旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

旧きを愛でて

 今日の朝刊を見ると、今日限り富士重工製の軽自動車が生産を終えるそうですね。
うちには初代のサンバーに始まり現在のR2に至るまで、子供の頃からスバルの軽自動車に親しんで来たのでとっても寂しいニュースです。
ラビットが生産中止になる時も同じくオーナーや戦後からの歴史を知っていた人は残念に思ったに違いないでしょうね。
これからもずっと富士重工製の軽自動車が巷を元気に走ってくれる事を願いたいものです053.gif

a0064474_10464029.jpg ラビット301のリヤタイヤがパンクしていたので修理しました。
ラビットのホイールは二分割の合わせ構造です。
ホイールの半分だけ外したら作業が出来るので労力は半分で済みます。
二分割のホイールを取り去り、チューブ取り出しました。
本来のラビットのホイール構造は二分割のホイールの間にゴムシートが入っていてチューブレス構造ですが、シートは劣化したものかチューブ入りとなっています。
取り出したチューブは傷んでいて四箇所修理パッチが貼られていました。
これはもうチューブの老朽化ですね。
サンドイッチシートを製作して本来のチューブレス化を考えましたが、タイヤの溝もまだ有るので今度の課題とします。

a0064474_1173494.jpg ストックのホイールから磨り減ったタイヤを外して、此処からもチューブを取り出しました。
取り出したチューブにパッチ跡は無く状態も良さそうなのでこれを使います。
ホイールを組み上げてブレーキドラムを組み付けます。
空気入れで規定値までエアを入れてあげて、エア漏れの無い事を確認します。
車体に取り付けて修理完了です。
試運転がてら所用に乗って行きましたが、ラビットはとっても楽しく乗れる単車です。
性能云々は兎も角として、トントントンと奏でる排気音や信号待ちでのウインドーに映る姿や周囲の視線が楽しいものです。笑
もう45年選手となりましたが、富士重工の製品造りの確かさと熱意が感じられる単車ですね。
今日を限りに生産が終わる軽自動車も今後そうあって欲しいし、ラビットと同じくやがてまた注目される乗り物であって欲しいものです。
良い物はいつの時代も良い物であり続けるのは情熱と結果が物語っていくものだと強く思います049.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2012-02-29 11:20 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(12)

双 極の走り

a0064474_10281091.jpg このブログの名前は自分の乗っている単車の名前から命名されています。
Wの双、そしてZの極です。
長い付き合いの二台から名付けたものです。
そんな双 極の走りを楽しみました。
pegasaru君が例の如くW1Sでうちにやって来ました。
自分はハイスーパーで所用をすべく廻って帰宅すると彼は既にやって来ていました。
珈琲を呑んでから出掛けます。
今回はZ1-Rを相棒に選び、双 極の走りが始まります。
pegasaru君もZ1-Rの走りは期待していたようです。

a0064474_1123162.jpg 先ずは腹拵えという事で、こだわり麺屋の新しい店舗へと其々異質の排気音を奏でつつ向かいます。
pegasaru君はこの店に来るのは初めてです。
そしてZ1-Rが走るのを見るのも初めての事でした。
7万数千マイルオーバーのZ1-Rですが、彼に云わすと静かなエンヂン音に驚いていたようでした。
彼も以前GPZ750に乗っていた事があり、同じ空冷四発とて距離の走ったZ1-Rの静粛性は驚きのようです。
ノンOHという事も彼には信じられないような事だったようです。
饂飩を楽みつつ色々と語り合います。
その後二台は走り出します。

a0064474_1324585.jpg 二台は讃岐路を南下して琴南の山中へと向かいました。
以前浪速のグッチ乗りであるりゅうじさんと行った東の里へとワインディングを駆け抜けていきます。
くねくねと走って久々に到着した東の里は様子が変わってしまっていました。
百円食堂とか以前無かった喫茶そして骨董市は閉まっていて見学だけさせて頂きましたが、骨董市の店先にラビットマイナーS-201が有ったのには吃驚でした。
レアな機種ですが状態も良く純正らしき風防も綺麗でした。
様々な品々が有りましたが、閉店していたのと自分は昼から所用も有ったので、道の駅へと移動してお茶して解散です。
双 極の二台は別れて走り出します。
二台の異なる排気音が織り成すサウンドは心地良く、Z1-Rだけで走る帰途は少し味わいが抜けてしまっていましたねー笑
でもソロで走るZ1-Rのハイパフォーマンスは格別のものです。
現代の単車からすると性能的にも劣るでしょうが、楽しく乗れる単車って良いですよね。
そろそろ硬くなって溝の浅くなったタイヤを交換する時期が近付いています。
タイヤ交換したらまた楽しさも増えそうです066.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2012-02-28 13:43 | Z1-R | Trackback | Comments(15)

自然バースト?

a0064474_15295750.jpg 降雪の多い冬であります。
後輩がスキー場のゲレンデ情報が良いという情報を得て、雪山へと出掛ける為スタッドレスタイヤを借りにやって来ました。
うちに有るスタッドレスタイヤはハイエースやキャラバンとかに適合するホイールに入っている物です。
このスタッドレスは父親が何処からか頂いた物でありました。
後輩がハイエースでうちにやって来て、例の如く交換作業をしようとすると、何とタイヤが一本バーストしているではありませんか。
四本のうち一本だけがバーストしてワイヤーも出ています。
どうも保管中に自然バーストした模様です。
後輩にはこのタイヤの使用は控えて貰いました。
申し訳無かったですが、一本新品を買って残りの三本を履くのも不安が残ります。
ゴッツイいでたちのスタッドレスタイヤですが、今までの走行ストレスや経年劣化がバーストの原因となったものと思われます。
この冬は雪山へ行く方も多いでしょうが、タイヤのチェックはしっかりとしておくべきですね。
特にスタッドレスタイヤは何か有るとスペアが効かないので慌てるでしょうね。
古いタイヤは過信出来ないなって思いました008.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2012-02-21 15:43 | ラルゴW30 | Trackback | Comments(6)

積雪となりました

a0064474_1939495.jpg 昨日から強い冷え込みとなりました。
讃岐地方も珍しく雪が降り積もりました。
写真は瓦礫の山に積もった雪の図ですが、東日本大震災の被災地ではなくて近所の家を取り壊した後に雪が積もったものです。
今朝は道路もアイスバーン気味でありました。
家の屋根や路駐している車のボディには雪が積もってしまっています。
雪景色も見るには良いですが、生活の上には支障も多いですね。
事故も出ているところも有るかもですが、馴れない雪に気をつけたい讃岐人でありました039.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2012-02-19 19:51 | その他 | Trackback | Comments(10)

ラビットとランデブー

a0064474_9264610.jpg まだまだ寒い日が続いています。
単車乗りには辛い季節ですが、雪国の人達は乗りたくても乗れないのですよね。
異種複数の単車に乗るsatoさんとプチ走りしました。
彼のガレーヂには様々な単車が鎮座していますが、その日乗れる単車はラビットS601との事でした。
自分も同じくラビットジュニアでと思いましたが、リアタイヤのエアが抜けてしまっています。
時間も迫っていたのでチェックする間も無く相棒をCSにスイッチして出掛けました。
このCSもオイルは新しく交換して調子は良いですが、ガスがリザーブと成っています。笑
sato邸へとそのまま向かいました。
彼はCSを見て何故か手強いなーっと云っていました。
ラビット先導で異種ランデブー開始。
ラビットのマフラーエンドからは大量の紫煙が吐き出されて、アクセルの開度の大きさが窺い知れます。
途中セルフスタンドに寄って貰い、CSにガスを入れます。
そこから向かうはsatoさん行きつけのカワサキ系ショップです。
この日もとても寒かったんですが、独りで走るのと複数で走るのととでは体感温度は変りますね。
ショップに着いて缶珈琲と暖かい暖房に護られての単車談義はとても楽しかったです。
帰りはCSが先導して帰りましたが、ラビットはテールトゥノーズで元気に走ってました。
ソロも良いけどマスも良いですね。
合い間でラビットのリヤタイヤを見てやらねばですー006.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2012-02-15 10:06 | CS-250 | Trackback | Comments(5)

彷徨っていた腕時計

a0064474_1028521.jpg 腕時計が紛失してしまい探していました。
知り合いに頂いてからもう20年以上使っていた物です。
年末に革ベルトと電池を交換していました。
しかし暫くすると止まってしまい、店に行くと新しい電池を無料で入れ替えてくれました。
でもまた直ぐに止まってしまうようになり、龍頭の接点の接触かと思いつつも使っていました。
仕方なくショップに持ち込むと修理を奨められます。
2.3日で修理は出来上がり調子良く使っていました。
修理代金2千円。

その後新年会やら様々な出来事が重なり、紛失してしまいます。
何処へ行ったのか探したり、人にも聞いていましたが見当たらず終いです。
しかしひょんなとこから腕時計は出てきました。笑
ムーンフェイスの愛嬌有るデザインですが、気に入っていたのと修理もしていたので出て来た時は嬉しかったですね。
普段は実用的な防水のタフソーラー電波腕時計を使っていますが、長く使ったこのムーンフェイスは改まった場所や特別な日に愛用しています。
これからは失くさないよう気を付けてあげたいですね059.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2012-02-09 10:45 | その他 | Trackback | Comments(20)

突然セルが...

a0064474_1421811.jpg 日々の足として活躍してくれているラビットハイスーパーです。
実は少し前に出先でセルが回らなくなってしまいました。
バッテリーが弱くなったのかと思い、チャ-ヂャーで繋いでセルスタートしてもセルは回りません。
仕方なく出先で置き去りにして、後日軽トラで取りに行きました。
ラビットに詳しいsatoさんが遊びに来たので、ハイスーパーの事を話すと少し診てくれました。
自分の診立てはセルのブラシが減っているものと思っていましたが、クランク自体が回らないのが解り焼き付きだろうとの事であります。
しかし後日分解すると原因はロータリーバルブに異物が挟まってロックしてしまっていたのが判明します。
異物はリングの欠片でありました。
欠けた原因は解らないですが、金属疲労か経年劣化のどちらかでしょうか。

a0064474_14115837.jpg リングと傷付いたロータリーバルブとを交換してハイスーパーは復活しました。
301と比べて211は耐久性に乏しいのか、自分の乗っている211がたまたまそうなのか解らないですがハイスーパーはプアな面が有るのかもです。
しかしスペアのエンヂンも車体も有るので今回のトラブルはクリア出来ました。
直せる間はしっかりと乗ってやりたいと思いますが、部品が無くなったらどうしましょうねー(^_^;)
先は解らないですが、労わりつつ乗り続けてやりたいものです049.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2012-02-03 14:18 | ラビットS-211 | Trackback | Comments(12)