「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ
a0064474_11112163.jpg 友人の斧君がハンターカブを購入しました。
ハンターカブはカブシリーズの中でも独特のモデルです。
赤いボーンスタイルにアップマフラーはハンターの象徴です。
しかしながら結構高価な車両価格で中々手が出ないモデルでもあります。
今回のハンターはセミレストアされて国内仕様のモデルで結構安価でありました。
やって来たハンターはとっても状態も良く、静かなエンヂン音が程度の良さを表しています。
しかし斧君は久々の単車乗りにリターンしましたが、カブに乗るのは初めてのようで苦戦しているようです。
先ずはヨコクラ饂飩で腹拵えして、ハンターとハイスーパーで株兎の走りを楽しみます。

a0064474_1144278.jpg 斧君から琴電のレトロ列車がイベントで走るという話を聞いて一緒に行く事にします。
途中ハンターにマイナートラブルも有りましたが、無事に琴電仏生山車輛所に到着。
少し待っていると独特の走行音とモーター音で大正時代のレトロ列車が入って来ました。
この日は早稲田大学の鉄道研究会が60人程乗っていました。
琴電マスコットのコトちゃんも出て来ます。
レトロ車輛のいでたちは特徴的です。
スタイルもサウンドもかなり魅力的でした。
その後、オリヂナル琴電グッズを買う早大生達を見守ります。
琴電列車のボディカラーのTシャツや缶バッヂは良く売れていましたね。

a0064474_12253776.jpg この仏生山車輛所はとても魅力的です。
一般の人々も車輛所の脇の駐車場を行き交っていて、此処は町内の生活道の中に有ります。
此処は電車好きの人には堪らない場所でしょうね。
自分は電車とかに詳しくは無いですが、そんな魅力を感じました。
ハンターとハイスーパーと他のレトロ車輛の傍らで記念撮影をします。
いつか乗ってみたいなーって思いました。

a0064474_12363957.jpg 仏生山から株兎の二台は同じくハンター乗りのSEALさんちにお邪魔しました。
SEALさんのハンターはオーストラリア仕様だそうです。
並べて見比べると色々な箇所が異なっていました。
同じように見えるハンターも中々に奥が深いですね。
斧君が持参して来たフロントキャリアも此処で取り付けました。
ハンターに似合うキャリアですね。
斧君はこれからハンターと長く付き合う事でしょう。
また一緒に走りたいものです。
末永くハンターを愛でてやって下さいemoticon-0152-heart.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-08-29 12:47 | ラビットS-211 | Trackback | Comments(4)
a0064474_11373089.jpg 友人が自分が紹介したホンダGB250クラブマンを乗っています。
Ⅱ型で年式は古い物ですが、程度も良く、楽しんで乗っているようです。
がしかしカスタムされていたペイトンプレイス製のサイレンサーが折れてしまったようです。
忽ち爆音に成ってしまったようで、ヘルプのメールがやって来ました。
折れたサイレンサーはステンレス製のメガフォンタイプの物です。
ポッキリと溶接の部分が折れてしまっています。
これは再溶接すれば元の通りに成りそうです。
早速知り合いの鉄工所へとサイレンサーを持ち込み修理して頂きました。

a0064474_11495266.jpg 修理はその場でTIG溶接を施してくれました。
職人さんの腕は確かなもので、綺麗な溶接痕が青く焼けて綺麗です。
少し冷ましてから手にとって拝見しましたが、見事に修理出来ました。
少し凹みも有るサイレンサーですが、これでまたシングルビートを奏でてくれる事でしょう。
後は俄か修理で残ったマフラーパテを除去する作業ですが、これは友人が楽しんでやることでしょうね。
巷にもうGB250クラブマンも走るのを見掛けなく成りましたが、これからも元気に走って欲しいと思っています。
職人さん、どうも有難う御座いましたemoticon-0148-yes.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-08-22 11:59 | 単車 | Trackback | Comments(4)

SUPEXバッテリー交換

a0064474_1771417.jpg 愛車のラルゴハイウェイスターツーリングのバッテリーを交換しました。
2011年から使っていた韓国製のSUPEXバッテリーがとうとう終焉を迎えてしまいました。
この間の西遊記御一行さん達を夜スーパー銭湯に連れて行ったり、朝の饂飩を食べに行ったりしていた時は元気なバッテリー状態のようでしたが、先日突然に弱々しく成ってしまったので交換とします。
出先で弱々しく成ってしまったので出先でバッテリーを調達しました。
今度のバッテリーは国産のGSユアサです。
本当はまたSUPEXのような格安バッテリー(当時4020円)を使ってみたかったのですが、出先だったので仕方なくGSユアサ(9800円)です。
しかしながらSUPEXバッテリーは安いながらも5年使えましたね。
ラルゴにはしょっちゅう乗る頻度が無いんですが、毎日乗る環境ならもっとバッテリーは使えたかもです。
今度は倍以上の価格の国産バッテリーですが、ラルゴに乗る頻度はそう変わらないと思うので、同じように使って検証してみたいと思っています。
SUPEXバッテリーどうも有難う御座いましたemoticon-0171-star.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-08-20 17:17 | ラルゴW30 | Trackback | Comments(2)

行灯カブ70のオイル交換

a0064474_11532531.jpg 残暑厳しい毎日です。
8月19日はバイクの日と云われてます。
自分は大よそ普段の足は単車と決めています。
沢山の荷物が有る場合や人を乗せたりする時、雨が降ったりの時は四輪ですが、それも頻度はかなり少ないですね。
燃費も良く、混んだ市街地では機動力も良く、駐車スペースにも困らない単車はとっても重宝します。
そして乗ってて楽しいって云うのが一番大きな良さだと感じてます。

行灯カブ70のオイル交換時期がやってきました。
この単車も走行距離が50000㌔目前です。
大きなトラブルも無く、異音も出ず元気に走ってくれる相棒です。
早速古いオイルを排出しますが、墨汁のような真っ黒いオイルが出てきました。
ドレンからポチポチと滴る状態に成ったらキックを数度踏んでやるとまだまだ古いオイルが出て来ます。
新しいオイル0.7㍑を用意して、ドレンを〆て注入口から注いでやりました。
注がれて入っていくオイルは黄金色です。
エンヂンを始動させて、単車も乗り手もスッキリ気分です。
荷物を載せて所用に走りますが、気持ち良い吹け上がりとミッションタッチが心地良いですね。
46年前の東京オリンピックと同い年の行灯カブですが、まだまだ現役です。
50000㌔走ったら漸く折り返し地点に成るのかもですねemoticon-0152-heart.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-08-19 12:11 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(8)

涼みながらも美味しく

a0064474_16343922.jpg 昨夜は久々に纏まった雨が降りました。
お向かいの岡山は豪雨の洪水で大変な所も有ったようです。
こっちはゲリラとは行かないまでも、恵の雨が降りました。
今朝も一時的に雨と成り、潤いをもたらしてくれました。
がしかし日が昇って路面が乾き出すと、強い蒸し暑さが生まれてきます。
こんな蒸し暑い日は何処かで涼んでみたいものですね。
平日休みでCB400SFのかおりさんと八十場のところ天を食べようと現地で待ち合わせました。
CS250を相棒に坂出向けて走りました。
昨日のZ1-Rからすると四分の一の所謂シングルクゥオーターですが、小気味良くも軽快に走ってくれます。
二台は合流、其々好みのところ天を食べました。
自分は新発売の讃岐ぶっかけを賞味します。
食べながら涼しい八十場庵で語っていましたが、お客さんが増えて我々は移動をします。

a0064474_16572295.jpg 日陰は涼しいですが、日向に出ると蒸し暑く大変です。
二台は南下して山手へと走り出しました。
川重単気筒CS250と本田技研CB400SFですが、どちらも水冷エンヂンです。
走っている時はまで良いですが、信号待ちでラヂエーターのファンが回り出すと大変です。
熱気が乗り手を襲って来ます。
目指すはまんのう町のベイクショップカレンズです。
いつもは讃岐饂飩ですが、今回はパンをチョイスしました。
山手は黒い雲で覆われて、ゲリラ豪雨の起こりそうな空模様です。
シールドにもポツポツ雨粒が落ちて来ました。
カレンズに到着。
自分は初めて行きました。

a0064474_17172996.jpg カレンズの店内は奥がカフェにも成っていました。
以前はパン屋さんのベーカリーのみだったようですね。
パンと珈琲のセットを注文。
200円までのパン2つと珈琲との組み合わせで480円(税別)というリーズナブルなメニューです。
定番の明太子フランスとピザ風スティックに大容量マグに入った珈琲でお腹はいっぱいです。
以前にもカレンズのパンは食べた事が有りましたが、焼き上がったばかりのホットなパンの味は格別で有りました。
かおりさんとウェアの話題で盛り上がりましたが、ウェアって専用品は高いんですよね。
シーズンオフに買うのが賢い買い方なのだと納得したりしました。
御互いに半日だけオフなので、あっと言う間に時間が過ぎて、国道32号線で御別れしました。
また一緒に走って楽しくやりましょうー。
そして涼しく成ってのベストシーズンが来るのが待ち遠しいですemoticon-0160-movie.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-08-17 17:30 | CS-250 | Trackback | Comments(4)
a0064474_14555027.jpg お盆もそろそろ終わりますね。
自分も先祖の御墓参り、そして父親の御墓に御参りさせて頂いています。
単車好きだった父親ですが、暑くても寒くても単車で走っていた姿を子供の頃から見てきました。
自分もそんな父親の後姿を追い掛けて、是からも走りたいと思います。

ぎんじろー君と半日プチツーする約束をしました。
そして出来たらZ1-Rで来て欲しいとのオファーが有りました。
早速待ち合わせ場所へとZ1-Rを走らせようと準備します。
がしかし、始動させたZ1-Rの排気音が少々変です。
どうやら1発不点火状態のようです。
Z1-Rは偶にこういう状態に陥る場合が有りますが、直ぐに四発共に元気を取り戻してくれました。
ぎんじろー君と合流して、二台は先ず給油です。
レギュラーガソリンを満タンにしてやって、二台は一路讃岐路を駆け出しました。
暑いのでペースは少しだけ上げ気味です。
先ずは喫茶スピリットへと到着。
珈琲を頂きながら、単車の話や今は亡きマスターやうちの父親の話をさせて頂きました。
昔の父親は色々な面で偉大ですね。
お盆の締め括りに相応しいトークをさせて頂いたような気がします。
もう走れない親父達を讃える会話は、これからも続けてあげたいものですね。

ぎんじろー君は四国ダム八十八箇所なるものに励んでいるようで、讃岐の誇る豊稔池ダムを訪れるように道順を教えてあげました。
無事に巡礼出来たでしょうかね。
スピリットから二台は別れて走りましたが、昨日のW2SSから乗り換えたZ1-Rは韋駄天馬ですね。
22歳から乗り続けてもう長年の付き合いに成ります。
様々な想い出が詰まったZ1-Rですが、これからもしっかり愛でて走らせてやりたいと思いますemoticon-0148-yes.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-08-16 15:59 | Z1-R | Trackback | Comments(5)

西遊記御一行來讃

a0064474_19452838.jpg 単車乗りにとってロングツーは大きな醍醐味であります。
自分もロングに出たいーって思う事もしばしばです。
そんな憧れのロングツーを西遊記と称して、CandyさんW1S、TMAXさんTMAX、yuriさんゼファー750が來讃されました。
其々の出発地点はバラバラですが、元気に四国一周を楽しむようです。
コンビニで待ち合わせをして、先ずは単車達をうちのガレージに鎮座させました。
荷物を下ろして、ラルゴに同乗して頂き、スーパー銭湯で汗を流します。
お風呂でスッキリした後は、帰宅して冷えた麦酒で乾杯です。
讃岐での夜は呑むわ、語るわの楽しい夜に成りました。
おでんを突きながら、麦酒から赤霧島焼酎にスイッチ、熱いトークはうなぎ上りです。
沢山の御土産品どうも有難う御座いました。
yuriさんには話題のポケモンGOの説明を詳しくして頂きました。
日付が変わっても続きましたが、明日も有るので御開きとします。

a0064474_20551760.jpg 一夜明けて、朝となりました。
朝は毎度の朝饂飩を楽しみます。
ラルゴに乗って老舗のヨコクラ饂飩へと向かいます。
Candyさんは少し二日酔い気味でしたが、ヨコクラの天然自然の涼しい空間で讃岐饂飩を楽しみました。
午前中、自分は所用が有るので御三方達にはフリータイムを楽しんで頂きます。
サンポートシンボルタワーに昇って、展望を楽しまれたようです。
さて、自分も所用終えて帰宅、自転車からW2SSに乗り換えて四台は近くのワインディングへと走り出します。
W2SS先導で五色台スカイラインを攻めて?楽しみました。
久し振りに行く展望所は売店も閉鎖して荒れてしまってましたが、見える景色はとっても良いですね。
下山してからは、TMAXさん所望の骨付き鳥の一鶴屋島店へと行きました。
久々に食べる一鶴の骨付き鳥はなかなかに美味しいものでしたね。
此処では麦酒がとっても欲しく成りました。笑

a0064474_21111684.jpg 腹拵えも出来て、西遊記一行はまた走り出しました。
今日は終戦記念日と云う事なので、終戦記念に所縁有る場所へと案内させて頂きます。
津田町に有る人間魚雷回天のレプリカを見て頂く事にします。
国道11号線を東へとひた走り、アップダウンをWサウンドで楽しみながら走ります。
回天の鎮座している丘へと登り、回天の黒い威容が見えました。
いつ見ても大きく長い魚雷です。
そして往時の哀しい話が付き纏いますね。

a0064474_21215649.jpg 終戦の日を迎えて、こんな人間が犠牲になるような魚雷を作った事を大きく反省したいものです。
自爆グライダー神龍も同じく海の方を向いて鎮座していましたが、恐ろしくも情けない代物です。
今乗って来たW2SSはとっても楽しい乗り物ですが、同じく目的を間違い走ってしまうと、とんでもない凶器にも成り得るでしよう。
色々と考えさせられてしまいましたが、西遊記の御一行さん達とは此処からお別れしました。
どうぞ四国を満喫して御帰り下さい。
そして無事故、無違反、無故障で走られる事を祈らせて頂きます。
Candyさん、TMAXさん、yuriさんどうも有難う御座いましたemoticon-0152-heart.gifemoticon-0150-handshake.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0150-handshake.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0150-handshake.gifemoticon-0152-heart.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-08-15 21:32 | W2SS | Trackback | Comments(12)
a0064474_19233314.jpg 今日もとっても暑い一日でありました。
世間では御盆休みも始まっているところも有るようですね。
そんな暑中の旬ですが、第四十六回目の讃岐ラビット 茶話会を開催させて頂きました。
相棒はラビット301で、毎度の四国フェリー乗り場へと向かいます。
待合所はお盆休みと瀬戸内芸術祭開催中で結構な人出です。
岡山からのフェリーが着いて何からは岡山のOさんS72、桃色ウサギさん301、その友人さん302ツーリング、301B4さんが次々とやって来ました。
愛媛からはNboxでなべさんが登場。
一行は合流後、茶話会会場のサンタローサへと走り出します。
サンタローサに着くものの御盆休みと云う事で、待っていたやまちゃん夫妻スズキソリオとシャリィじろろ君と共にマクドナルドへと場所を変更して茶話会開始です。
9人という多い顔ぶれの為、話は多岐にわたりましたが、岡山からフェリーに乗り遅れたカブ90さんが来たので、ヨコクラ饂飩へと場所を移します。

a0064474_209017.jpg やまちゃん夫妻は離脱して、他の人々はヨコクラ饂飩へと到着。
皆其々と好みの饂飩を注文。
自分はこの間も頼んだ冷やかけを注文。
心地良いヨコクラの木造空間の中、皆で饂飩を賞味しつつ、ラビット談議に盛り上がります。
話題の中心は岡山のOさんのS72でしたね。
今回のラビットの中で一番の古株でありました。
饂飩を賞味して会話も盛り上がり、店の前で記念撮影していると、若い女の子がラビットに興味津々で話し掛けてきました。
どうやらラビットのいでたちに惚れてしまったようです。
彼氏や女友達も一緒に居ましたが、視線はラビットに釘付けです。
301のフロントマスクとラビットマークのエンブレムに魅力を感じたようです。
あの勢いはラビット乗りに転化しそうな感じでしたね。
我々が出て行く様子も、じいっと見ていました。
やっぱりラビットは走ってなんぼです。
なべさんも感じていたようですが、古くても元気に走っているラビットには大いなる魅力が有りますね。
茶話会はまだまだ続けて行きたいと思いました。
来月の茶話会は11日に開催したいと思っていますemoticon-0150-handshake.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-08-11 20:24 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(10)
a0064474_701925.jpg 毎日汗だくに成る猛暑日が続いています。
自分は冬生まれのせいか、どちらかと云うと夏が少し苦手です。
暑さよりも湿度が苦手と云った方が良いかも知れませんね。
そんな真夏に涼を求めて走るのもまた楽しいのです。
今回は讃岐の風穴へと走る事にします。
相棒はフロント周りに手を入れたCSです。
セルで発動機始動。
スローも安定して目指すは風穴です。

a0064474_782033.jpg つい先日Z1-Rに乗ったのでCSはとってもスモールです。
そして何といっても軽いんですよね。
シングルの鼓動を楽しみながら、CB400SFのかおりさんと合流。
一路山道を駆け上がって風穴の有る綾川町へと走ります。
ワインディングロードを織り交ぜながら、二台は無事に風穴へと到着。
単車を停めて風穴の近くまで歩いて行きますが、近付くにつれて冷気というか涼風が漂って来るのが感じられます。
先日の豊稔池ダムも石積みですが、風穴も石積みのいでたちです。

a0064474_7154188.jpg さていよいよ風穴に入ります。
石壁を通って石段を降りると、其処は冷気が充満した異次元空間でした。
ぶら下がった温度計を見ると11℃を指しています。
男女御二人の先客さんが居られましたが、もう此処から出たくないそうです。
しかしながら風穴は不思議な空間です。
こんな猛暑の中、電気も何も使わずにエアコン以上の涼しさを得ているんですからね。
昔の先人の知恵に脱帽です。

a0064474_7435395.jpg 風穴の隣には高鉢山キャンプ場があり、いつか此処でもキャンプを楽しみたいと思いました。
風穴を後にして、来たワインディングとは別の道をくねくねと走って下山します。
CSはフロントフォークもOHしたので安心して走れました。
お昼の饂飩はやまだうどんで頂きました。
冷やうどんにしましたが、水曜は半額奉仕という事で135円という安さです。
かおりさんとライディングの事や色々な話で談笑してお別れします。
風穴の心地良さの余韻を感じながらCSは楽しく快調に走ってくれました。
かおりさんまた走りましょうーemoticon-0148-yes.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-08-11 08:00 | CS-250 | Trackback | Comments(4)
a0064474_152519.jpg 昨日はとっても暑い一日でありました。
讃岐地方の最高気温37度という発表でありましたが、正しくその通りというかそれ以上の感がありましたね。
真夏の形相そのものでありました。
今日はオフという事で、昨年も行った豊稔池ダムのユル抜きの日とシンクロしました。
これは何としても出掛けねばと思い、古女房のZ1-Rを相棒に讃岐路を西へと駆けて行きます。
Z1-Rの調子は上々で胸の空く加速に酔い痴れますが、一たび信号待ちと成ると火鉢を抱いているような熱気が上がって来ます。
そんな事を繰り返しながらも豊稔池ダムに到着。
もう既にユル抜きは始まっていました。

a0064474_15103964.jpg 豊稔池橋を渡ってダムに向かって行く途中、徳島のやまちゃんとタイミング宜しく出会いました。
大勢のギャラリーが賑わう中で、よく見付けられたものだと思いました。
今回やまちゃんはとっても暑いので四輪で来られたそうです。
確かにバイクで来ている人は自分だけだったかも知れません。
やまちゃんは豊稔池ダムのユル抜きは初めて来たそうです。
涼しいミストを感じながら、今年も毎秒4トンの壕流を楽しみました。

a0064474_1521713.jpg その後やまちゃんと堰堤上に登って見学を楽しんだ後、近くの石井うどんへと行きました。
お店は直ぐ近くで、開店までに少し時間が有りましたが、店前のベンチに腰掛けていると、ご好意で少し早くに開店して頂きました。
冷やし饂飩を注文、丁度テレビでは長崎の原爆投下慰霊式典を放映していました。
やまちゃんと色々な話題で語り合いました。
此処の店の饂飩は昔懐かしい味がしましたね。
長崎の原爆式典の鐘の音を聴きながら、修学旅行の時に行った長崎の想い出が甦ってきました。

a0064474_15391637.jpg お昼の饂飩を食べた後は少しだけ走って久々の喫茶メグロへと向かいました。
鉄馬Z1-Rは心地良いサウンドと走りでメグロに到着。
ホット珈琲を頂いて、またまた単車談議となりました。
やまちゃんのサイドカー話題はとっても熱いものを感じましたね。
やっぱり単車は乗って楽しむ物です。
メグロからの帰路でやまちゃんとは別れます。
帰る道中、様々な四輪と小バトルを楽しみましたが、早馬のZ1-Rは今も韋駄天でありました。
暑い中、大排気量の空冷四発を走らせるのはどうかと躊躇しましたが、楽しい走りに成りましたね。
やまちゃん、また是非走りましょうemoticon-0150-handshake.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-08-09 16:02 | Z1-R | Trackback | Comments(14)