態にしてあげたいですね166.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-06-20 17:31 | 単車 | Trackback | Comments(2)
a0064474_17041012.jpg
 久々な一日オフと成りました。
朝から単車で走るのも考えましたが、月に一度の献血が滞っていたので、先ずはラビットハイスーパーで献血に向かいます。
献血には40歳を過ぎると年に一度心電図検査結果が必要に成ります。
献血ルームで心電図検査を済ませ、異常も無く血小板成分献血をさせていただきました。
帰りは新しく開店した、こだわり麺や郷東店で、新作のカレ玉饂飩を賞味します。
なかなかの味わいでしたね。
エプロンも貸してくれるようで、これからの人気メニューになると思います。
 さて昼からはW2SSに乗り換えて、一昨日の茶話会の時にも話題に上がったオートバイ神社へと行ってみる事にしました。
一昨日の茶話会の後に御神体の鎮座祭が執り行われたそうで、出来立ての神社です。
輪樂というカフェに隣接しているとの事でありました。
a0064474_16590675.jpg
ドコドコとW2SSは輪樂に到着、何やら工事車輛の重機が入って作業しています。
マスターらしきおじさんがニコニコしてやって来ます。
どうやら月曜日は定休日のようで、神社の境内地を整備されているようでした。
オートバイ神社に案内されて、早速参詣させて頂きます。
昨今は単車のみならず、様々な重大事故が多発しているので、そんな事故が起こらないよう願わせて頂きました。
マスターさんが、定休日にもかかわらず店内へと案内して下さいました。
店内は木目の美しい木の年輪を楽しめる空間です。
店の名前もそこから名付けたようです。
御守りや御札も販売していました。
マスターや遊びに来られていた方達と語らいの時間を楽しみながら、冷えたオロナミンCやパンを頂いてしまいます。
なかなかに雰囲気の良い空間と、楽しいマスターでありました。
これからも遊びに行き、参詣もさせて頂きたいと思います162.png



[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-06-19 17:46 | W2SS | Trackback | Comments(8)
a0064474_16511675.jpg
 讃岐ラビット茶話会も相当の回数を数えて参りました。
ラビットが盛大に集まる回も有れば、自分ひとりでの茶話会も有ります。
しかしどんな時も、楽しんで茶話会をしたいと心掛けています。
気軽にお茶してランチを食べて、走るというスタイルです。
 今回の茶話会は、新しく讃岐人ラビット乗りの方が参加下さりました。
ラビット一年生のKさんは、元気に301B4を走らせて来て下さりました。
愛媛からカブ90なべさん、徳島から四輪でやまちゃんとお友達、そしてお馴染みじろろ君がカブで参加です。
今回はヨコクラ饂飩で待ち合わせをしました。
ヨコクラ饂飩は大盛況で駐車場も満タン状態。
その間ラビットやカブの話を皆で語り合いながら盛り上がります。
Kさんはラビットだけ乗っておられると云う事で、色々なラビットを見て勉強されたいとの事です。
自分はハイスーパーも乗っているので、少し211の特徴を宣伝しておきました。
a0064474_17065399.jpg
ヨコクラも空いてきたので、入店して饂飩を注文します。
自分は冷やかけを頼みました。
ヨコクラの雰囲気は大好きです。
古い木造建築が醸し出す独特の味わいと饂飩のコラボは何とも云えません。
饂飩を賞味しながら、ラビット、カブ、モンキー、モトコンポ、6V車の変遷を語り合いました。
単車仲間同士は初対面でも楽しく話せて打ち解けてしまいますね。
9月末にキャンプツーをするので、その予告もしておきました。
讃岐饂飩の後の珈琲を楽しみたかったんですが、自分は所用の為に此処で離脱です。
他の人達はカフェとオートバイ神社の鎮座を参詣するとの事でありました。
これから本格的な夏に向かいますが、来月も茶話会は開催させて頂きます。
今回参加の皆さんも含めて、是非ご参加下さいませ174.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-06-17 17:19 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(6)

空梅雨と満濃池ゆる抜き

a0064474_15334395.jpg
 梅雨入りしたと云うのに、雨が降らない毎日です。
単車や自転車に乗るには良いですが、農作物や生活用水に支障が出そうな気配です。
毎年6月15日は空海の誕生日という事で、所縁有る満濃池のユル抜きが執り行われます。
友人H君と一緒にユル抜きを見に行く事にしました。
いつもは単車で行くんですが、今回はH君のユーノスロードスターを相棒に出掛けます。
勿論トップは開けて、オープンカーを楽しみました。
太陽の日差しと心地良い風が入って気持ち良いです。
a0064474_15412510.jpg
ロードスターのコーナーリングを楽しみながら満濃池へと到着。
テレビ局や大勢のギャラリーが既に立ち並んでいます。
一般の方もカメラに三脚を立てて待ち構えている人も見受けられました。
堰堤上では神事が執り行われているようです。
12時からユル抜きという事なので、暫くは友人H君と色々と話ました。
彼はユル抜きを見学するのは初めてです。
吐水口から毎秒4トンの水が出て来る事等、説明しておきます。
さて定刻と成り、いよいよユル抜きが行われます。
a0064474_15492464.jpg
最初はゆっくりと水量が増え流れる感じですが、轟音と共に物凄い水が流れ出します。
石畳の様子は一変して、瀧の流れの如くの水が石畳を包み込みました。
モーゼの十戒の映画の如く、もの凄い水幕が目を楽しませてくれました。
この水が平野に流れて無数の溜池や水田に命の水として注がれて行くんでしょうね。
讃岐平野を潤わせる満濃池のユル抜きですが、渇水に成らずに農作物が豊かに稔って欲しいと思います。
帰り掛けに、友人と二人で讃岐産の白米と野菜をしっかり食べてあげたいと語り合いました。
空海さん、今年も水の恵をどうぞ宜しく御願い致します176.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-06-15 16:00 | その他 | Trackback | Comments(6)

W1SAシートの再生

a0064474_14554272.jpg
 シートリペアのお手伝いを始めてから、もう何セットのシートに携わったか知れません。
様々な車種のシートを拝見させて頂いてきました。
その殆どが旧車のシートですね。
物によっては60年も前のシートも有りましたが、一番多いのはW系のスプリングシートです。
このシートは構造が独特で、リペアして下さるショップも少ないのかも知れません。
そしてW系の現存数の多さも物語っているんでしょうね。
今回のW1SAシートも新品の如くに生まれ変わりました。
依頼主は音楽をやっている方でした。
このWが奏でる排気音は重低音で腹に響く心地良いものです。
音楽も排気音も男らしく豪快且つ独自の主張をして欲しいと思います。
乗り心地良く、排気音を楽しみながら巷を堂々と走って欲しいと思いました169.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-06-14 14:53 | 単車 | Trackback | Comments(4)
a0064474_22190070.jpg
 梅雨の日曜日と成りました。
雨の予報だったのが、曇天と変わってしまいます。
こんな日は朝から単車で出掛けたいところですが、午前中は所用で出られずです。
ラビット301を相棒に所用に出て、漸く昼からは待望のオフであります。
Z1-Rを相棒に走り出す事にしました。
キック一発でズボーンと始動、少し御無沙汰気味のぎゃらくた果津古へと向かいました。
巷には数多くの単車が走っていて、革ジャン姿の人も見受けられました。
自分は普通のジャケットでしたが、飛ばすと少し肌寒い程です。
果津古に到着、ホット珈琲を頂きながら寛いでいると、シャリィでじろろ君がやって来ました。
またまたカブイベントを画策しているようです。
a0064474_22411365.jpg
自分も九月末にはまたカブキャンプをしたいと伝えておきました。
お店には色々な乗り物が増えている事があります。
今回は人力自転車が目に止まりました。
海外の観光地で活躍していた物のようです。
フロントには幌付きの座席が有り、二人乗りです。
後ろに運転手が乗ってぺダルを漕いで走らせます。
恐らく観光案内もするんでしょうね。
前輪の泥除けには手描きの絵が描かれていました。
なかなかに味の有る自転車ですね。
運転するには相当の体力と技術が必要な感じがしました。
こんな自転車で観光するのも味わい深いでしょうね。
じろろ君も興味津々でありました。
レアな乗り物を見れてとっても楽しいカフェツーでありました。
じろろ君、また走りましょうー166.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-06-11 22:58 | Z1-R | Trackback | Comments(3)
a0064474_17321015.jpg
 讃岐も梅雨に入りました。
これから鬱陶しくジメジメとした時期が続きます。
しかしながら雨の恵が少ないと大変な事に成るのも事実です。
しっかりと天然自然の恵みを喜びたいと思っています。
近所のおばちゃんの自転車がパンクして困ってると聞きました。
この自転車はブリヂストンのソンブレロⅡという珍しいモデルです。
20インチのタイヤはチューブも含めて5年前に自分が交換してあげたものです。
早速タイヤからチューブを取り外して、パンクしている部分に修理パッチを当ててやりました。
修理が完了しますが、もう一台修理をする自転車が有りました。a0064474_17472426.jpg
こちらは以前から愛用している、三輪自転車です。
荷物が沢山有る時や米の精米に行く時に活躍してくれる自転車です。
こちらもリヤタイヤが片方パンクしていました。
同じようにチューブを取り出して、穴の開いた箇所に修理パッチを貼り付けます。
どちらの自転車も街中ではあまり見掛けない車輛ですね。
しかし乗れるようにしっかり整備してやると大活躍してくれます。
修理が終わって試運転しましたが、三輪自転車の乗り味は独特ですね。
スピードは出ませんが、乗っていて楽しいです。
お年寄りの乗り物っていう感も有りますが、とても実用的な自転車ですね。
修理が終わって、とても充実した気分でありました。
また機会有れば楽しんで整備をしたいと思います165.png165.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-06-10 17:56 | その他 | Trackback | Comments(8)