旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2016年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

a0064474_1725335.jpg またまたのライディンググローブですが、今度は季節外れのウィンターグローブです。
もう十数年以上使っていたウィンターグローブがボロボロに成りました。
保温インナーは擦り切れて無くなり、手の平には穴が開いています。
このグローブも用品屋でのバーゲンセールで買った物ですが、もうウィンターグローブとしての機能は全く果たせない状態です。
そろそろ次のウィンターグローブが欲しいと思っていました。

a0064474_1737990.jpg 先日のカブキャンプで徳島のやまちゃんが数度しか使っていないウィンターグローブ有るので、サイズが合って気に入ったら譲りますとの話を頂きました。
グローブは讃岐の誇るJRP製の物でNBWという型番のモデルです。
外観は何ともレトロな雰囲気です。
旧車乗りには似合いそうですね。
実際に手を入れてみましたが、サイズはぴったりです。
履いてみての暖かさは季節柄解らないですが、フィット感はとても良いと思います。
屋島工房といいJRPといい素晴らしいグローブが讃岐で作られています。
使うのは冬まで御預けですが、先の楽しみとして保管しておこうと思います051.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2016-06-30 17:46 | 単車 | Trackback | Comments(8)
a0064474_9384958.jpg 梅雨の真っ只中ですね。
時折晴れの日も有りますが、雨上がりでとっても蒸し暑かったりします。
単車に乗る時の服装も工夫する必要が有りますね。
夏に向かいライディンググローブはメッシュ仕様が心地良いです。
長年愛用しているRSタイチ製のメッシュグローブの登場と成りますが、流石に10年使うとかなり痛んでしまいました。
破れが大きくなり、甲の部分は変色も進んでしまっています。
RSタイチのバーゲンで求めた物ですが、そろそろ交換時期のようです。

a0064474_9493928.jpg 前にも紹介しましたが、讃岐は皮手袋作りの伝統が有り、屋島工房はその技術を継承して品質の良いグローブを作っています。
その屋島工房のグローブをいつかは使ってみたいとの思いが有りました。
屋島工房へと赴いて、グローブの試着や説明を聞かせて頂きました。
一般的な牛革、しなやかな鹿革そして馬革と素材も様々ですが、フィット感は鹿革が最高ですね。
屋島鹿メッシュグローブを選びました。
色も涼しそうなグレーにします。
革のコインケースとドリンクボトルもプレゼントして下さりました。
13000円というお値段ですが、このグローブのフィット感と履き心地は最高ですね。
これから長く大事に使いたいと思います。
屋島工房の尾原さん、有難う御座いました049.gif049.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2016-06-28 10:20 | 単車 | Trackback | Comments(5)

京都鉄道博物館

a0064474_1031357.jpg 久々に京都へ行ってきました。
大学が大阪だったので京都は良く遊びに行きました。
大阪とは違う雰囲気で同じ関西とは思えない町並みです。

その京都に鉄道博物館がオープンしたとの話を聞いていたので、興味津々で行ってみました。
梅小路公園時代に行く機会が有りましたが、その時はカブのミーティングも兼ねていたので蒸気機関車の音を横で聴きながら、いつか行きたいと思っていた場所です。
この4月29日にオープンされたようですが、建物は真新しいの一言です。
展示車両の数も凄く、上からも眺められるように工夫が成されています。

a0064474_1041427.jpg 鉄道のあゆみ、鉄道のしくみ、車両工場、鉄道の施設が解りやすく綺麗に展示されています。
当時の鉄道員が使っていた法被も展示されていて興味深く拝見させて頂きました。
色々な展示を見て、長い歴史を感じます。
それと共に時代の進化も感じました。
それは単車にも通じるような気がします。
車体やメカニズムそしてデザイン、服装に至るまで同じ匂いを感じています。
会場内は平日ながら多くの人で賑わっていました。

a0064474_10495696.jpg 博物館から外に出て扇型車庫に通じる通路からは転車台に乗ったSLと車庫に居並ぶ多くの蒸気機関車が見えました。
この光景が一番見たかったような気がします。
迫力というか旧態依然というか何とも云いがたい魅力的な空間です。
傍らからは実際に蒸気機関車が走っていて、タイムスリップしたような匂いと空気を感じます。
この車輛達はどれも整備されて、動態での保存が成されているとの事でありました。

a0064474_1057721.jpg 扇型車庫の中に菊の御紋の付いた車輛が有りました。
お召し列車という事で、皇室専用車両との事です。
側面には金色の鳳凰の紋章も入っており、漆黒の車体に映えていました。
数々の車輛が有りましたが、どれも綺麗に整備されていて、今にも動き出しそうでしたね。
蒸気機関車を見ているといつも目黒オートバイを連想してしまいます。
黒く長い車体に独特の排気音、性能では著せない何かを秘めた車体の中に同じ魅力を感じる気がします。

a0064474_116833.jpg そんなSLやメグロが時代を超えて今を走り動く姿はとても魅力的で美しく感じます。
蒸気機関車のクランクの造形美は自分の好きな部分です。
昨今のフルカバードされた新幹線やフルカウルバイクの造形も進化型で美しいものです。
がしかし往年の車輛でしか出せない造形美もまた有る様に思います。
鉄道関係には詳しくない自分ですが、見るだけで魅力を感じるオーラが蒸気機関車には有りました。
今度は蒸気機関車に乗ってみたいと思いました。
またいつか訪れたい場所が一つ増えました059.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2016-06-23 11:34 | その他 | Trackback | Comments(4)
a0064474_8432743.jpg 1968年生まれのW2SSです。
この単車は乗って走っても眺めていても楽しい単車です。
頑固な車体構成に心臓の鼓動に近いような排気音と機械が人間に伝えかけるようなフィーリングが有ります。
シンプルな直列二気筒の心臓部ですが、最近調子を崩して愚図る時が有ります。
その都度ポイントを磨き、プラグの状態をチェックして凌いでいました。
しかしそろそろポイントも交換時期だと悟って、新品に交換する事としました。
同時に長年活躍してくれたデンソーイリヂウムプラグIW22にも退役して頂きます。
外したポイントは磨り減って表面は凸凹していました。
新品とは接点面が全然違いますね。
プラグは久し振りにNGKのノーマルプラグを使用しました。
バッテリーも少し前に新調していたので、始動したW1Eは快調そのもの。
テスト走行もしましたが、なかなか良い感じです。
しかしW2SSは乗った時のエンヂンフィールが楽しいですね。
そして右チェンヂの操作がまた楽しいんですよね。
これからはまた出番が多くなりそうな双号です053.gif053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2016-06-21 09:06 | W2SS | Trackback | Comments(9)
a0064474_2385751.jpg 都合で休んでいたラビットの茶話会です。
梅雨の天気を避けながら開催のつもりが、朝から予報に反して雨模様です。
しかし確実に回復傾向にあるのを感じます。
少し小雨ながらもラビット301を相棒に走り出します。
茶話会会場で御馴染みの喫茶サンタローサへと向かいます。
じろろ君が先に来ていました。
彼は最近70年代の6Vシャリィを手に入れて乗ってくるつもりにしていたようですが、小雨の為にワゴンRでやって来ました。
シャリィはカブの専門店で修理して絶好調のようです。
其処のお店にもラビット301が鎮座しているようです。
行灯カブも有るそうで、いつか行ってみたいと思わせるお店ですね。
じろろ君と美味しい珈琲を頂きながら、ラビット談議そしてカブ談議にと話が盛り上がりました。
この間のキャンプの話も色々出て、またキャンプをしたいと計画もしているようです。
そしてシャリィの仕上がり具合もなかなか良いようで、現在は慣らし中のようです。
天気で出足の悪い茶話会でしたが、また来月も開催したいと思います。
じろろ君有難うねー063.gif063.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2016-06-19 23:46 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(5)

新旧重工業製車で走る

a0064474_15252098.jpg 今日も梅雨の中休みのようです。
湿度は有りますが、風が吹いて幾分爽やかに感じます。
先日リペアを施したZ125PROオーナーさんが、來讃して遊びに来て下さりました。
神戸から下道を走って宇野からのフェリーで来るとの事です。
初めて会うので少し緊張しながらハイスーパーでフェリー乗り場に向かいます。
少し遅刻しましたが、Z125PROさんと対面し挨拶の後、御互いの単車を拝見。
初めて見るZ125PROでしたが、デザインもなかなかの物で精悍な感じです。
対してハイスーパーを見ている目もなかなか興味深々のようです。
 
a0064474_15334959.jpg 先ずは何処へ行きましょうとの事で、二人で尾原屋島手袋工房へ向かいます。
Z125PROさんは屋島工房グローブのオーナーで扱っているペアスロープ製品も愛用されています。
自分も気に成っているグローブが有るので先導して行きます。
Z125PROは最新の単車らしく静かで走りもスマートです。
対するハイスーパーは2サイクルの紫煙を吐きながらトントントンと走ります。
尾原手袋製作所に到着。
営業時間前ではありましたが、尾原さんがタイミング良く居てお店を開けて下さいました。
自分はメッシュグローブを色々と拝見させて頂きます。
Z125PROさんはショートブーツのリペアの話をされていました。
此処のグローブはどれもが一級品で、履き心地がまるで違います。
後日訪れる約束をしますが、尾原さんはどちらの単車達にも興味ありありのようでした。
屋島工房を後にして北浜アリー内のカフェで珈琲ブレイク。
窓際のカウンター席で瀬戸内海と通り行く単車や車を眺めながら、御互いの単車談議を交し合いました。
お昼ご飯は讃饂飩で〆てフェリー乗り場へと御見送りさせて頂きます。
限られた時間の中でしたが、とっても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
Z125PROさんシートを愛でてくれて有難う御座いました。
またいつか楽しい時間を共有したいものですね049.gif049.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2016-06-18 15:57 | ラビットS-211 | Trackback | Comments(4)

新旧川重製シートリペア

a0064474_14513998.jpg 梅雨真っ盛りですね。
雨の日も鬱陶しいですが、ジメジメと湿度の高い日も苦手です。
単車乗りにとっては不都合な時と云えるかもしれませんね。

久々にシートリペアの依頼を頂きました。
一つは御馴染みのW1SAのスプリングシート、もう一つは最新鋭のZ125のシートです。
40年以上も年代が隔たると同じメーカーながらシートの構造は全く違います。
大きさは650ccと125ccと大きく差は有るもののシートの大きさはそう変わらないです。
しかしシート自体の重量は倍以上も違います。
シルエットも全く違いますが、乗り手を支える仕事と目的自体は同じです。
W1SAのシートはフレームが持ち主の手により再塗装されて、中身と表皮のリニューアルで甦りました。
最新型Z125のシートはシルエットの変更です。
中身の削ぎ落としをして座面が前下がりからフラットな形と成りました。
人間のお尻の形は千差万別なので、シートの形がしっくりフィットしない場合も有るでしょう。
そんなニーズに対し安価で応えてくれる職人さんには感謝です。
どちらの川重車も元気に乗り手を支えて走ってくれると嬉しいですね053.gif051.gif053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2016-06-16 15:12 | 単車 | Trackback | Comments(2)

讃岐饂飩キャンプツー

a0064474_7504749.jpg 梅雨の時期ながらGWのキャンプが開催出来なかったので天を信じて挙行です。
カブのコミュニティで声掛けして、3人のカブ乗りが参加してくれるように成りました。
心配していた当日の天候も何とか持ち堪えそうです。
行灯カブにキャンプ道具一式を積み込んで、一路今回のキャンプ場である橘の池総合公園キャンプ場へと走りました。
キャンプ場には今回が初キャンプのなべさん、じろろ君、そして日帰り参加のまさごろうさんが来ていました。
挨拶の後、自分もテントの設営を行います。
久々のテント設営で気分が高まります。

a0064474_8225293.jpg その後またまた日帰り参加のT2君とやまちゃんも加わってカブ乗り大集合です。
はくちょう温泉入浴後、皆思い思いの飲み物で乾杯。
喉越しから身に沁みわたる美味さでありました。
T2君には美味しい酒の肴を造ってくれて益々お酒が進みます。
なべさんは初のキャンプという事ですが、楽しんでいる様子でしたね。
カブ談議そしてキャンプ談議に話が盛り上がっていると、公渕公園キャンプ場にも来てくれたズーマーさんとモンキーさんが遊びに来てくれ、獅子肉の差し入れをして頂きました。
夜は更けて日帰りの方々は其々に帰路へと旅立ちます。
キャンプ組3人で御酒も飲み干してしまい、そろそろ就寝です。

a0064474_8345478.jpg 少し蚊に悩まされましたが、自然の中でぐっすりと休ませて頂きました。
朝起きて、トイレと歯磨きを済ませた後は朝の珈琲ブレイクです。
夜の感想を皆で語り合いながら次のキャンプの予定も色々と相談します。
設営したテントや道具を撤収し、カブに積み込んで朝御飯の饂飩へとカブ三台は走ります。
毎度のこだわり麺屋へと到着、此処は朝6時半から開店しています。
美味しい讃岐饂飩と無料の珈琲サービスを味わいながらの朝は気持ち良いですね。
心配する天気は崩れて行く傾向との事なので、3人は此処で解散としました。
帰宅してからはキャンプで活躍してくれたテントとシュラフを干してやります。
シュラフは父親の遺品で、テントはもう20年以上使い続けている代物です。
これからのキャンプでも使い続けたいと思います。
キャンプに参加の皆さん、どうも有難う御座いました。
また一緒に楽しい時間を過ごしましょうー049.gif049.gif049.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2016-06-13 08:46 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(9)

久し振りに株兎の走り

a0064474_7551198.jpg 西大寺のゴルディさんが來讃されるそうで、讃岐饂飩を食べましようとの約束をしました。
ゴルディさんは讃岐の誇るJRPのグローブを求めに行かれるようです。
自分は仕事ですが、昼休みの間に上手く御会いする事が出来ました。
ゴルディさんの乗って来たハンターカブはリニューアルされてピカピカです。
対する自分のラビット301は50年物の装いです。笑
ウェアもベルスタッフジャケットでバッチリ決まっていました。
先ずは讃岐饂飩で腹拵えして、その後マックで珈琲ブレイクです。
JRPのグローブも拝見させて頂きましたが、魅力的な逸品でしたね。
しなやかな皮の感触は造りの良さと素材の高級感とを兼ね備えているようです。
様々な話題で盛り上がり、ゴルディさんは仏生山温泉へとハンターを走らせました。
自分は301で仕事へと戻りましたが、短くも楽しい時間でありました。
ゴルディさんどうも有難う御座いました063.gif063.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2016-06-11 08:51 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(7)

Tシャツの季節

a0064474_1751686.jpg 梅雨に入って鬱陶しい季節と成りました。
雨が上がった後には、蒸し暑さが残って汗が吹き出てきます。
Tシャツが心地良い季節の到来ですね。

自分はあまり衣服を買わない人ですが、色々なところから頂き物が有ったりします。
それは新品だったり古着だったり様々ですが、頂き物は大事に使わせて頂く主義です。
今回も二枚のTシャツを頂きました。
ボッシュの青いTシャツと黒いカワサキモンスターのシャツです。
どっちも単車乗りにはぴったりな絵柄ですね。
今年は猛暑と聞いているので、Tシャツには活躍して頂きたいと思います049.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2016-06-09 17:22 | 単車 | Trackback | Comments(2)