旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

a0064474_20646.jpg 全国各地には旧車ミーティングなるものが事有る毎に開催され、様々な場所から様々な単車達が集まり目と耳と乗り手同士での会話を楽しませてくれます。

岡山にも旧車ミーティングが有るという事は知っていましたが、今回初めて参加させて頂きました。
今回の相棒は最近良く出てくるラビットハイスーパーです。
出掛ける前にテールランプが切れていたので、ストックの電球と交換してやります。
宇野行きのフェリーに乗りますが、原付は往復1900円という安さです。
ETC上限1000円の影響で日曜の割りに乗っている車はとっても少なく単車も自分一台でした。

宇野に着いてハイスーパーはミーティング会場の西大寺を目指します。
少し迷いましたが会場寸前の交差点でレヤンサイドカーとぱんだひめST-250Eと鉢合わせします051.gif
橋の下である会場には沢山の単車達が集まっていました。

a0064474_20255771.jpg 

貫禄と風格と年輪をも感じるメグロZ-7です。
パンバーや前後に着いたフォグランプ、シートの表皮がいいですねー。
全体的に枯れた感じがたまらなくて排気音も魅力的でした。




a0064474_20405314.jpg 
先日小豆島に来ていたペイズリーハイスーパーや岡山のB-Ⅳさんの301と同行してシルバーピジョンもお目見え。
小豆島にS-82で来ていたのを今回はスイッチしてきたそうで何とこれも50年選手です。



a0064474_20454916.jpg

薄いブラウンのボディは当時のままの姿で、このままのいでたちで元気に生き残って欲しいものです。
各部の造りも凝っていてラビットと並んで凄い造形美です。
これを見ていると今のスクーターはプラスチッキーな没個性という感じになってしまいますねー048.gif


a0064474_2052434.jpg 

広島から熱烈なCS乗りであるりゅうりぽんさんも来ていました。
何時見ても綺麗なCSです。
今回はETCを装着されて快適且つ1000円で来られてたようです。
携帯でピンクフロイドの原子心母を聴かせてくれて音楽の話題とCSの次回のオフ会を西日本で行いたいと相談したりしました。


a0064474_20583432.jpg

当時のまんまの単車が殆どですが、こんなカスタムも来ていました。
丁度エンジンを始動するところでしたが、排気音は外観の割りに普通です。
しかしアルミタンクやセパハン&バックステップ、ステンマフラー、FCR等とカスタムパーツのてんこ盛りでありました067.gif


a0064474_2125156.jpg

このスズキのT125ウルフは大学時代に先輩が乗ってて憧れたマシンです。
甲高いノイズと尖がったスタイルはウルフという名前に相応しく、3つ上と記憶している先輩の乗る姿に羨望の眼差しを向けていたのは自分だけでは無かったと想像します。


a0064474_21152983.jpg 

今回の目玉は何と云ってもホスクABでしょう。
XS-250スペシャルで来ていたメグロワークスさんもこの日はこの単車に首っ丈でした。笑
端正なスタイルに絶対的な信頼のメカニズム。
HOSKのエンブレムにはKING OF THE ROADと誇らしく書かれています。
生産すればする程赤字になると云われた日本高速機関製の単車は当時のライダーには垂涎の的な存在でした。


a0064474_21225242.jpg

この旧車会はホンダの単車が割合的に多く来てましたが、CB-450の白バイ仕様が目に止まりました。
サイドバッグは黒い色をしていましたが、当時の白バイでは最強だったでしようね。
バンパーの中の大きなサイレンの音をどれだけの人が聞いて捕まったのか考えると楽しいものです049.gif


a0064474_21381064.jpg 

単車のキャデラックと称されたスズキコレダツインエースTAも珍しい単車です。
メッキを多用して角張ったスタイルは確かに50年代のアメ車の雰囲気を醸し出してる気がします。
まさに皆をコレダっと言わせるスタイルですねー037.gif

そしてレヤンさんケインさん、ういんずマスターさん、ぱんだひめさんが会場を出るというので自分も一緒に出ました。
ブルーラインの一本松SAまで走るとの事で大きな単車達に混じって僅か90ccのハイスーパーは老体に鞭打って走ります。
ブルーラインは長い一直線と上り坂が多くて小排気量でトルクの無いハイスーパーにはへビィな道です042.gif
しかし先頭のケインさんは容赦なくスピードを上げて走ります。
上り坂で離されてぱんだひめさんのボルテイにも抜かれて暫く走ったその時、突然ハイスーパーのエンジンが急停止します。
慌ててセルも回しますが掛かりません007.gif
そのまま上り坂で停止です。
頭の中に過ぎるのは最悪なエンジンのブローですが、レヤンさんも一緒に止まってくれて路上整備開始です。
キックすると圧縮はしっかりと有り、燃料もキャヴまで来ています。
プラグキャップがたまに外れかかる場合も以前数回有ったのでキャップも見ますが、きちんと入っています。
サイドカバーを外してプラグの状態を見ようとするとプラグが緩んでいました。
どうもこれが原因のようでプラグの火花も正常でした。
しかしバッテリーも弱りかけたのでケインさんのバッテリーを繋ぎます。
暫くクールダウンしてレヤンさんが始動させるとすんなり掛かりました053.gif
そのまま一本松まで走り、待っていてくれてた面々にトホホ菌感染の顛末を報告しました。
小さな大昔のスクーターで飛ばすのは御法度ですねー(~_~;)
暫らくすると雨が降り出してそのまま雨宿りとなります。
直ぐに雨は去ってやっと皆とお別れ出来ました。

帰りはケインさんと無理せず軽く流しながら帰り別れました。
Koyoさんから頂いたハイスーパーを壊す事に至らなかった事と、右手の抑制とキッチリとした整備を心掛けるよう肝に銘じました。
初めての岡山旧車会とトホホ菌の初感染に有意義な一日でありました。
長い文章となりましたがどうも御粗末でありました016.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2009-05-31 22:13 | ラビットS-211 | Trackback | Comments(14)

輪太郎さん來讚

a0064474_12352746.jpg 兵庫のラビット乗りである輪太郎さんから突然のメールを頂きました。
内容はどうもこっちに来ていて、もう帰るのでフェリー乗り場に来ているそう。
仕事で移動する寸前だったのですが、船の出港時間も近かったのと意外に近い場所にラビットで来ていたので急遽乗り場へとラビットを走らせます070.gif

こっちで輪太郎さんと会うのは初めてです。
乗り場に着くと輪太郎さんは軽トラの傍らで手を振ってくれました049.gif
しかもその軽トラにはラビットS-301が3台がトラックの荷台に所狭しと乗っかっていました。
良く見るとハイスーパーのトランクボディも乗っています。
どうしたのかと聞くと、以前から手に入れていたラビットを引き取りに来たそうでありました。
しかも手に入れたラビットは他にも有るそうで輪太郎コレクションはかなりの兎で埋め尽くされるようです045.gif
程度の程は年式相応でしようが、S-301AB型も一台見受けられて、これからまたコツコツと修理されるんでしょうね。

お会いした時間は少しの間でしたが、今回の楽ラビ会の事や最近修理が完了したW1SAの事やら色々と楽しく談笑させて頂き、御見送りさせて頂きました006.gif

輪太郎さんまたゆっくりと来て下さいねー043.gif
そして今度は単車でどうそー
[PR]
by kawasakiw2ss | 2009-05-21 12:35 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(2)
a0064474_1132463.jpg ラビットスクーターは日本で最初のスクーターという存在ではありますが、最終的な生産が終了してから40年以上経つ単車であります。
がしかしタフな造りと個性的なスタイル、現代にも対応する性能で愛用されている人が多く存在します。
そんなラビット乗りが一泊してラビットを楽しもうと云うラビットスクーターを楽しむ会(略して楽ラビ会)に初参加させて頂きました。
今回が第二回目という事で小豆島での開催となりました。
少し前からもとさんと小豆島を走っていたのはその下見も兼ねての事だったんですよねー049.gif

16日の1時に小豆島の道の駅集合という事ですが、残念な事に自分は昼過ぎまで所用が有ったのでお宿である坂手港横のエリエス荘に直接行く事にします。
多忙続きなせいも有って行く道中船の中では縛睡してしました。笑
少し雨がパラついていたのですが、先に到着している一行はまだ小豆島内を走っているようで宿には先に到着します。
暫くするとグゥォー、ギュー、トントントントンと聞き覚えの有る排気音と共に沢山のラビットが入って来ます。
皆さん各々カラフルなレインスーツを着ていました。
そして乗っているラビットも同じくカラフルでしたね056.gif

a0064474_1214122.jpgお宿では入浴、宴会、自己紹介、二次会でのジャンケン大会と盛り沢山の内容であります。
お風呂に入ってる時からラビットの話題で食事での船盛りも美味しかったですが、ラビットの話も同じく美味しかったですね011.gif
チョコと手拭いは今回の楽ラビ会の記念品です。
他にもラビットマークの煎餅やステッカーも頂きました。
幹事のもとさんや楽ラビ会事務局のK山さん、大御所のY田さん、久し振りにお会いした京都のラビット乗りの皆さん、そして初めて会う人達と素晴らしい時間を過ごせました。



a0064474_1271624.jpgジャンケン大会ではラビットの部品や楽しいモノがいっぱいで、自分がゲットしたのはこの竹泉という兵庫は朝来の地酒です。
帰ってからの楽しみです012.gif







a0064474_12155275.jpg17日の朝は心配していた雨も降っておらず、時折晴れ間も見える天気となりました。
朝食の後其々ラビットに荷物を括りつけて支度をします。
リヤに箱を載せてる人や前後のキャリヤを利用している人と様々ですが、自分は軽装だったのでハイスーパーのトランクに用意していた合羽と荷物は全て入りました。
そして出発しますが、近くの御土産物屋さんでお買い物をします。
意外に良く売れていたのが醤油味のおかきと素麺のヌードルでしたね058.gif






a0064474_12361482.jpgその後二十四の瞳の岬の分教場前にラビットを並べて記念撮影。
今回一番古いラビットがS-82が2台、何とフロントブレーキの無い約50年前のモデルですね。
後の分教場は明治時代そのままの建物ですが、自然とマッチングしてました。





a0064474_12383199.jpg今回はハイスーパーで行きましたが、自分のハイスーパーの左隣のハイスーパーは全身ペイズリーのハンドペイントで圧巻ないでたちでしたね。
右隣はK山さんのラビットマイナーS-202で同じ90ccラビットです。
今回S-202マイナーとS-601は一台ずつの参加で同じく目立ってました。



a0064474_18553022.jpg
カラーリングや装備も色々で見てて楽しかったですね。

今回は地元小豆島のラビット乗りおじさん(以前もとさんと走った時に遭遇した)も参加して下さりました。
遠くは但馬、京都、大阪、岡山と様々な場所から集まってとっても楽しめました051.gif
分教場での解散となり、お見送りをさせて頂きました。
もとさんと二人になってランデブーしつつ帰路につきました。

来年は岡山で開催するそうで是非また参加したいと思っています。
参加された方々どうも有り難う御座いました
036.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2009-05-18 12:39 | ラビットS-211 | Trackback | Comments(18)
a0064474_221847.jpg ぼちぼちと復活していく我がハイスーパーであります。
前後のタイヤが少々心許ないのですが、ラビット乗り大先輩である猫機関長さんがハイスーパーに暫く乗らないのでホイール付きで交換して良いとの厚意に恩恵を受けます。
復活してから距離を走ってないハイスーパーですが、ますまずの走りで猫機関長さん宅に到着。
自分はこの日珍しく風邪気味だったんですが、猫機関長さんも風邪気味でした。
二人でホイール交換の作業を施します。
作業は程なく終わり、近くの喫茶店でお茶をしました。
猫機関長さんにはいつも何かとお世話になって力強い限りです。
クリーム色のホイールにはIRC製のタイヤが奢られていてハイスーパーの走りも安定しました。

a0064474_2218980.jpg帰ってからはヘッドライトのバルブが切れてしまって久しく昼間専用車となっていたのでヘッドライトの復活です。
ハイスーパーのライトはシールドビームなので本来はレンズ全てを交換になるのでしよう。
しかし今回は何とかバルブのみを交換すべく金鋸でバルブ後半を切り落とします。



a0064474_22231290.jpg レンズ内に残ったバルブのガラス部分は大きくて取り出せないので、木製のブラシの柄で突いて細かく割って取り出します。
バルブが入る穴はボックスレンチのハンドルの柄の部分が丁度の大きさだったので入れてグリップ部分で摺り合わせてりました。



a0064474_2230192.jpg バルブはストックで有った中古のバルブを使用します。
先ず端子部分にハーネスを半田付けして点灯を確認しました。
この時にハイビームとロービームを間違えないようにする為に一度点灯確認をしておきます。




a0064474_22335339.jpgバルブをレンズに取り付けてしっかりと固定してやります。
この時にバルブの上下を間違えないようにしておきます。
この時点でバルブの明るさが切れる以前とは明らかに違うのを感じてしまいます。





a0064474_22411595.jpg
レンズ周りのカバーを取り付けて完成です。
このカバーの裏にはDICのロゴが有り大日本インキの製造したのもだと初めて判りました。
タイヤもヘッドライトも復活したハイスーパーはこれから東奔西走させて走り回ります。
チープに修理出来てとっても満足です。
301や行灯カブ同様元気に走らせてやりますよー。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2009-05-10 22:47 | ラビットS-211 | Trackback | Comments(6)

岡山Wミーティング

a0064474_22245960.jpg 岡山のブルーライン一本松SAでWミーティングが有るとの事で参加してきました。
うちのWですが、乗るばかりで全然磨いていないので汚れてます。笑
少し磨いてから出発しようとしていたら突然の来客です。
予定していたフェリーには乗り遅れてしまい、Wも汚れたまんまで船に乗り込みます。
色々な事は重なるもので、いつも使用していたフェリーの割引券も3月31日で廃止になったとの事でETC車上限1000円の影響を強く感じてしまいます。
高知のW乗りのよりやんさんも参加との事で、船中から電話をするともう既に会場入りしているとの事。
11時からのミーティングですが、岡山に到着して頑張ってWを走らせましたが、自分が到着するのは12時を過ぎてしまいます。
参加しているWは既に昼食を食べに移動する寸前で、慌てて撮った画像が上の写真です。笑
多く集まったWを拝見する暇も無く明石のレヤンさん、姫路のyamatoさん、初めてお会いするぱんだひめさん、お馴染みケインさん達が残りました。
毎度お馴染みのメンバーで西大寺ミーティングでこれまたお馴染みの五福座へ昼食を食べに行く事とします。
西大寺までプチツーを楽しみますが、久々に走るサイドカーの二人の操る姿を見ているだけで楽しいものですね。
a0064474_23145754.jpgW1SAとW3の側車付きですが、乗ってて楽しいんでしょうね。
ソロしか知らない自分には未知の世界ですが、まだ踏み入れるには早い気もしていますねー(~_~;)
後のWが自分ので、その後がぱんだひめさんのボルティです。





a0064474_232116100.jpgyamatoさんお気に入りのマッハⅢもお連れの方と同じくピカピカです。
大分からマッハ仲間が走って来られているそうで、この後合流されるそうでした。

五福座では昼食と珈琲そして単車の話で盛り上がって、楽しいひと時です。
YATAさんも加わって様々な話題が出ました。
ぱんだひめさんがツーリングやモーターショーの写真を見せて下さりましたが、ER-6nがお気に入りとの事で自分も現行車では珍しく好きな一台なので意見が一致してました。笑

夕方からは仕事が入ってるので関西方面の方々とは別れて、ケインサイドカーと一緒に西向きに爆走して帰り、2号バスパスで別れました。
時間的にもタイミング的にもずれまくりのミーティングでしたが、何とか楽しく過ごせました。
お会い出来た皆さん、どうも有り難う御座いました053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2009-05-03 23:25 | W2SS | Trackback | Comments(11)