旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

カテゴリ:CS-250( 107 )

a0064474_21174503.jpg 半日の休みを得ました。
午前中のみの時間であります。
がしかし降水確率も少し気になり、微妙な感じです。
しかしながら走って楽しみたいので、CSを相棒に走り出す事に決めました。
BMWロックスターの友人もやって来ます。
目指すは山本町のカフェメグロです。
空は曇天ですが、二台は関係無く鼓動と讃岐路を楽しみつつ走ります。
道中はワインディング有り、アップダウン有り、ハイスピードエリア有りのルートです。
二台の鼓動は様々な織り合いを奏でながら、走って行きます。
メグロに到着。
a0064474_21384721.jpg
革ジャンを着込んで行きましたが、下は半袖のTシャツ一枚では寒かったです。
ホット珈琲を注文、温かい味わい深い珈琲の味がカフェツーの魅力の一つでもあります。
CS250もロックスターも希少車というかメーカーの異端児です。
そんな魅力を語り合いながらカフェを楽しみました。
さて時間もリミットと成り、復路を楽しみながら走りました。
CSは小さいですが、立派にロックスターを先導出来ました。
単車で行くツーリングをまた楽しもうと思います。
今度はどの単車を相棒にしようかなー124.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-10-14 21:50 | CS-250 | Trackback | Comments(2)

雨が降る前に一っ走り

a0064474_16513141.jpg 久し振りに一日オフを得ました。
昼からは雨模様との予報です。
朝のうちに少し走って楽しもうと思い、CSを相棒にして飛び出しました。
250ccのシングルはセルで目覚めて、トントントンと鼓動を奏でます。
スローも安定し水温も上がったところで出発。
国道は通勤ラッシュですが、CSの機動性でスイスイと走って行きます。
CSのポジションはセパハンと幾分後退したステップ位置ですが、自分は手がかなり長いのでセパハン車でも苦に成らないです。
単車仲間と待ち合わせて珈琲ブレイク。
楽しく珈琲ミーティングが出来ました。
色々な話題で語り合いますが、単車仲間って良いですよねー。
30日には峰山でキャンプするので宣伝しておきました。
珈琲ブレイクの後はソロ走りです。
がしかし雨がポロポロ降って来たので、やむ無く少し遠回りして帰る事にしました。
このCSもそろそろオイル交換の時期がやって来ています。
従兄弟のところから縁有ってやって来た川重の異端児ですが、楽しい単車です。
もう現存数は少ないですが、大事に愛でながら乗って走ってやりたいと思っています。
少し濡れてしまったけどCS君、これからも宜しくです165.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-09-27 17:28 | CS-250 | Trackback | Comments(2)

水温計でも判る真夏走り

a0064474_21265764.jpg
 昼過ぎからオフに成ったので、CS250を駆ってバイクカフェへと走りました。
ぎゃらくた果津古ですが、行く道中CSの水温計の針は真ん中よりも右に振れています。
気温は37度に達しているようですが、水温計の針でもそれが窺えます。
市街地での信号待ちでは真夏の気温と路面の照り返し、オフィス街と排気ガスとが生む熱気に参ってしまいそうです。
向かうは、ぎゃらくた果津古が有る西植田町ですが、そっち方面に向かうにつれ、幾分涼しく感じて来ます。
果津古に到着、CSは途中珍しい250刀とバトルをしつつ走りました。
珈琲を呑みながら、果津古ママと楽しく語り合い、その後マスターも帰って来ました。
三人で語ってると外の暑さや様々なストレスは一気に忘れさせてくれます。
バイクカフェの存在意義は此処にも有ると思います。
様々な話題で楽しみましたが、そろそろ帰宅とします。
帰りは黒い250忍者とバトルしました。
まだまだCSは元気に走ってくれたと思います。
小気味良いシングルビートは真夏の暑さを厭わず走ってくれました。
暑くても単車で走るのは、やっぱり楽しいですね174.png



[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-08-24 22:13 | CS-250 | Trackback | Comments(6)

向日葵の里まんのう

a0064474_15190627.jpg 毎日30℃を越える暑さですね。
もうすぐ讃岐も梅雨明けに成ると予想していますが、どんなもんでしょう。
半日のオフを得たので、CSを相棒にまんのう町へと向日葵を見に行って来ました。
CSは水冷エンヂンなので、物凄く熱い状況に成るとラヂエーターのファンが回ります。
猛暑を予報してくれる訳なんですが、道中の信号待ちでファンは回る事は無かったです。
どうやらまだまだ暑い夏は序盤な感じでしょうか。
まんのう町の向日葵の里に到着します。
平日てはありますが、大勢の方々がカメラや携帯を手にシャッターを切っていました。
単車で来てる人は自分だけのようです。
a0064474_15304480.jpg
昨年も此処へは来ましたが、向日葵畑の位置が変わっています。
街道沿いの畑が一面黄色い向日葵の顔で埋め尽くされていて、見事です。
CSの左ミラーにも向日葵が写っているのが解るでしようか。
見に来ている人達はカメラと扇子を持って涼みながら向日葵畑の中を散策していましたね。
夏を感じさせる植物の向日葵ですが、このまんのう町では100万本を植えているそうですね。
ゆっくりと見て回りたかったですが、半日のオフは許してくれません。
CSを走らせて来たルートを快走しました。
またの機会を楽しみにしておきたいと思います174.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-07-14 15:48 | CS-250 | Trackback | Comments(7)
a0064474_20211823.jpg

 久しく投稿が滞っていました。出張やら仕事で多忙でありました。久々の日曜休みを得て、CS250を相棒に走りに出ました。最近はカフェを楽しむツーに凝っています。友愛さんがVOXYで子供連れでやって来ます。CSは快調そのもので、田舎のワインディングロードをスイスイと走ります。目指すはまんのう町のカフェ野良里です。友愛さん親子と単車トークと田舎カフェでのランチを楽しませて頂き、その後満濃池の堰堤を見学して楽しみました。多くの単車がツーリングしていましたね。何かハーレーが多い気がしました。a0064474_20310215.jpg
 友愛さんと別れて、satoガレーヂに遊びに行きます。
satoガレーヂは沢山の単車達が居並んでいます。
レストア完成のKR250初期型が目を引きます。
CS250も同じくですが、自分が大学時代に発売された川重製250です。
タンデムツインという独創的なエンヂンレイアウトは二軸のクランク構成です。
川重車が集まるイベントや旧車イベントでも見る事の少ない単車です。
いつまでも輝く存在の単車であって欲しいと思いますね。
でも走るとライムグリーンのカラーリングや独特の排気音で相当目立つ事でしょう。
a0064474_20530942.jpg
 次はイタリアンのビモータです。
しかもこれは非常にレアなマントラです。
独創的なデザインとカラーリングは一度見ると忘れられないスタイルです。
ドゥカティ製Lツインエンヂンが搭載され、独特のフレーム形状です。
このマントラは初めて拝見しました。
satoガレーヂは宝物の山ばかりですね。
satoさんまた時間見付けて、一緒に走りましょう。
しかし楽しい一日でありました。
カフェも単車も大満足です。
次の休みはどんな楽しみが待っているのかなー129.png
 
[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-05-29 21:00 | CS-250 | Trackback | Comments(8)

讃岐饂飩はしごツー

a0064474_17281981.jpg 讃岐饂飩のお店が県内にはいっぱい存在しています。
何店舗有るのか知らないですが、県内のコンビニの数より多いと聞いた事が有ります。笑
ゆるコミュの仲間で饂飩ツーしましょうという事で、出掛ける事にしました。
とは云っても昼からは仕事なので、半日だけのプチツーです。
相棒はCS250を選びました。
大学時代から30年間もの間、愛用しているA.Sスポーツの革ジャンを着込んで32年選手のCS250発進です。
目指すは高松東出口です。
CSはチェーンとオイルを交換したばかりなので、スムースな加速と吹け上がりをしてくれます。
高松東には一番乗りで着いて、暫くするとがんさんトランザルプ、しおちゃんCB400SFがやって来ました。
其処から異種3台は牟礼の道の駅へと向かいます。
トランザルプのストップランプ異常に気が付いて、道の駅でがんさんに伝えてチェックしましたが、改善成らず終いでした。
しかし此処はマスツーの強みで擁護しつつ走る事にします。
ぎんじろーさんMT-25もやって来て、今日のメンバーが出揃いました。
先ずは一件目、志度の溜に向かい走ります。
色々な排気音が聞こえて楽しいですね。
溜に到着、初めて行きましたが古民家風のいでたちです。
上の写真のかけ饂飩の小を頼みました。
なかなか味わい深い味でしたね。
饂飩を食べながら、皆で色々と楽しく語り合いました。
a0064474_19264064.jpg

一軒目を賞味して、次は香川町の「 もり屋」か「はな庄」としました。
革ジャンで走って丁度良い位の天気でしたが、CSの調子も上々で走っていて気持良かったですね。
もり屋の前に差し掛かると物凄い人の行列が見えました。
どうやら有名芸能人がやって来た後での盛り上がりだったようです。
もり屋は以前にも一度行った事が有ったので、今回はスルーです。
はな庄へと向かいました。
こちらはとっても空いていて、直ぐに入店出来ました。
a0064474_19490696.jpg
此処は初めてのお店です。
あっさりと笊うどんを注文しました。
少し太めのモチモチっとした饂飩でしたね。
出汁の味もなかなかの物です。
此処の饂飩は好きな味ですね。
他の人は肉ぶっかけを頼んでましたが、自分は胃が弱いのと昼からの仕事に向けてあっさりコースを楽しみました。
それでも久々の二軒のハシゴは結構ボリームを感じましたね。
しかし一人でツーリングで饂飩ハシゴは無理でしょうね。
マスツーでの空気と雰囲気がツーを楽しませてくれます。
a0064474_19594110.jpg
さて讃岐饂飩を味わった後は、来た道を少し戻ってカフェ ジャルダンに芝桜を楽しみに行きました。
行く途中、もり屋の前をまた通りましたが、相変わらずの行列と人数でしたね。
ジャルダンに到着。
もう凄い花盛りでしたね。
県外からのナンバーの車も結構見られました。
芝桜アートには時間の都合で行けなかったですが、充分に芝桜を楽しむ事が出来ました。
そして今日のツーも此処で解散と成ります。
帰りはしおっぺさんを国道11号線まで先導して帰りました。
キャンプに続いてのマスツーでしたが、自分なりにGWを楽しめました。
一緒に走って下さった皆さん、どうも有難う御座いました。
また是非走りたいですねー178.png178.png178.png178.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-05-04 20:19 | CS-250 | Trackback | Comments(8)
a0064474_10350473.jpg 本格的な春を迎えましたね。
早朝はまだ冷える時が有るものの、日中はポカポカ陽気の日が気持ち良いです。
少し前から喉の調子が悪く成って少し休んでしまいました。
これは寒暖の差のせいなのか、疲れが溜まったのか、それともその両方なのか解らないですが、暫し養生させて頂きました。
調子も良くなり、寝てると腰も痛く退屈なので単車の軽い整備をする事にします。
CSのオイル交換時期が丁度やってきてたのでフィルターエレメントも一緒に交換してやる事にしました。
暫し暖気をして発動機の中のオイルをウォームアップさせてやります。
水温計の針が上がり、アクセルのレスポンスも鋭く成って来たのでエンヂンを止めて古いオイルを抜いてやりました。
同時にエレメントカバーも外してエレメントを取り出します。
このエレメントはZ250FSに乗っている時代から変わらない型番のエレメントです。
大学一年の時からですから、とっても長い付き合いですね。
越冬して働いてくれた真っ黒いオイルとエレメントに変わって新しいオイルと新品エレメントを発動機内に容れてやり、作業は終了。
再始動した川重製水冷式単気筒発動機のサウンドはジェントルな鼓動を奏でてくれました。
そのまま走り出したかったんですが、此処はじっと我慢ですね。
また本調子に成って、オフに成れば思い切り走らせてやろうと思います172.png
[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-04-15 10:56 | CS-250 | Trackback | Comments(7)

桜の開花はまだまだです

a0064474_17283081.jpg
 関東地方は桜が満開のようで、花見真っ盛りのようです。
しかしながら讃岐はまだまだ開花には日数が掛かりそうですね。
近所の枝垂れ桜の状態を見にCSをトコトコと走らせて行きました。
CSはチェーンを新品に交換して、極低速でもチェーンの振動音が出ず、スムースな走りをしてくれます。
赤子谷の枝垂れ桜に到着。
思った以上に花は咲いていませんでした。
実は9日にラビットの茶話会で、この枝垂れ桜を見学しようと思っています。
さて当日の天気も心配ですが、この桃色の綺麗な花弁がどんな姿なのか、少し心配しています。
9日の降水確率は70パーセントなので、咲いていたとしても雨に打たれて散ってしまっているかも知れません。
なかなか人間の都合に合わしてくれない桜の花とお天道様であります。
当日良い天気と景色を楽しめるように祈っています174.png179.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-04-04 17:40 | CS-250 | Trackback | Comments(7)
a0064474_15275191.jpg 川重車の異端車であるカジュアルスポーツ250は希少なモデルです。
生産期間が短く台数も少ない上に、購入者も少なく32年を経た今では実動車の現存数は推して知るべしの絶滅危惧車だと思います。
しかしこのCSは乗ってみるとコンパクトで軽量な車体にパワフルで鼓動感の有るエンヂンとシャープで自由度の高いハンドリングは乗って楽しいの一言です。
しかし生産台数の少なさと32年選手という事が相まって、川重からの部品供給はなかなか厳しいものがあります。

ぶるうほうる村というCS乗りが集うサイトが有ります。
そこでは定期的なミーティングと全国のCS乗りが情報や近況を交換しています。
そんな希少なCSの部品取り車を、縁有って大阪のぽっぽハトさんから頂ける事となりました。
タイミング良く出張で関西方面へと赴く事が出来ていたので、軽トラを足に出張の移動中にぽっぽハトさんと待ち合わせました。
無事に合流できて、懐かしい八尾の町並みを走ります。
ぽっぽハトさんちには色々な単車達が鎮座していました。
どれも年代を感じさせる車輛達でしたね。
CSを軽トラに積載して、ぽっぽハトさんには御土産のワインを差し上げました。
書類付きフレームと持っていなかったサービスマニュアルも頂く事が出来ました。
この部品取り車は大切に使わせて頂きたいと思っています。
ぽっぽハトさんどうも有難う御座いました051.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-03-02 16:09 | CS-250 | Trackback | Comments(7)
a0064474_20132778.jpg 毎日とっても寒いですね。
寒くても一年中単車には乗れる讃岐ではありますが、雪が積もったり路面凍結は困りもんですね。
真冬でも単車に乗って走れる環境は有り難いものです。

CS250のドライブチェーンが終焉を迎えていました。
動きが渋く成り、チェーンオイルで騙し騙し乗っていましたが、そろそろ交換が必要です。
ストックで買ったRK製のチェーンが有ったのですが、残念ながらW用の530サイズでした。

a0064474_21272642.jpg チェーン交換のツールを持っているsatoさんが、部品注文のついでが有るのでCSに合う520サイズのチェーンを頼んでくれました。
数日後チェーンが届いたそうなので、satoガレーヂへとCSを走らせて向かいます。
今回取り付けるチェーンはDID製のシールチェーンです。
パッケージにはフリクションロスの低減と書いてありました。
古いチェーンは相当ガタが出ていたので交換後の走りが楽しみです。

a0064474_21405556.jpg satoメカニックが見事な作業でチェーン交換をしてくれました。
自分はクリップジョイントのチェーンしか交換した事無いので、作業は見ていて新鮮でした。
新品チェーンが入ると、チェーンオイルで汚れたリヤ周りがみすぼらしいですね。
リヤスプロケットも磨耗しているので、後日ストックのスプロケと交換する時に大掃除もしてやろうと思います。
チェーン交換が終わって、リフレッシュされたCSの走りは軽快そのものです。
satoさんにチェーンと技術料の7.000円を支払いましたが、それ以上の価値有るチェーン交換でありました。
satoさんどうも有難う御座いました053.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-01-24 22:09 | CS-250 | Trackback | Comments(2)