旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

R2にリコール

a0064474_9205254.jpg スバルからR2に対してのリコールの知らせが葉書で届きました。
内容を読んでみるとプーリーの問題のようです。
確か此処は以前にもリコールの対象箇所で作業して頂いたのと同じです。
以前のリコール対策で未だ対策を施していないのと間違えられているのかと思いましたが、兎に角ディーラーに行ってみる事にします。
ディーラーに行って話を聞くと、以前対策したのはプーリーにプレートを取り付ける事でありました。
しかし今回はプーリー自体を対策部品と交換するようです。
早速ピットにR2は入って作業に入ります。
メカニックの作業している姿は窓越しに見る事が出来ます。
ホット珈琲を頂きながらメカニックが作業を終えて外したプーリーを持っていたので、実際に見せて頂きました。
何処が悪いのか聞いてみるとプーリーに防振対策で貼られているゴムが剥がれてしまう恐れが有るそうで、剥がれるとプーリーが滑って充電が出来なくなるようです。
プーリー交換が終わってR2に乗って帰りました。
いつもながらスバルディーラーの丁寧な対応と心遣いを感じます。
どうも有難う御座います。
そしてこれからもどうぞ宜しくお願いします053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2011-05-24 09:59 | スバルR2 | Trackback | Comments(2)

輪太郎さん來讃

a0064474_1384993.jpg 讃岐饂飩っていう響きに敏感に反応する人って結構居るようですね。
讃岐饂飩ブームっていうものが今も続いているのかどうか鈍感な自分には判らないですが、讃岐饂飩に特別な思いを抱いている人も少なからず居るようです。
このブログにも遊びに来られている輪太郎さんもその一人です。
輪太郎さんはラビットに始まり、様々な単車に乗られています。
一度讃岐路をツーリングしたいと以前から話されていました。
そんな輪太郎さんがオフ日を使いW1SAで念願の讃岐ツーリングに来られました。
念願の讃岐饂飩ツーリングという事で色々なお店を楽しんで頂く事にします。

a0064474_13194248.jpg 神戸からのフェリーに乗られて早朝讃岐入りされるという事であります。
自分もW2SSにCSから二車の共用バッテリーを移植して準備完了。
フェリー乗り場に迎えに行きます。
迎えに行くと輪太郎さんのW1SAが待合所前に停まっています。
辺りを探して輪太郎さんの姿を見つけ様としますが、何処にも居ません。
そのうち用を足したくなってトイレに入ります。
大きな用を足して出ると隣のトイレから輪太郎さんが出て来て、トイレでの再会となりました。笑
トイレでの挨拶の後、そのままこがね製麺所まで走り、平日朝限定の100円饂飩を二人で頂きます。
輪太郎さんはたった100円の饂飩に吃驚されたようです。
味も100円とは思えない本格的なもので大勢のお客さんが注文していました。

a0064474_1339230.jpg 朝ごはん代わりの饂飩で腹ごしらえが出来た後にうちへ移動します。
うちでモーニング珈琲を飲んで頂いて、単車談義で楽しみます。
輪太郎さんのW1SAは最初期の型でフレームのダウンチューブにW1Sのイグニッションスイッチを取り付ける為の金具が残っていました。
W1SからW1SAに移行する過渡期の証です。
Wシリーズにはこういう過渡期の車体というものが良く見られます。
W1Sの最初期に見られる深フェンダーモデルもその中の一つですね。

a0064474_13504392.jpg その後2台のWはワインディングロードへと走り出します。
独特のバーチカルツインサウンドは山々に響き、車体は空気を切り裂きながら右へと左へとアップダウンを繰り返しつつ駆け抜けます。
2台の排気音には個性の差が感じられました。
SSとSAのサイレンサーの違いがその大きな要素ですが、違いの要素は他にも少なからず有るように思います。
輪太郎さんのW1SAは点火系に改造が施されていてトランジスタキットが組み込まれていました。
自分のWはポイント点火で全くのノーマルです。
スローや吹け上がりにも個性の差は出ていたように感じました。

a0064474_1463724.jpg ワインディングロードをまた走り、ヨコクラ饂飩へと向かいます。
此処へはこの間のカブツーでも来ています。
昭和のテイスト溢れる木造建築には既に何かしら味が感じられます。
二人とも醤油饂飩を注文しました。
小麦の色あいを程よく残した麺に特製の醤油と摺りゴマ、酢橘汁、天カスを好みの量掛けて食べます。
とってもシンプルだけに誤魔化しの効かない饂飩です。
二人で讃岐路の魅力や饂飩の味を語り合いながら食べました。
輪太郎さんには是非また讃岐ツーをして欲しいものです。
その後讃岐山脈や高松空港へも足を伸ばして讃岐路を堪能して頂きました。
輪太郎さん次は是非泊まりでお越し下さい058.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2011-05-22 14:35 | W2SS | Trackback | Comments(6)

西大寺でのひと時

a0064474_18373138.jpg 岡山への出張を仰せ付かりました。
向かう先は岡山市内で昼過ぎに向かう事となります。
折角の機会なので西大寺の茶蔵にランチを頂きに行く事にします。
自分は外食は好んでしない人です。
西大寺のYATAさんと会う約束をし、同じくこの間カブツーをしたたいちょーさんと茶蔵でランチを頂く事にしました。
ラビット301でフェリーに乗り、西大寺茶蔵にはランチタイム頃に上手く到着。
YATAさんも丁度居てました。
少し話をしているとたいちょーさん登場。
二人で楽しくランチを頂きます。
たいちょーさんには珍しいお土産やカブツーの記事の載った地方新聞を見せて頂きました。

a0064474_18481074.jpg そこへYATAさんも合流。
カブの話題で大いに盛り上がります。
自分はカブは行灯カブの事しか解らないのと二人は同じ西大寺に住む人なので方言が凄いです。笑
でもお二人が話されているやり取りを聞いてとっても楽しかったですね。
丁度新作のALLWAYS3丁目の夕日の撮影が終わっての話題も出ていました。
今度は3Dのシネマになるそうです。
特殊なカメラの仕組みや撮影の秘話やら色々と聞けました。

a0064474_185437100.jpg たいちょーさんはカブ50に乗っている時代にポートカブの姿に憧れていたようで、カブをポートカブに似せようとしていたようです。
YATAさんは本物のポートカブC240を持っているので実物を拝見させて頂きました。
実物はとっても可愛くて大きさは小さいですねー笑
愛らしいスタイルは今見ても新鮮です。
性能的には当時から満足出来るものでは無かったようですが、惜しい一台ですね。

その後西大寺を後にしてラビットで仕事に向かいました。
帰りのフェリーではサウナ付きのフェリーだったのでお風呂を満喫して帰りました。
小さな単車ばかりのとっても楽しい一日でありました053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2011-05-20 19:03 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(2)

不動JOG再復活

a0064474_853344.jpg 一年以上前に整備して復活させていた古いヤマハJOGがありました。
ブログにも昨年の一月末に書かせて頂いています。
このジョグですが、不動車だったのを整備してバッテリーやタイヤも交換していたんですが持ち主が自賠責保険を掛けずに居てそのまま放置されていたものです。
タイヤはエアが抜けて凹んでしまいバッテリーは完全に放電、車体には埃が被さって以前と変らない状態です。
持ち主は近所の方なので放置しているジョグをどうするのか聞くと、欲しい人が居たらあげても良いよとの事でした。
タイミング良く岡山に住む甥がスクーターを欲しいと言っていたのを思い出して連絡を取るとジョグを頂きたいとの返事でありました。
早速バッテリーを充電、タイヤにもエアを入れて再復活作業開始です。
バッテリーはパルス充電器で何とか元気を取り戻しました。
数度のキックでエンヂンは掛かって辺り一面に紫煙の幕が広がります。
以前の放置から給油もしていないそうでガソリンはかなり古いものと思われます。笑
整備が整って岡山から甥がやって来ました。
一緒に名義変更と自賠責加入を整えて、晴れてジョグ完全復活です。
新しいガソリンも入れてやって元気に岡山向けて走って行きました。
乗り物はどんなものでも元気に動かないとですねー。

さて次はどんな物を復活させてやれるのか、今から楽しみです053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2011-05-16 09:15 | 単車 | Trackback | Comments(2)

カブでツーリング

a0064474_108691.jpg ホンダスーパーカブは販売台数も数多く街中では数多くの姿を見掛けます。
乗っている年代も様々で学生からお祖父ちゃん、お祖母ちゃんまで老若男女を問わず愛用されています。
そして新聞や郵便等の配達業務、警察や銀行等の公用車両にも数多く使われ活躍しています。
色々な分野で使われる理由は高い信頼性と経済性そして誰にも親しめる使い易さでしょうか。

Mixiで知り合ったカブ乗りの方達がしまなみツーとキャンプをされるという事をコミュニティで知りました。
岡山からしまなみ海道を走り、今治でキャンプその後香川入りしてフェリーで岡山へ帰るというルートです。
自分はキャンプから後にしか参加出来ないので道の駅滝宮で待ち合わせて、そこから讃岐饂飩を食べに案内させて頂く役となりました。
香川入りしたとのメールを貰って行灯カブ70を出動させます。
道の駅へはsatoさんもKSR110で一緒に走って行ってくれました。
カブじゃ無いけど前傾の4サイクルシングルという点では同じです。
スモールシングルのビートを轟かせて、この間Z1-Rと750ターボが走った同じルートを駆け抜けます。
道の駅には様々ないでたちのスーパーカブが並んでいました。

a0064474_10133888.jpg初対面な方々ばかりでしたが、同じあんどんカブに乗るかずのりさんとは某BBSでは知り合っていました。
かずのりさんの行灯カブはボアアップされてマフラーも社外品です。
そして車体の後ろには車輪付きの牽引ボックスがくっ付いていました。
お友達のカブも最新型ボアアップされているようで同じく牽引車付きです。
最新型のインジェクション仕様も有り、カブの進化を垣間見ました。
少しの間会話を楽しんだ後にお目当ての饂飩屋さんへとプチツーです。

a0064474_1011837.jpg 居並ぶカブを見ていても自分の行灯カブが一番非力で年長車です。笑
頑張ってみんなの先頭を走らせてやりました。
数十キロ走って昭和テイストが溢れるヨコクラうどん店に到着。
皆さんお店の造りと隠れ家的な位置に感心されています。
店に入って其々好みの饂飩を注文。
自分はぶっ掛け饂飩にしました。
ハンターカブに乗るえもんさんは麺好きだそうで二杯目を御代わりされていました。
皆でカブ談義と饂飩談義とを交えつつ楽しく語り合います。
前夜のキャンプもとても楽しかったらしく、またやりたいとの事です。
その時には是非参加したいですね。

a0064474_10305313.jpg 饂飩を楽しんだ後に食後の珈琲を飲みに近くの喫茶店に移動します。
エスニックな喫茶店の雰囲気にはまた皆吃驚していたようです。笑
そこでも皆様々な飲み物を注文。
喫茶店の方の好意でパンのサービスが有りました。
たいちょーさんの岡山弁講座と西大寺の裸祭りの話にまた花が咲いてまた語り合います。
和やかで和気藹々とした雰囲気で時間の経つのを忘れてしまいます。
そこでsatoさんとは別れてカブオンリーになってフェリー乗り場に向けて走りました。

a0064474_1039619.jpg また自分の行灯70が先頭を走ります。
フェリー乗り場で次の再会を誓い合いました。
小さな実用車のカブですが、一緒に走るのも楽しいものです。

フェリーに乗る料金もカブは安くて乗り込む姿はフェリーに似合います。笑
このフェリーが無くなると小さな単車や自転車は行き来する事が出来なくなりますね。
また是非讃岐饂飩を食べに来て欲しいものです038.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2011-05-12 10:41 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(12)
a0064474_14205539.jpg 大学時代から付き合っているZ1-Rです。
乗り慣れているのか未だなのか良く解らない相棒です。笑
そんなZ1-Rですが、出番少なく鎮座させっ放しでありました。
半日オフの日が出来たのでsatoさんを誘って一っ走りする事にしました。
パルス充電器も繋がずだったので、バッテリーの状態が少し心配でしたがキック一発で呆気なく始動。
軽く暖気の後とっても近所なsato邸へと向かいます。
この間乗ったCSもそうでしたがガソリンタンクには去年から年越ししているガソリンが入っていたので少し吹けが悪いようです。笑
satoさんの相棒は750turboです。
二台の川重々量車が対面するのは昨年の淡路島Zミーティング以来です。

今回の目的地は二人で以前行ってお休みしていた喫茶メグロです。
二台は図太い排気音を奏でつつハイスピードで走りました。
普段カブやラビットに乗っていて久々Z1-Rに乗るとまるでモンスターですね。
二台は軽いバトルを楽しみつつメグロに到着。
アポ無しで行きましたが今回はしっかり開店しています。笑
珈琲を味わいながら様々な話に盛り上がります。
久々にマスターも居て話に加わり単車談義もする事が出来ました。
帰りはルートを変えて山間のワインディングを駆け抜けて帰りました。
satoさんも久々のツーでとても楽しかったようでした。
時代は違えど川重車同志の居並び併走する姿は自分には見えないですが、男らしくて威風堂々としてたと想像しています066.gif066.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2011-05-09 15:35 | Z1-R | Trackback | Comments(4)

ブレーキシュー交換

a0064474_21535887.jpg 久々のW2SSですがフロントブレーキシューがもう限界となりました。
Wのブレーキは効きが甘いんですが、シューの減りは穏やかです。
ブレーキレバーの握りしろが無くなってきたらワイヤーやブレーキカムの調整で補っていました。
しかし詰める手立てが無くなってしまい、流石にシュー交換を考えなくてはならなくなります。
ストックのブレーキシューの中には新品は無く中古のシューで厚みのある物を選んで交換する事にしました。
先ずドラムとパネルをエアガンで吹いてブレーキダストを取り除きました。

a0064474_22161974.jpg ブレーキシューを交換して組み上げます。
2リーディングのブレーキロッドの調整と共にワイヤーの調整も行います。
今迄ワイヤーは限界まで締め込んでいましたが、シューが厚くなったのでワイヤーもかなりゆとりが出てきました。
試運転したらフロントブレーキの効きも良くなっていました。
これでまた長く乗り続けられます。
減ったシューはまた機会見てシュー張替えの業者へ出してみたいと思います。
何でも最後まで使い切りたいものですね072.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2011-05-06 22:34 | W2SS | Trackback | Comments(2)

スーパーカブ90

a0064474_20163598.jpg アドレスV100に乗るポンコツ同盟な友人から電話が有りました。
近所に住む若い男の子がスーパーカブを探しているとの事です。
最初はビッグスクーターに乗るつもりで免許を取ったようですが、維持費やら専門学校への通学条件、盗難等の事を考えてスーパーカブに決めたようです。
原付免許は取っていて古いDAXも持っているようですが、スピードが出ないそうでお蔵入りしているようです。

近所の自転車屋さんにカブの中古車を展示していたのを思い出して、下見に行きました。
自転車屋さんのおじさんに展示していたカブの事を聞くと、90と50とが有るそうで2万キロ走行の90が8万円で6千キロ走行の50が5万円との事です。
どちらも程度は良くて友人に早速メールしました。
後日近所の男の子を連れて自転車屋さんまで来る事になりました。
カブは90の方が気に入ったようで試乗もしました。
セル付きのカスタムで新聞配達用の補助ヘッドライトや大きなキャリヤ、大きなフロントバスケットが付いています。
試乗した感じも良くエンヂンからの異音も無く状態は良いです。
店主と色々相談して若いスーパーカブ90オーナーの誕生です。

自分も以前スーパーカブダイナミック90をポンコツで貰って直して、大阪の後輩にあげましたが90のカブは結構エンヂンも静かでパワフルでした。
自分はその後ひょんな事から今の行灯カブ70を頂きましたが、枯れた味わいというか90ほどパワフルでは無いですが乗って楽しいし経済的です。
時代を超えて愛されるスーパーカブは不滅の単車だと思います。
このカブも現役で長く乗り続けられていく事を祈ります049.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2011-05-03 21:33 | 単車 | Trackback | Comments(12)

CS-250春オフ開催

a0064474_847779.jpg 御久し振りのCS登場です。
定期的にCSはミーティングやツーリングを行っています。
熱狂的?で少数民族なCSオーナーが集まって語り合い、共に走る楽しいひと時を過ごします。
今回は岡山県津山市で集まる事と成りました。
前日にW2SSに載せていたバッテリーをCSに移植して、給油、タイヤのエア充填、ドライヴチェーンにも注油して準備完了です。
朝のフェリーに乗込むと数台の単車が乗込んでいました。
カワサキらしいZ1100RがCSの前に並んで居ました。
果たしてこのオーナーの人が後ろに並んだCSを同じ川重車として認識しているかどうか?

a0064474_9221131.jpg 一時間の間フェリーに揺られてウトウトしていました。
そうこうしているうちに宇野港に到着します。
ここから津山目指して走り出します。
乗っていたZ1100Rも後ろから暫く着いて来ていました。
国道250号から国道53号線に入ります。
津山に有る道の駅久米の里が集合場所です。
53号線は以前もCSで走りましたが、信号も通行量も少なくてとても走り易い道です。
順調に到着してガンダムの鎮座する道の駅に到着しました。
まだ誰も来ていなく暫くガンダムを見学させて頂きました。
このガンダムは初めて実物を見ましたが、姿形だけのものでなく人が乗込んで二本足歩行が出来るよう油圧シリンダーが組み込まれている代物でした。
沢山の方々がこのガンダム前で記念撮影をしていましたね。
地元の方が個人で製作されたという事で、脱帽モノです。
長田の鉄人28号も良いけどこれも良いです。

a0064474_9462115.jpg この道の駅には単車乗りも多く出入りしていました。
何故かハーレーが多かった気がします。
一台ロングツーの荷物を載せたまま赤男爵のトラックに載せられて行ってしまっているのも見掛けました。
11時の集合時間から暫く送れてシェロ号が到着、その後りゅうじ号が到着しました。
シェロ号は今回ノーマルマフラーに換装して登場。
りゅうじ号はスタンドスプリングを走行中に落としてしまい、荷紐でスタンドを引っ張って対策していました。

a0064474_1045742.jpg 色々と会話も弾みましたがお腹も空いて道の駅の食堂でランチをとる事にします。
自分は津山焼きソバを頼みました。
この焼きソバは牛肉を使っていて、とても美味しいものです。
他の二人はホルモンうどん、ホルモンカレーと別々の味と匂いで腹ごしらえです。
食べながらCSの話、今後の計画、同じCS乗りの話やらで盛り上がります。
秋には福島でオフ会を企画しているようで震災の影響やCSオーナーの安否等の話題も出ました。

a0064474_10135753.jpg 道の駅から少し足を伸ばして湯原温泉へ行きます。
3台のCSはシングルビートを奏でながら快走しました。
3台合わせても3気筒750ccです。笑
昔乗っていたGX-750と同じだなーってヘルメットの中で思い浮かべながら鼓動と道を楽しみました。
湯原温泉に到着して24時間無料と謳われている露天風呂に行きました。
沢山の方が全裸で入っています。
入りたい気持ちは有ったんですが、帰りに湯冷めすると大変なので足湯に浸かりました。
これでもかなりポカポカするんですよね。
手も温泉に浸す事が出来るようになっていました。
此処でも色々と語り合いましたが、傍に居た足湯のお客さんには全く訳の解らない話だった事でしよう。笑

a0064474_102443.jpg 夕方近くになってそろそろ帰り支度です。
駐車場にはまだ様々な単車がゾロゾロ入ったり出たりしていました。
駐車場近くの川でルアーフイッシングをしていた方から話し掛けられて暫く話し込みました。
同じ単車なのに3台共にナンバーが違うのが不思議だったでしようね。
湯原温泉を後にして3台は給油します。
今回の燃費はリッター27㌔でした。
自分のCSですが、実は年越しのガソリンがまだ残っていたのでリッター30㌔切ったように思います。
バッテリーは3年生ですが、パルス充電器を掛けてやっているので元気そのものです。
でも今回のように走ってやるのが一番単車にも乗り手にも良いですね。笑
道の駅でりゅうじさんと別れて、シェロ君と暫くランデブーして国道の分岐で別れました。
CSの繋がりは楽しいものです。
そしてCSという単車自体も乗って楽しいものです。
もうすぐ4万キロを数える我がCSですが、まだまだ乗り続けますよー049.gif
目立たないけど、とても立派な川重車です066.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2011-05-01 10:44 | CS-250 | Trackback | Comments(12)