旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

3種のオイル交換

a0064474_1938255.jpg カワサキWシリーズはオーバーヘッドバルブ所謂OHVというメグロ譲りのエンジン形式を踏襲していて、おまけにミッションも別体のケースで独立そしてクラッチハウジングも別のケースという構造です。
エンジンオイルとミッションオイル、そしてクラッチオイルも別々に入れる必要が有ります。
今回はその3種のオイルを全部交換してやりました。

エンジンオイルは先月のWツーリングで距離オーバーしてしまってそのままです^^;
Wのエンジンオイルはドライサンプ方式なのでオイルタンクから抜きます。
容量は2.5㍑で使用オイルはいつものシェブロンオイルです。
案の定かなり真っ黒けでした。

続いてミッションオイルです。
ミッションオイルは車体の真下にドレンボルトが有り、同じように排出させます。
これもかなり汚れており、本来はSAE♯30番のモービル油を500ml使用する事と当時のSMには書いてありますが、そんなオイルは無いのでボトルに残ったシェブロンオイルを入れてやりました。

最後はクラッチオイルです。
クラッチオイルはエンジン左側のクラッチケースのサイドにドレンボルトが有ります。
出てきたオイルは独特の灰色に濁っていました。
ここにはスピンドルオイルを使用する事となっていて言う通りにスピンドルオイルを450ml入れてやりました。
このスピンドルオイルも以前近くのGSでまとめ買いしたものです。
スピンドルオイルの代わりにATFを使用している人も居るみたいですね。

最近疑問に思うのがこの交換するオイルが黒く汚れてるっていうのはいいのか悪いのかという事です。
確かに黒くなってるという事はエンジン内の洗浄効果が高いのでしようが反対に金属同士が摩擦して黒くなってるとも考えられます。
どちらの要素も一理有りですが、如何なもんなんでしょうね?

さて3種のオイルを交換してやったWはとりあえず快調そのもの。
明後日は岡山でW乗り達との忘年会が行われるとの事でとても楽しみです。
呑んで語ってシュラフで雑魚寝する予定ですが、全て新しいオイルを入れてやったWと共に次の日は神戸に出張予定です。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2006-11-30 20:31 | W2SS | Trackback | Comments(17)

祖父と呑んだ日本酒

a0064474_8571496.jpg 熱燗の美味しい季節になりました。
ハワイの赤ワインも飲んでしまって今度はいつもの日本酒を呑んでます。
山川酒造の梅錦です。
この梅錦はポンコツ同盟のVT乗りの友人が整備を手伝ったお礼との事で貰ったものです。
この梅錦は愛媛のお酒で冷やでも燗でも美味しいお酒なのでお気に入りです。

自分が日本酒を呑むようになったのは今は亡き祖父の影響でありました。
うちの父親はお酒を呑まないのでいつも祖父と晩酌したり、時には朝から呑んでたりしてました(#^.^#)
祖父もお酒を自分と呑み交わすのを楽しみにしていたようです。
父親には単車を教わり、祖父にはお酒の味を教えて頂きましたねー。
そんな祖父と良く飲んだのがこの梅錦です。

うちは墓所が近くに有ってほぼ毎朝散歩がてら参拝しています。
いつか祖父のお墓の前で大好きだったこの梅錦を呑み交わしてあげたいと思っています。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2006-11-23 21:08 | その他 | Trackback | Comments(6)

ラビットおじいちゃん

 最近とっても寒くなりましたねー。
単車に乗るウェアも普通のものでは寒いので通勤時の単車乗りさん達もオーバーパンツ履いてる人ももう見掛けました。

自分は短い距離を走るのは専らラビットです。
スクーターは前のシールドが有るので足元が暖かく、小雨でも凌げるので重宝しています(^^♪
ラビットに乗る以前は街中を走るのもZ1-RやW2SSでも走っててCSが街中専用というか稼働率は高かったのですが今はラビットにオカブを取られてしまってます。笑

今日も所用で街中をラビットで走り出します。
しかし途中でエンジンストール,,,
歩道に乗り上げて左のサイドカバーを外します。
思っていた通り故障箇所はプラグキャップの接触不良でした^^;
実は先日家でエンジンが掛からなくなってしまい調べるとプラグコードがキャップ近くで切れてしまってます。
キャップに残った短い切れたコードを抜いてコードをねじ込もうとすると入りません。
キャップのコード穴を見るとコードに刺さるピンが横向きに出ています。
普通のキャップは縦に出ていてそこにコードの芯が刺さっていくのですが、これは変ってます。
取り合えずねじ込んでエンジンも掛かりました。
その時の俄か修理したのが祟ってまたコードが抜け掛かってます。
時間に追われてるので今度も無理矢理ねじ込んで走行再開します。

大事な所用も無事に済ませて帰り道に何と路上でラビット発見(*^_^*)
珍しいなーと思って追い掛けると同じベージュの301モデルでおじいちゃんが乗ってました(^ム^)
このおじいさん時たま見掛けるんですよね。
時にはおばあちゃん乗せてたりしてて黄ばんだ半ヘル被って何ともいい味出しています。
かなり昔から乗ってると思いますが、ラビットに少々のトラブルが出ても自分で直して走って行くんだろーなーってさっきの自分を思い出しつつ左手を上げて先を急がせて貰いました。
ラビットに乗る人って自分のようにまだ数年のハナタレ小僧からこんなおじいちゃんのように発売当時から新車で乗り続けてると思われる人まで様々でしょうが同じ単車に乗り続けて、それも晩年まで乗り続けてる人の滲み出るような味というか言葉で言い表せないものがありますね。
信念というか大袈裟に云うと一つのものを大事にし続ける精神というものを感じずにはいられないのでありました。

紫煙を吐き走るラビットおじいちゃん最高にカッコ良かったです(#^.^#)
そうそうプラグコードちゃんと直さなきゃー笑
[PR]
by kawasakiw2ss | 2006-11-18 07:15 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(18)

ワインの季節

a0064474_10114157.jpg 11月となると巷ではボジョレ-ヌーボーの解禁日という事でフランスワインが宣伝も高らかに店頭に並び出しますね。
日本が時差の関係で一番先に解禁されるという事でワイン通の人には堪らない季節なんでしようねー。

自分はワイン通では無いんですが姉からワインを貰ったのでてっきりそのボジョレ-ヌーボーかと思いきやハワイのワインでありました。笑
ULUPALAKUAの赤ワインと書いています。
ラベルにはハワイの農家らしき白い平屋の建物と庭が描かれています。
歴史はそんなに古くなく最近の銘柄みたいですが、ワインの味をそんなに知らない自分でも飲むとすっきりしてて美味しいですね。
ワインの名前は農場の名前という事ですが、ここのワインの試飲室は荒くれカウボーイの刑務所だったといういわく付きです。笑

自分は流行とか新しいものってあんましも興味無く普段飲むお酒はビールか焼酎もしくは日本酒なんですが、たまにはワインもいいですね。

ハワイのワイン是非お奨めします(#^.^#)
[PR]
by kawasakiw2ss | 2006-11-16 10:36 | その他 | Trackback | Comments(2)
a0064474_19342584.jpg 今日は久々にラルゴを洗車してやりました。
うちのラルゴは黒なので雨に降られるとすぐに汚れが目立ちます。
実はラルゴを中古で買うときに銀色とこの黒が有って迷う事無く黒にしました。
ダースベイダーみたいなイメージが有って気に入ってるんですが汚れるととってもみすぼらしくなってしまいます。笑
このへんは黒塗りの高級車やタクシーも同じですねー(^ム^)

さて洗車ですが、うちは有り難い事に井戸が有るので井戸水で洗車しています。
天の恵みに感謝しつつ洗車開始です。
先ず車体全体にホースで水を掛けます。
そして家庭用洗剤を水で溶かしたのをバケツにいれてスポンジで上から下へと洗います。
洗った後は水洗いして拭き取りクロスで水分を取ります。
いつもならその後ワックス掛けするんですが、時間が無いのと小雨が降ってきたのでオイル交換をしてやりました。

ラルゴももう約11万キロを走りました。
使うオイルはいつものシェブロンであります。
うちには行きつけの車屋さんに貰ったジャッキが有っていつもこれで車体を持ち上げてます。
とても重宝しててオイル交換やタイヤのローテーションに大活躍です。
ラルゴのオイル容量はフィルター交換無しで3.1㍑と少なくフィルター込みでも3.4㍑です。
2400ccの車にしては少ないオイル容量の気がします。

車体も綺麗になりオイルも交換されてエンジン音がとても静かになり人車共に気分が良くなりますねー!(^^)!

巷にはまだこのラルゴ良く見かけます。
これから段々その数も少なくなるでしょうが今後もラルゴに乗り続けて、現在11万キロ走行ですが、目指すは20万キロです。
しっかりメンテもしてやって長く乗り続けてやりたいですね。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2006-11-12 20:30 | ラルゴW30 | Trackback | Comments(6)

大先輩との別れ

 今日は94歳になる知り合いのおじいちゃんのお葬式でした。
小さい頃から可愛がられて育った自分にとっては恩人であり、思い出も数多く事ある毎にうちの家で手打ちうどんを作ってくれたりした事が思い出されて、今日のお別れはとても悲しかったです。

94歳という年齢はとても長生きだと思いますが、ついこの間まで元気にいたので信じられない出来事です。
このおじいちゃん朝起きたらそのまま眠るように亡くなっててまさしく大往生でありました。

実はこのおじいちゃんは晩年250ccの単車に乗り始めた時期がありました。
それまではスーパーカブが愛車でしたが、70歳を過ぎた頃にどうやらホンダLAカスタムを買って乗っていると父親から聞いて吃驚したものです。
その当時は自分も大学生でZ250FSに乗ってたのでLAカスタムという単車は豪華に映りそのおじいちゃんの黒い革ジャンと革パンツの上下のいでたちとあいまって羨望の眼差しでありました。
高速道路を走ったり県外にも出向いて行く姿をうちの父親も当時尊敬するよなーって言っていたと思います。

その後事故に合ってLAカスタムは廃車となりもう大きい単車は止めるのかと思いきや今度はホンダレブル250となりました(^_^)
一度そのおじいちゃんにカブと250の単車とどっちがいいですか?と聞いた事が有ります。
すぐさま250の方がスピードも出て疲れないし楽しいって言葉が返ってきました。
そんな勇姿も今はもう見られません。
だけどその精神をしっかりと受け継ぎたいものです。

自分が何歳まで単車に乗り続けるのか解らないですがいつまでも矍鑠として単車に乗っていたいものです。

大先輩のおじいちやん、自分も貴方のような単車乗りになりたいです。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2006-11-10 20:47 | 単車 | Trackback | Comments(3)
a0064474_2040519.jpg さて京都へと我がCSは国道24号線を快走します。
奈良を抜けて京都に入ると少し渋滞してきますがCSの車体はスリムなのでかなり狭い間もすり抜け出来いいペースで走れます。

今回の古き2輪を愛でる会ですが、初めての参加です。
国内外の旧車、希少車が多数集まるという中をCSで参加するのはCS乗りとしての拘りですが、この単車も20年選手でしかも僅か一年間だけ少量生産されていない車両です。
街中で見るのはおろかカワサキ車が多数集まるKCBMでもその姿を見るのはごく稀という希少車です。笑
W2SSやZ1-R、ラビツトで参加した方がいいのかもですが今回は敢えてCSで参加という事に決定です(^ム^)

会場を探すのに少し迷いましたが無事にミーティング会場に到着します。
受付をして車両紹介のカードをヘッドライトに貼り付けていよいよ我がカワサキCS-250会場入りです(#^.^#)
見渡すともうかなりの台数の旧車が集まっています。
すぐにメグロS-8乗りのメグロワークスさんが自分を見つけてくれてお互いの単車の話やこのミーテイングの話、今回の参加車両の話で盛り上がります。
a0064474_8185512.jpg今回デンマークのニンブスという珍しい車両が人車共に何と空輸で日本にやってきて日本ツーリングの途中に立ち寄ったとの事です。
直列四気筒エンジンはバルブの作動も丸見えで車体の美しさも加わって見惚れてしまいました(^_^)

そうこうしていると新しく側車を付けたW1S乗りのKoyoさんとKoyoさんのお友達0826さんも合流して四人でまた話の輪が広がります。
KoyoさんのWは片肺状態がたまに出てなかなか苦戦しながら走って来ていたようでした。
京都のラビット乗りの方々とも久し振りに会う事が出来、色々楽しく語らせて頂きます。
後で猫機関長さんも来ますよーと宣伝もしておきました。笑a0064474_816041.jpg
カワサキメグロK2も綺麗なのが来ていて真っ黒いタンクを始め外装は缶スプレーで塗ったとか...
お隣にいた漆黒のBMWに負けない程の美しさとスタイルです。

暫くするとメグロSG乗りのういんずマスターと同じくCS-250乗りの奥さんが仲良く会場入りされました。
ういんずマスター奥さんのCSが走ってるのは今回初めて見ましたが、ここのブログで御馴染みのくにさんと負けず劣らない人車のサイズバランスでありました!(^^)!
このお二人も加わり目黒ネタCSネタなんかでまたまた盛り上がります。

a0064474_8105557.jpg内外の誇り高き旧車が360台という過去最高の参加台数と聞きましたがその中でカワサキ乗りからもカワサキ車だと認識され難いCSが2台も鎮座してるのを楽しく見ていたのは言うまでも有りません。笑
これがWやZラビットなら当り前な感じでしょうがCSという単車を興味有るのか見ている方は結構存在していましたねー(^^♪

その後6人で会場から少し離れた場所に昼ごはんを食べに行きました。
この日はとっても暑くてみんな革ジャン脱いで歩きました^^;
中華料理屋さんに入って楽しくランチしながらまた語り合って盛り上がって時間を忘れてしまいそうです。

ランチから帰るとMVXを乗せてトランポで来た猫機関長さんが待っていて丁度MVXで参加していた方とタイムリーな話が出来たようでありました。
これから整備して元気に走って下さいねー。

もっと居たかったのですが、神戸での仕事を済まさねばならず神戸までの道中はういんず夫妻と走ろうと思っていましたが連休で道路はかなりの渋滞との事で流石のCSもまたまた高速道路のお世話になり、渋滞で停まってキックしていたKoyoさんを横目に単独神戸へと向います。
高速で移動してい道中もこのミーティングに参加したであろう車両が走っていて飽きさせませんでした。
神戸にはお陰で早くに着き仕事も手早くこなします。
その後ういんずマスターさんちの喫茶店カフェドういんずへお邪魔します。
いつも美味しい珈琲をご馳走になり、今日の感想や単車の話や音楽の話で楽しい珈琲ブレイクをさせて頂きました。
その後単車好きのお友達も来店したりヴェスパも見せて頂いてエンジン始動してみたりとタイトな時間の中でしたがとっても楽しい出張ツーリングとミーティングでした。

神戸からフェリーに乗って帰る道中も友人家族がたまたま乗ってたりしてまたまた色々語り合い笑ったりの時間でありました。

我がCSは二日間無給油で300㌔以上走ってくれて頼もしい相棒でした。
本当に濃い時間の連続でブログの文章も長くなりました<(_ _)>
[PR]
by kawasakiw2ss | 2006-11-06 20:38 | CS-250 | Trackback | Comments(9)
 世間は3連休という事で有りますが、休みでも多忙な方は居るようで自分もその中の一人だったりする時も有ります。笑

大阪の友人が以前から乗らなくなったMVX250を誰か欲しい人が居たらって言う事を様々な単車仲間に話しておりました。
しかしあの単車はエンジンが焼き付くだとか部品に困るだとか散々言われて嫁入り先に困っておりました。
先日ラビット乗りの猫機関長さんにMVXの話をすると二つ返事で欲しいとの事(^^♪
欲しい人が居なかったら自分が欲しかったんですが、もう増車はしないと決めているので猫機関長さんへの嫁入りは我が事のように嬉しい展開です。

大阪の友人にその事を話し引取りの日程を猫機関長さんの予定と自分の予定とで調整。
多忙な三人の合う時間は3日の午前7時から30分間という早朝のタイトな時間となりました^^;
自分は3日の午後から神戸への出張の仕事が有り前日から相棒としてCS-250を走らせます。
神戸行きのフェリーに乗り込みますが準備やら突然の来客やらでゴタゴタしてしまい、フェリーの便が一便遅くなってしまいました(~_~;)
船中では猫機関長さんとの約束時間に間に合うかどうか気になります。
下船してからは高速を使う事にします。
普段あまり使わない高速ですが、CS-250は元気に走ってくれて約束の時間よりもかなり早く着き、下道でも良かったかなーっと少し思ってみたりしました。笑
奈良に着いてから猫機関長さん夫妻と落ち合い向かうは猫機関長さんの奥さんの里のお家です。
今夜はここで泊まる約束になっていて奥さんの家族と楽しく飲んで語りました。
奥さんのお父さんは物凄いラビットマニアで昔の様々なラビット話や苦労話や笑い話等を美味しい肴とお酒で楽しませてくれます。
しかも部屋に囲炉裏が据えられていて回りは古道具がいっぱいでとても良い雰囲気です(#^.^#)
滅多に聞けない逸話も有り、その夜は猫機関長さんと二人だけ囲炉裏の傍で休ませて頂きました。

次の朝は早くに起きてトランポに二人乗り込みMVXとのご対面に大阪へ出発です。
裏道を駆使して走り道中はエンジンオイルの話で盛り上がり、無事予定時間に到着。
a0064474_17302469.jpgMVXはもう外に出ていて友人も待っていて色々な説明を聞きMVXをトランポに載せます。
気前の良い友人は年式の割りに綺麗なMVXを無料で差し上げる事を猫機関長さんに告げます。
単車が結ぶ人の縁って不思議ですよね。
気に入った相手にはお金も取らないんですから...
美味しい珈琲も頂いてまた奈良に戻りながら今度はMVXの話で盛り上がります。

今日は京都で「古き2輪を愛でる会」が開催されるので猫機関長さんと参加する事にします。
猫機関長さん夫妻とお父さんと自分は美味しいモーニングを喫茶店で頂いた後自分はCSで猫機関長さんはトランポで京都へと出発しました。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2006-11-04 17:28 | CS-250 | Trackback | Comments(13)