旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

カテゴリ:音楽( 29 )

ジョアンショウテイラー

 梅雨本番ですね。
今日は台風の影響で結構雨が降りました。
水不足解消に少しばかり天が貢献してくれたんでしようね。
ブログも梅雨休みというか滞ってました。

ジョアンショウテイラーという女性ギタリストを最近気に入って聴いています。
イギリス人でバーミンガム出身だそうです。
ファンキーでブルージーなギタースタイルですが、確かなテクニックと表現の豊かさを感じます。
ボーカルもハスキートーンで色っぽいですね。
バンドの構成も少ない人数で、これも好みです。
来日はしていないようですが、是非ライブで拝見したいものですね。
アナログで古いロックが好きな自分には、魅力的な女性ギタリストだと思います169.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-07-04 22:53 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
a0064474_9444850.jpg 父親の部屋を片付けていると、とっても懐かしいラジカセが出て来ました。
自分が中学生頃に出たステレオラジカセで、ナショナル製ステレオマック ムゥという名前の物です。
もう30年以上前の製品でしょうね。
あの頃は、友人達が挙って色々な初めてのラジカセを買って自慢していたのが懐かしいです。
このステレオマック ムゥも同級生が持っていました。
LEDのメーターが斬新で、当時自分で光れってコピーで宇崎竜童さんがTVのCMされてましたね。

a0064474_101437.jpg コンセントに繋いでFMを聴いてみると結構良い音で鳴ってくれました。
LEDメーターも健在です。
今の世の中はLEDなんて当たり前ですが、この当時はLEDがなかなかに珍しく光っていましたね。
もう現在はラジカセの時代では無いんでしょうが、こんな昔のラジカセを使って音楽を聴くのも悪く無いというか楽しいです。
そして昔の製品というのは年月が経っても丈夫で使える物が多いのも魅力です。
父親の遺してくれた遺品として、これからも活躍して欲しいと思い使わせて頂いています060.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-01-31 10:07 | 音楽 | Trackback | Comments(6)

川口 千里のドラム

 
 久し振りに音楽の話です。
少し前から川口千里という女の子ドラマーの動画を見る事が有り、とても気に入っています。
最初に見たのが、下の佐藤奏ちゃんという小学生ドラマーとのドラムバトルでした。
演ってる曲がブレッカーブラザースのサムスカンクファンクだったのも驚きでした。
この黄色いドラムセットは少し前の仕様ですが、最初に見たのがこのセットでの演奏だったのでイメーヂ的には黄色のセットでの演奏が印象に残っています。
この時は高校生ながらテクニックも音のパワーも本物ですね。
一度生での演奏を拝見したいものです。

 
 プレイスタイルもかなり気に入りました。
アルバムも二枚出ているそうなので、是非聴いてみたいものです。
今は大学一年生でドラムセットも変わっていますが、これからの活躍に期待です066.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-08-21 17:13 | 音楽 | Trackback | Comments(1)

ギター人形に想う

a0064474_12474031.jpg ギタリストの石田長生さんが亡くなられました。
自分は高校時代からギターを始めてバンド組んだり、ライヴも出たりしてましたが、石やんたけでなく様々なギタリストに影響を受けました。
その偉大なギタリスト達が他界されて哀しい気持ちでいっぱいです。

北海道からの御土産でナッティと云うナットとボルトを溶接して出来たマスコットを頂きました。
ギターを抱えた愛らしい人形です。
ギター初心者の女の子がモチーフらしいですが、ロバートジョンソンのCDジャケットの姿に何となく似ています。
ロバートジョンソンの名曲クロスロードブルースを聴きつつ、数々の偉大なギタリストが影響を受けたのも大いなる歴史です。
ナッティもそのようですが、みんな最初はFコードが押さえられなくて悩んだんでしょう。
ロバートジョンソンのギターとボーカルは大きな魂を感じます。
石やんも天国でロバートジョンソンやジミヘン、アルバートコリンズらとジャムしているでしょう。
そのセッションサウンドは聴けませんが、生で聴いたあのギターサウンドと声はいつまでも心に残っています。
石やん有難う049.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-07-09 13:10 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
a0064474_839593.jpg 久々に音楽ネタの記事を書きます。
自分は未だにアナログレコード盤をターンテーブルに乗っけて聴いています。
CDも聴きますが、昔からこのレコード盤に針を落として聴くというスタイルが身に染み付いているようです。
そんなレコード盤をリサイクル店で物色して、欲しい盤が見付かると買ったりしています。
今回も4枚のレコード盤を買いました。
ナイトレンジャーのファースト、ゲイリームーアの望郷の果て、シーナイーストンの秘密、冨田勲の惑星の四枚です。
80年代のハードロック、ポップス、70年代のシンセサイザークラッシックとジャンルは色々です。
総額972円という価格はかなり安いと思っています。笑
四枚共に盤の状態は良く内容も聴いていて楽しいものです。
アナログレコード盤と云っても音質は良く、時たまプツッとノイズは出たり、内周の曲は歪っぽいとかの特徴は有るのもアナログ盤の味として受け止めれば大した問題では無いですね。
ジャケットが大きく、見ていて楽しいのもレコード盤の魅力です。
時代遅れな音楽の聴き方かも知れないですが、これからもアナログレコード盤を愛聴していきたいと思います060.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2015-03-10 09:01 | 音楽 | Trackback | Comments(6)

レトロな真空管アンプ

a0064474_165117.jpg 先日のLAXMANアンプの復活を讃岐ラビット茶話会で語っていました。
茶話会参加のMOTOさんも真空管アンプを持っているようで、調子が悪く見て欲しいとの話になりました。
聞くところによると自分で組み立てるキットのアンプのようです。
アドバンスという会社のHC-1SE-JJというモデルです。
自分は真空管アンプには疎いのでメーカーも使っている部品も良く解らないんですが、製品としては5年程前の物で見た目はレトロですが、新しいモデルのようです。
早速修理人の兄に問い合わせると何とか成るだろうとの事でした。
現物を見ると天板も無い剥き出しに並んだ真空管アンプです。
MOTOさんは日数も費用もお任せしますので修理願いたいとの事でありました。
兄に預けて数日、早々に修理が上がって来ます。
やはり真空管の寿命のようです。
真空管のサウンドはウォームで丸みの有る艶やかな音質のようですね。
日数も費用も少なく修理出来たアンプはまたMOTOさんの家で活躍してくれる事でしょう。
またまた楽しい復活劇を見せて頂きました060.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2014-11-29 16:28 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
a0064474_1020298.jpg 以前兄の手で高校時代から愛用していたテクニクスV7プリメインアンプが復活した事はブログにも書きました。
修理する前とは比べ物にならない程の音質と成って復活し、今はアナログレコードやCDそしてFMもクオリティの高いサウンドで楽しんでいます。
音楽を聴くのが楽しくなるとはこの事を云うんでしょうね。

以前滋賀でのラビットの集いで御一緒させて頂いたOさんにテクニクスアンプの話をすると、うちに古いラックスマンのアンプが有るんだけど何とかならないかとの依頼が有りました。
早速兄に相談すると何とかなりそうだとの返事です。
Oさんからアンプを預かって修理を依頼しました。
兄に聞くところによるとトランスの交換が必要だとの診断です。
見るとトランスが焼けてケースが膨張しています。
ラックスはトランスメーカーですが、純正トランスに代わって代替品のトランスで安くクオリティも高く修理出来るとの事でした。
アンプはLUXMAN SQ38Fというモデルで1968年に発売された物なので相当年季が入っています。
自分のカワサキW2SSと同い年ですね。
兄から修理が完了したとの返事が返ってきました。
テストもしてくれて兄愛用のスピーカーで鳴らしてみると艶の有る真空管サウンドが聴こえたようです。
46年も前のアンプが復活しました。
費用は掛かりましたが、古くても生き返って活躍してくれるって感動的ですね。
OさんLUXMANアンプで好きな音楽をまた御楽しみ下さいませ060.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2014-11-08 10:43 | 音楽 | Trackback | Comments(5)
a0064474_21311948.jpg 愛用しているテクニクスSL-P777のCDトレイが開かなく成りました。
同じくテクニクスV-7の修理が完了してアナログプレイヤーばかり使って聴いていたので拗ねたのかもです。笑
先ずはCDプレイヤーの天板を外して、中をチェックします。
以前にもピックアップレンズのクリーニングを施した事が有りましたが、中身はとってもシンプルです。
一見基盤が少なそうに見えますが、スロット右のパネル裏にも基盤が縦に張り付いています。
肝心のスロットの動作ですが、少々のグリスアップで直りました。
先ず聴いたのはイーグルスのホテルカリフォルニアのアンプラグドバージョンです。
CDもなかなかに良い音を出してくれますね。
アンプと共に往年のテクニクスが復活して活躍してくれました。
機材は古くても状態は保ちつつ、レコード盤もCDも良い音で聴きたいものです060.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2014-10-19 21:47 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

テクニクス V7復活

a0064474_15402848.jpg テクニクスブランドが復活したようですね。
オーディオに凝っていた学生時代は様々なメーカーが魅力有る製品をラインナップしていました。
テクニクスは松下の誇るオーディオブランドで好きでありました。
そんなテクニクスブランドのプリメインアンプを長年愛用しています。
SU-V7という機種で1980年から使っています。
という事は34年も使っている事になりますね。
しかし少し前から左右の音質バランスが崩れ始めて、とうとうフォノからの音が片方出なくなりました。
そろそろ寿命かなーっと思いつつ電気に詳しい兄に相談しました。
一度見てあげようかと云う事になり、丁度一ヶ月間出張だったので預ける事にします。
配線を取り外してアンプ単体にします。
10㌔近く有ったと記憶していますが、持ち上げるとずっしりと重いです。
出張中、兄から電話が有り部品調達に少し時間が掛かったけど修理完了との事です。
交換した部品は小袋に入っていましたが数えると19個も有りました。
出張から帰って多忙で暫く部屋に鎮座させていましたが、結線してレコードを試聴します。
最初に聴いてみたのはKHさんから頂いたカストロマリンでしたが、出てくるギターの音が物凄くクリアです。
以前良く聞いたボストンも美しいボーカルとギターのハーモニーが聴けました。
アナログ時代のオーディオアンプですが、修理が出来るとまだまだしっかりとした音を出してくれます。
テクニクスブランドが復活と同じく我がテクニクスV7も復活です。
またアナログレコード盤を聴く楽しみが増えました053.gif060.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2014-10-07 16:10 | 音楽 | Trackback | Comments(9)
a0064474_11255645.jpg 部屋で居る時には必ず音楽を聴いています。
聴く音楽源はFMが最も多くCD、カセット、そしてアナログレコードも聴きます。
コンポで聴くのは音も良く気分も良いですが、気軽にBGMとして聴くのにはラジカセが良いですね。

この赤いラジカセは祖父が生前に使っていた物で、ビクター製のWラジカセです。
1980年代の代物だと思いますが、調子も良く普段から活躍しています。
Wカセットなので横長ですが、ステレオ感も良く出て音質も悪くないです。
カセットテープをダビングする機会は無いですが、当時の使い方を現していますね。
下のAurex製のチューナーはST-U3と云う型番でこのラジカセがW3と偶然にも良く似ています。
共々にこれからも長く活躍して欲しいと思います060.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2014-05-14 11:44 | 音楽 | Trackback | Comments(7)