旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

沖縄見聞録 其の弐

a0064474_21374361.jpg 超多忙で記事を書くのがとっても遅くなりました。
書き掛けでストップしてしまっていたのであります019.gif

二日目はホテルのモーニングバイキングを食べました。
いたって普通のメニューで沖縄らしさは無かったですねー笑
ご飯が終わって後輩の一人が突然の葬儀が入ってしまい、残念ながら先に帰る事となります。
沖縄見聞は首里城からスタートです。
有名な首礼門から石畳を歩いて、いくつかの門を通り抜けると首里城正殿前にやってきます。
ここまでに至る道中はとても風情が有り、何とも云えない雰囲気です。

a0064474_22445892.jpg この正殿はとても立派で木造建築物の好きな自分には堪らないものですね。
16年前に沖縄に来た時はこの正殿は復元中でありました。
説明書きを読むと1712年に再建された正殿を復元したものだそうで、よくも記録が残っていたなーって思いました。
しかし全体の形といい装飾といい様々な国の文化が織り交ぜられていますね。
木造三階建てで、国王が儀式や政治を執り行う場所であったようです。

a0064474_22575667.jpg 儀式を執り行っているジオラマを展示していて、そのスケールの大きさを感じます。
この朝拝の儀式などは今も年に数回、当時の装束を着て再現をしているそうであります。
正殿の内部はこれまた興味深いもので建築構造から始まり、数々の部屋や展示物に目を奪われます。


a0064474_2395991.jpg  正殿内の二階中央には国王の座る場所である御差床と言われる豪華な装飾と気品ある造りで見る目を楽しませます。
後ろの中山世士という額は皇帝から贈られた書を扁額に書き写して漆を塗り、金箔を貼って正殿二階に掛けていたものを復元したもので、中山は代々、琉球国王の国であるという意味だそうです。

a0064474_8131399.jpg その国王と王妃を花でかたどったフラワーアートが展示されていました。
NHKでやってた韓国ドラマチャングムの誓いの雰囲気に建物共々似ていますねー。
あのドラマだけは珍しく自分も見ました012.gif

a0064474_9433861.jpg お昼ご飯は修学旅行生で賑わっていた国際通りの波照間というところで頂きました。
ここは沖縄料理ばかりのお店で、迷わずゴーヤチャンプルー定食をお願いします006.gif

a0064474_11263956.jpg ゴーヤ好きにとって本場で食べるゴーヤチャンプルーは格別でした。
これまた好きな海ぶどうも食べて既に満腹です。笑
この店は店内の雰囲気も良くてお奨めです。
内装も拘った造りをしていてとても楽しい空間でありました。

a0064474_1134043.jpg 腹ごしらえした後は賑やかな国際通りを歩いてみます。
ゴーヤの形のベンチが有ったり、様々なお土産物屋さん、飲食店、服屋さんまで色々な店が立ち並んでいます。

a0064474_1231207.jpg 懐かしい鉄人28号が居る店や様々な特徴を持たせた店がいっぱいで買い物しなくても楽しめます。
修学旅行生や観光客、外人さん、地元のカップルまで色々な人々が行き交っていました。

a0064474_12354718.jpg 沖縄はビッグスクーターや実用二輪車が多く走っていました。
日常の足から商売の足にまで様々に使われていましたね。
写真は単車のフレームを利用したと思われるチョッパー自転車です031.gif

a0064474_12425042.jpg 少しだけ買い物して観光は終わって移動します。
沖縄は変わった建物が多く、こんな大木の上に乗っかったような食堂を見掛けました。笑
木造好きな自分ですが、ユニークな形の建物も見てて楽しいですね043.gif

a0064474_12482455.jpg 滅多に機会も無い研修旅行もここで終わりました。
夕方の飛行機で関空まで飛びましたが、機内では眠ってましたねー笑
しかしとってもいい時間を過ごせました。
もし機会有れば、今度は単車をレンタルして走ってみたいものです。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2008-02-29 13:34 | その他 | Trackback | Comments(9)

沖縄見聞録 其の壱

a0064474_2092440.jpg 沖縄へ研修旅行という事で行ってまいりました。
ずっと以前に一度だけ行った事も有って、その時との変化の違いを見るのも楽しみに行きました。
関西国際空港から飛行機に乗りましたが、久々のジェット機のGやエアポケットに緊張しながらも機内サービスの珈琲で寛ぎます。

無事に那覇空港に到着してレンタカーを借りて走り出します。
トヨタのアイシスという車に6人が乗っての移動でしたが、うちのラルゴとかに比べると少し窮屈で坂の多い那覇市内ではエンジンパワーも少し弱く感じてしまいますが、最新のカーナビ装備で迷う事無く案内してくれました。

a0064474_22214298.jpg先ずは腹ごしらえという事で、嘉手納基地近くのレストランでタコライスを賞味します。
初めて食べるタコライスでしたが、とっても美味しいですね。
辛さも強くなく自分好みの味でした。笑
お店によって味は違うようですが、お奨めの一品です。

a0064474_23154712.jpg 日ハムが沖縄キャンプをしているとの事で、自分はあまり野球を見ない人なんですが、後輩が興味深々に観戦していました。
しかし沖縄はとっても暑いです(~_~;)
四月上旬の天気だそうであります。
ここで観戦している人達は観光客も多くて、狭い駐車場はレンタカーらしき車ばかりでしたが、何故か地元の中学生の女の子もいっぱい居ました。

a0064474_23184574.jpg
プロ野球選手のプレイを見るのは今まであんまし無かったんですが、投げる球も打つ球も凄い速度ですねー笑
プレイに暫し見惚れてしまいました。
ここでオリオンビールなんか飲みながら観戦するのが最高なんでしょうねー(^_^)v

a0064474_2333214.jpg沖縄で注目の観光スポットである、美ら海水族館へ行く事にしました。
行く道中のコンビニの看板には割引券販売中という看板がやたら目に入ります。
釣られて070.gif人数分購入してしまいます。笑
がしかしこの水族館少し高いとは思いますが、内容はとっても凄いです。

a0064474_035946.jpg 色鮮やかで綺麗な魚たちが泳ぐ姿は見てて飽きないですね。
この青いのはルリスズメダイ、黄色で黒い斑点があるのがトゲチョウウオで隣の黄色い4本帯のがヨコスジフエダイ、その後ろがウメイロモドキで全て沖縄を代表する熱帯魚です。
沖縄の珊瑚礁にはこんなにも個性的で素晴らしい色彩の魚達がいるんですね。

a0064474_1094691.jpg
このヒモみたいなのはアナゴの一種でシマシマなのがニシキアナゴ、黒い斑点が有るのはチンアナゴで顔つきが犬のチンに似てるからそう付けられたそうで、どちらも揺ら揺らしてて土の中に潜ったり出てきたりと不思議な光景でしたねー012.gif


a0064474_10182272.jpg サメ博士の部屋というところには、こんなにも巨大なサメのアゴ歯型の標本が有り吃驚しました。
昔ジョーズっていう映画あったけど、こんなのに襲われたらたまんないよねー031.gif
右で見てる人と比べてみたらその大きさが解るでしよう。笑
歯も展示していましたがギターのベースピックよりも大きくてこれまた凄かったですよ。

a0064474_18431834.jpg この美ら海水族館はこの水族館で飼育に世界で初めて成功した大きなマンタや全長7.5メートル巨大なジンベイザメが泳ぐ姿をギネスにも公認されている世界一の大水槽パネルで見る事が出来ます。
その迫力たるや物凄いものです。
自分のデジカメのフラッシュでは上手く撮影出来なかったですが、これは実際に行って見ないと感じられないものだと思います。

a0064474_18515616.jpgこれは香川県の誇るニップラが開発したアクリルパネルの恩恵で実現しているものであります。
厚みが60センチというこれまた世界一のパネルは一番大きい水槽で高さ8.2メートル、幅22.5メートルというもので、サンプルが展示されていました。
しかし凄い技術ですね。

a0064474_2202331.jpg夜はステーキハウスで豪華なディナーとなりました。
自分はあまり外食派では無いのでこういうところは慣れてないんですが、店内の雰囲気やシェフの調味料入れを使ってのパフォーマンスを楽しみました。
生ビールや泡盛も頂いて、美味しいステーキに舌鼓な夜でありました。

a0064474_2158833.jpg 久々に来る沖縄の魅力は格別でしたね。
宿に着いてからはもうバタンキューの爆酔状態でありました。笑
ちなみに沖縄の夜はとっても暖かくて街中もTシャツ一枚で充分に過ごせました066.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2008-02-24 14:07 | その他 | Trackback | Comments(15)

多忙な毎日

a0064474_21494386.jpg とっても多忙な毎日を送っています。
ブログの更新もなかなか出来ず仕舞いですね。
毎日単車で走って移動はしているので単車のネタは色々有りますが、書き込む程のものでもなく、只時間のみが過ぎ行くという感じです。

空の景色に癒されつつ毎日を楽しんでこなすように心掛けています。
雲の模様って不思議ですね。
どれ一つとして同じものが無いんですから。
人間の顔と同じように唯一無二なものだと思います。
天に描かれた自然の景色に様々な想いが浮かびます。
人間って天に眺められながら生活してるんですね。
天の表情を楽しみつつ明日も勤めます(^_^)v
[PR]
by kawasakiw2ss | 2008-02-20 22:10 | その他 | Trackback | Comments(10)

今度はZ1-Rで出張

a0064474_5325219.jpg またまた四日間の出張に出ていました。
今度の相棒はもう21年もの付き合いになるZ1-Rです。
いつもの如く岡山行きのフェリーに乗り込み、下道をひたすら走ります。
相変わらずのコースですが、単車が変わるとペースも乗り方も変化します。
Z1-Rは自分の乗っている単車の中では一番ハイパワー066.gifなので前回のCSとは快適さも違います。笑
しかしそれも空いている道のみで、渋滞路ともなると横幅の広い車体と重めのクラッチやフロントの癖が災いしてきます。
明石の川重での珈琲ブレイクのみの休憩でリフレッシュしつつ神戸市内、大阪市内の渋滞路を走り抜けて行きます。
行程250キロを走り終える寸前でタンクもリザーブになりコックを切り替えます。

四日間を無事に終えて給油をします068.gif
久々に燃費を計るとリッター16キロという数字です。
途中の渋滞路やリヤのシートバッグに入った重量そして31年選手であるZ1-Rという事を考えればこんなもんかなーとも思いつつ走り出します071.gif

a0064474_7593864.jpg Z1-Rのバッテリーは寒い中5年選手ながらも元気で、神戸に入るや雪模様となりますがアイシングも起きる事無く毎度お馴染みのカフェドういんずに到着します056.gif
丁度お店が開いたとこだったようで、ういんずマスター&ママお揃いでありました。
いつもの美味しい珈琲を飲んでの話に時間を忘れてしまいます。
このブログの事も話題に出て音楽ネタが最近止まってるなーっていう事が出てました060.gif
お店に有った音楽誌を見ながらそろそろ音楽ネタも書かないとなーって思いましたね。
マスターとツェッペリン再結成ツアーの話で盛り上がりました。

神戸からはまた下道を走り抜こうとガスも満タンにしていましたが、三宮からのフェリーに乗る事に決め、マスターからお土産まで頂いてカフェドういんずを後にしました。
a0064474_816124.jpg 割引券を使って乗り込みますが、ガソリンが高い昨今フェリーはかなり経済的です。
Z1-Rの燃費や夜の寒さを計算してもフェリーは有り難いですね。
一休みしてお風呂に入ろうと思いましたが、そのままずっと爆睡してました014.gif
毎度の単車での出張も楽しいものです。
ツーリングにはなかなか行けないですが、この冬も楽しく走りますよー061.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2008-02-09 22:29 | Z1-R | Trackback | Comments(16)

アイシング初体験

a0064474_1141134.jpg 一週間の出張に出ていました。
相棒は機動性と燃費を考えてCSとします。
夜行の神戸行きフェリーに乗ろうと思っていましたが、色々とやらないといけない事も有って朝の岡山行きフェリーに乗って下道を走って行く事となります。
国道2号線をひた走りますが、岡山県と兵庫県との県境辺りには積雪も有ってかなり低い外気温であります。
がしかしオーバーパンツと20年来愛用しているクシタニのジャケットはかなりの防寒性能で守ってくれています049.gif
しかし寒さよりも例のヒビ割れリヤタイヤを少し心配しつつ走ります。

ペース良く神戸市内まで走りますが、少し時間的に到着時間がタイトになりつつ有ったのと凄い渋滞になって来たので神戸市内から大阪市内まで止む無く高速に上がる事にします。
がしかしここで気になるのはやはりリヤタイヤです033.gif
空気圧だけは合わせているのですが、見た目スマートに見えるシートバッグの荷物は一週間分の資料や着替えが入っておりかなりの重量です026.gif
しかし上手く回復運転も出来てまたまた下道に下りて約束の時間の20分前には無事到着します。

出張も3日目となり所用の移動にCSを走らせます。
がしかしここで突然のストールに見舞われます。
元気良くセル一発で始動したCSのエンジンが止まってしまい、セルを回すも全くエンジンが掛からないどころか長距離を走って来てバッテリーも充分なはずが段々とセルの回りも弱くなってしまって始動困難に陥ります007.gif
押し掛けも試みましたが路面が濡れていて思うようにヒビ割れリヤタイヤが喰い付いてくれません。
誰か助けをと考えて、そこでふと思ったのが奈良に住むKoyoさんでありました。
その夜はKoyoさんと飲み会をする約束もしていたのでありました。
そしてそこはKoyoさんの仕事場からも近い場所であります。
携帯で事情を伝えると直ぐに駆けつけてくれました032.gif



a0064474_11364727.jpg  Koyoさんはブースターケーブルを持参してきて下さり早速四輪とCSを繋ぎます。
エンジンは始動出来ましたが、4年も使用しているCSのバッテリーではかなり不安だという事でスペアの満タンバッテリーをそこで貸して下さります。
CSに付いていたバッテリーは充電してチェックして下さるという事で、所用の時間には少し遅れましたがお陰で何とか凌ぐ事が出来ました。

その夜はその話題も含めて二人で盛り上がった事は言うまでも有りません。笑
語るボルテージと呑むボルテージに比例して後はKoyoさんが充電して下さっているバッテリーが生き返る事を祈ります040.gif

 次の日少し時間も出来たのでKoyoさんのとこへ遊びに行きます。
気になるバッテリーは上手く充電も出来て元気に蘇えっていました070.gif
美味しい珈琲を頂きながら、Wの話や旧車の話で談笑して充電していたバッテリーも取替えてセル一発で始動し気持ち良く走りました024.gif

出張最終日には神戸での所用を済ませつつ帰る予定です。
元気に始動したCSで大阪、神戸の渋滞をすり抜けて行きます。
神戸での所用も無事に済ませてまた走り出しますが、雪が舞い散る模様となり帰路は三宮からのフェリーに乗って帰る事に決めます。

がまたしても途中エンジンがストール(+_+)
バッテリーはフル充電ですが、4年物という事で先日の二の舞はもう許されません。
ここで初めて疑ったのが同じCS乗りのさんぽんさんやくにさんが経験して困っていたアイシングです。
キャヴのボディを触ってみるとエンジンは温まっているのに対して凍りつくように冷たい感触が有ります。
これがアイシング現象だと思い、CSの止まってしまった近くのGSにお湯を頂いてキャヴに掛けて温めてみようと頼みますが生憎お湯が無いと無残にも断られます007.gif
少し切れそうになりつつ047.gif隣の民家のドアホンを押します。
おばちゃんが出てこられて少しお湯を頂けませんかと言うと、親切にもお鍋にいっぱいのお湯を持ってきてくれます(#^.^#)
少し頂いてキャヴに掛けてやりボディの温度を素手で確認すると、少し温まっています。
そこでセルを回すと数回のクランキングでエンジン始動017.gif
見ていたおばちゃんも、あら掛かったわねーって言うてました。笑
お礼に持ち合わせていたお菓子をあげました038.gif
それからはストールしないようにタコメーターの針を停止時も2千回転に保って走ります。
どうも一旦水温が下がるとアイシングの症状が出るような感じですね。
時間が有ればいつものカフェドういんずに立ち寄りたかったんですが、今回のトラブルで次回に見送りです。
三宮からのフェリーに乗ってういんずマスターさんにアイシング初体験のメールをしたりした後、フェリーのお風呂に入って冷えた身体を温めました043.gif
今回アイシング初体験でありましたが、とても勉強になりました。
さんぽんさんはキャヴヒーターを取り付けられて解決したようですが、アイシングの出易い車体や環境、乗り方も有るんでしょうね。
出張の足に便利なCSなのでこれからアイシング対策も何か考えつつ寒がりで暑がりのCSと付き合ってやろうと思います035.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2008-02-01 11:27 | CS-250 | Trackback | Comments(24)