旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2015年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

インド製の革細工

a0064474_820597.jpg 知り合いの子が雑貨屋さんを始めました。
色々と他の店には無い物や珍しい雑貨を仕入れているようです。
開店して初めて遊びに行く事にしました。
ラビット301で行きましたが、入ると店はとってもお洒落です。
内装や展示棚も自作したようで凝った造りです。
色々と開店までの苦労話や展示の工夫を聞かせて頂きながら、店内を物色しました。
自分は雑貨好きなので並んでいる品物に目移りしてしまいましたが、インド製の革細工の煙草入れに目が留まりました。
茶色のしっかりとした革に花模様の細工が入っています。
蓋の留め具も変わった物で気に入りました。
煙草は吸わないので、この中には携帯や小物を入れてジーンズのベルトに挿して愛用したいと思います。
飽きずに長く使えそうな物がまた一つ仲間入りしました061.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-06-29 08:53 | その他 | Trackback | Comments(5)

遺された造形美

a0064474_2013027.jpg 偶然にも一日オフというラッキーな日と成ったので、午前中は好きなアナログレコードを聴いて過ごします。
鮎川誠のクールソロ、トッドラングレンのバックトゥザバースと二枚共にライヴ盤アルバムを聴きましたが、どちらも臨場感に溢れていて最高です。
レコードは沢山有るので何枚でも聴きたく成りますが、昼からはアナログな単車と戯れてやります。
乗るのは一番長い付き合いのZ1-Rです。
キック一発でエンヂンに火が入ります。
がしかし一気筒火が入らず、おまけにオーバーフローしてしまってます。
調子は走っているうちに取り戻してきます。
此処らへんは乗った年数の成せる業ですね。
Z1-Rは水を得た魚のように突っ走りました。
老朽化して使われなく成って久しい県立体育館の前で休憩します。
この体育館は有名建築家である丹下健三の設計した建物です。
舟形とも譬えられる形ですが、良く知る人に聞くと刀の形を表しているとも云われます。
子供の頃から見上げて慣れ親しんでいた体育館ですが、今見ると唸ってしまう形をしていますね。
アナログレコード盤のジャケットやカワサキZ1-Rも県立体育館と同じく時代の美しさを現代に遺してくれています。
体育館は芸術的文化財として保存するべきだとの声が出ているようですね。
Z1-Rは車検に向けて色々とメンテナンスして乗り込んでやらねばです。
単車もレコード盤も現代に使えるからこそ魅力が有るので、アナログレコード盤もカビが生えないように針を通してやって、いつまでも魅力を失わないように付き合ってやるべきだと体育館の造形美を後にしてZ1-Rを走らせながら思いました053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-06-27 20:53 | Z1-R | Trackback | Comments(6)
a0064474_22425047.jpg 行灯カブのオイル交換時期がやって来ました。
定期的に交換している御蔭でノントラブルなんでしょうか。
もう距離もかなり乗っていますが、エンヂントラブルは皆無です。
いつも1,000キロでの交換を心掛けています。
オイルを交換してやるとメカノイズも減ってギヤもスコスコと入ります。
リフレッシュ気分を味わえると気持ち良いですね。
行灯カブ70のエンヂンフィーリングはゴリゴリしていて結構荒々しいです。
そこがまた魅力なんですがね。
楽しい乗り物です066.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-06-26 23:02 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(6)

双株で夕焼けプチツー

a0064474_20154316.jpg 今日は朝から行灯カブを所用に走らせておりました。
そろそろフロントタイヤを交換しないといけないのですが、自分の悪い癖で限界ギリギリまで使ってしまいたい衝動に駆られています。
タイヤは有るので交換するだけなのですが、重い腰も手伝ってそのまんまで走っています。
夕方に少し時間が出来たので、W2SSを走らせる事にしました。
このWもフロントタイヤが終わっています。
行灯カブと同じくタイヤのストックは有るにも関わらずそのまんまです。
単車は変わっても状態は同じやなーって考えながらSEALさんちに遊びに行きました。
SEALさんのレトロ好きな趣味の品々を色々と見せて頂きました。
その後カブ110と一緒にプチツーする事に成ります。
向かうは五色台スカイラインです。
山間のワインディングを駆け抜けて双株の走りを楽しみます。
五色台山頂に入ると空気が冷たくて心地良いです。
Wの排気音が緑の中に轟いてコーナーを楽しみました。
SEALさんのカブも森脇マフラー装着なので排気音も良くかなり走ります。
久々の五色台スカイラインでしたが、楽しく走れました。
SEALさんまた走りましょうね。
そしてキャンプも是非やりたいですねー051.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-06-24 20:43 | W2SS | Trackback | Comments(6)
a0064474_8381172.jpg シートの修理の御世話をさせて頂くようになって様々なシートを見てきました。
新型から旧車そしてシートの形状や構造も色々有ります。
今回はトーハツ アローLB2という1950年代の鞍型のシートです。
今はもう無いメーカーですが、旧車ミーティングとかではたまに見掛ける時があります。
しかしレアな車両のシートですね。
シートベースは綺麗に塗装されて、中身も再生されて送られてきました。
後は表皮を再現させてやると鞍型シートの完成です。
仕上がったシートはオリヂナル通りのパイピングも施されて蘇りました。
この仕上がりですが、修理費はとても安くしてくれています。
トーハツ アローLB2が走り出すのももう間近でしょうね067.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-06-23 08:48 | 単車 | Trackback | Comments(2)
a0064474_03397.jpg 讃岐ラビットの茶話会も回数は月々重ねていってます。
しかし参加者が少なく寂しいですね。
今回はSEALさんが参加してくれました。
SEALさんはこの間の満濃池ゆる抜きでラビットと出会ってから、恋に落ちているようです。
今日はうちのハイスーパーを乗ってみたいと云う事で、試乗して頂きました。
ハイスーパーの操作手順を説明して、少し走ってみます。
SEALさんの感想はラビットは意外にも良く走るという言葉を聞かせて頂きました。
勿論SEALさんの顔は笑顔でしたねー。
その後、御馴染みカフェサンタローサでラビット談義は大いに盛り上がります。
もしかするとSEALさんはラビット乗りデビューするかもです。
SEALさんとはサンタローサを出て、単車屋巡りをしながら株兎プチツーしました。
モリワキマフラーから出るサウンドは心地良かったですね。
また茶話会に御参加下さい。
いつかはラビットでどうぞー049.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-06-22 00:29 | ラビットS-211 | Trackback | Comments(6)

手ぬぐい工房にて

a0064474_8323994.jpg 梅雨の時期には蒸し暑い日も有ったりしてハンドタオルとかを持って行ってます。
特に単車で走って降りた時なんかに、汗を拭いたり顔とかを洗いたくなる時もありますよね。
近くに手ぬぐい工房なるものが出来たと友人に教えて頂いたので、SEALさんと一緒に行って来ました。
自分は行灯カブ、SEALさんは懐かしいヤマハパッソルです。
昭和の匂いのする単車のランデブーで手ぬぐい工房に到着。
昭和の好きな自分達は色彩豊かな手ぬぐいの魅力に魅了されましたね。
伝統的な染めの物から現代の柄を取り入れた物まで様々です。
工房オリジナルの讃岐柄手ぬぐいを二枚求めました。
うさぎうどん、仔うさぎうどんと饂飩好きのラビット乗りにもなかなか似合う代物です。
此処は自分の好きなデザインも製作出来て、価格もそこそこです。
とても魅力的な工房で、大好きに成ってしまいました。
また訪れたいとSEALさん共々に語り合いながら、昭和な二台は懐かしい排気音を奏でながら走り出しました。
手ぬぐい工房是非行ってみる価値有りですね053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-06-18 08:52 | その他 | Trackback | Comments(9)
a0064474_8649100.jpg 讃岐の偉人である弘法大師の誕生日に因んで、毎年6月15日は満濃池のゆる抜き行事を執り行っています。
昨年もカブ仲間と行きましたが、今年も仲間を募って行く事にしました。
この間のキャンプにも遊びに来てくれたハンター乗りのSEALさんと行く約束をします。
友人のシグナスSR乗りのH君も誘っていましたが、欠席の連絡が入ります。
待ち合わせ場所にSEALさんハンターと友人のドリブンさんCB125Tが待っていました。
二人とも自分が乗って行ったラビット301にかなり驚いている様子です。
というのもラビットが走るのを見るのは初めてという事です。
ラビット先導で、今回のイベント会場まんのう池へと向かい走り出します。
快調なペースで、ワインディングや国道そして田舎道を駆け抜けて行き、満濃池に到着。
イベント始まる前で、様々な資料や花の苗とかを頂きました。
ゆる抜き祈願の神事を参拝し、御払いも受けさせて頂きました。

a0064474_8303213.jpg ゆる抜きが始まる前は少し日差しもきつかったですが、三人で楽しく単車トークを楽しみます。
ラビットの話題は此処でも出ましたが、3人は同世代という事も有って共通の話題で盛り上がります。
豊稔池ダムの話題も出て、今度はまた違う単車で行きたいでねーって話にも成りました。
堤防の上からは太鼓が打ち鳴らされて、いよいよ放流が始まります。
天気も曇り空に変わり、ゆるが抜かれて豪流と成るとマイナスイオンが流れ出すのを感じました。

a0064474_8383732.jpg 水の勢いは変わる事無く流れますが、濁流から清流に変わって益々涼しさが増していきます。
この水を恵みとしてお百姓さんは田圃に水を入れるんでしようね。
今年も豊作となるように祈りたいものです。
その後3人で満濃池を後にして、帰路を走り流れ解散としました。
SEALさん、ドリブンさん楽しい時間を有難う御座いました。
また是非一緒に走りましよう051.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-06-16 08:14 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(4)
a0064474_842833.jpg 梅雨の最中ですが、単車に乗って移動の足としています。
たまに降られてしまって濡れてしまう事も有りますが、機敏な二輪の特性と便利さを乗り楽しみながら走っています。

愛車のラビットハイスーパーのシートの表皮が少し破れてきました。
ダメージは少なかったんですが、張替えしてやろうと思います。
雨の中走ったり駐輪している間に、表皮の破れから中に水分が染み込んでしまい乗ると不快です。
そこで張替えという事ですが、ここはストックのシートを張り替えてみる事にしました。
このシートは破れも大きく中のスポンヂも深くえぐられるように穴が開いてしまっています。
使っていたシートは保管して、このシートをリペアして普段使いにする事にしました。

a0064474_817325.jpg そして仕上がって取り付けたシートがこちらです。
表皮も大きくえぐれてしまっていたスポンヂも見事に修復されました。
乗り心地も相当に改善されてしっかりしています。
これで雨に降られても水分が中に染み込む事も無く快適に走れます。
しかもこのシートのリペア料金は3000円と物凄く安いものであります。
ハイスーパーもそろそろ50年選手ですが、生まれ変わったシート共々楽しく元気に走らせてやりたいと思います053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-06-13 08:28 | ラビットS-211 | Trackback | Comments(3)

シグナスSRタイヤ交換

a0064474_832186.jpg 友人のH君がスクーターのタイヤ交換をして欲しいとの依頼を受けていました。
新しいタイヤは預かっていたものの、時間が取れずに延び延びに成っていました。
漸く御互いの時間も取れたのでタイヤ交換作業を始めます。
先ずは車体からホイールを外します。
フロントから始めましたが、タイヤは相当に硬化していてホイールにくっ付いています。
何とかビートを落としてタイヤを外しました。
新しいタイヤはIRC製です。
チューブレスバルブも一緒に交換しておきます。
軽点マークを合わせて新しいタイヤをレバーで入れていきます。
すっぽりと入ってコンプレッサーでエアを張ってビートを起こして出来上がり。
続いてリヤホイールも外そうとしますが、アクセルシャフトに貫通しているマフラーフレームが外せず、プーラーの御世話に成りました。
リヤタイヤもヒビ割れしていて硬化しています。
せっせと外して新品タイヤを入れました。
後は組み上げて作業完了です。
タイヤレバー二本での作業もなかなか骨が折れますが、作業が完了すると凄くスッキリしますね。
H君と二人でアイスコーヒーを飲んでタイヤ交換のプロセスを語り合いました。
さて、うちの単車達にもタイヤ交換候補車が居ます。
そろそろ何とかせねばです066.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-06-10 08:57 | 単車 | Trackback | Comments(4)