旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2015年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

a0064474_10352794.jpg 主に夜間専用車として活躍しているライブDioZXです。
艶消しシートの表皮が硬化してしまい、破れてしまいました。
硬く尖った表皮が薄手のズボンの中に突き刺さって痛いのと、スラックスに傷も入ります。
ガムテープを張って誤魔化してましたが、艶消しのシート皮のせいで直ぐに剥がれてしまいます。
シートカバーで覆う事も考えましたが、張替えはいつもの内張り屋さんが安価でやってくれるので御願いする事にします。
しかし純正と同じ艶消しの表皮は現在の在庫に無いようです。
スタンダードな艶有りにしようとしましたが、細かい窪みが入ったディンプル表皮を選択しました。
これは以前ホンダJADEのシートを修理依頼された時にも使用した物です。

a0064474_1050086.jpg 一週間経って仕上がったシートは素晴らしい出来栄えです。
乗り心地は良いし、前下がりのシートが滑らずお尻が安定します。
ディンプルシートはスポーティな感じでDioZXの性格にも似合いますね。
このシートのリペア料金は3.000円でした。
内張り屋さん、いつも有難う御座います053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-03-31 10:54 | 単車 | Trackback | Comments(4)

旧カブC100&CT50シート復活

a0064474_23685.jpg このところ多忙で記事の更新が滞ってしまいました。
シートのリペア依頼は色々とやって来ますが、旧い単車のシートが殆どです。
勿論、長年の使用で痛んでいるものばかりです。
そのシートが復活して活躍するのはとても嬉しいものですね。
さて今回はヒロヒロさんよりCT50とC100のシートを依頼されました。
どちらも物凄く痛んでいました。
しかし綺麗に復活しましたね。
このシート二つのリペア料金はとっても安く、二つで7千円というものでした。
仕上がりもとっても良いものです。
ヒロヒロさん、元気に楽しくカブを走らせてやって下さいね049.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-03-29 23:34 | 単車 | Trackback | Comments(5)
a0064474_1554996.jpg ずっと以前の日記ですが、書きかけで放置していた日記です。
CS乗りのりゅうじさんが、以前うちに来た時に御土産で頂いたヨーグルトリキュールを頂いてみました。
ここのえと云うヨーグルトリキュールは大分の八鹿酒造が造ったもので麦焼酎とヨーグルトを組み合わせたものです。
真っ白い色でアルコール分は8パーセントとあります。
栓を開けるとヨーグルトの香りがします。
冷やして頂いてみましたが、不思議なお味ですね。
熟成されたヨーグルトの味と焼酎の組み合わせは濃厚ではありますが、しつこくない味わいです。
アルコールの強さも感じず、さらっと呑めました。
発酵食品は体に良いと云われますが、次の日も酔いが残らないのは良い感じもします。
世の中には色々な飲み物やお酒が有りますが、色々と味わえて楽しいですね。
この間のアップルワインも良かったですが、普段お目に掛かれない御酒を呑んでみるのも楽しいもんですね。
りゅうじさん有難う御座いました010.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-03-21 15:05 | その他 | Trackback | Comments(2)
a0064474_875013.jpg 昨日そして今朝は濃霧が発生して視界が遮られてしまいました。
W2SSを走らせて所用に向かって走りましたが、とっても走り難かったですね。
県内でも事故が各所で起こったようですが、以後気を付けたいものです。

さて、otafuku1100さんからW1のスプリングシートの乗り心地が一寸という事でW3のスポンヂシートをW1スタイルのタックロールシートに張り替えて欲しいとの依頼が有りました。
使っていたスプリングシートは色々と改良もされていたようですが、限界を感じているようですね。
送られて来たW3シートは表皮も破れていて、リペア用のベースシートと成ります。
内張り屋さんに持ち込んで、スプリングシートのスタイルやタックロールの模様等を説明して打ち合わせをします。
しかしながら同系統の車種ながらW1とW3では構造も違えば形状も違うシートをW1風に似せるのにはなかなか工夫が必要です。
色々と相談してシートが仕上がって来ました。
そっくりとはいかないもののアウトラインは悪くない仕上がりです。
シート単体での座り心地も良い感じですが、依頼主のotafuku1100さんにこのW1風W3シートがどんな乗り心地に感じたのかが楽しみです063.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-03-18 08:23 | 単車 | Trackback | Comments(8)
a0064474_1532463.jpg 毎月続けている讃岐ラビット茶話会もいよいよ三十回目を迎えました。
前回の岡山出張茶話会から、今回はホームグラウンドの讃岐に戻っての開催です。
所定の場所へとハイスーパーを走らせます。
朝のうちの雨も上がって良い天気と成りました。
茶話会日和だなーっと思いつつ元気にハイスーパーは走ります。
しかしながら待ち合わせ場所にラビットの姿は見えません。
朝のうちの天気や年度末の忙しさも加わってラビットの寄りは悪いようです。
今回はソロでの茶話会でも楽しむかなーっと潔さを決め込んでいると、同級生のH君からメールでシグナスのオイル交換を頼まれました。
快くオッケーの返事をして、うちで待ち合わせます。
やがてH君がやって来て、先ずは珈琲を入れて茶話会としました。
お互いの近況や、リペアした革ジャンの話題で盛り上がりつつ語り合います。
そしてシグナスのオイルを交換しながら隣のハイスーパーの話題も出てきます。
H君の持参したオイルと添加剤を注入して作業は終了。
たまにはメンテナンス有りの茶話会も良いですね。
しかしタイミング良くメールが入って不思議な縁を感じました。
是からも大いに縁は大事にしたいと思いますね051.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-03-14 15:49 | ラビットS-211 | Trackback | Comments(4)

まっさんのワイン

a0064474_19234149.jpg 姉からワインを頂きました。
姉は良く自分に贈り物をしてくれています。
特にお酒を頂く事が多いですね。
自分が朝の連ドラを見ているのを知ってかニッカのアップルワインを頂きました。
このアップルワインはニッカの黎明期にルーツを端とするものです。
ウイスキーじゃなくてアップルワインなところが、いかにも姉らしいチョイスです。笑

さてアップルワインですが、オールディなボトルに入っていてラベルも良い雰囲気です。
グラスに注ぐとほのかな香りと色付いたアップルワインの姿が現れました。
アルコール度数は22度と高いものですが、飲むと深い味わいの中にフルーティ且つ濃厚な味わいが口の中に広がります。
しかも飲み易く、飲み過ぎても次の日に残るような事は無く、このアップルワインは誰にでも勧められるお味ですね。
まっさんのアップルワイン御奨めの逸品です069.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-03-12 19:54 | その他 | Trackback | Comments(6)
a0064474_839593.jpg 久々に音楽ネタの記事を書きます。
自分は未だにアナログレコード盤をターンテーブルに乗っけて聴いています。
CDも聴きますが、昔からこのレコード盤に針を落として聴くというスタイルが身に染み付いているようです。
そんなレコード盤をリサイクル店で物色して、欲しい盤が見付かると買ったりしています。
今回も4枚のレコード盤を買いました。
ナイトレンジャーのファースト、ゲイリームーアの望郷の果て、シーナイーストンの秘密、冨田勲の惑星の四枚です。
80年代のハードロック、ポップス、70年代のシンセサイザークラッシックとジャンルは色々です。
総額972円という価格はかなり安いと思っています。笑
四枚共に盤の状態は良く内容も聴いていて楽しいものです。
アナログレコード盤と云っても音質は良く、時たまプツッとノイズは出たり、内周の曲は歪っぽいとかの特徴は有るのもアナログ盤の味として受け止めれば大した問題では無いですね。
ジャケットが大きく、見ていて楽しいのもレコード盤の魅力です。
時代遅れな音楽の聴き方かも知れないですが、これからもアナログレコード盤を愛聴していきたいと思います060.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-03-10 09:01 | 音楽 | Trackback | Comments(6)

形見の革ジャンが蘇る

a0064474_11195769.jpg 8年前だったと思います。
CS250に乗っていた従兄弟が着用していた形見の革ジャンを不注意で破ってしまいました。
かなり破れてしまって修理先も決まらず、そのままに成ってしまっていました。
がしかし先日、弟からのカンガルー革の皮ジャンを修理して頂いた、藤田馬具店に御願いして破れた革ジャンを修理して頂く事に成りました。 
藤田馬具店に革ジャンを持ち込んで、状態を見て頂きます。
修理は右ポケットを外してジャンパー内側のインナーも解いて本格的に修理するようです。
作業は暫く掛かるようですが、この革ジャンが復活するはとても嬉しい事です。
修理が上がって革ジャンを引き取りに行きました。
破れた箇所は丁寧に縫合されて見事に蘇っています。
修理の金額を聞くと5000円との事、とっても吃驚しました。
こんなに手間の掛かる仕事を安価でやってくれる職人さんに深く感謝です。
そして従兄弟の形見が再び復活するのは自分にとって望外の喜びです。
従兄弟の愛用した革ジャンを羽織って、従兄弟の温みと匂いを感じてしまいました。
同い年だった従兄弟は頭の良い男でした。
そして自分達は御互いに個性を刺激し合って幼少から育ちました。
これからはその思い出も革ジャンも大切にして行きたいと思います。
藤田馬具店さん、どうも有難う御座いました049.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-03-08 11:43 | CS-250 | Trackback | Comments(4)

ラビット301シート再生

a0064474_19233913.jpg ラビットスクーターも製造が終わってから50年近くが経とうとしています。
当時物のシートは長年の間乗り手を支え、走って来たに違いありません。
そのシートは経年劣化で表皮は破れて中身も傷んでいる物も多いです。
今回も301のシートの修理依頼が有りました。
ご自分で修理も試みられたようですが、どうも難しかったようです。
301シートはベース裏の縁にシート皮を挟みこんで仕上げるように成っています。
依頼している内張り屋さんは色々なシートの修理をこなしているので修理の極意は心得ておられます。
このシートも一週間程で仕上がり、生まれ変わりました。
この仕上がりですが、修理価格は安いです。
また元気に走るラビットが一台増えると思うと嬉しいですね。
乗り手を乗せて走るラビットスクーターがいつまでも活躍して欲しいものです066.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-03-06 19:37 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(6)
a0064474_8262750.jpg 行灯カブは自分の乗っている単車の中で唯一6Vバッテリー電装車です。
この行灯カブに乗り始めた2008年に新品のGSユアサバッテリーを装着してから7年近くが経ちました。
そろそろバッテリーが弱々しい感じです。
この6Vバッテリー車はアイドリング時にウィンカー出すと点灯したままに成ったりするとバッテリーの交換時期でしょうね。
まだ何とか点滅はしていましたが、暗くて頼りない感じです。
ストックで買い置きしていたオリエンタルバッテリーが有るので、交換してやる事にします。
先ずはバッテリー液を入れて予備充電です。
説明書には予備充電は不要と有りましたが、一応しておきます。
パルス充電器で満タンの表示が出たので交換作業に入ります。
新しいバッテリーは元気良く一発始動。
ウィンカーも明るく点滅しています。
このオリエンタルバッテリー1050円の安物ですが、これからは行灯カブの重鎮部品として、しっかり働いて貰いたいと思います053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-03-04 08:46 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(12)