旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2007年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

WEST W1ツーリング

a0064474_2025586.jpg 関西にはWEST W1クラブというものが奈良に存在してて定期的にミーティングやツーリングを行っています。
このブログにも遊びに来られているタンクさんやTさんが中心となって運営されています。
今年もツーリングの案内の葉書を頂いていたのですが、参加出来るか色々と思案していました。
しかし何とか時間も出来て参加の方向に風向きもお天気も向かってくれるようになります。
 このクラブは奈良県北部の降水確率が開催当日の朝6時の時点で30%以上になると開催中止となります。
事前にタンクさんに奈良のお天気情報を聞きますが、入梅前という事で確定は出来ないという事です。
しかし父親が夜行のフェリーで奈良の親戚のところに所用で出掛けるという事で軽トラの空きスペースにWを載せてフェリー代とガソリン代は無料と相成りました(^.^)
決してヘタレで走らない訳ではなくてチープ主義と親子のスキンシップですよー笑
 父親の仕事も午前中お手伝いしていよいよツーリングの待ち合わせ場所に出発です。a0064474_2041790.jpg 
タンクさんとTさん他WESTの主催者の方々と待ち合わせしますが、前日から猛烈に飛んでいる黄砂と花粉で眼がショボショボです(+_+)
タンクさんと薬局で洗眼薬を買ってから行くので少し遅れて走り出します。
二台のWはランデヴーを楽しみながら道を疾走します。
待ち合わせ場所にはもう何台ものWが鎮座していました。



a0064474_2053882.jpg ピカピカのW1シングルキャヴ車は以前御一緒したW1singleさんで漸くレストアが出来上がったようです。
当時のストックパーツを集めて組み上げたものでほぼオリヂナル状態です。





a0064474_2063562.jpg 
 浜松からはピカピカ前期型W2TTのお目見えでありました。
タンクさん曰くW2SSと排気音が似ているとの事でしたが音の捉え方も様々ですね。





a0064474_207910.jpg 
 メグロもWのルーツモデルのK1スタミナ、Z7スタミナと垂涎の単車も元気に走って来ました。
これがまたWと同じいいペースで走るんですから唯のお飾りじやなくて大したもんであります。
Koyoさんや音吉さん、わかぼんさん、御馴染みの岐阜組勢、nakaさん、メグロワークスさんも珍しくXs250splで参加されていました。
参加車両総勢52台でツーリング開始です。
 目的地は宇陀郡曽爾村の高原です。
道中の排気音は凄いものがありました。笑
ペースを落として色々なWの排気音やメカノイズを聞きたかったんですが、大勢過ぎてそれも叶わず仕舞いでしたが楽しく安全に(^.^)走ります。a0064474_2074157.jpg 
 曽爾高原には瞬く間に到着した感は有りましたが、到着してからまた色々とWウオッチング&トーキングで楽しみます。
kinkinさんともここで初めてお会い出来ましたねー。
 その後は皆帰路に着く人やもっと走るべく飛び出す人やらでバラバラと散って行きます。
自分とKoyoさんメグロワークスさん、FTR225さんはランチを兼ねて走り出します。
近くの高原レストに入ってランチとします。
ここではメグロワークスさんの目黒製作所哀話が聞けました。笑
 ランチの後はいい時間になり名阪入り口まで走ります。
名阪国道ではKoyoさんとFTRさんと三つ巴のバトルを楽しみます。
高速走行がヘビーなWですが、楽しく下りの高速コーナーを走り抜けて行きます。
名阪途中で二人とは別れて下道で神戸へとWを走らせます。

a0064474_20812100.jpg 帰りはフェリーとしましたが、時間も少し余裕が有ったのでお馴染みういんずマスターさんちに寄らせて頂きました。
何時も美味しい珈琲と楽しい話で迎えて下さり有り難い限りです。
ここではいつも時間を忘れてしまいます。
とっても良いお店です。

 船の出港時間が近くなり、港へとWを走らせて乗船します。
船中ではお風呂セットを持参していなかったので爆睡してしまいました。笑
日付の変わる頃までには自宅に到着。
大勢の方達と関わり合いが出来て楽しくツーリング出来ました。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-05-27 23:59 | W2SS | Trackback | Comments(28)

極上軽トラ 金五萬圓也

a0064474_18471853.jpg 軽トラって乗ってみた事有る人は解ると思いますが、とっても働き者で重宝する乗り物です。
うちの父親も軽トラ乗ってて普段の足に仕事に大活躍しています。
たまに自分も借りたりしますがマニュアルミッションで楽しく運転させて頂いてます。笑

BMWR100S乗りの友人から極上の軽トラを格安でどう?という話が舞い込んで来ました。
数日後VT250F乗りの友人を連れて一緒に見に行きます。

その軽トラはとても綺麗で年式こそ平成5年式ですが、走行距離はたったの1万2千キロ程でボディに傷も無くまさしく極上車です。
車検は残念ながら来月の末で切れるとの事でしたが、これで五万円は安いです。
三菱製の軽トラックでクーラーも装備していてエンジン音も静か、乗ってみると調子も良くシートの破れとかも有りますが、文句無くいい車でした。
うちに軽トラが無かったら自分に欲しいところでありましたが、一緒に行った友人が気に入って即決しましたねー。

この軽トラは友人の亡くなられたお父さんが使っていたもので大事にされていたもののようです。
これからも大事に乗り続けられて大活躍する事でしようね(^_^)v
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-05-24 18:49 | その他 | Trackback | Comments(14)

神都麥酒 

a0064474_9505858.jpg 段々と春から夏に季節が移り変わろうとしていますね。
朝晩の気温は寒い日も有りますが、日中の気温は夏を思わせるような時も有って街中でも半袖のTシャツ姿の人も見受けられます。
単車乗りにとって一番爽やかに走れる時季なんですが、これから先は梅雨と猛暑が待ち受けています(~_~;)

神戸に出張の際に良く珍しいお酒を頂く事が有ります。
それが日本酒だったり焼酎だったりするんですが、少し珍しい麦酒を頂きました。
伊勢志摩の麦酒で「神都麥酒」という銘柄です。
所謂地麦酒なんですが、作られ始めたのは明治10年代という事でかなり歴史が有り伊勢志摩限定との事です。
伊勢志摩の古代米を材料に使って製造されているという事で拘りの逸品ですね。

お味の方は独特の飲み口とすっきりとした後味で、なかなか渋い味だと感じました。
お風呂上りだったので二本飲んでしまいましたが、一本は次の楽しみに置いてあります(^_^)v
伊勢志摩に行かれる方やお伊勢参りされる方に是非買って帰られるといいと思います。
たまには違う味わいもいいものです。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-05-21 09:51 | その他 | Trackback | Comments(20)

左手の快感

a0064474_171524.jpg ラビットスクーターはトルクコンバーターのスーパーフローがとても有名であります。
昭和31年からこの流体式自動変速装置は採用されていて富士重工の技術の高さが窺い知れます。
今でこそオートマチックは二輪、四輪問わず一般的でありますがこの時代に早くもイージードライブに先鞭を付けていたのは特筆に価すると思います。

さて自分のラビットジュニアS-301でありますが、残念ながら富士重工の誇るトルコン車ではなくて自動遠心クラッチの3速です。
その操作は左のグリップを回してチェンジする手動チェンジです。
クラッチは自動遠心式なので一速に入れるのにはクラッチを握る必要はありません。
発進はクラッチミートせずにアクセルオンでそのまま走り出せます。
次に二速にチェンジするのに初めてクラッチを握ります。
そのクラッチ操作と変速の操作を左手でまとめて行います。
この操作がまた楽しくも難しいんですよね(^^♪
写真で見て解るように一速と二速の狭いリーチの間にニュートラルが有ります。
変速時に一速は手前にグリップを回します。
二速はクラッチを握ってその反対にグリップを回すんですが、ニュートラルを飛び越して二速にきちんと入れるのがなかなかなコツが要ります。
失敗してニュートラルに入ったりギヤ抜けしたりすると前に進まないばかりかガリガリして気分も悪いものです(+_+)
しかしこのシフト操作が上手く決まると楽しく気分もいいものであります(^.^)
次の三速は行き止まりなのでカチッと決まるんですよね。
このラビットの左手の操作がこの車の大きな魅力なんですよねー笑
乗りこなす快感というか現代のイージーなスクーターには無い味であって、スーパーフローシリーズのトルコン車には無い魅力なんですよね。
クラッチは半クラにする事によって発進時や加速時にモアパワーを伝達出来るようになります。
単車は乗りこなす楽しみもその魅力ですが、W2SSの右シフトチェンジにもそれに似た魅力が有りますね。

この左手の操作ってかなり楽しくてラビットに乗るのは便利なだけじゃなくてとっても面白いものなのでありました(^_^)v
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-05-16 17:02 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(20)

メーターランプ修理

a0064474_11455624.jpg W2SSは前期型にシングルキャブ時代とほぼ同じコンビネーションメ-ターを採用しています。
その形は水中眼鏡に良く似ておりメッキの縁回りや囲んでるゴムのダンパーもそのいでたちに一役かっています。
そしてそのメーターはライトハウスにマウントされて一体化しており前面から見るスタイルは独特でその後のWシリーズとは直ぐに識別出来ます(o|o)

その水中眼鏡メーター内の照明が不安定になり、とうとう点灯しなくなってしまいました(T_T)
昭和のテレビの如くボディを叩いたりすると復活するので騙し騙し乗ってはいましたが、とうとう潮時でありました。

早速修理してやる事とします。
コンビメーターはヘッドライトを外してメンテしてやるようになっています。
メーターのランプバルブソケットを抜いて小さなバルブを見てみるとフィラメントが案の定断線していました。
3Wという規格のバルブですが、中古のストックの中から同じ物を見つけてソケットに差し込み点灯検査すると元気良く点きました(^^♪
そのまま組上げてメーターランプ修理終了。

単車のメーターって乗り手からいつも見えている箇所ですよね。
それを見て乗り手も走ってるので夜間これが見えなくなると不安だし気分的にも寂しいものです。
単車が乗り手に対して情報を伝える大事な計器であると共に安全面は勿論ですが夜間そこから浮かび上がる文字盤と二つの指針の動きが織り成す雰囲気というものも大事ですよね§^。^§


 
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-05-14 13:40 | W2SS | Trackback | Comments(12)

白鶴 山田錦

a0064474_16493657.jpg このブログを始めて20件以上ものコメントを頂いたのは初めてでありました。
下のZミーティングの記事がそうなんですが、少し気になって普段見ないアクセス数を見てみたら何と297ものアクセスという事で吃驚しました^^;
アクセス数とかは気にしない人ですが、多くの人達に見て頂いて楽しいコメントを頂けるのはやっぱし嬉しいですね(^。^)
自分はついつい文章を纏めるのが下手で長くなってしまうので、見ている人にとっては長たらしく感じてるかも知れないですが、これからも双 極の調べブログにお付き合いどうぞ宜しくしますm(__)m

先日の先客萬來でとても美味しい日本酒を呑みました。
神戸は灘の白鶴酒造「山田錦」です。
このお酒はほんのり辛くて香ばしい味でありました。
自分は頂き物のお酒ばかり呑んでますが、頂き物っていいものばかりですよね。笑
人にあげるんですからやっぱしお奨めの物が多いでしょうねー(^^ゞ

お酒って一人で呑むのと相手が居るのとで味が違いますね。
今年のGWはとってもお客さんが多くてお酒も色々と楽しく頂きました。
量も沢山呑みましたが二日酔いもしないで、次の日単車に乗って長い距離を走れたのも来客の方達のお陰だと思います。
楽しい語らいと美味しいお酒ってやっぱりいいですね"^_^"
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-05-10 16:49 | その他 | Trackback(1) | Comments(10)
a0064474_21444985.jpg
 神戸でのCSミーティングも盛況に終わりmasatakaさんと自分は2人だけでZミーティングをする事にしていました。
前夜は沢山お酒を呑んで盛り上がったにも関わらず、早起きして朝ごはん前に朝駆けする事とします。
自分は出掛けるべく大学時代から愛用の革ジャンを羽織って仕度します。
勿論出掛ける相棒はZ1-Rです。
始動の為にメインスイッチをONにしますがインジケーターランプが点灯しません。
暫く乗ってやって無かったせいでバッテリーが弱ってました(:_;)
しかしキックでの始動で難なく空冷4サイクル四気筒発動機始動。
ズボーッというZ1-R専用の純正集合管からの排気音はmasatakaさんのZ650LTDよりも低く重低音ですが音量は比べて低めです。
これは走り出しても変わらない感じですね。

うちの近所の農道を抜けて2台のZは走ります。
どちらのZも男らしく、如何にもカワサキという形であります。
2人のZ乗りのいでたちもまた然りでありました。笑

a0064474_22132613.jpg
 masatakaさんZ650LTDとZ1-Rのランデブーは五色台スカイラインに入り本格的ワインディングステージになります。
masatakaさんは時折デジカメで後ろから走行している自分の姿を撮っていて余裕の走りを楽しんでいました。
上の画像がそうですが、拡大するととても大きな画像でしかもなかなかいい感じです"^_^"
自分の走ってる写真って見る事も少ないので感謝ですm(__)m

幾つものコーナーを走って展望台に到着して景色を楽しもうとしますが、生憎のガスで何も見えない状態でありました。
ワインディングには早朝のGWにも関わらず何台かのイマドキスーパースポーツ車が皮ツナギ姿のライダーと共に走っていました。
しかしmasatakaさんの乗るLTDはクロスしたメッキエキパイやゴツイ形のタンク、そして後が尖ったタックロールシートの部品が織り成す造形スタイルは魅力的です。
Z1-RはジェントルなカフェレーサーでしようがZ650LTDはこれぞ漢の単車という雰囲気が滲み出ています。

その後下山して讃岐饂飩で朝ご飯です。
今回はうちの近所のいきいきうどんに行きます。
ここは午前6時から開店しているというとってもモーニングな饂飩屋さんです。
a0064474_22354664.jpg釜玉饂飩とおでんをメニューに楽しむ事とします。
朝からお客さんも何人か入っています。
masatakaさんは讃岐饂飩初体験という事でしたが、角の立った麺の形と味に満足気でありました。
前に食べた時よりも麺が太くしっかりしてたように自分は感じましたね。
食べて腹ごしらえをした後はうちに一旦戻って食後の珈琲を飲みます。
masatakaさんは10時半徳島港のフェリーで帰るので近くの高速入り口まで送る事となります。
自分もその日は仕事だったので革ジャンから着替えて単車もラビットに乗り換えて御見送りする事にします。
a0064474_2245145.jpg 今度はラビットとZ650LTDのランデブーですが、この2台がまた面白い取り合わせでありました。
ここでも走行写真をしっかり撮られてましたねー。笑

masatakaさんとは高松道檀紙入り口でお別れです。
手を上げながらETCゲートに向かって疾走するLTDとの後姿と図太い排気音には痺れてしまいました。
2人だけのZミーティングと前夜祭は終わってしまいます。
そして自分のGWもこれで終わりです。
いつもの年よりもかなり楽しめたんじゃないかなと思いました。
これも沢山の方々がうちに来られて楽しい話や有り難いお土産を頂戴して、しかも其々拘りの単車でツー出来るんですから...

 このブログを通して知り合った方々はとても良い方ばかりです。
自分はそんな方達との縁をこれからも大事にしていきたいと思っています。
皆さん遠方からお越し頂いて有難う御座いましたm(__)m
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-05-07 22:04 | Z1-R | Trackback | Comments(27)

CS250神戸オフ

a0064474_2110197.jpg CS250という単車は一年間しか販売されなかった不運の単車です。
それだけに希少であり街中で見掛ける事はおろか、カワサキ車が数百台集まるイベントKCBMでもその姿を見る事は稀であります。
そのCSが神戸のカワサキワールドに集まろうというオフ会がCS乗りが集まるぶるうほうるが主催で行われます。
うちに泊まっていた50.ageさんも勿論このミーに参加します。
二台のCSは早朝の岡山行きフェリーに乗り込むべく走り出しました。
二人ともあんなに飲んで二日酔いも無く、しかも朝起きは得意というこれまた共通点が有りました"^_^"
港に着くとツーリングらしき数台の単車が待っていました。
その中に年季の入ったBMWK100がエンジン掛からなくて困っています。
折角のマスツーなのに気の毒だなーと思って乗船しましたが、後から無事にエンジン始動に成功して乗り込んで来ました。
原因はバッテリーターミナルの接点不良だったようです。
フェリーの所要時間は一時間ですが、50.ageさんと語ってたらアッと言う間に岡山に到着。
さてこから第一集合場所の明石川重本社10時を目指して走り出します。
二台のCSは下道オンリーで150キロを走り抜きました。
GW中でもそんなに混んで無いようでしたが国道2号の名物である爆走トラックが居なくて良かったです。
快調に飛ばしますが途中のネズミ捕りには運良くお世話にならなくて済みました。笑

a0064474_21542171.jpg 少し早めに明石に到着。
まだ誰も待って居ませんが、自分は神戸で一件仕事が入っています。
その所用を終わらせてからカワサキワールドに向かいたいのですが、土地勘の無い50.ageさんを一人で置いてけぼりも可哀想です。
しかし10時になっても誰も来ず、どうしたものかと思っていたらういんずマスターさんがメグロSGで登場(^。^)
CSは調子が悪く仕方なくルーツモデルのSGで来たとの事でした。
いつもながらいい味の出てる単車でありました。
そこから自分は仕事をするべく別行動です。

さて所用も済ませてカワサキワールドに向かいます。
GWという事で神戸市内は車も多くて渋滞しています。
その中をCSの機敏性で走り抜けます。
ワールドに到着すると大阪のCS乗りのキヨシさんと東京からZ650LTD乗りのmasatakaさんが居られました。
キヨシさんとは三重でのKCBM以来でmasatakaさんとは初めてお会いします。
3人で談笑しているとういんずマスターさんと50.ageさん大阪のカスタムCS乗りのりゅうじさんが揃って来られます。
そして千葉からぶるうほうる村のひよこまめさんが爆音CSで登場します。
この時点でCSが5台となり過去最高の台数を記録します。
そしてそれに追い討ちをかけるが如く大阪のCS乗りのさんぽんさんが集まって過去最高総勢6台のCSが集まりました。
a0064474_22191961.jpg
左からりゅうじさん鬼カスタムCSキャリヤ付き、50.ageさんヤレヤレ仕様CS、キヨシさん日本で唯一?ETC装着CS、さんぽんさんピカピカCS、KAZ今回唯一グレーCS所々赤仕様、ひよこまめ村長爆音&GIVIケース付きCS、masatakaさんZ650LTD、ういんずマスターさんメグロSGであります。
皆其々特徴が有って一台一台見てて楽しいんですよねー笑
CSという単車は人気も無く知らない人も多いんですが、この集団の会話は楽しくも恐ろしい会話でありました"^_^"
その後カワサキワールドに皆で入って楽しみます。
ワールドには初めてという人も多かったですが、入場している人の数は凄かったですね。
新しい展示も増えていて何回来てもここはいいですね。

a0064474_2394141.jpg ひよこまめ村長から楽しいグッズの披露と販売が有りました。
大小の幟ですが、とてもいい造りをしています。
記念撮影にも大きなのを使って撮りました。

その後は其々再会を誓って帰路につきます。
これから関東に向けて走る50.ageさんとひよこまめ村長には脱帽です。
お気を付けて道中走って下さいねm(__)m
関西勢が見送る中元気にダカダカと走って行かれました。

自分とmasatakaさんは四国に向けて走ります。
というのもmasatakaさんは讃岐饂飩を食べにうちにやって来るからです"^_^"
CSとLTDは元気良くランデブーして国道2号を走り出します。
がしかしすぐに大渋滞に巻き込まれてしまい、すり抜け走行です。
CSは車体がスリムですがLTDはエンジン幅も広くおまけにガードが付いています。
しかし都内で渋滞路を走るのに慣れているのかいいペースで追尾してきます。
やがて渋滞も収まり、今度はバイパスステージでのバトル?です。
CSとLTDが一緒に走る姿って凄いですよね。
masatakaさんは余裕で後ろからカメラで写真を撮っていました。
こっちは必死でアクセル開けて走ります。
650cc四気筒と250cc単気筒なので差は明らかですがCSも健闘していました。笑
150km下道バトルもなかなか楽しいものです^^;
a0064474_0435336.jpg 朝乗った宇高国道フェリーに二台のマイナー川重車は滑り込みました。
お互いに楽しく走った事を語り合いながら船中を過ごします。
あっという間の一時間後に船は到着して二台はKAZ邸に到着。
お風呂で汗を流した後はまたまた美味しい酒と単車談義での後夜祭となりました。
お酒がとっても美味しく感じられましたねー"^_^"
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-05-06 21:30 | CS-250 | Trackback | Comments(7)

千客萬來とCS前夜祭

a0064474_21133135.jpg
 熱烈なるCS乗りである50.ageさんが東京から四国ツーに来られました。
GWというものがあまり関係無い自分にとって来客はとても楽しい時間です。
50.ageさんはフェリーで徳島に着いて徳島から貞光を経由して讃岐入りしたそうで、途中色々と景色とかを楽しみながら来られたようです。
しかも高速は極力使わない主義という事で、その点は自分と共通しています。笑

善通寺駅で待ち合わせの約束をします。
50.ageさんは昔Wに乗っていたそうでリクエストに応えてWで出掛けます。
善通寺駅前には既に今回初めて会う50.ageさんが待っておられてCS共々で迎えてくれました。
パンチングメッシュの革ジャンを着ておられて凛々しいスタイルでのツーとお見受けします。
軍事関係の物が好きという事で善通寺の駐屯地に二台は向かいます。
a0064474_22204489.jpg 駐屯地は善通寺駅から直ぐ近くにあります。
しかし既に軍事車両の拝観時間は終わっていて一度は断られます。
そこをお願いして見せて頂ける事になりました。
50.ageさんは車両の歴史や種類に詳しく吃驚してしまいます。
自分はそんなに詳しくないので聞いて感心させられてしまいました。笑

その後丸亀城見物に行きましたが、丁度お城祭の日にかち合ってしまい、道路は規制され人の出も凄く祭の賑わい満点という感じです。
トップの画像がそれですがあののところまで近づくのがやっとでありました。
しかし凄い人でありました(^_-)

a0064474_23481256.jpg それから瀬戸大橋を見物して貰う事にして橋の袂のとこに単車を走らせます。
WとCSの排気音はどちらもいい音を奏でていました。
やっぱしマルチより自分にはこの排気音が合っているように思います。
瀬戸大橋公園に着いて50.ageさんは初めて見る瀬戸大橋の大きさに吃驚していました^^;
そして高速道路と電車の二階建て構造に感心されいてました。
ここで何故か色々な話題でじっくり語り合う二人でありました。笑
誰も居ない野外音楽堂でストリートのギタリストのBGMが心地良かったですね♪

今夜はうちでプチ前夜祭です。
というのも明日は神戸でCS250のミーティングが有るからです。
50.ageさんと自分は一緒に神戸入りする事になり、お土産に頂いた善光寺平の地酒である限定のお酒に酔いしれます。
とろみの有る味で甘いお酒でありました。
語り合う内容はCSの事もツーリングの価値観そして旧車の話と尽きません。
途中居眠りしてしまいましたが、次の日は早朝の岡山行きフェリーで下道走りをするので日付の変わらぬうちに就寝ですm(__)m
続く
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-05-05 22:14 | CS-250 | Trackback | Comments(8)

はっしぃさんも来讃

a0064474_14421176.jpg
 世間ではGW真っ盛りという事ですが、自分はカレンダーの通りに休みも無く毎年過ごしています。
そんなGWですが、今年は色々楽しく過ごせるような話が目白押しとなりました。

その皮切りとしてこのブログでもお馴染みのFZ-6乗りのはっしぃさんがロングツーのルートに讃岐路を走るという事でお会いする事になりました。
しかし約束の日は天気予報では完全に雨という事です。
先日のくにさん、あややさん、コキンジさん御一行の時も雨に祟られていたので自分はもしかすると雨男なのかと思っていました(:_;)

当日の朝から激しく雨は降っていて、くにさん達と走った時のレインスーツがガレージにそのまま干してあるのに再度お世話になるのかと思い、前回あややさんに指摘されていたブーツカバーも用意しておきます^^;
しかしはっしぃさんと約束の午後一時までにはすっかり晴れて革ジャンが暑い程の天気となりました。
雨男の汚名返上でダカダカララララー出掛けて行きます。

道の駅滝宮に待ち合わせという事で途中のワインディングを楽しみながら走ります。
雨に洗われた路面と景色に酔いしれながら到着です。
道の駅はGW真ん中の平日ながら車がいっぱいです。
はっしぃさんの単車を探しますがゼファー750が見えているだけで発見出来ません。
暫くするとはっしぃさんが声を掛けてくれました。
車がいっぱいで奥の方に追いやられていたようです。
初めてお会いするはっしぃさんは体格がガッチリしたとても気さくな方でありました。
しまなみ海道を雨の中走って来られたそうで景色は何も見えずに残念であったという事でした。
FZも拝見させて頂きましたが太いタイヤやフレームワークにイマドキを強く感じましたね。

はっしぃさんはお目当ての饂飩屋さんに行きそびれたようで昼ご飯がまだと云う事です。
近くにお奨めの饂飩屋さんは無いですか?との事で、讃岐屋あやうたに行く事にします。

道の駅から3分で讃岐屋に到着。笑
駐車場には車がいっぱいで店の外にも人の行列です。
a0064474_15574593.jpgはっしぃさんは仕事で香川に来る事も有って讃岐饂飩には目が無いようでありました。
自分はぶっかけ饂飩、はっしぃさんは醤油饂飩を注文しました。
ここの饂飩はとっても麺がしっかりしていてお奨めのお店です。
はっしぃさんもかなり満足そうでありました。
店内はどんどんお客さんが入って来るのでゆっくり話が出来ないので駐車場に出てお互いの単車を見ながら語り合います。
ここではっしぃさんからお土産として出雲大社のお守り札を有り難く頂きました。
今回はっしぃさんのリクエストでCSに乗って行きましたが、実際に走っているCSを見るのは初めてでシングルの排気音がいい感じだという印象です。

暫し歓談の後、単車乗りの集まる喫茶に行きたいという事で、このブログにも紹介した喫茶スピリットに行く事にします。
山越えの細い山道を走る短縮コースで行きましたが荷物満載のFZにはハードでしたかね^^;

a0064474_1691546.jpgスピリットには何人かのお客さんが居てお茶を飲んでいます。
懐かしい知り合いのお客さんや、惜しくも他界されたマスターを慕って東京から飛行機で来られている方も居られました。
みんな単車乗りで大好きなマスターに逢いたくて来ているんだと思います。
美味しい珈琲を飲みながらまた単車談義とブログ談義になりました。笑
スピリットにはマスターの遺品であるスポーツカブがレストアされて飾られています。
この単車を再生するのにマスターは心血を注いでいたとお店ではいつも話題になりますね。

スピリットを後にしてはっしぃさんにはうちの家に遊びに来て貰いました。
ガレージ探訪では無いですが、初めて見るラビットとW2SSには興味深々だったようです。笑
全ての単車の排気音を堪能して貰いました(^_-)
うちの父親も交えてまたまた単車談義となりますが、時間を忘れて語り合いましたねー笑
a0064474_16324838.jpg今夜は徳島のお宿に宿泊されるそうで近くまでラビットで先導させて頂きました。
薄闇の中に40年も前のラビットがイマドキのFZ-6を従えて走るのって滑稽に映ってたでしょうね(^・^)
国道に出てはっしぃさんとお別れの挨拶を交わして、後ろ姿を見送りましたがその走る姿は貫禄が出てきてるような気がしましたよー。

まだまだ終わらない今年のGW....
[PR]
by kawasakiw2ss | 2007-05-02 12:23 | CS-250 | Trackback(1) | Comments(12)