旧いカワサキ乗りのKAZといいます。W2SSコマンダー、Z1-R、CS250そしてラビット、行灯カブ、四輪はラルゴとR2を饂飩王国讃岐で乗ってます。音楽も大好きです♪

by KAZ
a0064474_11101385.jpg ラビット301のセルモーターが回らなく成ってしまいました。
少し前から回りが弱い感じは有りましたが、キックも有るので気にせず乗っていました。
しかしとうとうセルはカチッというリレー音だけが鳴るだけで回らなく成ってしまいます。
キック始動のみで暫くは走っていましたが、次はチャーヂランプも消えなく成ってしまいます。
ラビットのメータ内のチャーヂランプは充電の証を示すものです。
これは覚悟を決めて修理を考えねば成りません。
ラビットハウスのHPやラビット精通者に指南を求めてみたところレギュレータの故障のようですね。
先ずは部品取りのラビットからレギュレータを取り外してやります。
外したレギュレータは古びていますが、同じ型の飯田マグネトー製です。
しかしながら注意書や端子番号の表示が有りません。
先ずはバッテリー端子を外して、車体に電気が流れないようにします。
レギュレータの端子とハーネスを順番に入れ替えてレギュレータを入れ替えました。

a0064474_11402140.jpg バッテリー端子を結線して恐る恐るメインキーを捻ります。
バチッと短絡なとしないか心配しましたが、先ずは第一段階クリアです。
そしてまた恐る恐るセルボタンを押すと元気にラビットはセルで始動しました。
アクセルを捻るとチャーヂランプは消えてくれました。
何せ50年も前の電子部品なので、このレギュレータが使えるかどうかは全く不明でした。
一抹の不安は杞憂に終わり、ラビットは復活してくれました。
また元気に走る事が出来ます。
簡単な整備でしたが、スッキリと解決してくれて楽しかったですemoticon-0162-coffee.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-09-30 11:54 | ラビットS-301 | Trackback | Comments(4)

BMW R1150R

a0064474_9131339.jpg ツーリングの好季節に成りましたね。
大きな単車から小さな単車、そして国産から外車まで様々な車種が秋の匂いに走り出しています。
単独のソロツーから集団のマスツーの姿が見受けられます。
高級車からビジネス原付までバラエティーに富んでいて楽しいですね。

友人が長年の念願であったBMWを手に入れました。
車種はR1150Rロードスターです。
ABSやサーボブレーキ、パニアケースも付いた高級車です。
ETCやフロントのスクリーンも装備されていて実車も極上の車輛です。
価格も安価で、待望のBMWと成りました。
そのR1150Rを自分が奈良まで納車する事にしました。

a0064474_9375489.jpg BMWは以前R100RSを試乗した以来の出会いです。
フラットツインの鼓動はセルボタンと共に車体を右に傾けながら轟きます。
空吹かしするとまた右に傾こうとします。
スロー状態でも車体はゆらゆらと左右に揺れていました。
これぞボクサーの鼓動ですね。
1150ccのボクサーツインの力感は逞しく、大きなトルク感を感じます。
横幅は広い車体ですが、低重心なので扱い易さが感じられます。
一般道からETCレーンを駆け抜けて高速へとステージが変わるとBMWの魅力が一層引き出されます。
安定感と安心感と快適性が乗り手に伝わります。
一気に神戸まで走る道中、ハーレー軍団や国産スーパースポーツ軍団と並走もしましたが、その中でBMWボクサーツインはソロでも独特の主張をしている気がします。
そんなボクサーツインは魅力的な単車であり心臓でもありましたね。
260キロ走りましたが、まだまだ魅力を知りたい感じです。
しかし嫁ぎ先の友人の笑顔と共にメインキーを手渡させて頂きました。
しかし良い体験と納車ツーリングを楽しませて頂き楽しかったですemoticon-0152-heart.gifemoticon-0150-handshake.gifemoticon-0152-heart.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-09-27 10:21 | 単車 | Trackback | Comments(6)

CS讃岐オフ開催

a0064474_2081335.jpg 川重の異端児車であるCS250は1985年に発売されて、短命に終わったモデルです。
31年を経た現在、街中や中古車として見掛ける事も無く、とっても希少な単車であります。
しかし全国にカジュアルスポーツを愛する人達は存在して、ぶるうほうる村なる集まりを結成しています。
そのCS乗り達が集まり合うミーティングを定期的に行っています。
今回はその場所をこの讃岐でやりましょうと云う事で、3台のCS乗りが集まりました。
ひよこまめ村長、りゅうじ助役そしてKAZです。

a0064474_20322391.jpg 待ち合わせ場所に向かいCSを走らせます。
CSの調子は上々、約束の場所に御二人は既に着いていました。
到着してそれぞれ千葉、大阪からの参加を労います。
しかしこのCS乗りの繋がりはすごいものが有りますね。
まー自分もその一人ではあります。笑
先ずは腹拵えという事で、ヨコクラ饂飩へと一行は向かいます。
ひよこまめ村長は初めての来店ですね。
自分はいつもの冷やかけを注文しました。
饂飩を食べながら、関東、関西の出汁の味の違いを村民協議させて頂きました。

a0064474_205174.jpg ヨコクラ饂飩は趣きが有って、ついつい長居してしまう場所です。
とっても歴史を感じる古民家という空間がそうさせるんでしょう。
美味しく頂いた後は、毎度のヨコクラ前で記念撮影。
このヨコクラの前の道は金比羅街道です。
そんな説明もしながら讃岐を味わって頂きました。
そして一行は五色台スカイラインへと向かいます。
農道や裏道のワインディングを駆け抜けて、三台は走ります。
先日の台風の影響で、路面は色々と荒れていましたね。

a0064474_2113490.jpg 五色台スカイラインへとリンクして、路面状態の整ったワインディングを楽しく走りました。
どうしたものか他の単車の姿は殆ど見れませんでしたね。
展望所に着いて、瀬戸内の景色を楽しみます。
展望台から見る景色は絶景です。
見惚れて写真を撮り忘れてしまいました。
CSで走るワィンディングは楽しいの一言です。
軽快なハンドリングと小気味良いシングルビートは痛快ですね。

a0064474_2121784.jpg 五色台を後にして、三台は東に向けて走ります。
ワインディングから変わって市街地を走り抜けて、屋島に向けて走ります。
御目当ては尾原手袋工房です。
此処のお店は土日月祝日しか開いてません。
尾原さんのグローブを皆に紹介したくて、やって来ました。
CSが三台来て店主の尾原さんも少し吃驚しています。
しかも此処の商品で、CSというカジュアルスポーツの名前を冠したグローブが存在しています。
ひよこまめさん、りゅうじさんもCSグローブが気に入ったのか其々好みの色とサイズを決めて求められました。
此処のグローブは全てメードイン讃岐です。
品質は高く使い心地も最高ですね。
尾原さんからはCSグローブ誕生の意外なエピソードを聴かせて頂きました。
その後茶話会をと目当ての喫茶店へと走りましたが、臨時休業。
りゅうじさんのフェリーの時間も有るので、フェリー乗り場でのプチ茶話会と成りました。
次回は11月中旬に奈良オフを執り行う予定と成りました。
りゅうじさんを見送り、ひよこまめさんも見送って讃岐オフは終了です。
CSのタンクにガソリンを補給してガレーヂに格納。
参加の方々楽しい時間をどうも有難う御座いましたemoticon-0150-handshake.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-09-24 21:44 | CS-250 | Trackback | Comments(7)

カナダ土産

a0064474_14442524.jpg 親戚の女の子がカナダから帰って来ました。
暫くの間現地留学していたんですよね。
自分は全く国外へと出た事の無い人なので、とっても羨ましいというか憧れたりもします。
そんな彼女が帰国して、カナダの御土産を頂きました。
御礼を言って、カナダの単車事情も聞いてみたりもしましたが、メーカーやら詳しい事は解らないようです。
初めての海外生活をした女の子には単車はあまり目に映らない乗り物のようです。
頂いたメイプルシロップとクッキーは有り難く頂戴しました。
いつか海外を単車でツーリングしてみたいものですemoticon-0165-muscle.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-09-19 15:05 | その他 | Trackback | Comments(6)
a0064474_14464871.jpg 秋の訪れ肌身で感じられるように成りました。
しかしながら台風の影響か、日中は蒸し暑さも強く感じます。
一日が終わって、風呂上りに一杯やっています。
今はこの梅錦 純米原酒「酒一筋」を味わってます。
このお酒はとっても美味しいです。
濃厚な味わいで、アルコール度数も高く、少しの量で満足してしまいますね。
日本酒も同じ銘柄の中でも色々な種類が有ります。
自分はそんなに詳しく無いですが、様々なお酒の味わいを楽しませて頂いています。
このお酒も姉から頂いた物ですが、何故か色々な所から集まって来るお酒が有ります。
そんな縁の有るお酒を楽しみ、まったりと夜を過ごさせて頂いています。
次はどんなお酒と縁が出来るか楽しみですemoticon-0150-handshake.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-09-15 15:31 | その他 | Trackback | Comments(6)
a0064474_8352521.jpg カブでのキャンプツーを盛況に終える事が出来ました。
何と言ってもキャンプは天気に左右されます、というより単車自体がそうですよね。
ヨコクラ饂飩で朝食を頂いている間に、自分は単独行灯カブを走らせてラビットハイスーパーにチェンヂです。
というのも此処からの時間は讃岐ラビット茶話会の時間と成ります。
ハイスーパーは茶話会会場である、御馴染みサンタローサに向かいます。
もう既にキャンプからのメンバーは途中抜けした方も出ています。
じろろ君、なべさん、スペイシー100さん、斧君のメンバーが引き続き茶話会に参加です。

a0064474_846894.jpg この時点で自分だけがラビットでしたが、これは茶話会終了までラビットは増えず終いでしたね。
スペイシー100さんはハイスーパーを見て興味津々です。
ライラックもレストア待ちで持っているのと、兎乗りの聖地ラビットハウスに近い場所に居られるので是非ラビットにも食指を伸ばして欲しいものです。
珈琲を頂いて語り合っていると、ハンターでゴルディさんと、やまちゃんがやって来ます。
この時点でハンターカブが三台と成りハンター中心の話題にスイッチが切り替わりました。笑
珈琲を呑み終えて、ランチも頂きましたがマグカップの底にはハートマークが有りました。
そう今日は9.11です。
平和と人類の愛を問う日でありました。
単車乗りも同じですが、移動の道具を間違った方向に使うととんでもない武器に成ってしまいます。
このハートマークは偶然じゃないと感じました。
単車乗りの仲間がキャンプや茶話会を通じて増えています。
共に楽しく乗り手は間違った乗り方や使い方をしないよう心掛けたいものですね。
ハイスーパーで帰りながらそんな事をヘルメットの中で考えてしまいましたemoticon-0152-heart.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-09-11 23:23 | ラビットS-211 | Trackback | Comments(4)
a0064474_1932943.jpg 朝夕はとっても涼しく成りました。
赤とんぼが飛んでいるのが見えて、秋の到来を感じます。

今年も峰山公園キャンプ場で、満天の夜空と昭和な銭湯を楽しんでキャンプしましょうというイベントを企画しました。
スーパーカブ乗りのコミュニティでの企画です。
昨年は少人数での開催になりましたが、今年は続々と参加者が名乗り上げてきました。
心配していた天候も好天と変わって、天も我々に味方してくれたようです。
朝からキャンプ道具を準備して行灯カブに積み込み準備完了。
準備万端で出発です。
峰山公園へは市街地から直ぐに登り坂をどんどん上がって行きます。
行灯カブは非力なのと荷物が満載なのでトコトコと上がって行きました。
キャンプ場入り口ゲートに到着。
もう既に数名の参加者が待っています。
徳島からコージさん、愛媛からなべさん、まさごろうさん、地元香川からT2君そしてKAZです。

a0064474_19502635.jpg 管理人さんと打ち合わせして、ゲートイン。
早速テント設営に取り掛かりました。
まさごろうさんのテントは今回初めて組み立てるバージンテントで、キャンプも初めてであります。
皆それぞれと思い思いの場所と自身のマイテントを設営していきます。
設営が終わって、一行は昭和な銭湯であるゑびす湯へと移動します。
下山途中に兵庫から参加のスペイシー100のKさんが合流し、ゑびす湯へと向かいました。
単車を狭い路地に停めて、ゑびす湯に入ります。
レトロな雰囲気の建物の造りと銭湯ならではの味わいに浸りつつ汗を流しました。
峰山キャンプ場へと戻ってハンター乗りの斧君が合流、頃合を見て満天の夜景を楽しみました。
a0064474_202455.jpg 

そして日帰りのじろろ君Kさんと地元メンバーが合流。
その後またまた地元のつぅ君も加わってテント設営、乾杯後の宴会のボルテージは頂点に達して行きます。
物凄いテンションでのトークとお酒に食べ物のオンパレードに舌鼓です。
これぞマスキャンプツーの醍醐味かも知れないですね。
其々に持ち寄った食材とお酒は存分に頂きました。
コージさんと兵庫のスペイシー100さんは初対面でしたが、テンションも高くトークも楽しい方々でありました。
日付が変わって宴会は終了、テントへと潜り込んで就寝します。

a0064474_2032156.jpg あっと言う間に峰山の朝を迎えます。
軽くゴミの整理をして片付けします。
お湯を沸かしてモーニング珈の準備をしました。
しかしながら物凄いお酒の量だったのが片付けしていて判ります。笑
お湯が沸いて、朝の珈琲を頂いていると、じろろ君がシャリィで登場。
一緒に珈琲ブレイクしながら昨夜の様子を皆でふり返りました。
その後テントを撤収しつつカブに荷物を載せていきます。
コージ君は未だ夢の中だったので、メッセージを残して一同は記念撮影をし、下山します。

a0064474_20463846.jpg ホンダの原付二種な一行は西へと走ります。
思い思いのスモールホンダの排気音を奏でながら走る様は楽しいものですね。
程なく毎度御馴染みのヨコクラ饂飩に到着。
ヨコクラ饂飩は先日の台風で白壁が落ちて改修工事をされる様子でした。
思い思いの饂飩を注文、此処も相当レトロな饂飩屋さんです。
自分は冷やかけ饂飩としました。
皆で饂飩を食しながら、また昨夜の話になっていきます。

a0064474_20544789.jpg ヨコクラ前でも記念撮影をしておき、今回のキャンプツーの〆としました。
参加して頂いた皆さん、どうも有難う御座いました。
拙いエスコートではありましたが、楽しんで頂けたでしようかね。
またキャンプツーは企画したいと思っています。
その際はまた参加して下さい。
また楽しく呑んで語って楽しみましょうemoticon-0162-coffee.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-09-11 20:58 | 行灯カブC-70 | Trackback | Comments(18)

冷やして楽しむ日本酒

a0064474_115129.jpg 朝夕が涼しく成りましたね。
一日が終わって、風呂に入り冷えた麦酒を呑んでスッキリするというのも悪くないですね。
がしかし最近は日本酒を冷やしたのを楽しむようにしています。
新潟魚沼の御酒で八海山を頂きました。
常温でも美味しい御酒ですが、冷やしても良い味わいです。
日本酒って良いですね。
少しの量で良い気分に成れるし、味わいも深くチビチビ楽しめる上に缶や瓶のゴミも少なく済みます。
暫くはこれで楽しみたいと思います。
冷やして楽しむ日本酒御奨めですemoticon-0148-yes.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-09-07 11:58 | その他 | Trackback | Comments(4)
a0064474_17274157.jpg 父親の愛車だったスペイシー100が姉のところへ行って、その代わりにヤマハシグナスSVがやって来ました。
このシグナスも以前父親が乗っていた単車です。
ブログにも登場した事が有ったかと思いますね。
スペイシーと物々交換という形に成ったんですが、このシグナス走行距離が64000㌔程走っています。
所々草臥れているのは否めないですが、2001年式です。
うちの単車達の中では唯一2000年以降のモデルです。
エンヂンの始動性はそんなに悪く無く、セルですんなり始動します。
ややメカノイズは大きく成っているものの、台湾製のスクーターと走行距離を併せて考えても悪くないレベルですね。
動力性能は申し分無く、ガンガン走れます。
しかし灯火類が切れている所も有って、これは交換の必要有りですね。
ライトは常時点灯ですが、贅沢にもヘッドライトのスイッチの部分にハザードスイッチが付いています。
フロントはディスクブレーキで制動力も申し分無いですが、フロントに履いたミシュランタイヤ(以前自分が交換した物)の山が無くなっているので交換が必要ですね。
自賠責もまたまた有るので、暫くはメンテをしつつ活躍して頂きましょうemoticon-0171-star.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-09-05 17:48 | 単車 | Trackback | Comments(6)
a0064474_1938692.jpg 自分カフェに行くのが好きです。
行った事の無いカフェに行く時はわくわくしたりしますね。
単車乗りはカフェに集まって珈琲や語らいを楽しむのって不変のスタイルだと思っています。
若い単車乗りとは違う感覚かも知れないですね。

カフェレーサーのZ1-Rを相棒に以前から行きたかった満濃町のハナあかりカフェに行きました。
最近はとっても涼しく成ったので発熱量の大きいZ1-Rで走ってもかなり快適です。
初めて行くカフェでしたが、ナビやスマホも持たなくとも動物的な勘で迷う事無く到着。

a0064474_20172838.jpg カフェは古民家というか古い農家を利用した建物でありました。
Z1-Rを停めて中に入ると木造の魅力的な造りが目に入ります。
二階に案内されて上がると、其処はまた味わい深い空間が在りました。
温かい珈琲を頼みましたが、お姉さんが二階まで運んで来て下さります。
マグカップも大きく珈琲もたっぷり入っていて味わい深いものでした。
このハナあかりカフェはとっても魅力的なカフェでした。
単車乗りの寛ぐカフェとしてもぴったりの空間です。
また珈琲を楽しみに行きたい場所が増えましたemoticon-0162-coffee.gif
[PR]
# by kawasakiw2ss | 2016-09-03 20:28 | Z1-R | Trackback | Comments(14)