旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

カテゴリ:行灯カブC-70( 82 )

a0064474_15391510.jpg 秋もだんだんと深まりつつあります。
単車で走るのにはとっても良い季節であります。
今年も峰山公園キャンプ場でのカブキャンプを楽しみました。
カブコミュニティでのイベントですが、ラビット仲間も参加したいと申し出て来ます。
気に成るのは天気予報ですが、晴れマークがキャンプに味方してくれました。
行灯カブにテントやシュラフのキャンプ用品を積載してやります。
R2乗りのH君も参加してくれ、テントを貸してあげました。
行灯カブとR2とで峰山公園キャンプ場へと向かいます。
先導する行灯カブの調子も上々です。
なべさんとNOBUさんがキャンプ場入り口で待っていました。
a0064474_15385358.jpg

キャンプ場周りには家族連れや子供達が遊んでいて、とっても賑やかです。
管理人さんから許可証を頂いて、キャンプ場内に単車で入って行きます。
早速テントの設営をします。
自分のテントはピンク色のドームテントで、もう20年近く使用しています。
4千円程の安物でしたが、コンパクトで造りもしっかりしてて、まだまだ使えます。
そうこうしているとシロクマさんが登場、ラビット601でOさんが次々と登場してきます。
各々のテント設営も出来て、先ずは昭和レトロ銭湯のゑびす湯へと向かい一旦下山しました。
a0064474_15375415.jpg

 下山途中にハンター小野君と遭遇、合流して銭湯へ向かいます。
昨年も入ったゑびす湯ですが、初めて入る人も居て、その昭和ないでたちに目を奪われます。
番台のおばちゃんに400円を支払い、皆で楽しく語り合いながら銭湯を楽しみます。
奥には石鹸風呂とでも云うんでしょうか、真っ白いお湯の風呂が有りました。
良い香りと肌にすべすべとした感触が心地良いです。
a0064474_15384295.jpg

 さてスッキリとして峰山キャンプ場へと帰りました。
銭湯への帰りに買出しもして、冷えた麦酒で乾杯です。
様々なレシピとお酒とで熱いトークで盛り上がります。
途中カワサキKLX125とこちゃんがやって来ました。
カブトーク、ラビットトーク、単車トーク、ツーリング話、カスタム話と話題は満載です。
キャンプツーの醍醐味はこの夜トークですね。
皆とっても元気で、お酒も食べ物もガンガン無くなって行きます。
楽しい夜を過ごす事が出来ました。
a0064474_15382183.jpg

 酔い潰れないうちに満天の夜景を楽しもうと展望台へと行きました。
とても綺麗な夜景で、カップルも居ました。
自分のデヂカメは綺麗な夜景を捕え切れず仕舞いでしたが、御勘弁下さい。
峰山の夜も更けてきました。
そろそろテントの中へ入って休もうと思います。
テントの中でシュラフに包まって休みます。
使っているシュラフは父親の遺品で、40年以上前の物です。
そんなシュラフで寝れるのも幸せですね。
夜は暴走族の爆音が山上まで響いていました。
a0064474_19292121.jpg

ぐっすり休んで、清々しい朝を迎えます。
二日酔いの人も居ましたが、何とか回復して、モーニング珈琲を頂きました。
キャンプの朝も語り合いは続きます。
その後テント設営を撤収、記念撮影をして、キャンプ場を後にします。
大荷物を載せて下山。
朝食は新しく出来たこだわり麺や郷東店で頂きました。
毎度の釜玉饂飩です。
皆で美味しく食べながら、また語りました。
食べ終えて、キャンプツーは終了です。
皆其々の方向へと単車を走らせました。
キャンプは楽しいの一言です。
これからも楽しく企画して行きます。
参加の皆さんどうも有難う御座いました162.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-10-01 16:09 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(9)
a0064474_11433521.jpg 先日行われた讃岐カブ主ミーティングの打ち上げをするとの事で案内を頂いたので行って来ました。
以前も居酒屋での呑み会は有りましたが、今回の店は鉄板居酒屋えんという御店でした。
少し遅れて入店しますが、既にもうメンバーは集まって盛り上がっています。
景気良くメガビールジョッキで乾杯。
美味しいレシピも次々と出て来ます。
そしてカブ談議もハイテンションで盛り上がります。
お馴染みの人から、初めて話する人と様々でしたが、カブに対する思いはとっても強いですね。
岐阜からのメンバーの方にペナント旗を頂きました。
なかなかお洒落ですね。


当日の動画も完成していて、楽しく拝見させて頂いています。
走行動画の中で黄色リトルでカメラに向かって万歳しているのがKAZです。
讃岐カブ主ミーティングはこれからも参加して楽しみたいと思っています。
さて今日からカブでキャンプです。
ミーティングはリトルカブ50で行きましたが、今日の相棒は行灯カブC70です。
楽しんで行ってきますー167.png167.png
[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-09-30 12:06 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(4)
a0064474_15093527.jpg 讃岐カブミーティングなるものが開催されるそうです。
カブ90乗りのじろろ君が主催されているそうで、第三回目になるそうです。
前回の二回目には丁度岡山でラビットのミーティングと岡山旧車会が有って、帰りのフェリーを降りて少しだけ参加させて頂いてました。
今回は朝からカブで参加させて頂きます。
行灯カブ出撃と行きたいところですが、また黄色リトルが嫁がず有るので、50ccのリトルカブを発進させます。
待ち合わせ場所のサンポートに向かいリトルカブは快調に走って行きます。
サンボートにはもう沢山のカブが遠近を問わず集まっています。
色々な人から工夫を凝らしたデザインの楽しいステッカーを頂きました。
そして瀬戸大橋公園に向けてカブ軍団スタートです。
a0064474_15101974.jpg
五色台の大崎の鼻を経由して会場に向かいます。
自分の黄色リトルは50ccながらも結構走ってくれますが、きつい登り坂に差し掛かるとパワー不足で失速気味に成ります。
ギヤを一速落として頑張りますが、なかなか厳しいです。
がしかし平地での走りはなかなかのもんだと思います。
瀬戸大橋記念公園に到着、約40台ものカブが集まりました。
コテコテのカスタムからノーマルのビジネス仕様、ハンターカブ、行灯カブ、旧カブと様々です。
ゴルディさん、やまちゃん、ハンター小野君、なべさん夫妻、まさごろうさん、とこちゃん、ゆっきさん、紗蓮と御馴染みの顔触れも揃いました。
a0064474_15102886.jpg
今月末の峰山キャンプにも何人か参加してくれるようです。
その後、走行動画撮影、場所を瀬戸大橋の見えるステージ前での集合写真と進んで行きます。
しかしながらカブ乗りも熱いですね。
自分は行灯カブを頂いてからの縁でカブに乗るように成りましたが、皆さん様々な切っ掛けで株主に成ったんでしょうね。
お昼ごはんは自由時間という事で、こだわり麺や宇多津店に数人の方々を案内させて頂きました。
美味しい釜玉饂飩を食べました。
その後カフェで寛ごうという事になり、通りすがりのカフェへと適当に入りました。
シェモーリーというカフェで初めて入る店です。
皆でお茶していると、突然この間の平日の讃岐を楽しむツーで初めてお会いした、ぼんぼんさんが入って来るではありませんか。
ぼんぼんさんも驚いていましたが、こっちも吃驚仰天です。
単車が繋ぐ不思議な縁でしようか、驚きの再会とサプライズでありました。
自由時間も終わろうとする頃、自分は所用も有ったので別れてリトルカブ帰宅です。
小さなリトルカブは元気に走ってくれました。
讃岐カブミーティング、とっても盛況で楽しい一日でありました174.png



[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-09-10 16:44 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(23)

行灯カブのタイヤ交換

a0064474_12334997.jpg
 ずーっと前から気に成っていた、行灯カブのフロントタイヤです。
手に入れた時から履いているダンロップタイヤはもうスリップサインが出てヒビ割れも出ています。
走行中パンクしてもおかしくないタイヤなので、そろそろ交換としました。
先ずはフロンホイールを外します。
カブはスタンドの位置が良く、フロントホイールを外すとフロントが浮いてくれます。
がしかしグラグラするのでパンタグラフジャッキを入れて車体を固定します。
エアを抜いて、使い古したダンロップタイヤをレバーで外して行きます。
炎天下での作業ですが、タイヤが温かく柔らかいのかすんなり外れてくれました。
a0064474_12340705.jpg
さて古いタイヤから、ミシュランM45タイヤを履かせていきます。
このタイヤ、もう長くストックとして持っていたものです。
少し硬く成っているかもですが、炎天下で温めてから作業開始です。
ダンロップタイヤに比べてミシュランタイヤはビートが硬いですね。
がしかし、作業はすんなり進んで交換は終了。
これで行灯カブのタイヤは前後ミシュランと成りました。
しかし、このM45のパターンは良いですね。
試走してみましたが、フロントの安定感が全然違います。
これで暫くは安心して走れそうですね。
しかし良い汗がかけました。
自分でするタイヤ交換も楽しいものです。
嫁ぐ予定のリトルカブのもやってやろうと思います166.png105.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-08-29 13:30 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(6)
a0064474_16075575.jpg
 行灯カブで献血に行きました。
今回で316回目と成りました。
毎月一度の献血を心掛けています。
献血中は貸し出しのDVDを見て楽しませて頂きました。
アメリカ映画で小説家が執筆の中に登場する女の子が実際に出て来て一緒に生活するという奇妙なストーリーでありました。
題名は覚えていません。
献血が終わってもDVDは終わっていなかったので、また来月のお楽しみにしました。
今回は献血ポイントが貯まったので、オコメールというお米のパックを頂きます。
北海道産ゆめぴりか、香川産おいでまい二種類が約二合づつつのパックです。
これは初めて見ましたが、何か面白いですね。
美味しく健康維持をして、また献血に勤しみたいと思っています。
献血ルームオリーブさん、どうも有難う御座いました162.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-08-02 16:29 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(2)

讃岐株主総会夜会

a0064474_19242250.jpg
 讃岐株主の呑み会に誘われて行って来ました。
薄利多賣半兵ヱという居酒屋が会場です。
呑み会の面子は知り合いの方が殆どですが、初めて会う人も居るようです。
久々に繁華街へと足を運びました。
街の様子は久しく行かないと変わっています。
目当てのお店を見付けられなくて、一本違う通りをウロウロしてしまいます。
着物の女の人やら、如何にも水商売っていう人が沢山歩いています。
一本手前の通りを戻ると、今回の居酒屋を見付けて入りました。
レトロ居酒屋という感じで、昔の映画のポスターやホーロー看板が飾ってありました。
a0064474_19243501.jpg
店内に株主メンバーは大体揃っていました。
呑み放題メニューという事でビールやジュースで乾杯。
そして誰が頼んだのか、食用ガエルの焼いたのやイナゴやらのゲテモノ喰いで盛り上がります。
株主総会の品は微塵も無く、小獣どもの夜と化していました。
自分は行灯カブ乗りですが、どうやら皆にはラビットのイメーヂが強いようです。
行灯カブもキャンプやらイベントではしっかり乗ってると思いますがねー笑
しかしながら、皆さん濃いメンバーとトークでありました。
そしてアルコールのボルテージもうなぎ上りです。
あっと云う間に宴会は終了。
久々に電車に乗って帰りました。
カブ乗りの集まりも良いですねー。
また楽しんで行灯カブを愛でてやりたいと思います167.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-06-26 20:09 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(4)
a0064474_15500258.jpg GWに入りました。自分はそんなに連休は無いんですが、毎年GWにはキャンプツーを楽しんでいます。
昨年は都合で開催出来ず終いでしたが、今年は満を期してGWキャンプを開催する事が出来ました。
Mixiコミュニティで呼びかけさせて頂きましたが、沢山の人が参加を表明してくれます。
泊まりの人、日帰りの人と定員10名でのキャンプ場の予約でしたが満員御礼のようです。
行灯カブにテントやシュラフその他の物品を積み込んで、キャンプ場へと向かいます。
途中ラビットS302で参加のOさんと落ち合って、橘の丘キャンプ場に株兎の走りで向かいました。
キャンプ場には岡山から車で日帰り参加の岡北さん、愛媛からカブ親子でのなべさん、まさごろうさんが到着していました。
挨拶の後に各々テントを設営、そうしていると愛媛のYさん、岡山のシロクマさん、じろろ君、R2H君、小野ハンター君、紗蓮家族、T2君、ろかびー君、Tさん御二人がやって来ました。
a0064474_16095362.jpg
買出しに岡北デリカが大活躍。
なべ親子は、はくちょう温泉に行きました。
自分もじろろシャリィのシートを忘れたので取りに帰り、揃ったところで乾杯をします。
日帰りの人はジュースやお茶でしたが、紗蓮君は気分がエスカレートして、キャンプ泊に変更。
ボッパー角君がやって来てくれて色々とお世話してくれてました。
様々な御酒と食べ物が集まって、宴もたけなわです。
他にも単車キャンパーが数組居ましたが、何処も盛り上がっていましたね。
カブの話やツーリングの話、免許の話や思いも掛けない昔話が繋がったりして、楽しい夜は遅くまで続きました。
a0064474_16240586.jpg
 楽しい夜も御開きと成り、テントで就寝。
夜は酔いが残っている間は気持ち良かったですが、明け方頃は少し肌寒いように感じました。
其々がむくむくと起き出して、歯磨きしたり宴会の片付け、テントや物品の撤収を行います。
皆キャリアやシートに物品をコンパクトに括り付けて行きます。
朝の熱いモーニング珈琲を作って、珈琲ブレイクします。
皆昨夜は呑み過ぎたようですね。笑
そうしていると、じろろ君がシャリィでやって来ました。
キャンプ場の前で記念撮影をします。
a0064474_16354163.jpg
記念撮影の後は、毎度のこだわり麺屋で朝饂飩を楽しみました。
良く働いた胃袋に饂飩は優しいですね。
そして美味しいです。
此処でもモーニング珈琲が無料で頂けます。
またまた頂いてしまいます。
饂飩を賞味して後は、愛媛方向に向かう組と、桃太郎神社へ参詣に行く組とに分かれました。
桃太郎神社ではまた色々と興味深い話で盛り上がり、その後GWキャンプツーも解散と成りました。
帰宅して、テントとシュラフを日光浴させてやりました。
秋もキャンプツーをしたいとオファーが有りましたが、また機会有ればキャンプを楽しみたいと思っています。
参加の皆さん、どうも有難う御座いました165.png167.png165.png167.png


[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-04-30 16:45 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(9)

シャリーシートをリペア

a0064474_08424495.jpg
 カブとシャリィ乗りのじろろ君が先日の讃岐カブミーの際にシートの張替えをして欲しいとの依頼がありました。
サイドに銀モールが付いた古いシャリィ50のシートのようです。
シートの座面にはタック模様が入っていて、当時からの純正の表皮でしょう。
じろろ君からは出来れば純正のままを再現して欲しいとの事です。
預かって、後日職人さんと相談して修理を御願い致しました。
数日後、仕上がったシートを行灯カブに乗って取りに行きます。
シートの出来具合は素晴らしく、表皮座面の模様は実際に糸で縫ってくれて再現されていました。
シートのタック模様が糸縫いで再現されていると高級感が有りますね。
乗り心地もかなり良さそうです。
じろろ君、楽しんでシャリィに乗って下さいませ076.gif

[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-03-28 09:06 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(6)
a0064474_19422931.jpg リヤタイヤがフェンダーに干渉して困っていた行灯カブ70です。色々と対策を悩んだ挙句、チェーンをカットしてホイールベースを詰めてやる方法に決定します。
というもの正規は98リンクのチェーンのコマ数を100リンクにしていました。
というのもフロントスプロケの丁数を増やしてみたい計画も有っての100リンクでありました。
これは行灯カブ以降のカブに100リンク使うとケースに干渉します。行灯カブはここら辺り、懐が深い造りですね。16丁のフロントスプロケも持っていたので装着も考えてはいましたが、思案した結果チェーンのコマを詰めて正規のチェーンの長さにしてやります。
先ずはチェーンケースを外して、チェーンカッターを使って2コマチェーンをカットします。
カットしてチェーンをクリップジョイントしてチェーン張りの調整をしてやりました。 
 a0064474_19533492.jpgアジャストの目盛りはかなり前に行き、タイヤの位置も移動してくれます。チェーンケースも組み上げて、早速試走してみました。概ね干渉は無く、実用には支障も無さそうです。近場を試走してみましたが、気に成る摩擦音も出ず、良い感じです。スプロケの山もそんなに磨耗していないようなので、このチェーンが伸びてしまったらスプロケと一緒に交換したいと思います。このチェーンも8年程使っています。10年も使えればいいんじゃないでしょうかねー。それまでしっかり注油とメンテナンスを施して付き合ってやりたいと思っています084.gif 
[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-03-18 20:09 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(8)

行灯カブの憂鬱

a0064474_16104299.jpg 久々に行灯カブです。
というのも暫く乗ってませんでした。
実は走っていてリヤが沈むとタイヤがフェンダーに擦れて摩擦音が不快です。
チェーン引きの調整が左右でずれているのだと思い、色々と調整を試みましたが解消しません。
この行灯カブにはミシュランM45の2.50-17を履かせています。
このタイヤがスタンダードのタイヤよりも若干太いのと、行灯カブのリヤフェンダーは溶接で二分割しており、溶接している部分はまた若干狭いのが災いしているようです。
チェーンが伸びていない間はフェンダーの前の部分で治まっていたのが、チェーン張りしている間にタイトな部分へと太いミシュランタイヤが入って来たようです。
さて解決策を色々と考えてみますと、
1.チェーンの張りを緩めてタイヤホイールを前に移動させる。
2.チェーンのコマをカットして詰めてホイールベースを詰める。
3.リヤタイヤを2.25サイズの細い物にサイズダウンして交換する。
4.ホイールを外してリヤフェンダーを拡げて変形させる。
以上の解決方法が考えられますね。
1はチェ-ンがガシャガシャするので却下、2はやってみないとチェーンが足りるかどうか解りません、3はタイヤの溝がまで有るので勿体無いかなーとも思う、4はフェンダーのスタイルが歪みそうです。
さてどの解決方法が良いか、皆さんの知恵を拝借したいと思っています008.gif051.gif038.gif
[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-02-27 16:37 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(12)