旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

一路松山へ

a0064474_11434285.jpg これも被災地へ赴く前の記事です。
W1SA乗りである松山のUさんがラビット301を手に入れてレストア中だそうであります。
Uさんとは松山を中心にW1クラブを主宰されていて、長い付き合いの有る方です。
自分が26歳の時にW2SSを乗り始めてからですから、とっても古いですね。笑
Uさんはラビットハイスーパーも乗っており、今回301も手に入れたようです。
しかし色々と欠品も有って、メーターが欲しいとの事で依頼が有りました。
色々とお世話にもなっているのでストックのメーターを譲ってあげる事にします。
メーターは小さな物なので宅急便で送ろうと思いましたが、久しくUさんとも会って無いのでW2SSに乗って届ける約束をします。
W2SSはバッテリーをCS250に貸していたので、載せ換えをしてガソリン満タン一路松山へ走り出します。

a0064474_11523189.jpg 下道オンリーで行きましたが、Wの調子も良く無事にUさんちへ到着。
UさんがW仲間を数人呼んでいて昼食オフの始まりです。
ラビットのメーターを渡して豪華な昼ごはんを頂きながら、W談義に盛り上がります。
今までのツーリングビデオを見せて頂いたりしながら、楽しい時間を過ごしました。
お土産にハイスーパーの新品エアエレメントを頂きました。
帰りはW650のSさんが途中までランデブー。
道の駅で別れてW2SSはソロで讃岐へと向かいました。
夜になってヘッドライトの灯りを頼りに走っていたらタンクがリザーブ、そのまま家までガソリンが持つかなーっと走っていると無念のガス欠。
隣町だったんですが、ガソリンスタンドまでWを押しました。
スタンドのおっちゃんに「古いの乗ってるねー 何処まで行ってたん?」と聞かれたので松山と伝えると、とっても驚いていました。
ちなみに燃費は約26キロでありました。
日帰りではありましたが、Wの鼓動を感じつつ距離長く走るのも良いものです053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2011-06-23 12:10 | W2SS | Trackback | Comments(14)

御近所カブを元気に

a0064474_8203699.jpg 被災地へ赴く前の話です。
近所の知り合いと近くのコンビニでばったりと出会いました。
自分は自転車だったんですが、向こうが乗って来ていたのはスーパーカブです。
リヤキャリヤがかなり錆びているのが目に留まって単車の調子を聞いてみました。
するとバッテリーは弱ってしまってウインカーは点滅しないし、リヤタイヤもツルツルです。
チェーンも伸びていてシートも破れてしまっています。

ここで自分の悪い癖?が出てしまい修理してあげたくなります。
知り合いの方はとっても恐縮されていましたが、暫くカブを預かる事にしました。
先ず弱ったバッテリーをパルス充電器に掛けて、破れたシートは張替えに出します。
そして帰りに用品屋でリヤタイヤを買って帰りました。
金2400圓也でした。

a0064474_828232.jpg
リヤタイヤを外すとタフアップチューブが出てきました。
このチューブは二重構造になっていて間にパンク修理剤が入っている優れものです。
しっかりとHONDAのロゴが入っていました。
新しいタイヤを入れてチェーン引きもしてやりました。
錆が酷いキャリヤはいつか貰ったメッキみたいスプレーを吹き付けて隠してやります。
シートの張替えが出来上がって、シートと充電していたバッテリーを取り付けてやります。
シートは元のブラックとグレーのツートンに再現しました。
金3000圓也でした。
パルス充電したバッテリーはかなり復活してウインカーもしっかり点滅するようになりました。

持ち主に知らせてカブを引き取って頂く事に成ります。
元気になったカブを見て吃驚されていました。
掛かった費用の安さにも驚いていましたが、こちらも喜んで頂けたら嬉しいもんです。
そしてまた元気に巷を元気に走る事が出来る事でしよう。
帰り際に見た乗り手とカブの後姿に光るウインカーと排気音に元気が漲っているように見えました058.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2011-06-21 08:48 | 単車 | Trackback | Comments(4)

被災地より帰りました

a0064474_1652570.jpg 被災地より帰って参りました。
初めて目の当たりにした被災地は目を覆う光景ばかりでありました。
まるでミサイル攻撃を受けたかの如くのような無残な姿に立ち竦んでしまいます。
報道で見ているのとは違って生の被災地は異様な雰囲気です。
同じ日本とは思えませんでした。
しかしこれが現実なんですよね。
被災地の空気は澱んでいて異臭交じりの空気を吸い込む事となります。

a0064474_1658120.jpg 被害の大きさは途轍もなく甚大なものです。
こんな事が有って良いものかと自分の眼と途方も無い自然の力の大きさを感じましたが、現実は現実として受止めねばならないようです。

作業は瓦礫の撤去が主であります。
作業着は瞬く間に作業の汚れに染まってしまいます。
被災地の方々も自ら復興に向けて頑張っている姿が見られます。
自分達は限られた期間をそんな人達のお手伝いをさせて頂く為に赴いているのですから、しっかりと励まねばなりません。

a0064474_17165271.jpg 瓦礫の中からは様々な物が出て来ますが、丁寧に仕分けして分別します。
写真や家庭用品やら生活に密着したものが出てきます。
お箸やお茶碗とかが出てくると複雑な心境になりますね。
瓦やブロック、木材、石、金属と仕分けて行きますが、あっという間に一日を終えてしまいます。
一日一日しっかりと作業をする中、地元の人々からのお礼の声や交わす挨拶に励まされます。
本当はこっちが励ます役目なんですが、相互に励ましあっているのが感じられました。

a0064474_17294238.jpg 今回の津波は物凄いエネルギーだったんでしょう。
向こうに見える海から川をつたって押し寄せる津波の姿は物凄いものだった事でしょう。
友人からも被災地の方々に対して様々な物品を預かりました。
作業と共に少しは役に立ってくれたものと思います。
まだまだ復興には時間も掛かるでしょうが、また来る機会が有れば微力ながら御手伝いさせて頂きたいと思います066.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2011-06-19 17:34 | その他 | Trackback | Comments(17)

被災地へ行って参ります

 明日から暫く被災地である岩手県へ行って参ります。
被災地では瓦礫や廃材の撤去作業をする予定です。
どんな毎日となるのかは想像出来ないですが、兎に角頑張って参ります。
ブログの更新は暫くお休みとします。

KAZ
[PR]
by kawasakiw2ss | 2011-06-10 22:29 | その他 | Trackback | Comments(11)
a0064474_1573550.jpg 先月は出張続きでかなり多忙な毎日でありました。
半日でもオフが有ると走りたくなってしまいます。
そんな中に岡山のカブ乗りであるたいちょーさんからメールが入ります。
神戸のカブ乗りが讃岐饂飩食べに行きたいので案内して欲しいとのオファーです。笑
都合良く半日オフの日だったのでOKサインを知らせます。
神戸組の方々は顔も知らない人々だったんですが、何と出張で帰る神戸からのフェリーに神戸組のリーダーのがんたさん一行と偶然一緒となりました。
神戸の方々には大きなサプライズだったと思いますが、自分も思わぬ成り行きでした。
早速深夜のカブ談義で盛り上がりました。
そして一旦別れて指定の集合場所で岡山組のたいちょーさん達と一緒に再会します。
総勢7台は40年選手の我が行灯70を先頭に早朝のワインディングランを楽しみます。
カブと云えども立派な単車です。
コーナーをバンクさせて駆け抜ける楽しさは変らないです。
そしてお目当ての饂飩屋さんに到着。
こだわり麺屋という自分の親戚の若い男の子が店長しているお店です。
実は神戸組、岡山組は集合前に一軒饂飩屋さんに行って朝ごはんを食べていました。
皆には二軒目の饂飩屋さんです。
其々お好みの饂飩を注文しました。
自分は上の釜玉の小です。
食べた感想は皆美味しいの一言です。
そうこの店、味にはかなりの拘りが有るお店なのでした。
一軒目の饂飩屋さんとは味もボリュームも差が有ったようですね。
早速お土産の饂飩セットを買っておられる方も居られました。

a0064474_16164790.jpg 食べた後は食後の御茶という事で、7台は其々の排気音を奏でつつ先導する自分の行灯カブに率いられて走り出します。
排気音にも個性が有って自分のカブの最中マフラーサウンドから爆音のマフラーまで個性喫茶店に到着。
珈琲やら好みの飲み物を頂きつつまたカブ談義となります。
店員さんもカブ乗りが集まってカブに興味深々だったようです。
窓の外に並んだカブを繁々と眺めていました。
神戸組のがんたさんとカブ海苔さんはタイ製のカブです。
125ccでスタイルは洗練されていますね。
ハーレーのロゴのようなオリヂナルステッカーを貼っておられました。
こういうステッカーが似合うのもカブならではですかねー笑

a0064474_16355349.jpg それから一行は別の饂飩屋へと移動します。
讃岐には饂飩屋さんは近い距離で数多く存在しているので移動距離もそれなりで行けます。
本当は時間をゆっくり使ってもう少し足を伸ばしたいんですが、自分は昼から仕事なのと神戸組は岡山経由で神戸まで走って帰る関係で近場をぐるりと走りました。
最後のお店はこがね製麺所です。
写真はカブ海苔さんが注文したおろしぶっかけ饂飩です。
自分は普通のかけ饂飩の小としました。
此処も出汁の味わいと適度な麺のコシが自慢のお店です。
この店の饂飩にも皆さん満足されていました。
此処でもお土産の饂飩を買われてましたね。

a0064474_16585342.jpg 近くの桃太郎神社に安全運転や一日の天候祈願、そして岡山組神戸組に桃太郎伝説を簡単に語り参詣させて頂きました。
スーパーカブという乗り物は実用車という位置付けですが、気軽で便利そして燃費も良く頼もしい相棒として活躍してくれますね。
桃太郎の家来達じゃないけど何役もの仕事をこなしてくれるタフで信頼有る単車です。
自分の行灯カブ70は40年選手ですが、立派に先導役を務めてくれました。
進化した現代のカブや海外からの帰国子女カブを率いて走る姿はさぞかし頼もしかったでしょう。
乗り出して3年の付き合いですが、いつまでも気軽で頼もしい相棒で居て欲しいものです051.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2011-06-06 17:09 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(5)

シートが生まれ変わる

a0064474_8202182.jpg 讃岐も梅雨に入りました。
例年よりも18日も早い入梅だそうです。
毎年水不足に見舞われる讃岐ですが、今年はどうでしようかね。

Tさんという方から二つのシート張替えを依頼されました。
車種はW1SAとホンダJADEのものです。
Wはいつものスプリングシートですが、シートのデザインそのままで中身をスポンヂシートに改造出来ないかとの事です。
スプリングシートは中身が劣化すると乗り心地が悪くなってしまいます。
しかしスプリングシートの構造そのままでも改良を加える事でスプリングシート本来の乗り心地が蘇ります。
その事をTさんに説明して修理に持ち込みました。

a0064474_1051597.jpg 二つのシートが仕上がって来ました。
SAのシートは中身の改良も施されて、持ち込む前の乗り心地とは全く別のものとなっています。
シートの仕上げですが、様々なWのシートを見ていてもシート側面のレザーが前後で縫い合わせているものが多く見受けられます。
縫い合わせの上にタンデムベルトで隠している物も見受けられますが、いつもの内張り屋さんは繋ぎ目の無い一枚もので仕上げてくれています。
この辺りにも仕上げの拘りが見られますね。
JADEのシートもシート表面の小さな窪み加工も再現されて純正と見紛う仕上がりとなりました。
二つのシートの価格はSAシートが一万円、JADEシートが七千円でありました。

a0064474_1014652.jpg Tさんにシートを送りました。
御礼のメールの中にはスプリングシートの乗り心地が大変良くなり、路面のギャップを感じなくなって大満足との事でありました。
これでまたシートが生まれ変わった単車が増えました。
SAもJADEも末永く乗ってあげて下さいね051.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2011-06-03 10:19 | W2SS | Trackback | Comments(11)