旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

a0064474_1927691.jpg 久々登場のW2SSです。
新年から多忙な日々が続いています。
それは継続中ではありますが、大きな単車に乗って走る機会がとっても少なく成っています。
単車も乗り手も動かさないとストレスが溜まって愚図るので困ります。笑
半日だけ時間が出来たので、W2SSを相棒に喫茶スピリットへ珈琲を飲みに行きました。
平日の急な思いつきなので、誰も誘う事無くソロで走る事にしました。
W2SSはキック二回で始動、調子は上々のようです。
暖気の後に久々の鉄馬は走り出しました。
Wサウンドを楽しみつつスピリットに到着。
初めて見るクロスカブが停まっていました。
店内に入ると旧知のW乗りであるOさんが居ます。
どうやらクロスカブはOさんのようです。
珈琲を頂きながら、Wとカプの話を楽しみます。
外に出てクロスカブを拝見させて頂きました。
自分の行灯カブとはかなり違うし、ハンターカブとも違いますね。
でもよくこのコンセプトでカブを作り上げたものです。
川重には出来ない物のような気がします。
Oさん、クロスカブ長く乗ってやって下さいね。
そして御互いWにもしっかり乗ってやりましょう。
久々のW2SSは痛快な走りを楽しませてくれました053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2014-02-28 19:52 | W2SS | Trackback | Comments(2)
a0064474_1647916.jpg 知り合いのスクーターがバッテリーの寿命でセルが回らないという話を聞いて復活の御手伝いをさせて頂く事になります。
スクーターはアドレスV100とジョグで、どちらも2サイクルモデルの少し古い型のものです。
バッテリーは最近御世話に成っているオリエンタルバッテリーに注文、翌日には商品が届きます。

ラビットにバッテリーと工具を積んで出掛けて行きます。
先ずはアドレスV100から交換です。
バッテリーに液を補充して一時間程放置、予備充電は不要と取り扱い説明書には書いていたので省略。
古いバッテリーを取り出して新しいのと交換、セル一発で元気に復活しました。
次はジョグです。
先日修理して復活させたジョグよりも新しいモデルで、バッテリーは薄型の物を使用しています。
サイドカバーを外してバッテリーカバーを外そうとすると、其処には4年前ラビット301のチェンヂワイヤー交換で困ってしまったトルクスネジが待ち受けていました。
此処で作業は中断、近所のストレートへとラビットを走らせて工具を買いに行きました。
その工具の商品名が上の長たらしい名前です。
4年前は知り合いに借りましたが、今回はとうとう購入しました。
価格は1480円です。
再度作業開始、トルクスネジは無事に外されて古いバッテリーが出てきます。
新しいバッテリーを装着して、セルを回すと一発始動しました。
やはり工具は必要ですね。
トルクスネジがこれから先に出て来ても困らなくて済みます。

どちらのスクーターもセルが回らず不便を感じていたのと、作業の合間の話で二台ともにヘッドランプバルブが少し前に切れて交換したと聞きました。
バッテリーがダイナモからの電気を受け止められなく成ったせいでしょう。
キックが有るからとバッテリーの交換を見送っていた代償でしたね。
しかしチープに復活してくれたうえに、工具を購入する切っ掛けを与えてくれて満足させて頂きました016.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2014-02-21 17:15 | 単車 | Trackback | Comments(6)

百年蔵 麦焼酎 壱岐

a0064474_10211438.jpg 二月は思わぬ積雪も手伝って寒いですね。
四国は早くから飛ぶ花粉の為か、自分はこの時期によく喉を枯らしてしまいます。
元々の地声が大きいので、思うように声が出せないとストレスを感じてしまいます。
喉枯れだけで痛くも痒くも無く熱も出ないのですが、不自由です。
うがいの励行やのど飴等を舐めて漸く少し改善されてきました。
勿論飲酒は禁物ですね。
しかし回復の兆しと、夜が冷え込んで寒いので焼酎の湯割りを頂く事にしました。
百年蔵 麦焼酎 壱岐です。
長崎県壱岐は麦焼酎発祥の地という事で百十年以上の歴史を誇っているそうです。
モンドセレクションを12年連続で受賞しているという有名な焼酎です。
久々の本格麦焼酎は堪えました。
喉には少しピリッと感じましたが、味わい深い味わいは身体に染み渡ります。
身体も温まり、ほろ酔い気分になりつつソチ冬季五輪を見て楽しみました。
五輪の競技はメダル獲得の有無に関係無く、見る者を楽しませてくれますね。
そして寒い冬には旨い焼酎の湯割りが御供に最高です。
つい呑み過ぎてしまいました053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2014-02-18 10:47 | その他 | Trackback | Comments(5)
a0064474_816207.jpg 讃岐には珍しい積雪となりました。
立ち往生した方々や四輪でのスリップ、二輪の転倒のトラブルも有った事と思います。
がはかし久々に見る、銀世界の景色はなかなかの絶景でありました。

そんな次の日に恒例の讃岐ラビット茶話会を行いました。
午前中は仕事で、そのまま第一集合場所の四国フェリー乗り場へとラビット301を走らせます。
外にはまだ雪の残る場所もあり、気温も低めです。
四国フェリー乗り場に着いて、待合所で暖を摂ります。
そこへMOTOさんが301スーパーフローで到着、岡山からのフェリーからラビットが出て来るのを待ち受けましたが、満杯の車両甲板からはラビットの姿は無く、第二待ち合わせ場所のJR鬼無駅に向かいます。
乾いた空気と、路肩や至る所に残る残雪にラビットの姿は映えますね。
正しく雪の中の白兎という構図です。
鬼無駅にはジロロさんがカブ90で待ち受けて居ました。
株兎の3台での茶話会と成りそうです。
先ずはこだわり麺やで御昼御飯です。
しかし店内は満員で長い列が出来ています。
暫く並んで、カブ乗り店長のつうさんに饂飩を注文。
3人で美味い饂飩を頂きながら、ラビットトーク開始です。
今回はジロロさんも回数を経てラビット談義に深く入ってましたね。
お腹も膨れて、御馴染みサンタローサへと食後の珈琲タイムと行きます。
此処でもラビットトークにカブトークと楽しい会話に時は流れて行きます。
今回の話題の核は、単車は古くても新しくても乗ってやる事で調子が維持出来るという事でありました。
ラビットも50年近く前の乗り物と成りましたが、日常の足から週末の楽しみ、イベントへの足と色々使い方は様々です。
しかし稼働時間が多い程、調子はそれなりに維持出来るし、元気に走ってくれるんだと思います。
これは単車に限らず、人間の身体も電気製品何かもまた同じでしょうね。
お茶の後は、足湯に浸かって温まりに行く予定でしたがトークの盛り上がりに負けてしまいましたね。
次回の茶話会での再会を約束しての散会と成りました。
今回参加のMOTOさんジロロさん楽しい時間を有難う御座いました063.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2014-02-10 09:46 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(7)
a0064474_20195345.jpg うちのハイスーパーの燃料コックから燃料がポタポタ落ちてオーバーフロー気味になりました。
ハイスーパーを手に入れて整備していた時に純正のコックは相当痛んでいて使い物に成らない代物でありました。
仕方なく手持ちのW1用のコックがぴったり合ったので使用していましたが、とうとう今回のオーバーフローです。
使っていたコックはどうやら切り替えレバーの所から漏れているようです。
部品取りのハイスーパーのコックと交換も考えましたが、どれも痛んでいてポン付けで使えそうな物は無さそうです。
そこでまたW1S用のコックを見繕って交換してやりました。
このコックは通称樽コックと云われる代物です。
樽コックがWに使われていたのも相当昔の事でラビットの年代とほぼ同じ時期ですね。
いつかハイスーパーのコックもリペアして直してやりたいと思いますが、暫くはこのコックに頑張って貰いますね。
富士重工製ラビットに川崎重工製W1Sの燃料コック付けてる人も、そう居ないでしようねー042.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2014-02-05 20:31 | ラビットS-211 | Trackback | Comments(2)