旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

<   2005年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

友人達との夕べ

a0064474_8104160.jpg今回の出張先にはCSを相棒として同行させました。
この単車はとても燃費が良くガソリンの高い昨今、財布に優しい単車です。
リッターで30㌔は走ります(^^♪
出張は四日間だったのですが、合い間でいつもショートツーを楽しんでます。
そこで出張先の近くの友人達と会う約束をしました。
一人目はタンクさんというW3乗りの友人です。
今回はベンリィ125で登場してくれました。
二輪専門の解体屋さんが近くに出来てそこで待ち合わせしましたが、早くも自分が到着する前にベンリィの部品を問い合わせてました。笑
今回は二人でコーヒーブレイクミーティングという事で川原に単車を停めてタンクさん持参のパーコレーターで美味しい珈琲と単車談義を楽しみました。
タンクさんはベンリィでしまなみ海道ツーリングを計画しており、ラビットで一緒に走りましょうと誘われてしまいました。
しまなみ海道は125ccまでなら500円程度で前線走れるので原付二種オーナーのパラダイスロードのようです。
マッハⅢが登場するという映画のビデオも頂いてとてもいい時間でした。

夜はこれまたW1S乗りのKoyoさんと飲む約束してて、熱いW談義をしました。
Koyoさんは讃岐饂飩を食べにWで走って来られる程の熱い方で、今年中にまた行きたいと言ってました。
饂飩は讃岐で食べたら他所では食べられないと豪語されてました。笑
それとWはメッキタンクが一番カッコいいと信奉されてて、いつもその話題に華が咲きますねー(#^.^#)
単車乗りって様々です。
自分も周りからはどう見られてるのか解からないけど楽しんで乗ってる人って輝いて見えます。
いつまでも輝いて見える単車乗りでいたいですね。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2005-11-29 20:15 | CS-250 | Trackback | Comments(8)

パソコン不調

どうしたものか出張から帰ってからとても不調です。
出張前から兆候は有ったので何かが原因だとは思いますが、写真とかアップ出来ずです。
原因探求開始です。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2005-11-29 19:36 | その他 | Trackback | Comments(5)

貯金箱

a0064474_7583234.jpg自分には貯金箱が有ります。
この貯金箱は500円玉ばかり入れて缶が満タンになると総額約30万円になるというもの。
蓋も無く缶切りで開くのでどれだけ入っているのかは持った感覚や500円玉を入れた時の感触で悟るという何とも楽しい貯金箱です。
実はこれ二代目で初代の貯金箱はお土産の貰い物でありました。
最初は単車の車検代とかに使えればという感覚で500円玉が出来れば入れてました。
しかし何年か前に途中で貧乏になりとうとう開けてしまいました(^_^.)
手に持った感覚もかなり重くて相当溜まってるだろうとワクワクしながら缶切りで切ると意外にも半分程度しか入ってませんでした。笑
でもその場はこの貯金箱のお陰でとても助けられました(^^♪
 その後100円ショップで同じ貯金箱を発見。
思わず買って帰り、現在に至ってます。
現在はほぼ9分目まで入ってる感じと思います(#^.^#)
中身が少ない時はガチャーンという感じでコインが入るのが今はカチに音が変わってます。笑
上の細い投入穴から懐中電灯で確認してみましたが本当に上の方まで来ていて500円玉が出来ると大事に持って帰って入れる感触を楽しんでます。
お奨めの貯金箱です。笑
さーて何に使おうかなー(^^♪
[PR]
by kawasakiw2ss | 2005-11-22 08:22 | Trackback | Comments(14)
a0064474_13331279.jpg

カワサキがデュアルパーパスモデルKL250Rの水冷ツインカム4バルブエンジンをロードスポーツの車体に載せた普段着のシングルスポーツ車。
この単車は元々同い年の従兄弟が乗っていたものです。
その従兄弟は小さい頃からとても仲が良く何でも話し合える奴で、早くからPCにも精通してて、自分がPC始めたのもその従兄弟のくれた自作PCのお蔭です。
しかし従兄弟は惜しくも若くして他界してしまいました。
その従兄弟の家族から譲り受けたのがこの単車です。
従兄弟の形見なのです。
幼い頃から仲の良かった従兄弟は単車好きでありお酒もとても好きでした。
一緒に走ったり、その後飲んで語り合ったり...
この単車には従兄弟がいつも一緒に居るような気がします。
自分にとってこの単車はカワサキの希少なマイナー車だとかは抜きにして従兄弟の物だったというのが全てです。
しかしこの単車は売れなかったマイナー車という割に魅力的でありスリムで渋滞のすり抜けはとても得意、良く吹けるエンジンとコーナーでの高い旋回性能、鋭いスタートダッシュしかも高燃費となかなか良く出来た単車です(^^♪
くにさんもこの単車がとてもお気に入りみたいで、知り合ったのもこの単車がきっかけですよね。
カワサキ車らしくないとかカワサキ車に見えないとか言われたりしているようですが、なかなか立派なカワサキ車です。
エンジン特性や二本サス、シングルらしい排気音にカワサキらしさは溢れています。
中免免許取って初めて乗ったのがZ250FSというまたまたマイナー車だったのですが、カワサキの250単気筒車ってとても良く出来てて乗ってみて初めて良さが判りますね。
弱い部分も有るには有りますが、従兄弟の意思を受け継いで大切に乗り続けたい単車です。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2005-11-19 00:33 | CS-250 | Trackback(1) | Comments(13)

ドライブチェーン交換

a0064474_1423966.jpg

双極と続いて次の単車へと行きたかったのですが、少し前にZ1-Rのドライブチェーンを交換したのでそれを書いておきます。
Z1-Rのドライブチェーンは今時とても珍しいというか言葉が悪いと時代遅れな630というとっても太いサイズのチェーンです。
現在のハイパワーのリッター車でも530サイズを使用しているところから630というサイズは過剰品質というか当時のチェーンは太くする事で耐久性を上げるという考えだったのでしょうね。
でもチェーン切れの事故やスプロケの山を飛び越える事も当時には実際起こっていたようです。
今のチェーンは細くても強度も高くなり重量やフリクション的にもいいので630というサイズは用品屋さんの店頭にはあまり置いて無く、存在しても需要の無さからとても高価です。
 実は今回使用するチェーンはそんな高価な630チェーンにありながらバーゲンで3900円という破格な代物を以前買ってストックしていたものです。笑
買う時に店員さんは、間違えて入荷してしまい在庫処分と云っていました。
メーカーは椿本で114リンクと92リンクのZ1-Rには勿体無い長さ。
自分はいつも消耗部品は安いバーゲンの時にまとめて必要無くても買う事に決めています。
購入後3年程も経ったでしょうか、いよいよチェーンの引きしろが残り1ミリ程というという状態になり、待望のチェーン交換と相成った訳です(^^♪
新品パッケージを開けると銀色に眩く輝く太いチェーンが出てきました。
説明書やステッカーも入っていましたが、入っている筈のジョイントが入ってません。
直ぐに購入した店に問い合わせるともう椿本は単車用のチェーンを作って無いとの事です。
しかも他のメーカー(RK、DID、江沼)のジョイントでは装着出来ないとの問題が浮上。
無理して装着してトラブルが出た場合に責任は...という返事。
店のストックに有ったRK用のジョイントとの互換性を調べるため92リンクで店員がカット。
これが合わなければこのチェーンはどうなるのかなーと考えてたら、そのうち別の店員がどこからか椿本のジョイントを探してくれました(#^.^#)
御礼を言って帰って今までのチェーンをディスクグラインダーでカットし新しいチェーンを装着する事に無事成功しました。
スプロケは普段の注油が良かったのか山は充分過ぎる程だったのでそのまま使用しました。
外したチェーンはRK製のシールチェーンでしたが、勿論ガタガタでジョイントしていたシャフトは無論オイルも無くカラカラ状態でした。
バーゲン品で安物買いの銭失いかとも思いましたが、新しいチェーンが入った足回りはやはり見た目も走行しても気持ちいいものです。
そして何よりも財布に優しく万事が終わった事に満足したのは言うまでも有りません。笑

細いリヤタイヤに太いチェーンが一緒に並んでる姿って旧車らしくていい雰囲気だと思いつつ銀色の真新しいチェーンにオイルを丁寧に注してやりました。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2005-11-17 15:54 | Z1-R | Trackback | Comments(5)
a0064474_133534100.jpg

 カワサキがZ1からの系譜の中で派生した異色のメーカー製カフェレーサー。
極と名付けたのはZというアルファベットはカワサキが究極を目指したという事から。
この単車を語るには自分が中学時代にまで遡る事となる。
当時の自分は偉大なる単車乗りの父の環境で育った事は前にも述べました。
当時父親から年末に丸い筒を渡され、何だろうと広げてみるとカワサキオートバイカレンダーでありました。
その中には当時最新型のカワサキオートバイが写真ではなく精密画で描かれており、中学生の自分にはその単車達が大きいのか小さいのか何も解らず壁に貼って月が替わると1枚破って裏や表にも落書きしたりしていました。(置いておけば良かったー)笑
ある月に正面斜めから描かれた未来的な単車に思わず見惚れてしまいました。
その単車は水色のフェアリングに丸いライト、角ばったタンク、ドリルドディスク、4into1マフラーという当時の自分には解らない説明書きも書かれてあったように記憶しています。
兎に角その単車に近未来的な何かを感じていたのでありました。
 それから約十年後の大学時代に限定解除ライダーになっていた自分は父親の影響からWに乗りたくて色々探していた矢先、行きつけの単車屋でその近未来バイクに初めて遭遇するのでありました。
その単車の特徴的なカウルには中古車と黒いマジックで書かれた赤い縁の大きな札が貼られていました。笑
Wを探していたのに思わず中学時代のカワサキカレンダーを思い出し、これに乗りたいという気持ちが一気に高まってしまったのでありました。
しかも委託車だったので思いもかけない価格でもありました。(これも偉大なる父親のお陰)
うちにやって来た時は信じられない光景でありました。
初めて乗るリッターモンスターは動力性能よりもあまりの重さに吃驚してしまったのが第一印象ですね。マジでー(^_^.)
何しろセンタースタンドが半端じゃなくとっても重くて参りました。
あれから18年、今有る単車の中で一番付き合いの長い単車です。
珠玉のマシンとも云われ、スタイルもカラーも独特の世界を持つ単車ですが、乗り難さは18年付き合ってもそのまんまですね。笑
当時のカワサキは乗り手を選ぶっていうのはこーいう事を言うのかな?と疑問に思いつつ信号待ちでショーウィンドウに映るZ1-Rと自分の姿や喫茶店の窓から外に鎮座しているその姿を見てはついついうっとり見てしまう不思議な単車なのでありました。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2005-11-12 22:10 | Z1-R | Trackback | Comments(8)
a0064474_17431719.jpg

 カワサキがメグロ製作所から引き継いだスタミナK1を範に造った初の4サイクル車W1をツインキャブにした輸出専用車。
双という名前はWの名前と直立二気筒エンジンから付けてます。
このWに乗りたくて限定解除した程、憧れの単車でありました。
Wへの憧れは父親の影響が100パーセントです。笑
幼少の頃から父親は単車に乗っていて、鉛管服姿でいつも単車のどこかを分解して整備している後姿を見て自分は育ちました。
父の乗る単車は黒くて大きく鉄の塊みたいでした。
ひとたびエンジンを掛けると辺りの空気が震える程の爆発音で始動し、不均等で生き物の脈のようなアイドリングを続けていました。
ガシャッとミッションを入れると地面を叩くようなけたたましい音を放ちながら動き出す一連の光景を緊張しつつもその姿に憧れて見ていたのでしょう。
やがてその単車がカワサキW1である事が解ったのは大学になってからの事でした。
中型免許を取ってからもいつかはあの排気音に包まれる自分を夢見てたと思います。
その中免時代から数えること8年。
憧れのWは軽トラに乗せてやって来ました。
乗って来たのは2台でどっちもボロボロの錆々、一台は書類無しのW1S、もう一台は通関証明書付きの希少車W2SSでありました。
その日から親子で油まみれの共同作業始まりです。笑
とても楽しい一ヶ月でした。
自分の憧れの単車が自分の手で作られていくんですから。
書類はW2SSなので部品を全てばらしてW2SSフレームに移植です。
登録その他で紆余曲折も有りましたが何とか完成にこぎつけました。
完成して最初のキックは偉大なる父親でした。
周りの空気を震わせる排気音が轟いた時、正直泣けました。笑
左ブレーキ、右チェンジしかも踏み込みシフトアップと現代の単車乗りには馴染めない操作を強いられますが、こんなにも乗ってて楽しい単車は無いかもです。
Wは今なおファンも多いようですが、これからも長く乗ってやりたい単車です。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2005-11-10 19:19 | W2SS | Trackback | Comments(22)

ブログ開設しました。

 旧いカワサキ乗りのKAZと云います。
自分の乗っている単車の話から音楽の話、その他いろいろと思いつくままに書いてみたいと思っています。
タイトルの双 極の調べですが、これは自分の乗ってる単車を一文字で譬えた名前です。
他の二台にもちゃんと名前が有ります。
それらの単車との出会いから普段の付き合いまで紹介出来たらと思います。
これからも宜しくお願いします。
[PR]
by kawasakiw2ss | 2005-11-10 14:23 | Trackback(1) | Comments(17)