旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

懐かしのAurex

a0064474_1110481.jpg 昔懐かしいブランドのステレオチューナーを頂きました。
メーカーはAurexと云う東芝のオーディオブランドです。
自分はトリオのチューナーを高校時代から愛用していて、このブログでも紹介しましたが、二度目の故障修理で部品が無く修理不能と成ってしまいました。
そこへGSX-T君が要らないオーディオコンポが有るので、貰って欲しいとの事で頂いた物です。
トリオからオーレックスへと変わりますが、どちらも薄型の洒落たアナログチューナーです。
オーレックスブランドの製品は今回初めて使いました。笑
緊張しつつ結線してチューニングダイヤルを回すと、綺麗な音質で受信してくれます。
壊れてないのが確認出来ました。笑
うちはケーブルテレビなので、アンテナは必要無くテレビのケーブルを分配してチューナーのアンテナ端子に接続してやります。
受信局はFM香川、KissFM、FM802、NHKFM、FM高松、fm osakaの六局です。
自分はFM好きなんですよね。
これで好きなFM番組を聴くことが出来ます。
チューナーは古くても活用すると楽しいものです。
GSX-T君有難うねー049.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2013-11-27 11:34 | 音楽 | Trackback | Comments(6)
a0064474_15172328.jpg 秋はイベントが様々なものが目白押しです。
秋の味覚、スポーツ、文化講座、骨董市と沢山のイベントを見受けますね。
今年も単車乗り達、とりわけ旧い単車に乗る人々には心待ちにしていたであろう、香川旧車クラブミーティングが今年も高松空港公園アミューズメントゾーンで好天候のもと行われました。
今回はその会場内で、クラブ会長さんにお願いをして、讃岐ラビット茶話会も併せて行わせて頂く事となりました。
朝10時からの会場という事で少し早めにラビットハイスーパーを駆って会場へと向かいました。
ハイスーパーのシート下の広いトランクには、茶話会用の珈琲セットと魔法瓶を仕込んで有ります。
会場に着くと、既に会長さん以下クラブ員の方々や早くから駈け付けた単車乗りの人々が集まって来ていました。

a0064474_15325524.jpg 会長さんにラビットコーナーを設けて貰うのを再度告げて、会場の傍らに我がハイスーパーを停めてラビットスペースとしました。
しかしミーティング開始10時を過ぎてもラビットは自分のハイスーパーのみ。
少し心細く成っていた時に、徳島からの参加の301が入って来ます。
そして岡山からも御馴染みなラビット茶話会メンバーが馳せ参じてくれます。
その間、トラ馬鹿さん、GSX-T君、その友人二人、Dさん、michang、N平、ゴルディさんの友人Sさん、福ちゃんと様々な人々と御会いして色々と話し語りました。
勿論ラビット乗りの方々と友人達には茶話会なので、211のトランクから珈琲セットを出して振る舞いをさせて頂き、御持て成しさせて頂きました。

a0064474_15462192.jpg そうこうしているとミゼットさんハイスーパーが引き連れた尾道ラビットクラブ軍団が長距離も厭わず参加して下さいました。
尾道組のラビットが加わって大所帯の讃岐ラビット茶話会と成りました。
久々にミゼットさんと御会いして、早速ハイスーパー談義。
色々とアバタも有るけれど、なかなかにハイスーパーは可愛いものです。
ミゼットさんのハイスーパーはフロントをディスク化してアップグレードされてました。
ラビットで出来上がったコーナーはギャラリー化と成って、独特の雰囲気を醸し出しています。
繁々と見入る人、以前乗っていたから懐かしいと云う人、要らないラビット有るので貰って等など...
50年近くも生き続けるラビットスクーターには魅力がいっぱいです。
会場での青空整備やラビットの純正ミラー一本にも様々な個性と価値が有るのを語ったのは面白いひと時でしたが、云うまでも無く今回集まった様々な単車達も其々の個性が息づいていましたね。
帰りは尾道ラビット軍団を少しの間だけエスコートさせてさせて頂きました。
旧車ミーティングもラビット茶話会もどちらも楽しめる一日でありました。
御会いした人、惜しくも御会い出来なかった人も居たかもですが、また是非楽しいひと時を一緒に過ごしたいものですね063.gif051.gif063.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2013-11-17 16:09 | ラビットS-211 | Trackback | Comments(17)

プチカフェカブ

a0064474_20551339.jpg プレスカブ乗りのとこちゃんとプチカフェカブしましょうって事で楽しく時間を過ごす事にしました。
飯山町のローソンで待ち合わせとしますが、このローソンは以前も待ち合わせに使った場所です。
革ジャンを着込んで行きましたが、少し肌寒い。
行灯カブは調子良く、予定時間より早くローソンに到着。
トイレをお借りして、とこちゃんの来るのを待ちます。
暫くすると、とこちゃんがプレスカブで登場。
朝の挨拶を交わして、御互いのカブを拝見します。
とこちゃんのカブはハンドルカバーをブルーに自家塗装してリニューアルしていました。
行灯カブとプレスカブは連なって、カフェを求めて走り出します。
程なく走って喫茶PALに到着。
とこちゃんは初めてのようで、お店の前は何度も通っていたようですね。
とこちゃんは店内に入って吃驚顔。
だって其処にはミラクルなバイクワールドが在ったんですから。
カウンターから店内全てが、見せる為のいでたちです。
マスターに珈琲を頼んでからは、マスターやお客さんも加わって様々な単車話で楽しい時間は過ぎていきます。
お客さんにもカブ好きの人が居て、プチカフェカブに加わってくれていました。
しかし濃い話からマスターの趣味の話まで、聞き入ってしまってましたね。
しかし昼からは仕事なので、自分はタイムオーバー。
とこちゃんとはお店で別れて、行灯カブはひた走って行きました。
300円の珈琲でとっても楽しくプチカフェカブが出来ました。
とこちゃんまたねー049.gif049.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2013-11-16 22:38 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(8)

児島ナイト

a0064474_8145967.jpg 岡山へと出張した夜に岡山のカブ乗りのぺんちゃんと一緒に呑み会する約束をしました。
夕方五時半の待ち合わせ時間に向けて、児島へと移動。
久々の児島駅は夜の街明かりも手伝って、都会に見えました。
駅の待合所で暫し待っていると、ぺんちゃんが登場。
二人で児島の町並みを歩いて向かうは、ぺんちゃんの行きつけの居酒屋わいわい家へと向かいます。
居酒屋へ歩いて行く道中で既に熱いトークが交わされます。
わいわい家には直ぐに着きましたが、向かいのジーンズショップが気になって入ってみる事にします。
この児島はジーンズストリートと云うだけあって、児島ジーンズのショップが居並んでいるようです。
ヴェスパの停まっている店構えはシンプルで、店内のジーンズも魅力的かつ質実剛健なジーンズが陳列されています。
バックの皮パッチには大きく児島の文字が入っていて児島ジーンズを誇らしく謳っています。
カタログを貰って居酒屋での酒の肴としました。
わいわい家はこれまた良い雰囲気の居酒屋で、ジーンズストリート内の居酒屋でジーニスト達が集まるお店のようです。
大将の付けているデニム前掛けがそれを物語っているようでした。
ぺんちゃんと麦酒で乾杯の後に、美味しそうなメニューを品々と注文。
そして語るは、カブの話、仕事の話、W650の話、今までの単車遍歴、献血の話、この間の峰山キャンプの話等など尽きることの無いトークに時間を忘れます。

a0064474_8484095.jpg 中でもぺんちゃんの乗るカブの由来を聞かせて頂いて、同じ価値観を感じてしまいましたね。
飲み物も芋焼酎の湯割りと変わって時間は止まる事無く熱く過ぎていきます。
名残惜しいですが、帰りのマリンライナーの時間も有るので〆のラーメンを食べて御開きとしました。
とっても美味しいラーメンでしたねー。
ぺんちゃんと児島駅まで歩いて、マリンライナー乗り場で握手して見送られつつお別れです。
久々のマリンライナーは坂出駅を経て、あっと言う間に高松に到着。
駅からは自転車で帰宅しましたが、帰る道中まだ熱いトークの余韻とラーメンの味わいが残っている感じがしていました。
ぺんちゃん楽しい夜を有難う御座いました068.gif051.gif068.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2013-11-13 09:01 | 単車 | Trackback | Comments(2)
a0064474_14574755.jpg 少し多忙で二ヶ月振りと成りましたが、献血に行ってきました。
場所はいつもの香川献血ルーム オリーブです。
予約していた時間に合わせてラビットを走らせます。
駐輪場にラビットを停めて、受付のお姉さんにカードを渡してタッチパネルでの自己問診をします。
ホットティーを頂いて簡単な検診をします。
その後好きなDVDを借りて採血ベッドへと案内されます。
DVDは以前からHEROSを借りて観ています。
採血中も好きな飲み物の注文を取ってくれて、ベッドで頂きます。
今回も血小板献血で275回目という献血回数と成りました。
献血が終わって血圧を測って終了です。
採血室を出ると、好きなアイスクリームを食べながら映画の本やテレビを見ながら暫し休憩。
またまたドリンクを頂いて、お姉さんに次の献血日を予約して頂いて終了です。
次の276回目となる献血は年末となりました。
血液の検査結果が郵送されて来るのも楽しみの一つであります053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2013-11-11 15:24 | その他 | Trackback | Comments(6)

バッテリー大人買い

a0064474_17242210.jpg 毎年云われているようですが、秋が段々に短く成っているようですね。
寒い冬を迎える前に色々な支度準備は必要ですね。
身の回りでは、衣服だったり暖房器具やら色々有ります。

乗っている単車達のバッテリーも年数が経ってこの冬を越せるかどうかと云う物が出てきました。
此処は転ばぬ先の杖と云う事で、バッテリーをストックして置く事にします。
さてそのバッテリーをどのメーカーにするのかと考えましたが、ラビットハイスーパーで初めて採用したオリエンタルバッテリーが使って良好な感じなのでオリエンタルに決めました。
がしかし、全てオリエンタルと云うのも面白く無いので、W2SS用のバッテリーだけFIAMMバッテリーにします。
このFIAMMのロゴはフェラーリF1の車体にも見られるメーカーですね。
全部で四個のバッテリーを通販で求めましたが、合計金額は送料や代引き手数料等を含めて9490円というリーズナブルなものです。
こんなに安くて大丈夫かどうかは、これから一台ずつ実際に使って検証です。

大人買いも安く買えると楽しいもんですねー079.gif

[PR]
by kawasakiw2ss | 2013-11-09 17:15 | 単車 | Trackback | Comments(10)

白岳 金しろ

a0064474_11433514.jpg 秋の夜長は気温もぐっと下がって、冷え込む日も有りますね。
そんな夜には焼酎の湯割りを呑んで温まっています。
今呑んでいるのは、球磨焼酎の白岳 金しろです。
物凄く上品な味わいですね。
何杯呑んだか忘れてしまう程ですね。笑
うちの水は井戸水なんですが、その井戸水がまた美味しさを際立てているような気がします。
一日の疲れを癒してくれるひと時です012.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2013-11-07 12:00 | その他 | Trackback | Comments(6)

希少糖

a0064474_15121639.jpg 以前住んでいた明石の知り合いから、久々に電話を頂きました。
挨拶の後に御互いの近況を語り合います。
そして話すうちに、一つの頼み事を聞きました。
それは、希少糖という物が香川大学が研究開発して商品として売っているのを買ってきて欲しいとの事です。
どうやらテレビで取り上げられて話題となり、品薄のようです。
香川大学に問い合わせると、農学部の購買部売店に3本だけ在庫しているので、買って来て送って欲しいとの事です。
早速、早馬のZ1-Rを走らせて、三木町にある香川大学農学部へと向かいました。
売店には予め予約していたので、買って直ぐに宅急便で送ります。
数日経って、お礼の手紙と希少糖の代金が送られてきました。
希少糖というものの名前を今回初めて聞きましたが、何やら身体にも良く凄い物のようです。
メイドイン讃岐もなかなか世間の役に立ってますねー010.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2013-11-04 15:34 | Z1-R | Trackback | Comments(5)

気がつけばブログ8年

 11月に突入しました。
今年も残り2ヶ月ですね。
双 極の調べブログも開設してから8年を迎えました。
正直自分が良く続いたなーって思います。
これもブログにコメントしてくれる人や、自分や単車や車、音楽との縁に結びついてくれる人の御蔭ですね。
良くブログを読んでくれる人が、文章上手ですねとか、記憶力良いですねとか、写真が上手ですねと褒めてくれる人がたまに云われます。
しかし、どれも我流で自分自身自信は無いものばかりです。
記事を書いて送信した後も読み返ししないので、後で発見する誤字脱字、変換ミスやらいっぱい有る場合が有ります。
そんないい加減なブログですが、付き合ってくれる人達が居るから8年もの間続けてこれたんでしょう。
双 極の調べブログ10周年を先ずは目指して、自分流の自然体で継続して参りたいと思っています024.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2013-11-01 09:19 | その他 | Trackback | Comments(13)