旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

a0064474_14483679.jpg 今年も一年間双 極の調べブログに遊びに来て下さり有難う御座いました。
一年365日という歳月は誰しも一様に与えて頂いています。
その時間の中で様々な事が起こってまいります。
楽しい時も有れば哀しい時も、そして思いもかけない素晴らしい出来事が有ったりします。
それを一喜一憂というのでしょうが、、自分は前に向いてどんな事も受け止めて楽しくこなせるようにしています。
今年はとっても多忙ではありましたが、身の上にも単車にも大きなトラブルも無く過ごせたように思います。

先日W2SSの車検に行きました。
いつものユーザー車検なんですが、今回はライトで注意されてしまいました。
ライトの光軸が下がっていたのと光量が足りないとの事です。
自分のWはしビエの凹面レンズとハロゲンバルブで夜間でも明るいんですが、試験では暗さを指摘されてしまいました。
バッテリーはCSのと入れ替えてたんですが(普段乗っているバッテリーはCSに使っていた物で6年物です)かなりアクセルを吹かして漸く合格の印を頂きました008.gif
しかしこんな四十年以上も前の単車に対してどれだけの光量を求めているのか知らないですが、少し厳しい気がします。
二年後にはまた車検がやって来ますが、それまでにライトのチューンをしたいと思います。
二年前の検査から今回までの検査の間に乗った距離を計算するとずっと以前と比べると少なくなりました。
増車したのが大きな原因ですが、もっともっと乗ってやりたいと思います。
今年も今日一日ですが、大晦日の走り納めをしたいと思います。
どうぞ来年もブログ共々宜しくお願いいたします。

KAZ
[PR]
by kawasakiw2ss | 2009-12-31 15:31 | W2SS | Trackback | Comments(12)
a0064474_1326498.jpg これまでシート張替えのお手伝いを数多く手掛けて参りました。
ブログで紹介していないのも有るのですが、旧車、現行車、ポンコツを含めて様々なものが有ります。
良くそんな価格で出来るって本当ですか?とかマージンは取っていないんですか?とかKAZさんが内張り屋さんですか?とか色々な質問をされます。
がしかしどれも当てはまらず、自分は好意の意味で張替えのお手伝いをしているだけです。
もっと高級な素材で違う物が出来る張替え業者も有るでしょうが、安価で納期が早く尚且つクオリティも良いという意味でブログにも紹介しています。

さて今回はotafuku1100さんのW1SAのシートです。
これは少し以前にリペアをしたものですが、W1シートに対する問い合わせが幾つかメールで来たので紹介しておきます。
上の写真はシートの裏面ですが、シートスプリングとスポンヂの間のシートが破けて劣化したスポンヂが出てしまっています。
Wのシートは目黒時代からのスプリングシートをW1SAまで使っていました。
乗り手が座る場所はこのように年限と共に圧力と劣化で痛んでしまう場合が多いです。
今回はシート表皮とこの内部も改良してシートを生まれ変わらせてやります。
いつものように山下内張り屋さんに持ち込み、シートの具合と仕上げの注文をお願いしました。

a0064474_13544313.jpg十日程経ってシートが出来上がったので取りに行きます。
シートの表皮は金モールで巻かれて、タックロールも施されました。
表皮も柔らかく床に置いて座ってみましたが、なかなか良い感じです。
いつもながらの仕事をされていると感じ入りますね。




a0064474_1445860.jpg裏面もその中身も改良されていないとこの座り心地は生まれて来ないでしようね。
シート裏の処理もしっかりと施されていました。
前にも書きましたがシートは乗り手が一番面積的にもウェイト的にも大事な部分です。
ここが痛んでいると乗るのにストレスが生じる場合が有ります。
これでotafuku1100さんも快適にW1SAに乗れるでしょう。
楽しく末永く乗り続けてあげて下さい063.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2009-12-28 14:05 | W2SS | Trackback | Comments(9)
a0064474_1859064.jpg ラビットのリヤブレーキペダルの踏みしろが無くなってしまい、フロアに付くようになってきました。
ブレーキシューが減ってしまった結果そうなってしまった訳ですが、普通リヤのブレーキロッドを締め込んで調整するんですが、前にロッドを折ってしまった経緯が有るのでシューの交換を考えます。
とは云っても新品のシューは持ち合わせておらず、中古のシューをストックの部品から出して使います。
がしかし予備のシューも同じ位使い込んでいてどちらもライニングが減っていて装着してもペダルは同じような感じです。
富士重工に純正部品が出る訳でもなく、ここで考えられるのはライニングの張替えです。
がしかしラビットオーナーのバイブルとも云えるラビットハウスには減ったシューの活用方法が紹介されていました。
a0064474_21534558.jpg それはブレーキカムの当たる部分に鉄板を当ててシューの開きを大きくするものでした。
しかしこれも延命策というか一時的な事に過ぎないものですが、一度やってみる事にしました。
シューのカムが当たる部分に加工したコの字型の金具を張り付けてやります。
カムも角が四面有るので、今まで当たっていなかった角が当たるようロッドを入れ替えてやります。
張り付けた金具とカムにはたっぷりとグリスを塗ってやりました。
組み上げるとブレーキペダルもほぼ良い感じで踏めるようになりました。

チープな修理方法ですが、最終的にはシューの張替えをしてやりたいと思います。
でも貴重な旧車パーツを最後まで使い切るという行為は大事にしたいと思います。
工夫次第でまだまだ使えるラビット部品ですが、また一つ勉強になりました049.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2009-12-21 22:05 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(8)
a0064474_1703355.jpg この間甥にあげたスペイシー125ですが、どうもリヤタイヤがパンクしたらしく携帯にヘルプを求められました。
こっちも仕事中だったのでそのまま自宅まで帰れるようなら帰って後日出張修理に行くからと伝えました。
その夜に甥に連絡して無事に帰れたかどうかの確認とタイヤ状態を聞きました。
するとタイヤの空気は全く無くなり、かなり苦労して帰宅したようでした。
タイヤはサイドが大きく割れてしまっているとの事で交換コースですね。

スペイシー125とラビットのタイヤが同じサイズだったので、ストックで買ってあったミシュランSM-100と工具を持参して行灯カブで向かいます。
甥のスクーターのリヤタイヤを見ると無残にもサイド部分は割れてしまってバーストに近い状態です。
長年放置していた車両のタイヤでしかも駆動輪だけに負担は大きかったものと思われます。
もしかすると空気圧も徐々に減っていたかも知れません。

早速リヤホイールを外すべくマフラーを取り外します。
このマフラーを外すのがまた面倒なもので、所謂知恵の輪状態の代物でした。笑
やっとの事で重たいマフラーを外し、リヤのホイールナットを外そうとしましたが機械で締めているのかレンチの歯が立ちません。
家の人にも手伝って貰いますが、ビクともしません。
うちなら延長パイプが有るのでレンチの柄の部分に差し込んで使えますが、出張しているだけに困ってしまいます。
物置の中に何か無いものかと探すと鉄パイプ製の竹馬が有りました。
これをレンチに差し込んで再度チャレンヂです。
数度力を入れるとグキンという音と共にナットが外れました。
後は古いタイヤを外して新しいタイヤを入れて組み上げるだけです。
ここからは作業は早く進みましたが、新しいタイヤのビートを上げるのに手押しポンプでは上がらず、近くのガソリンスタンドのコンプレッサーのお世話になりました。
新しいタイヤを入れると旧い車体も足元が引き締まって見えます。笑
知恵の輪マフラーも上手く組み上げて作業は完了。
留守で居ない甥にメールで作業の完了とタイヤ代金&工賃の四千円を請求しました。笑

苦労もしましたが、やり遂げる満足感というものは良いですね058.gif
ポンコツ修理もこれだから面白いし、止められないんですよね。笑
[PR]
by kawasakiw2ss | 2009-12-17 17:28 | 単車 | Trackback | Comments(7)

雨の中での楽しみ

 単車乗りにとって雨の日は折角のツーリング計画も流れてしまう場合が多々あります。
それでも覚悟を決めてレインスーツを着込んで走っていた時代もかつては有りましたね。笑
今回は斧ZZR君とプチツーのはずでしたが生憎の雨となってしまいました057.gif
そこで斧ZZR君が計画してくれたのが、焼き芋オフです。笑a0064474_938102.jpg 斧ZZR君が折り畳み式のコンロとさつま芋を持ってうちにやって来ました。
この折り畳み式のコンロですが、とっても良く出来ています。
専用のソフトケースに入っていましたが、しっかりしていて使い易そうですね。
うちのガレージの軒下で焼き芋オフ開始となります。
炭をコンロの中に入れて火を付けてやります。
雨の降る中なので少々湿っぽくなかなか着火しませんでしたが、やがて炭に火が入ります067.gif
そこに新聞紙とアルミホイルで包んださつま芋を入れてやりました。
a0064474_955461.jpg 焼き芋が出来上がるまでの間、斧ZZR君と単車の具合や最近の近況など色々と語り合います051.gif
昔の人は囲炉裏や火鉢を囲んで色々と談議していたと思いますが、それは現代も基本的に変わらないような気がするし、良いものだと思いますね。
火を囲んで話する雰囲気というものは空調での暖房や床暖房でのものとは全く違うものですね053.gif
出来上がった焼き芋の味はまた格別でありました。
焼き芋を食べながら、また話は盛り上がりを増します。
キャンプツーに出たいと思いつつ、時間が無くその機会を得る事が出来ず終いですが、たまにはこういう企画も楽しいものだと思います。
斧ZZR君、今度は違う物を焼きながらまた大いに語り合いましょう049.gif
そしていつかキャンプツーにも行きましょう。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2009-12-10 10:09 | 単車 | Trackback | Comments(7)

ハイスーパーもぞろ目

a0064474_22243892.jpg ラビットハイスーパーS-211もとうとう一万キロという走行距離に到達しました。
このメーターが指す数字が実走なら四十年以上掛けて一万キロを走ったという事ですね。
今回は9999.9キロを指したメーターを楽しみましたが、これからももっと走らせますよ。
ハイスーパーもまだまだ修理すべき箇所が有ります。
この間マフラーの穴をパテで埋めて、とっても静かになりました。

次は12345.6キロを目指して走らせてやる事とします。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2009-12-05 22:23 | ラビットS-211 | Trackback | Comments(11)

尾道CSミーティング

a0064474_14532057.jpg 川重車の異端児であるCS-250に乗る者達が不定期に集まってミーティングをしています。
希少且つマイナーな単車だけに結束力は強く事有る毎に遠近を問わず集まって来ます051.gif
11月21を日をその日に定めて計画を立てます。
しかし当日の週間天気は雨という予報でカッパ着用でのミーティングになるものと想像していましたが、前日には見事に晴れマーク058.gifに変わります。
これもCS乗りの日頃の行いが良いせい?自分も奇跡の天気に嬉しくなり久し振りに黒皮の上下を着込んで岡山行きのフェリーに乗り込みます。


a0064474_1564251.jpg フェリーにはスズキのジェンマが乗り込んでいました。
うちにもかつて初代ジェンマ50が有りましたが、初めてまじまじと見る近未来的なスタイルはスクーター然とした初代とは全くかけ離れたものですね005.gif
本州には一時間で到着、そこから国道2号線バイパスの倉田交差点の軒下にて待ち合わせという事でCSを走らせます。
実は自分のCS前日に給油しようとエンヂン掛けるもセルが回らず状態でした050.gif
この間はウィンカーリレーが壊れたのでセルのリレーもとうとうと思いましたが、コネクターの接触不良でした。
一抹の不安を抱えつつもCSは元気に始動、走行してくれました049.gif

待ち合わせ場所にはゲストで参加してくれたST250乗りのぱんだひめさんが待っていました。
そこへりゅうじさんが遅れて到着、続いてお初に会いましたがCSの年齢より若いシェロ君が大分遅れて到着、これが一番上の写真です040.gif
集まった四人は軽く自己紹介をして尾道に向けて走り出します。
四台のシングルビートは合計1000ccのマルチシリンダーでしたが、どれも独立した排気音で楽しいものでした。060.gif

岡山から笠岡、福山と下道オンリーで駆け抜けます。
りゅうじさんとぱんだひめさんの単車にはETC車載器が奢られていますが、今回は下道オンリーで走るという公約なのでありました。
途中他の3台は給油してスタンドでトイレを借ります。
この日は雨こそ降らなかったものの太陽が陰ると少し肌寒い一日でありました。

無事に尾道に到着、予定よりもかなり遅れましたが広島のりゅうりぽんさんが迎えてくれました。
a0064474_15371512.jpg 今回のCSは四台という事で並んで記念撮影。
一番手前シェロさんのCSはリヤホイールがGPZ-400S流用の16in仕様です。
早速御当地名物の尾道ラーメンを食べましょうという事になります。
走っている道中が結構長かったのと少し寒いせいでお腹のほうもかなり空腹となっていました011.gif
りゅうじさんがチョイスしてくれていたラーメン屋が直ぐ近くに有ったのでそこへ行きます。

a0064474_1546113.jpg 尾道ラーメンを頼みますが、気さくなお店の方で会話もラーメンの味もとっても良い物でありました。
サイダーのペットボトルの中身はお客さん用の冷水が入っていてセルフサービスです。
りゅうりぽんさんは広島の方ですが、尾道ラーメンは縁が無いというか皆と同じノリで食べつつ、CSの話に話題は盛り上がります。
ぱんだひめさんにはチンプンカンプンな話ばかりだったでしょうが、お二人が岡山旧車会のミーティングに同席していたので接点は有ったようでしたね。笑
a0064474_160666.jpg その後りゅうりぽんさんの案内で千光寺山の展望台へとCSを走らせます。
ここには1986年に訪れています。
丁度国鉄からJRに民営化された直後でありました。

今から23年前ですが、景色は変わっていないように見えました。
その時泊まったユースホステルの建物も見えました。
その23前に着ていた革ジャンを今回も着ているのを思うと、笑ってしまいました003.gif
山上展望台にはライヴカメラが有って、大坂のCS乗りのさんぽんさんがライブカメラで自分達の様子を見ていたようです。笑

a0064474_16285374.jpg 次に行ったのはりゅうりぽんさんリクエストの御袖天満宮です。
ここは映画「転校生」のロケに使われた石段が有る神社です。
自分も大林宣彦監督作品は大好きです。
さびしんぼうもW乗りには有名な彼のオートバイ彼女の島もここ尾道で撮影されたものです061.gif
何の変哲も無い神社の石段ですが、あの映画のシーンがここだと思うと妙に見入ってしまいます。
右に見えるのはシェロさんの後姿です。

a0064474_163609.jpg 石段を上り下りしたところで二杯目の尾道ラーメンを食べに出掛けようとした時にぱんだひめさんのSTのバッテリーが弱くなりセルが回りません。
男三人掛かりで何度か押して発動機は目覚めました。笑
その後もエンヂンを切るのにかなり躊躇されていましたねー025.gif
どうもインジェクションのランプが消えないままセルボタンを押すのはタブーなようです。
しかしバッテリーかレギュレータに問題が有りそうな感じですね。

a0064474_16573593.jpg次の尾道ラーメンは喰海という店です。
外にはCB-350エクスポートが看板娘として鎮座していました。
店長さんもCS軍団が停まっている様子を店内から見ていて出て来られました。
CBは輸入されたものだそうでマイルメーターと可倒式のステップがそれを物語っていました。
りゅうりぽんさんも250エクスポートを乗られていたようで色々と特徴を語られてました。
店長さんがエンヂンを掛けてくれましたが図太い排気音に旧車の個性が吐き出されているようでしたね。

a0064474_1704887.jpg 此処では自分だけ普通の尾道ラーメンではなく「油ラーメン」なるものを頼みました。
まかないの味から生まれたというこの油ラーメンですが、解り易く云うと讃岐饂飩のぶっかけのような感じです。
しかし麺と具と濃厚出汁を混ぜて味わう独特の味は癖になる美味しさでした。
これは忘れられない味となりましたねー。
みんなにもお裾分けして頂きましたが、とっても好評でしたよ。

a0064474_1773195.jpg 最後にりゅうりぽんさんとお別れする前に記念撮影して東西の帰路に別れます。
帰りも下道オンリーでしたが、とっても寒いのと大渋滞に巻き込まれて数度の休憩を余儀なくされました。
シェロ君のCSは水温がHまで上がっていたので夜になって下がるかと思いましたが下がらずそのままでした。
岡山バイパスに入って自分はフェリー乗り場に向かう岐路で関西勢とはお別れです。
帰りのフェリーの中でお風呂に入りたかったんですが、御風呂セットを持ち合わせていなかったのが残念でした046.gif
しかし楽しい一日でした。
長い文になりましたが、それだけ中身が濃いものでありましたよ。
参加して下さった皆さん、記事を読んでくれた人々どうも有難う御座いました053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2009-12-03 17:14 | CS-250 | Trackback | Comments(13)

誕生日

 40代のぞろ目を迎えてしまいました。
朝から行灯カブで出掛けながら色々と考えていましたが、単車も自分の身体も無理は禁物という事に気付いています。
でも多忙な時には全力で動かないといけない場合も往々にして有るので、日頃のメンテナンスは大事ですね。
無理をして壊してしまうと直すのに時間もお金も掛かるのも単車と同じです。
身丈を意識しつつ無理せずですが、元気に楽しく人車共に勤めます。
今後もどうぞ宜しくお願いいたします051.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2009-12-01 22:03 | その他 | Trackback | Comments(22)