旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

良く似た造形

a0064474_11172954.jpg 世の中には良く似た形の物が存在しています。
それは意識して似せた物から、偶然の産物まで様々です。
制作年代が近い物から離れている物、そして全く異なったジャンルの物まで...

うちの単車で一番古株のZ1-Rはどの単車とも違う独特の造形を感じます。
タンクやサイドカバーそしてテールカウル、特に川重車初のフロントカウルにはZ1-Rのシンボル的な部分ですね。
そのカウルですが、ヘッドランプ周りの造形の形がまた良いんですよねー。
その造形をどっかで見た事が有る気がしていましたが、先日漸く気が付きました。

a0064474_11361861.jpg ラビットハイスーパーのヘッドライト廻りです。
見れば見る程に良く似ているんですよね。
御互いの年代は10年程も開いていますが、見ていて何だか面白くなりました。
川崎重工も富士重工も元々は航空機を手掛けている会社です。
その技術的なデザインなのか、それとも影響されたものなのか偶然の物なのかは判りませんが、似ている事は確かです。
ハイスーパーもヘッドライト周りの造形が特徴なので偶然とは思えない程に驚いています。
この二台を乗るのがまたまた楽しくなりました051.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2016-05-27 12:00 | 単車 | Trackback | Comments(4)

四国遍路路休憩所

a0064474_11493249.jpg 季節が良くなり四国八十八箇所遍路を歩く人を多く見掛けます。
以前は観光バスで移動して御参りするという姿が多く見受けられましたが、今は本来の歩き遍路の姿を良く見掛けます。
そんな御遍路さんをお持て成しの心で迎える休憩所が各地に出来ています。
うちの近くにも立派な無料休憩所が出来上がっていました。
歩き遍路の人々は足腰が草臥れているので休憩所は嬉しいでしょうね。
自分も中に入ってみました。
古民家を改装したようですが、清潔で素晴らしい空間の中にテーブルと椅子が並べられていてお茶やお菓子も置いてありました。
お遍路さんにはとても良い癒しの場所だと思います。
自分も父親の葬儀で疲れていたので、余計そう思えたのかもですね。
行灯カブ70の鼓動も優しく穏やかで、休憩所を後にするに相応しい排気音でありました。
弘法大師の後を追い歩く御遍路さん達ですが、自分も父親の後姿を追いつつ行きたいと思います049.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2016-05-16 12:20 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(6)

父と従兄弟と共に

a0064474_1533389.jpg 父親が他界してから、漸く気持ち的にも落ち着いてきました。
家族が一人減るのって凄い大きいですね。
父親の想い出は尽きませんが、何時までも感傷に負けては居れません。

今朝は半日オフだったので、従兄弟の愛車だったCSを駆って走りました。
チョークを引き、暫くのクランキングで川重製単気筒は目覚めます。
シングルの鼓動が心地良く響きます。
目指すは叔母さんの家へとCSを走らせました。
このCSも製造から30年を経ています。
立派な旧車ですが、とっても元気に走ってくれます。
生憎叔母さんは留守でしたが、従兄弟の実家に里帰りしただけでも何だか嬉しい気分です。
父も時たまCSに乗っている事も有りましたが、低く幅の狭いセパハンには馴染めなかったようです。
父も従兄弟も他界してしまいましたが、様々な想い出を遺してくれました。
単車乗りとして見習うべき人々だったと思います。
もう乗れなくなった父と従兄弟の分まで、これからも走ってやろうと思っています053.gif051.gif053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2016-05-15 15:47 | CS-250 | Trackback | Comments(6)