旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ

2017年 08月 29日 ( 2 )

カブタイヤもう二丁交換

a0064474_21374848.jpg 行灯カブのタイヤ交換も無事に行えました。
作業の後は手を洗って冷たい麦茶を頂きながら作業の余韻に浸っていました。
そこへ友人がカブ50に乗ってやって来ます。
2日間ラルゴを貸す約束をしていたんですよね。
そして彼のカブのフロントタイヤも交換してあげる約束も交わしていました。
タイヤも注文、入手済みでありました。
ラルゴを見送って、彼のカブのタイヤを見ると凄い状態です。
さっきの行灯カブのタイヤよりもまだ酷い有様でした。
工具もそのままにしていたので、タイヤ交換二回戦目突入です。
a0064474_21380342.jpg
タイヤをレバーで外して、新しいタイヤとチューブを入れていきます。
入れるタイヤはDURO HF301Eというタイヤです。
1495円というリーズナブルなタイヤであります。
新品チューブもDUROで580円でありました。
ミシュランタイヤに比べて、柔らかく入れ易かったですね。
というか作業に慣れていたせいかも知れません。
無事に作業も終了し、工具も片付けて撤収しようと思ったその時に、そう云えばリトルカブのタイヤも注文していたので、ついでに交換しとくかーっていう事で第三回戦目突入です。
a0064474_21382083.jpg
先ずは炎天下での作業が続いているので、麦茶で水分補給。
リトルカブを出して来て、小さな14インチホイールを外します。
17インチホイールに比べると、可愛いホイールです。
このフロントタイヤもヒビ割れが酷くて磨り減っています。
同じくレバーでタイヤを外して行きますが、14インチのIRCタイヤはタイトながらもすんなり外れます。
チューブはタフアップチューブが入っていましたが、一度修理していたのと口金の根元も錆びていたので交換する事にします。
新しいタイヤは同じくDUROでHF315モデルです。
チューブ付きで2250円でした。
a0064474_21384025.jpg
外れたホイールはリムに錆が目立つので、磨いて錆落しします。
幾分綺麗に成ったところで、新しいタイヤを入れて行きますが、これがなかなかに手強かったですね。
小径ホイールでビートがしっかりしたタイヤの組み合わせです。
しかしもう三本目です。
手が少し疲れてはいましたが、上手くレバー二本を駆使して無事に作業完了です。
エアを張って、二台共に試運転しましたが、フロントタイヤが新しいと物凄く乗り易いです。
リトルカブは小径ホイールと低重心で街中での走りはとっても快適でしようね。

しかし朝のうちにカブ三本のフロントタイヤを交換作業したのは初めてです。
我乍ら良い仕事に充実感をひしひしと感じてしまいました164.png107.png165.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-08-29 22:28 | 単車 | Trackback | Comments(3)

行灯カブのタイヤ交換

a0064474_12334997.jpg
 ずーっと前から気に成っていた、行灯カブのフロントタイヤです。
手に入れた時から履いているダンロップタイヤはもうスリップサインが出てヒビ割れも出ています。
走行中パンクしてもおかしくないタイヤなので、そろそろ交換としました。
先ずはフロンホイールを外します。
カブはスタンドの位置が良く、フロントホイールを外すとフロントが浮いてくれます。
がしかしグラグラするのでパンタグラフジャッキを入れて車体を固定します。
エアを抜いて、使い古したダンロップタイヤをレバーで外して行きます。
炎天下での作業ですが、タイヤが温かく柔らかいのかすんなり外れてくれました。
a0064474_12340705.jpg
さて古いタイヤから、ミシュランM45タイヤを履かせていきます。
このタイヤ、もう長くストックとして持っていたものです。
少し硬く成っているかもですが、炎天下で温めてから作業開始です。
ダンロップタイヤに比べてミシュランタイヤはビートが硬いですね。
がしかし、作業はすんなり進んで交換は終了。
これで行灯カブのタイヤは前後ミシュランと成りました。
しかし、このM45のパターンは良いですね。
試走してみましたが、フロントの安定感が全然違います。
これで暫くは安心して走れそうですね。
しかし良い汗がかけました。
自分でするタイヤ交換も楽しいものです。
嫁ぐ予定のリトルカブのもやってやろうと思います166.png105.png

[PR]
by kawasakiw2ss | 2017-08-29 13:30 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(6)