旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

再度、株兎で風穴へ

a0064474_19452342.jpg 明日から一ヶ月の間出張するんです。
暫く単車にも乗れないと思います。
という事でまたまた涼を求めてこの間とほぼ同じルートを違うメンバーで走ってきました。
今回走ったメンバーはラビット301のogaさん、6Vカモメカブ改の紗蓮そしてKAZ301です。
三台は待ち合わせ場所に集まります。
先ずは饂飩で腹ごしらえ。
今回は「てら屋」へと行きました。
三人でお盆の過ごした話やら様々な話で語り合います。
自分のブログの話題に成って、風穴の話となりました。
二人は風穴未体験という事で風穴へ向かう事となります。


a0064474_20162439.jpg スタンドで給油そしてタイヤのエアを張って準備完了。
三台は風穴へと向かい讃岐路を走ります。
距離は大した事無いですが、坂道は小排気量車にはヘビーです。
とりわけ重量の思いラビットには大変なルートですね。
ogaさんのラビットはエンヂンルームから煙が立ちこめていました。
オーバーヒートかとも思いましたが、コックからの燃料漏れがマフラーに当たって燃えていたようです。
風穴に着いて人車共々クールダウン。
やはり風穴内部は相当に涼しい空間でありました。
紗蓮君はこのブログを見て自分の紹介したマイナースポットに行っている模様です。笑
自分も一寸恥ずかしいやら嬉しいやらの気分でしたね。


a0064474_20293631.jpg 風穴を楽しんだ後は高山航空公園へと移動。
缶ジュースを呑んで水分補給。
パノラマに広がる素晴らしい景色を楽しみます。
眼下に小さく鎮座している空港の姿を見ながら、良くもこんな高い処へと来たもんだと実感しました。
超音速ジェット機T-2と今回のメンバーの単車と記念撮影。
この機体に使われているアドーアエンヂンはロールスロイス製のようですね。
プロペラ式旅客機のYS-11もロールスロイスエンヂンだったと思います。
ラビットを作った富士重工もかつてはジェットエンヂンを開発していたようですね。


a0064474_20564294.jpg 三台は下山して再び下界の暑さを身に感じました。
まだまだ現実は涼しくなっていないようですね。笑
〆は御馴染みペンタゴンへと走ります。
久々に呑む瓶コーラの味を楽しみつつ散会しました。

暫く単車には乗れないですが、しっかりとラビットは走ってくれました。
留守の間ブログはお休みします。
どうぞ悪しからず024.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2012-08-25 21:05 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(10)
a0064474_2325118.jpg 残暑のまだまだ厳しい日々です。
何処へ行っても暑い中、涼を求めて走るツーを計画してみました。
平日にもかかわらず岡山から、そして遠くは神戸からも讃岐の涼を求めて元気に走ってくるカブ乗りがやって来ます。
待ち合わせ場所は10月から休止予定と報道された宇高国道フェリーの下船口です。
行灯カブを走らせて待ち合わせ場所へと向かいます。
下船口前のラーメン屋前にて参加者を待ちました。
神戸から白い110カブで参加のほそけん君が一番乗りでやって来ます。
彼は神戸からのフェリーでこちらには早朝から入って多度津に行っていたようです。
彼とは日生のかきおこツーで一度お会いしています。
色々話していると宇高国道フェリーが入港。
岡山組のたいちょーさんと新米を食べに来ませんかツーでお会いした福ちゃんが元気に下船して来ました。
早速色とりどりのカブ4台は仲見世へと走り海鮮定食を食べて腹ごしらえです。

a0064474_2348935.jpg 新鮮な瀬戸内の魚料理を安く食べながら楽しく談じました。
腹ごしらえも出来て、いよいよツーも本格的にスタート。
目指すは高松空港へとカブ達が走ります。
空港に着いて空港のウィングエリアを散策。
その後其処にラビット乗りのMOTOさんが待つ場所へと移動。
新旧カブにラビットが加わってメンバーも揃い、高山航空公園に向かいました。
既に高所へと走って行っているので幾分空気が涼しく感じます。
高山航空公園には超音速ジェット練習機T-2が鎮座していました。
全員の単車達を連ねて記念撮影。


a0064474_022947.jpg さっき見た空港がとっても小さく見えました。
国際線も離着陸する空港も此処から見ると手の平サイズです。
この手はほそけん君の物であります。
写真では解りにくいかもですが、丁度旅客機が着陸して来ました。
こうやって手の上や頭の上、背中の植えに空港を乗せて写真を撮れる場所ですが、平日なので貸し切り状態でしたね。
しかしとっても景色が良い場所です。





a0064474_0224176.jpg 高山航空公園を後にしていよいよ今回のメインイベント風穴に到着。
此処には約十年振りにやって来ました。
高鉢山キャンプ場への入り口からくねくねと細道を上がると風穴が有ります。
ガレ場をカブで駆け上がって風穴前に到着。此処まで上がって来たのは自分と福ちゃんだけでした。
福ちゃんのカブはタイカブ100のエンヂンが載っています。
色々とカスタムも施されていてお金は掛かってるようですね。




a0064474_0271428.jpg いよいよ風穴に入ります。
石積みの穴倉の入り口には目に見える冷気が漂っていました。
とっても古い物ですが、天然自然の冷蔵庫だったようです。
MOTOさんが云っていましたが、日本に三つしか無いそうですね。
姿形も雰囲気も異種空間というものを醸し出していましたね。
何か魔界への入り口のような雰囲気が出ています。






a0064474_0335341.jpg 全員で恐る恐る風穴の中へと身を委ねて行きました。
入り口前に立っただけで凄い冷気が感じられます。
内部は石肌ですが、古いので保護ネットで囲まれています。
しかし内部は涼しいというよりも寒い程です。
電気の力を借りなくても此処まで冷えるのって不思議です。
昔の人の知恵なんでしょうが凄いですね。
たいちょーさんは一度風穴体験をしたかったようですね。
全員冷気のシャワーを浴びながら酔いしれてましたね。笑
たいちょーさんはとっても気に入ったようで、隣のキャンプ場でバンガローキャンプしたくなったそうです。
風穴の気分を全身に残して下山。
段々と肌に感じる空気が暖かくなって来ます。

その後「桑島」で讃岐饂飩を食べてながら今日を語り合います。
勿論メインは風穴。
後はカブ談義でありました。
MOTOさんとは此処でお別れ。
高松駅まで先導して自分も離脱。
とっても楽しく涼めたツーになました。
讃岐にはまだまだマイナーな見所が有りますね。
色々と話しつつMOTOさんとはお別れ。
自分も本州組を高松駅へ送ってお別れです。
楽しい平日の一日でありました053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2012-08-23 00:54 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(8)

久々にSMCに参加

a0064474_2231856.jpg 毎年夏に西大寺は茶蔵に所縁ある単車乗り達が集まって一夜の呑み会を繰り広げています。
今年は偶然にも予定が上手く調整出来て参加させて頂く事となりました。
しかし当日の夕方に会議が入り、済み次第ハイスーパーを港に走らせます。
19時発のフェリーに乗り込み、船内の御風呂で一汗流します。
風呂からあがってういんずマスターに遅れて参加する事を伝えます。
もう宴たけなわのようです。
岡山へ上陸し、ハイスーパーを西大寺に向けて走らせました。
2号線バイパスを飛ばして西大寺茶蔵に到着。
単車を五福座の中に停めて手土産の清酒男山を持参して茶蔵に入りました。
YATAさん始めレヤンさんぱんだひめさん、メグロワークスさん、マッハのOさん、ケインさん、姫路の松居さん夫妻、Koyoさんと友人二人、遠路遥々CANDYさん、yuri姫さん、タッチさん、kiyotoさん親子、pureさんそして初めて会う方々から大勢の人々で盛り上がっていました。
呑んで食べて語ってと相当な楽しさです。
二次会は五福座へと移動して単車を眺めながらまた語り合います。
就寝は持参の寝袋でごろ寝です。
 
朝も美味しい朝食を食べて帰り支度する人、また寝る人様々です。
自分は次の日仕事だったので少し早めに御暇致しました。
ハイスーパーも調子良く、自分の単車が参加車両の中で一番小さかったんでしようかね。
しかしながら沢山の人と語り合うのも時には良いですね。
お会いしたのに話を充分に出来ず仕舞いの方も居ましたが、またの機会に語り合いたいものです。
参加の皆さん、御疲れ様でした051.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2012-08-12 22:35 | ラビットS-211 | Trackback | Comments(25)

ゾロ目

a0064474_1625672.jpg 先日のツーの途中で行灯カブのメーターが4のゾロ目で並びました。
42年間走ってこの距離は少ないんでしょうが、実際カブの使われ方からするとこんなもんなんでしよう。
ツーリングとかに使われる事は当時からすると考えられていなかったに違いありません。
しかしスーパーカブは古いモデルでもしっかり走って故障も殆どしないです。
これから自分がこの行灯カブでどれだけの距離を乗り続けるのかは解らないですが、次の55555.5のゾロ目を目指して走ってやろうと思います049.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2012-08-09 16:39 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(5)

カブ用シート二種

a0064474_8354100.jpg 長らく雨の降らない讃岐地方です。
このまま行くとまた渇水問題に繋がってしまいそうです。
先日の早明浦ダムの様子だと暫くは安心かもですが、こう降らないと心配してしまいますね。

輪太郎さんが注文して帰ったカブ用のシートが出来上がりました。
ダブルシートはWシリーズのタックロールシート風にスタイルを改良変更、シングルシートはパンチング模様の表皮になり金モールも入れられました。
どちらも良い仕上がり具合です。
この二つのリペア料金は合計12000円也でありました。
安くてクオリティの高いシートがまた生まれました。
輪太郎さんもこのシートをカスタムカブに取り付けて巷を走る事でしよう。
イカした青いプレスカブはまたまた男前になりますねー049.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2012-08-05 08:59 | 単車 | Trackback | Comments(3)

ひばり食堂へと走る

a0064474_7531066.jpg 徳島のぎんじろーさんが友人達と高知のひばり食堂へと行くツーを計画されたので一緒に走らせて頂きました。
今回の相棒はW2SSです。
Z1-Rでとぎんじろーさんにもリクエストされましたが、大排気量の空冷四発は火鉢を抱えて走るようなものなのと少々バッテリーも怪しい感じだったのでWを駆って走りました。
待ち合わせは徳島の道の駅三野です。
出発前に給油、Wはいつもハイオクを入れています。
有鉛ハイオク指定ですが、添加剤の類いは入れていません。
道の駅三野へと約束の時間を少し過ぎて到着。
ぎんじろーさん以下ヤマハディバージョン600さん、ドラッグスター250さんに挨拶します。
まだ主催者のGPZ900Rさんが着いていないとの事で、暫く談笑その後忍者900さん到着。
単車は川重車とヤマハに二分しました。
自分のWは1968年製なので時代的には二昔以上前の単車でしたね。笑
忍者900の後を付いてWを走らせます。

a0064474_852446.jpg 走り出して直ぐにデヂカメを忘れて来た事に気付きます。
携帯で撮った粗い画像で申し訳ないです。
国道32号編隊を組んでをひた走って途中大歩危峡で休憩。
暑さを身に沁みて感じます。
ひばり食堂には一時間少々で到着。
丁度お昼時だったのでお店は満員。
二階の座敷席へと案内されました。
ひばり食堂は歌手の美空ひばりさんがこの大豊町でバス事故に遇われて九死に一生を得た所縁の地である事であります。
此処の丼物はとってもビッグなのが特徴のようです。
自分は親子丼にしましたがとってもボリュームの有る親子丼でしたね。
食休みしながら単車の話や色々な話をしました。

a0064474_8192474.jpg 食堂を出て早明浦ダムへと単車達を走らせました。
直ぐにダムへと到着。
四国の水瓶と云われる大きなダムです。
此処の水にお世話にもなっていますね。
このダムに頼っている讃岐人はダムの水が枯れないように毎日新聞やニュースで貯水率を確認するんですよね。
今日は貯水率も多いようで水量は充分有るように見えました。
しかしダムの堤防から眼下に見下ろすと吸い込まれそうです。

a0064474_8305113.jpg 展望台に上がってダムの様子を見ましたが、とても素晴らしい景色です。
山からの吹き降ろす涼しい風が心地良く感じました。
このダムに溜まった水が流れ流れて讃岐の地へと来るのを考えると、素晴らしいの一言ですね。
このダムの中には一つの村が沈んでいるという事ですが、その代償をも考えて水を大切に扱いたいと思いました。
一同は一路徳島へ向けて帰路を目指します。
ひばり食堂で食べた食事がお腹いっぱいで眠気を誘いましたが、頑張って走ります。
途中休憩をしつつ脇町で徳島組の方々と別れました。
帰りはソロで気ままに走り、給油をして帰宅。
距離も走りましたが、暑さと睡魔を楽しんだツーでしたね。
徳島組の方々も楽しい人でまた一緒に走りたいものです。
ぎんじろーさんどうも有難う御座いました049.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2012-08-01 08:41 | W2SS | Trackback | Comments(5)