旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2007年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

a0064474_2321928.jpg 今年も拙ブログにコメントご訪問頂いて有り難うございました。
いつもながら一年という時間があっという間に過ぎて行きます。
その時その時の出来事をブログに書き込みたいという思いは有るんですが、書くのを忘れたり、書き掛けでそのまんまになったり、書かず終いで終わったりの記事も有ります。
単車に限らず色々な事を書くので纏まりの無いブログ内容になっている事だろうと思いますが、これからも自分ペースでやって行きます。
皆さんからの楽しいコメントを心よりお待ち申し上げます。

今年は自分の中の句として様々な頂き物に縁が有ったので、「與」とか「惠」という言葉が浮かびました。
素晴らしい物を下さった方々に感謝の念を表したいです040.gif
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-12-31 23:31 | CS-250 | Trackback | Comments(6)

スーパーカブ C-70

a0064474_2032745.jpg 実用車の代名詞とも云えるスーパーカブを頂いてしまいました。
経緯はというと京都の仕事仲間と出張中にふと単車の話になり、普段ラビット乗って近場を走ってるっていう事を言うと、そのNさんはカブが普段の足で2台の新旧カブを持っているとの事でした。
一台の古いカブは廃車にしていて要らないので良ければ貰って下さいという事です。
ジョルノクレアも仲間入りしてたので増車はしたくないなーと思っていたのですが、整備の出来るKAZさんだから差し上げたいと言われてしまうと恐縮しましたが素直に頂く事にしました042.gif

a0064474_1013712.jpg 後日出張ついでに軽トラを出動させてNさんと待ち合わせます。
携帯で連絡してやりとりしますが、他にも持って帰って欲しい物が有るとの事です。
結局カブも含めて3台の二輪を軽トラに載せて帰る事になりました(~_~;)
Nさんはとても親切な方で、3台共に実動状態にして持って来て下さっていました。
しかも3台全て綺麗な状態で頂き物としては勿体無いと思いましたが、Nさんは貰ってくれて嬉しいと言われます。
要らなければ処分して下さいとも言われますが、処分する方が勿体無い程のものでありました040.gif

さてこのスーパーカブですが、自分は以前カブ90を引き取って修理した事が有りますが、そんなにカブの知識が無いので知人やネットで調べてみると通称あんどんカブというとても旧いカブである事が判明しました。
あんどんというのはヘッドライトが6V電装で暗いのでそう呼んでいるのかと思いきやヘッドライト下のポジションランプが行灯のような形なのでそう呼ばれているようです058.gifa0064474_10295579.jpg
確かに行灯のような可愛い形をしていますねー笑
うちの父親いわく旧いカブは実用車故にスクラップにされたり東南アジアに輸出されたりしていて現存するのは少ないとか。
このカブも1970年頃のものだと言ってました。
そういえば子供の頃このカブの行灯が光っていたような記憶が有ります072.gif


a0064474_1053045.jpgメインキースイッチは車体の左サイドカバー部分に有り片面キーが時代を感じます。
キック数回で元気良く発動機は始動しました。
排気音は70ccながら単気筒の鼓動を感じさせるものです。
アクセルを吹かすと最中合わせのマフラーから元気のいい排気音を奏でてくれました。

a0064474_1115368.jpg暫く暖気させて行灯ランプを点灯させてみました。
ほんのりとした灯火のようでとっても可愛いのがあんどんカブという名前になったのだろうと妙に感心させられたのと、この小さな光と排気音との絶妙なコンビネーションに何かしら心が癒されるような気分にさせられます。
ラビットにもそういう雰囲気は有りますが、このカブにもそういう何かが存在しています。

a0064474_1195872.jpgしかし行灯も一度アクセルを捻ってやるととても明るく光りだしました。
試乗しても乗り易くとても気に入ってしまいました017.gif

ホンダスーパーカブという単車は良く出来た実用車だと誰しもが認めると思いますが、単車の味という面でも充分な魅力を持ち合わせているように感じました。
前のジョルノクレアもこのあんどんカブ C-70もホンダ車ですが、本当に良く出来ています。
このスーパーカブ暫くは色々と整備してやって楽しもうと思います。
登録するかどうかは決めてませんがまだ登録してないハイスーパーも有るし悩むところです039.gif
しかしこんなに素晴らしい貰い物ばかり頂いていいのかなーって思います。
他の2台もまた紹介しますね024.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-12-27 22:02 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(13)

ホンダ ジョルノクレア

a0064474_192189.jpg 最近うちにやって来る単車が色々と有ります。
しかも原付ばかりで全て貰い物であります051.gif
その第一弾がこのホンダ ジョルノクレアです。

うちの知り合いのクリーニング屋さんが頼んでいた品物を持って来たある日、うちに要らない単車が有るんだけど貰ってくれない?という事を云われました。
どんな単車か聞くと少し大きめの単車だと云われます。
娘さんが乗っていたらしく車種は解らないそうで、兎に角処分したいのであげますとの事です。

早速軽トラに乗って引き取りに行きました(^.^)
お家に着いて見ると、カブとスクーターが停まっています。
てっきりカブの方かと思いきやスクーターの方が今回の放出品でありました。
車体にはジョルノクレアと書いており、水冷4サイクルの現代的なスクーターで自分の乗っているラビットとは正反対な代物です033.gif
a0064474_1955385.jpg しかしスタイリングはとてもクラシカルでツートンカラーのボディや独立したメッキのヘッドライトが良い感じです。
溶けて痛んだエンブレムや既に終わってしまったバッテリーに野外放置の痕跡を感じますが、自賠責保険は信じられない事にまだ2年も残っていました(^^♪

早速整備に取り掛かり、プラグやエアクリーナーの清掃、オイル交換をしてやりブースターで始動させると世界で初めてというロングストロークの水冷4サイクル50ccエンジンは静かにアイドリングし始めました038.gif
流石に4サイクルの技術を誇るホンダの単車だなーっと思わされます。

a0064474_20122397.jpg さてこの世界で初めてというスクーターを暫く乗る事に決めました。
ラビットという街乗りの足が有るのですが、自賠責も残っているのと昨今のガソリンの価格高騰という事も理由の一つです。
バッテリーのみ新調せねばならないのですが、バッテリーの価格もかなりの上昇率であります。
いつもの南海部品のバーゲンやホームセンターの中国製でもかなりの価格でありました。
色々調べてみると丸亀に安くバッテリーを卸している店を見つけました。
ACデルコっていうメーカーの物ですが、密閉型バッテリーを最初に開発したメーカーのようですね。
価格も6400円という事で何と他の店の半額以下です008.gif
Z1-RやCS用の開放型バッテリーも在庫していてそれはこのバッテリーよりももっと安いようです。
ZもWもCSもバッテリーの年数が5年程のものばかりなのでそろそろ考えなければならないところですね。
CSのリヤシートにバッテリーを載せて帰り、早速ジョルノクレアに取り付けます。

a0064474_2143378.jpgセルはすんなり回って始動もスムーズでありました。
安価なバッテリーなのでありますが、暫く様子見て良ければ他の単車にも搭載してもいいかなと思います。

またまた増車となってしまいましたが、ホンダの技術の高さには感心させられますね。
街中での二段階右折が面倒ですが、チョロッと乗るのにはとっても重宝するので自賠責が切れるまでか嫁入り先が決まるまで付き合って行きたいと思います058.gif
しかしこのジョルノクレアが切っ掛けとなって色々な単車がうちに舞い込んで来る事になります。

053.gif乞うご期待
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-12-26 23:19 | 単車 | Trackback | Comments(8)

W乗り達で忘年会

a0064474_753518.jpg
 今年最後の出張と忘年会でありました。
W1Sに乗る為に生まれてきた男Koyoさんとそのお友達そしてW3を愛してやまないタンクさんとW2SS乗りである自分とでプチ忘年会をしました。

プチとは云いつつもみんな熱いW乗り達ばかりです、Koyoさん達が遅れて来るまでに二人で先に乾杯068.gifして今年のWミーティングの話や先日の徳島ラーメンツー等様々な話題で語り合います。
タンクさんのWと一緒に走ってていつも思ってたんですが、うちのラルゴとナンバーが同じなんですよねー>^_^<
偶然とはいえそんな話題から様々な単車の話題にまで話は尽きません。

そこに熱いW1S乗りのKoyoさん達が登場します。
これでWシリーズ1~3までの乗り手が揃いました066.gif
Koyoさん達と改めて乾杯してから益々Wの話はディープに盛り上がります。
そして飲む量も鰻登りのペースです071.gif
Wシリーズのリプレイス用リヤショックはどこがいいとか、タイヤがどうのとか高速ではこう走るとか、あの人がどうとかこうとか色々な話でありました。

しかしみんなWシリーズを愛して走らせ続ける仲間であります。
お開きの時間を惜しみつつ、新しい年での再会を誓い合いつつ解散としました。
また来年も飲んで語り合いましょう010.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-12-25 23:53 | W2SS | Trackback | Comments(11)

W2SS車検

a0064474_1745072.jpg 慌しい年末にW2SSの車検は2年に一度やってきます。
車検は一ヶ月前から受けられるのについつい延ばし延ばしになってしまいいつも慌てて車検になってしまいます。
ユーザー車検なのですが、ネット予約という便利なものが出来てたので初めてやってみました。
今までは電話で音声ガイダンスに従って予約だったんですが、これでかなり便利になりました。

さてWを車検する前にやっておかねばならない事が有ります。
それはタイヤの交換です。
少し前まで履いていたコンチタイヤのリヤが終わってしまったので、父親のWに履いたK-87MKⅡ付きのホイールに換装しておりました。
a0064474_8283299.jpg Wはスプロケとチェーンが車体に残るので交換作業がとても楽です。
父親から譲り受けていたK-87MKⅡは溝こそ残ってはいるもののサイドのヒビ割れが有ります。
車検前に新品タイヤにすればいいやと思い履いていましたが、用品屋にタイヤを買いに行く時間も無い程多忙だったので今回は父親のWに履いているタイヤをホイールごと借りる事にしました(~_~;)

父親のWに履いているタイヤはTT-100GPですが自分のWのタイヤサイズよりも少し細い3.50-18であります。
Wのシングルキャヴ車はフロントタイヤが18inでリヤタイヤが細いのが特徴です。
a0064474_8385255.jpg しかもホイールドラムの中身もグリスニップルが有ったり固定ボルトの仕様が違っていたり色々と異なっていますが互換性は有ります。
手際良くホイール交換して以前注意されたヘッドライトバルヴも念の為新しいものに交換しておきます。
書類も揃えていざ陸運局へ出発です。
予約時間前に印紙売り場へ行って重量税と検査料の印紙を買って書類に貼り付けます。
整備課に書類を提出し検査レーンにWを乗り付けます。
がしかしここで一つ忘れていた事が有りました。
W2SSのメーターはマイル表示メーターなのですが、最近の逆車のようにキロ表示が併せて表示されていなくダイモで数字を打ってレンズに貼り付けていました。
そのダイモの数字が雨風で剥がれて20キロと100キロのしか残っていません。
40.60.80を追加しておかないと恐らく車検には合格しないので慌てて帰宅してダイモで数字を打って貼り付けました(#^.^#)
こんな時陸運局が近いといいですねー笑
陸運局に戻っていよいよ車検開始です。
不具合は無く全てすんなり行きましたが、後ろに居たヤマハR1はウインカーの点滅を指摘されて不合格になっていました。
a0064474_8562060.jpg 
封印場で新しいステッカーを貼り付けて気分良く帰宅します。笑
これでまた2年間乗る事が出来ます。
帰宅してリヤホイールを外して置き去りにしていた父親のWに借りていたリヤホイールを自分のWから外して組み込みます。
父親も居たので一緒に同じ作業を親子でやってましたねー(=^・^=)



a0064474_924731.jpg またまたこのヒビ割れタイヤと付き合うんですが、多忙な時なのでまた合間で新しいタイヤを考えようと思います。
でもこのままチープにこのタイヤを磨り減らすような気もします。笑
ヒビ割れタイヤは寒い時期リスクも生じるので塩梅を見ながら楽しく走るように心掛けるつもりです。
CSもラビットも古いタイヤ履いてるので走りはそれなりになりますが、環境にも財布にも優しくをモットーに走りたいものです。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-12-21 17:05 | W2SS | Trackback | Comments(14)

出張先で

a0064474_22225723.jpg 師走の多忙な中日帰り出張となりました。
滅多に行かない出張先の通り道で凄い車を見掛けてしまいました。

トヨタ2000GTとポルシェです。
どちらもとても綺麗で実動車と思われます。
時間に追われてたんですが、思わず見入ってしまいました。笑
有る所には有るんですねーこういう車>^_^<
ちなみにうちにも新しい車がやって来る予定です。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-12-19 23:16 | その他 | Trackback | Comments(6)

師走の兎

a0064474_8155868.jpg 師走となって毎日忙しく走り回っています。
世間も慌しく動き回ってるのでしょうが、こんな時こそ慌てず余裕をもって行道したいものです。

近くの郵便局に所用でラビットを走らせました。
二輪の駐車スペースには普段見掛ける事のなかなか出来ないラビット301が停まっていました。
その直ぐ側にこれまた旧いオレンヂのヴェスパがラビットを見守るように停まっています。
何か何時からか時代が止まったかのような構図に笑ってしまいます(^.^)

郵便局に入ると民営化により中身はリニューアルされて様子がガラリと変わってしまっていました。
少し戸惑いつつも手続きを済ませてウインドー越しに旧いスクーター達を眺めて楽しんでいました。
先日も姉が、ボロボロのラビットに若い女の子が乗って走っていたと聞いていたのでどんな人が乗ってるのか一寸知りたい気もしましたが、スクーター達だけでお喋りしているようにも見えて何か愉快でしたね。笑
師走の慌しさの中この構図に癒されてしまいました(=^・^=)
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-12-17 23:50 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(6)

徳島ラーメンツー

a0064474_8141716.jpg 日増す毎に寒さが深まってきますね。
こんな時には無性に暖かい物を食べたくなったりします。
自分はあまり外食しないのですが、奈良のW3乗りであるタンクさんが徳島にラーメンツーリングされると云うのでご一緒させて頂きました。

事前に徳島で合流してラーメン屋さんを目指そうと電話で約束もしておりました。
合流地点は国道11号線の吉野川大橋を渡ったとこに決めます。
当日出掛ける前にW2SSを引っ張り出しますが、父親が発動機のオイル交換をしているのを見てWもその時期が過ぎているのに気が付き、そのまま出掛けようとも考えましたがさっさとやっつけようと作業開始です。
真っ黒けのオイルを排出している間にプラグを清掃したり、バッテリーのターミナルを掃除したり、伸びていたチェーンを引いたり、電話も掛かってきたりでとうとう出遅れてしまいます(+_+)

快調になったWをバリバリ走らせ頑張って徳島を目指します。
途中高速に乗ろうとも考えましたが、カードを持ってきていなかったのと入り口を走り飛ばしてしまったので、そのまま下道オンリーで走ります。
途中の信号待ちで携帯をチェックしましたがタンクさんからのメールも着信も無いので返信せずひたすら走り抜きます。

やっと吉野川が見えて来て遅れる事30分、無事にタンクさんと合流します。
タンクさんに会って第一声がゴメンなさいでした(~_~;)
上から下まで黒革尽くめのタンクさんのいでたちとW3はいつも綺麗で手入れが行き届いています。
今回は社外品のリヤショックと前後タイヤをIRCの物に交換されていました。
対する自分のWは出掛ける前に慌てて整備したので汚れているわ、タイヤはヒビ割れてるわの状態で恥ずかしい限りです。笑

タンクさんが予めラーメン屋さんを下見して下さっていてタンクW3の後ろに付いていざ出発!
W3はエキパイが連結でしかも大根サイレンサーと云われる容量の大きい消音器が特徴です。
しかし後ろから聴く排気音はマイルドで中々心地良い排気音です。
自分の非連結エキパイで細く短いSS消音器W2SSは反対にけたたましくワイルドな排気音であります。
こういう個性を味わえるのもこのWシリーズの好い所ですね。

少し走って目的の徳島ラーメン屋さんに到着。
支那そば巽屋という看板が出ていてもう駐車場は満杯状態です。
駐車場のデッドスペースに上手く単車を停めて中に入ります。
店にはもう既にお昼ご飯時のお客さんで一杯です。
入り口近くの空いている席に陣取ってラーメンを注文します。
タンクさんは肉玉入りの支那そば+ライス、自分はスタンダードな支那そばにしました。
a0064474_13274786.jpg さて出て来たラーメンはスープの色がかなり濃く独特です。
写真は自分のスタンダードな支那そばですが、タンクさんのはこの上にたっぷりの豚肉と生卵が割り落とされていました。
気になるお味ですが、見た目とは裏腹にすっきりでしかも甘いコクが感じられてしつこくないとても良い味でした。
麺もしっかりしてて食感も良いですね。

ラーメンを食べながらいつものWの話やCSの話に盛り上がります。
タンクさんちにも複数の単車が有り、珍しくカブの話を一番多くしてましたねー笑
店の中は暖かくて心地よかったのですが、お客さんも多いので外に出ました。
それから二人で少し走って鳴門のとあるとこで思わず暖かい珈琲を頂きました。
鳴門スカイラインを二台で走りたかったのですが、自分も所用が控えていたのでスカイラインの入口でタンクさんとお別れします。
タンクさんの走る姿をバックミラーで確認しつつ自分もWを走らせました。
讃岐饂飩もいいけど徳島ラーメンもたまにはいいですね。
またまたプチ麺ツーとなった一日でありました(^_^)v
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-12-16 23:13 | W2SS | Trackback | Comments(12)

献血で頂きました。

a0064474_12281211.jpg 日々寒くなって単車や自転車で走ると寒さが身に感じる季節となりました。
自分は毎年インフルエンザの予防接種とかはしない人です。
元来丈夫なのであまり気にしていないのですが、四十歳を過ぎてから無理はしないように心掛けています。笑

毎月世の中の為と自分の健康管理の一つとして献血をさせて頂いています(=^・^=)
もう今回で204回目の献血となりました。
健康だからこそ献血も出来る訳で、この血液が病気や怪我をした方達の為になると思うと物凄く意義があります。
自分は血液型がB型ですが、血液センターの方がABやBは普段から不足しているので有り難いとの事です。

献血させて頂くと血液の状態を15項目にわたって調べてくれ、その結果を郵送して下さります。
数字はどれも正常ですが、これからもそれを維持したいものであります。

毎週水曜日は花のプレゼントもして下さり、今回は宿根ネメシアというお花を頂きました。
小さな紫の花が可愛いもので四季を通じて花が咲くという多年草です。
年末で多忙ですが、この花に疲れを癒されました。

年末年始は血液も不足するそうですが、年越しまでにもう一度献血してあきたいなーって思っています。
今度は何を頂けるのかも楽しみにしつつ...(^.^)
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-12-14 12:28 | その他 | Trackback | Comments(4)
a0064474_18393454.jpg ネット不通や多忙のために書きかけで途中になっていたツーレポを書き上げときます。

りゅうじさんとういんずマスターさんはうちで泊まって待望の小豆島ツーリングの朝を迎えます。
がしかしそこに待っていたのは憎たらしい雨でありました。
斧ZZR君も合流すると聞いていたので、小豆島へ行くフェリーの時間を決めてメールします。
がしかし彼は風邪をこじらせてしまって今回は不参加だとメールが帰って来ます。
何か不穏なムードではありますが、フェリーの時間までうちで父親も交えて単車談義と天気の予想で語り合います。
10時40分の土庄行きのフェリーに決めていたので、10時出発と決めていますが雨が止みそうに無いです。
雨男は誰だろーなーって色々語りつつ荷物の積み込みとレインスーツの用意をします。
10時5分前にもう一度外を見ると見事に雨が上がっていました(=^・^=)
これならもしかするとレインスーツを着ないで行けそうです。
3台はフェリー乗り場まで駆けつけます。
秘密の割引券を使って安く小豆島へ渡ります。笑

a0064474_2018360.jpg 船の中では島内のルートを3人で話し合います。
草壁まで走って山の紅葉を見ながら走るルートを考えていましたが、りゅうじさん一行は2時半に大部港から出るフェリーに乗るのを決めていたのでショートコースに変更します。
島に到着してからすぐに近くの食堂で小豆島名産である素麺を頂きます。
暖かくてとっても美味しい素麺でありました。
小豆島でもお店で素麺はお土産品で売っててもなかなか素麺を食べさせてくれるお店は少ないようです。a0064474_20334522.jpg
美味しくて食べる前の写真をみんな撮るのを忘れる程のお味で満足です。笑
なかなかコシが有って出汁の味も饂飩出汁に近い感じでした。
小豆島の素麺も讃岐饂飩に負けず劣らずいい感じだとあらためて思いました。
ここでみんなお土産も買ってましたねー。

a0064474_20393157.jpg外には観光用のボンネットバスが停まっていたので、CS&SGと記念撮影。
一度このバスにも乗ってみたいものです。笑
ボンネット越しに見る景色はどんなもんなんでしょうね。
クーラーが有るのかどうか知らないですが、真夏でも窓全開で走ったら気持ち良さそうですね(^_^)v
ちなみに三菱FUSO製でありました。

a0064474_20503789.jpg 少し走って世界一狭い海峡としてギネスブックにも認定されている土渕海峡へ行きました。
一番狭いところで9.93メートルという海峡で川の河口と見紛う程です。笑
その橋の上に単車を並べて海峡見学とします。
海峡壁にはしっかりと藤壺や貝がくっ付いていて海水である事が解ります。
海峡の側道を走って昔ながらの街並みの細道に入り込み暫し風情を楽しみました。
こんな場所にはシングルエンジンの単車って似合いますね。

a0064474_2110454.jpg 次に目指したのは小豆島大観音です。
ここはみんなあまり知られていないというか淡路島にも大きな観音像が有って結構知られていますが、この大観音はそれよりも背の高さは低いようですが綺麗なお顔とスタイルです(#^.^#)
この観音像にはお釈迦様の遺歯をスリランカから奉戴して祭祀しているそうであります。
しかし聳え立つ大観音は迫力もんです。
中身はどうなってるのか知らないですが、外側だけでも観て拝む価値有りですね>^_^<
 
そこから3台は海岸線のワインディングをいいペースで走ります。
小豆島はワインディングの宝庫とも云える程道が曲がりくねっています。
前に車が居なければとっても楽しく走れてしまいますね。

a0064474_21343675.jpg最後は道の駅大阪城残石公園に行きました。
ここには大阪城を築城した時に運んだ大きな石を展示しています。
道の駅の横はその時の港になっていて傍らにはいくつもの大きな石が並べられています。
これが当時大阪に行く予定で運ばれなかった所謂残念石という事でありました。
筏で運んでいた様子を再現していましたが、昔の人の労力って凄いですね。
今はフェリーや重機も有りますが、当時の人は知恵と大勢の人足であの大阪ジヨウを築いたんでしょうね。
りゆうじさんもういんずマスターさんもかなり感心していました。
勿論自分もですよー笑

a0064474_21521145.jpg 本洲組の二人は大部港からのフェリーで日生に渡って佐用でホルモン焼きうどんを食べる予定です。
自分も行きたかったですが、夕方に所用が入っていたので見送りだけさせて頂きました。
待っている間に観光で来ておられたおじさんがメグロSGを繁々と眺めておられました。
昔は単車を乗られていたようでメグロが懐かしいとの事でありました。

CSで走る小豆島はとても楽しかったです。
出来うるなら山間の紅葉を楽しみたかったですが、満足でした。
CS繋がりで来られた皆さん、とっても楽しかったです。
また四国に遊びに来て下さいねー(^^♪
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-12-09 18:39 | CS-250 | Trackback | Comments(8)