旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2006年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

a0064474_1612149.jpg 秋のメンテナンス第二弾という事でW2SSのフォークオイルを交換してやりました。
Wシリーズは最終型のW3を除いて昔ながらのテレスコピックフォークを採用していてインナーチューブ内にフォークスプリングが無くボトムケースと三叉の間の黒いゴムブーツ内に短く太いスプリングが存在します。
W3にもブーツは付いていますが、この中にはスプリングは無く最近のフォークと同じくインナーチューブの中に有ってこれはZ1-Rとかのフォークと同じ近代的なチェリアーニ形式です。
テレスコピックフォークはアウタースプリングなので鉄製のボトムケース内は丸々オイルダンパーという事になります。
従ってこのWではフォークオイル容量も多くて280ml必要です。
Z1-Rのような重量車でも180mlなのでかなり多めです。
使用するオイルですが、市販のフォークオイルは色々と種類も有りますが内容量が少ないものが多く結構高価で容量の多いWのフォークを交換すると中途半端な量が残ってしまいます。
自分はカワサキ純正のフォークオイルG10を4㍑缶で買って最近は使用しています。
以前はPJ1とかSHOWAとか色々試しててた時も有りましたが現在安くて量も多い理由からカワサキ純正オンリーです。

オイル交換作業は先ずボトムケース下の小さなドレンから古いオイルを片方ずつ抜いて新しいオイルを規定量入れてやります。
メスシリンダーに入れて計量してやったオイルはワインのようなレッドで反対に出てくる古いオイルは濁って灰色です。
写真はボトムケースから噴出するオイルで細いドレンの為に見え難いかもですがオイル受けに泡の波紋が見えるのが解るでしようかね。
大きなフォークのトップボルトをモンキーで外して静かに新しいオイルを入れます。
左右のフォーク共にリフレッシュしてやり、早速試運転に出掛けます。
たかがフォークオイルされどフォークオイルという言葉が相応しい位乗り味が変わって素直にバンキングします。
思わず今まで乗り難い状態で乗ってたんだなーって思ってしまいますね。
Wのような単車は設計も古く足回りも旧態依然としていますが、フォークオイル一つでこんなにも楽しく変化していきます。

やっぱし整備って楽しく乗るには大事ですよね(^_^)
[PR]
by kawasakiw2ss | 2006-09-30 23:58 | W2SS | Trackback | Comments(5)

観覧車がブーム?

a0064474_18411158.jpg  最近近くの本屋さんの建物の上に観覧車が設置されているのを発見(^^♪
というのもこの本屋さんの近くに港が有ってその船からこの観覧車は見えていたのでした。
本屋さん自体は規模的に大きいんだけど奥まった場所に有って街道からは観覧車も見えない位置に有ります。
しかしどういう思いでこの本屋の上に観覧車なんでしようね?

観覧車は最近意外な場所に頭角を現していて淡路島の高速SAにも大きな観覧車が設置されててそれは一つ一つの籠にクーラーが付いてる快適な観覧車です。
一周600円もして誰がこんなの乗るのかなーって思ってましたが結構家族や恋人同士が乗って楽しんでいるようです。

全国的にアミューズメントも閉園してるからそこの観覧車を貰ってるって訳でも無いのだろうけど今時観覧車がいいのかねー(^ム^)
でも単純に乗って楽しい定番なんでしょうねー笑
[PR]
by kawasakiw2ss | 2006-09-29 21:52 | その他 | Trackback | Comments(8)
a0064474_1626142.jpg  秋らしくなって単車もメンテナンスし易い季節になりましたね。
暑い太陽の下では素人の軒先メンテには厳しいものです。笑
1.0000㌔を超えたラビットですがギヤオイルを交換してやりました。
ラビットはSAE♯30番のシングルグレードオイルを500cc使用するとの事ですが、そういうオイルはなかなか売ってないので手持ちのシェブロンオイルを使用します。

とても立派なドレンボルトは23㍉のメガネレンチで緩めて外すと古いオイルが勢い良く排出されます。
真っ黒いオイルと交換に新しいオイルを給油口から入れてやります。
ギヤオイルのキャップにはゲージが付いていて量を確かめられます。
量も確認して試しにエンジン始動。
スローの音は変わりませんが、試運転に近所を走ってみるとギヤの入り方がスムースになっています。
ラビットは左手のグリップで行う3速ハンドチェンジですが、以前より軽く作動出来るようになりとても気持ちいいです(^_^)

メンテナンスって作業も楽しいけど違いが出るととっても嬉しいんですよね。
これからは2.000㌔毎に交換してやろうと思ってます。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2006-09-28 16:47 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(4)

飲み仲間、単車仲間

 昨日は奈良にて久し振りに楽しい飲み会と語りで盛り上がりました。
集まったたのはKoyoさんとそのお友達とタンクさん、そして自分です。
丁度出張だったのでみんなを呼んだら集まってくれました。
Koyoさんとお友達と待ち合わせていつも行く飲み屋に行きましたが、満員御礼状態で第二候補の店にします。
座敷に上がり込みますが隣で既に盛り上がってるおばちゃんの集団を尻目にこちらもWや単車の話で盛り上がります。笑
その後四輪の話や様々な話題で盛り上がり、そこへタンクさん登場。
何とベンリィ125Tで来たそうでお酒は飲めませんが、いいテンションで絡み合います。
Koyoさんは側車を手に入れてその話題にもちきりです。
タンクさんはウエストの来月のミーティングの話やW3の話。
Koyoさんのお友達は自分のこの双極の調べブログを見ているそうでそのお話。
自分はあれやこれやと様々な話でとっても楽しく飲んで語りました。
単車に乗っていなくてもこーいう時間っていいですね。
またやりたいです。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2006-09-26 21:48 | W2SS | Trackback | Comments(5)

案山子が乱立

a0064474_21241324.jpgとある場所を歩いてると案山子がこんなに沢山立ってる田んぼがありました。
かなりびっくりしましたね~f^_^;
その人数?本数?写ってないのめも含めて20本は立ってましたね~
やっぱり効果有るのかな?
[PR]
by kawasakiw2ss | 2006-09-25 19:04 | その他 | Trackback | Comments(3)

10.000キロ達成

a0064474_1649423.jpg 自分の乗ってる単車の中で一番古いのがラビットで約40年前のスクーターです。
このラビットが走行10.000キロを達成しました。
ひょんな事から貰って自分が乗り始めた時は7千キロ少々だったので2千数百キロ走った事になります。
40年も前のスクーターがまだメーター読み1万キロしか走ってないというのは眉唾もんですがメーターを一回りの11万キロもどうなんでしょうね?
もしかしたら前のオーナーがメーターのレンズを割ったか(ガラス製)調子悪くなって交換したか、それともワイヤーが作動しなかったか?
想像してても何か楽しいですねー笑
しかしこれまで大きなトラブルも無く走ってくれています。

これからもどんどん距離を重ねて行きます(^^♪
[PR]
by kawasakiw2ss | 2006-09-19 17:01 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(6)

実りの秋

a0064474_17131692.jpg 日々に秋らしい気候になっていますね。
朝夕はとても涼しく日中も単車に乗るのは革ジャンでも何とか走れそうな感じがします。
今日は所用の足にZ1-Rを走らせました。
所用を済ませた後に足を伸ばして普段走った事の無い田舎道を走ります。
郊外に出ると田んぼの真ん中の道やいかにも田舎の道という雰囲気の中を走ります。笑
自分はこーいうとこを走るの好きなんですよね。
信号の無いそして自然の中の適度なワインディングって最高です。
自分のペースで景色を楽しみながら走るのはとても気持ちいいですね。

田んぼの脇の道を走っていると田んぼの中にかかしが立ってます。
良く見ると様々なタイプのかかしが居ますね。
マネキンの顔が付いてるのから黄色い工事用のヘルメットのものから...
昔は麦藁帽子のかかしが多かったように思いますが今の傾向はそんな感じです。
でもこれはかかしに対するお百姓さんの長年の経験での形です。
こうべを垂れる稲穂を守るセキュリティーとしてかかしは時代遅れかもだけど今でも生きています。
毎日食べるご飯ってこーいう工夫の中に出来てます。
実りの秋も凶作では困りますよねー。

かかしに代表する季節の風物詩っていつまでも残ってて欲しいと思うのは自分だけでしようか?
[PR]
by kawasakiw2ss | 2006-09-18 17:13 | Z1-R | Trackback | Comments(6)

川重の熱意を感じる

a0064474_758680.jpg
 先日土曜日にWで神戸に出張に出ていました。
岡山にフェリーで渡りそこから下道をひたすら走るいつものルートです。
神戸での仕事の次の日には奈良でウエストW1クラブのツーリングが有るとの事だったので楽しみにしていたんですが、天気予報が思わしくないとの事で中止っぽい(実際は30台程集まったそうです)ので主催のタンクさんにメールして不参加を告げました(T_T)
楽しみにしていたのでとっても残念でした。

このまま帰るのは悔しいし勿体無いので先ずはいつもの明石の川重ショールームへ遊びに行きます。
美味しい珈琲と様々のカワサキ車に囲まれてここはとってもいい場所です。
ショールームのお兄さんのNさんとはいつも楽しく話させて頂いてます。
今回も神戸のカワサキワールドの話で盛り上がってしまいます。
カワサキワールドでの展示車両の話の中で展示車のチョイスやら今後の入れ替えの話等‥
特に川重では展示車を当時のまんまの姿に戻す事に力を注いだとの事で当時のタイヤにまで拘ってるそうです。
その拘りの中でカワサキは500SSマッハⅢには強い思い入れが有る様で前に紹介した白いマッハと赤いマッハとをフルレストアして川重内のコースで実際に走らせていたようです。

おまけにその車両をベースにしたカタログのような冊子と貴重な写真満載のCD-ROMも作っており、マツハⅢにかける情熱を強く感じてしまいました。
冊子もかなり豪華でレストア車の全バラ写真や開発のエピソード、マッハⅢの変遷まで詳しく載っています。
CDには様々な写真が有り、マッハⅢのプロトタイプやこのマッハⅢレーサーまでマニアックで濃い内容です。
実はこの冊子とCDショールームのお兄さんからプレゼントされてしまいました(^^♪

帰ってからは楽しく拝見させて頂きました。
この写真のレーサーはクリップオンハンドルに交換されてはいるがテールランプやグラブバーそしてナンバープレートまで付いた概ねノーマルのマッハⅢにゴーグルと黒い革ツナギに腕章という当時のいでたちにハングオフスタイルで乗る味の有る写真です。
モノクロ写真ですがライダーの顔の表情も見えていい感じです。
当時のライダーにとってこのマシンはとてもエキサイティングだったに違いないでしょうね。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2006-09-11 08:01 | 単車 | Trackback | Comments(10)
a0064474_124882.jpg 以前紹介した30万円貯まるBANKという名前の貯金箱ですが、ようやくここまで貯まりました。
もう九分半まで貯まったようで500円玉が底に突いてなかなか入らない場合も有る位です(^^♪
手に持っても片手では持ち上げられない程の重さになっています。
中身の合計金額は28万円位は有るんじゃないですかねー!(^^)!

R怪さんも前にこの貯金箱買ってたように思いましたが、どんな貯蓄状況でしょうかね?
[PR]
by kawasakiw2ss | 2006-09-08 12:06 | その他 | Trackback | Comments(5)

CSをメンテナンス

a0064474_17205999.jpg 従兄弟から譲り受けたCSも走行距離が26000キロを超えました。
思えば譲り受けた時は1万5000キロ程だったと記憶しているので1万キロ以上乗りました。
今回はオイル交換とスリップサインの出たリヤタイヤ交換をしてやります。
使うオイルはいつものシェブロンで、すっきりと古いオイルをドレンから排出させてやって新しいオイルを入れてやりました。
そしてタイヤを注文している南海部品にCSを走らせます。
新しいオイルだとミッションのタッチが良くてスローの音も滑らかです。
南海部品では注文していたアローマックスGT-501を履かせて貰いました。
先月末に注文してたので末まで有効の工賃半額券も使えて諭吉さん一枚でおつりが来ました。笑
南海のMちゃんいつも有り難うねー<(_ _)>
今までのパターンはK527というノーマルパターンだったのでアローマックスは精悍なパターンです。
考えるとCSのタイヤ交換は初めてですね。
今回の交換で乗り味がどう変わるかタイヤの皮むきが終わったら楽しみです。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2006-09-02 17:42 | CS-250 | Trackback | Comments(5)