旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2013年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

a0064474_20311681.jpg GW真っ盛りとなりました。
自分はカレンダー通りに休みは無いですが、毎年自分なりに楽しんでいます。
奈良のW乗りであるKoyoさんから頂いたラビットハイスーパーですが、今回奈良で毎年行われている日本旧社会ミーティングに参加し、初めての里帰りをさせてやる事にしました。
先ずは神戸行きのフェリーに乗り込みます。
深夜の夜行便ですが、瀬戸内国際芸術祭帰りの若い男女が沢山乗り合わせていました。
数台単車も乗っていましたが、ハイスーパーが一番小さくて旧い車両でした。
船が着いた早朝の神戸からは奈良へ向けて小さな白兎は走り出します。
兵庫県を抜けて大阪、奈良と順調に走り抜けて行きます。

a0064474_2039677.jpg 奈良ではKoyoさんと待ち合わせており、今回自分がハイスーパーで行く事は伝えていません。
待ち合わせ場所でW1Sサイドカーで待つKoyoさんの呆気に取られた顔に向かって、ハイスーパーは走って行きました。
よーこれで来たなーっとKoyoさんは開口一番。
一度は里帰りするのも単車孝行でしょう。
そしてこのハイスーパーは岡田医院という個人病院で使われていた車両です。
かつて走っていたこの大和路を再び走らせてやりたいと思っていたのでありました。
二台は会場へと其々の排気音を奏でつつ走ります。
行く道々に参加車両らしき集団が見えました。

a0064474_2185698.jpg 会場に到着、以前は年式の括りは無かったと思いましたが、今回は1970年以前に製造された単車と成っているようです。
しかし会場内は70年オーバーな単車も多く鎮座していて、あまり関係無い様子です。
これはその一例で、一見目黒のように見えますが、カワサキエストレアをベースに目黒の変装をしている変り種です。
昔はSRに英車のいでたちなカスタムが良く見られましたね。
しかしこれは良く出来ていると思いました。




a0064474_21124331.jpg これはとても有名なアリエルスクエアフォーです。
綺麗にレストアされたんでしょうね。
若い青年が乗っていました。
独特のエンヂンレイアウトと排気音が印象的でしたね。
この単車は当時としては物凄い高級車だったでしょうね。
そうしていると久々に会うメグロワークスさんや初めてお会いするSG怪さんと友人の方、そして軽トラで参加のワカゴンさんともお会い出来ました。




a0064474_21233070.jpg SG怪さんは今回スペアの目黒SGに手持ちのサイドカーを取り付けて来ていました。
SG怪さんとはそれから色々とお話出来てとても楽しかったです。
話には聞かれていた方でしたが、もっと若い人だと思っていました。
しかし知識とSGを愛する心はとても強い方でありました。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
SGのサイドカーなかなか決まってましたよー。





a0064474_21344522.jpg これはとても珍しいヴェロセットヴァイスロイです。
水平対抗の二気筒エンヂンでスタイル抜群です。
ラビットに比べると、とても凝った造りでホンダのかつての高級スクーターであるジュノオを彷彿とさせます。
世界に700台しか無いそうで貴重なモデルです。
排気音を聴きたかったですが、叶わずでありました。
しかしこんなのが現代の街中を走ると目立つでしょうね。
デザインと風防性とを追求したスタイルだったんでしょうね。
スクーターはラビットもシルバーピジョンも居ましたが、ハイスーパーは自分だけでした。
結構目立ってましたよ。笑

a0064474_21541971.jpg これは受付近くに有ったシルバーピジョンの輸出仕様のようです。
剥き出しのチェーン駆動がメカニカルでしたね。

その後はKoyoさん達と昼食に行きました。
メグロワークスさんはハイスーパーの走りが良いので驚いていたようですね。
昼食そして歓談の後、其々解散します。
自分は昼から所用も有ったのでソロでまた大和路を走り、所用の後は神戸へと走りました。
ハイスーパーは全く問題無く走り抜きました。
今回240キロ程を走って、燃費はリッター35㌔程のようです。
ハイスーパーだけでゆっくり走るともう少し良いかも知れないですね。
昭和に生まれて、昭和に大活躍したラビットです。
昭和の日に相応しい兎走りが出来てとっても楽しかったです049.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2013-04-30 22:05 | ラビットS-211 | Trackback | Comments(15)

女性入浴中

a0064474_14455349.jpg 瀬戸内国際芸術祭で賑わう讃岐です。
自分は芸術の類が正直良く解りません。
喰わず嫌いなんでしょうが、典型的B型人間なので巷で大いに流行っていても興味が無ければ、全く関係無い人です。笑
先日岡山へと出張する際に行きのフェリーで備え付けの御風呂に入浴させて頂きました。
前の夜に入ってなかったので、とつても気持ち良くさっぱりとさせて頂く事が出来ました。
朝のフェリーのせいか御風呂に入るのは自分一人です。
風呂から出て、女性入浴中との札を見つめつつ、これを使う時って少ないだろうなーっと思いつつデヂカメに札の写真を記念に納めました。

出張が終わって、夜もう一度フェリーの御風呂に入ろうとすると、あの女性入浴中という札が入り口に掛かっています。
あの札がいつまで掛かっているのかという事と、どんな人が御風呂に入っているのか出口をそれとなく見ていました。
しかし出口からは一向に人が出て来る気配は有りません。
とうとうフェリーが桟橋に着岸前の音楽が流れ始めました。
誰も入って居なかったのかなーと思いつつ、フェリーから降りる仕度をしていると、御風呂のドアが開いて若い女の子が二人頭にタオルを巻いて出て来ました。
服装から察するに、どうやら瀬戸内国際芸術祭に行っていた雰囲気です。
女性が入るのは珍しいとは云え、他の人が入れない程に長風呂するのはマナーが悪いなーと思ってしまいました。
芸術を愛する若者よ、暗黙のマナーは芸術の理解と共に必要ですよ。
若気の至りなのも良いけど、出張帰りや疲れた長距離運転主達の安堵のひと時も理解して頂きたい。
どうぞ宜しくお願いいたします047.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2013-04-20 15:17 | その他 | Trackback | Comments(7)
a0064474_912323.jpg 毎月一回献血をするようにしています。
総献血回数ももうすぐ270回に届きます。
香川の献血ルームにはポイントカードなる物が有って、そのポイントが貯まると様々な品物を頂けます。
400cc献血で5ポイント、血小板献血で2ポイント、血漿成分献血で1ポイント、平日に献血予約するともう1ポイント、平日に血小板成分献血するともう1ポイントという具合です。
今回ポイントが20貯まってお米2kgを二袋頂きました。
24年度香川県産こしひかりです。
他にも色々な物が有りますが、お米は食べるのも好きなので良く頂いています。
今回は帆布のオリヂナルバックも頂きました。
献血って世の為、人の為に貢献しつつ、自分の健康状態も知って様々な品物を頂けるのって有り難いです053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2013-04-16 09:42 | その他 | Trackback | Comments(2)
a0064474_1929539.jpg 今朝は地震が起こりました。
震度は4で震源地は淡路島のようです。
自分は既に起きていましたが、結構揺れましたねー。
早朝の地震は阪神淡路大震災を彷彿とさせました。
しかし近辺に大きな被害は無かったようで一安心です。

讃岐ラビット茶話会も七回目を迎えました。
今回は自分は所用の為に遅れて参加です。
所用を終えて、茶話会会場へとラビット301を走らせました。
茶話会々場であるぎゃらくた果津古に着くとMOTOさんと岡山県人に成ったogaさんが外で話していました。
今日は301トリオでの茶話会のようです。
御二人は珈琲を二杯呑んだらしく、お昼御飯モードと成っているようです。
三台のラビットは讃岐饂飩屋さんを目掛けて元気に走り出しました。
どのラビットも年齢は相当のものですが、三台共に快調の様子です。

a0064474_2003655.jpg お昼時という事で、饂飩屋さんは何処もいっぱいです。
二軒スルーして漸くさか枝仏生山店へと決めて行きました。
有名店のさか枝の支店です。
こじんまりとした店ですが、そんなに混んでいませんでした。
かけ饂飩の中を食べましたが、取り立てて特徴も無く普通の饂飩ですね。
食べた後は香川旧車クラブのメンバーのお店で珍しい単車を見せて頂いての散会となりました。

来月は第八回の茶話会と成りますが、11日の土曜日に相談の上、日程を決めました。
次回はツーリングと岩豆腐を楽しむ茶話会の予定です063.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2013-04-13 20:29 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(6)

農作業もまた楽し

a0064474_9454728.jpg 幼馴染のやっている農園のお手伝いに行って来ました。
昨年もやった枇杷の袋掛けです。
昨年は袋掛けの時期が少し遅れたようで、今年は早めに作業を行うようです。
見晴らしの良い枇杷畑での作業は、なかなかに気持ちの良いものです。
友人と色々と語り合いながら、昨年の勘所を思い出しつつ手を動かします。
枇杷の小さな実を二つ残して、それに袋を掛けてやる作業です。
最初はギクシャクしていましたが、慣れて来ると作業も早く進んで行きます。

昨年の収穫の枇杷は頂きましたが、自分が携わっているせいでしょう、とても美味しく頂きました。
今年も頂けるでしょうが、収穫がとっても楽しみです。
農作業も楽しいですね。
たまには違う事で手や身体を動かすのも良いものです071.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2013-04-10 09:55 | その他 | Trackback | Comments(4)

花見と鉄砲隊

a0064474_137382.jpg 花見のシーズンと成りました。
今年は西から始まる桜前線が東から始まったようですね。
しかしどちらにせよ桜の花が我々の目を楽しませてくれます。
近所の桜並木を楽しみに行こうと出掛けたら、丁度イベントをやっているところでありました。
火縄銃の射撃です。
高松鉄砲隊と称した鎧兜姿の雄姿が火縄銃を構えて立っていました。
鉄砲に火を点けて指揮官の号令で火縄銃の号砲が轟きました。
あたかも大砲が唸るばかりの轟音です。


a0064474_13243844.jpg 「放てー」の号令と共に数度の号砲が轟きましたが、咲いている桜の花が散っていくのかと思う程の轟音に驚きました。
迫力の火縄銃発射の演技に大きな拍手が鳴り響きました。
火縄銃の音がこんなにも凄いものとは思いませんでした。
火縄銃も相当の年数が経っています。
日頃の手入れが号砲に表れ出てる気がしました。
桜の花と共に初めての火縄銃も楽しめて一石二鳥な一日でありました051.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2013-04-07 13:37 | その他 | Trackback | Comments(6)

花粉の季節にアイボン

a0064474_8424643.jpg 花粉症の人にとって今はとっても辛い時期ですね。
自分も数年前から花粉症に成ってます。
眼や鼻がムズ痒くなり、喉もイガイガする有り様です。
鼻水やクシャミが止まらないという症状はそんなに無いので、マスクはしていないですが、眼と喉だけは花粉と戦っています。
眼は痒みを感じたら、擦らずに洗うようにしています。
喉もうがいをして綺麗にしていますね。
綺麗に洗ってリフレッシュすると、気分的にもスッキリします。

眼を洗うアイテムとしてセピアフレッシュという洗眼料を愛用してましたが、無くなってしまったので今度はアイボンALを購入しました。
アイボンはビタウォッシュの前に使っていましたが、今は様々な種類が出ていて、このALは花粉症やコンタクトを外した後の洗眼に適しているという物です。
使用感はビタウォッシュよりもクール感が強い気がします。
これで花粉や汚れををスッキリと洗い流してリフレッシュして行きます。
花粉に悩む人は目薬を注す前に洗眼してから目薬を注すとより効果的です。
花粉症に悩む人にはお奨めです007.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2013-04-04 08:59 | その他 | Trackback | Comments(5)

香港製の出前一丁

a0064474_8331458.jpg 昨夜は岡山のカブ仲間のたいちょーさんと二人で呑み会をしてました。
たいちょーさんは女木島に行っていたようで色々な御土産話を聞かせてくれました。
女木島は通称鬼ヶ島と呼ばれていて桃太郎伝説の舞台で有名です。
鬼の棲家だった洞窟にも入って来られたようです。
自分はもう何年も行って無いですが、島の様子は今行われているので、いつに無く賑わっているようで臨時増便したフェリーも出ているようです。

夕方たいちょーさんとは鬼無駅で待ち合わせします。
たいちょーさんは駅舎のベンチで待ってくれていました。
二人で近くの居酒屋に入りました。
麦酒で乾杯、夕食も未だなので数品の肴を注文しました。
楽しく酒を酌み交わしつつ、カブの話をメインにキャンプの話にも花が咲いて行きました。
今月21日に出前一丁カブパーティなるイベントを岡山でするようで、行きたかったんですが所用で欠席する自分に出前一丁を二つお土産に持って来てくれました。
香港製の出前一丁で高品質即食麺と表示されています。
五香牛肉味と香辣海鮮麺の二種類です。
どちらも日本で見られないパッケージデザインと味ですね。
食べるのが勿体無い気がしますが、また味わってみたいと思います。
たいちょーさん有難う御座いました068.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2013-04-01 08:52 | その他 | Trackback | Comments(4)